中二病速報

    タグ:ローラ

    1: Egg ★ 2019/01/01(火) 09:38:06.96 _USER9
    大王製紙前会長・井川氏「スポンサーは大迷惑、ウーマン村本さんもCM契約持っていないから言える」

    それでは、企業の目線から考えてみるのはどうだろうか。カジノにハマってしまい、関連企業から借りた106億円を溶かして有罪判決を受ける以前は、過去に年間100億円近い広告宣伝費を使っていた大王製紙前会長・井川意高氏はこう話す。

    「ちょっと皆さん勘違いしていますね。日本の芸能人がテイラー・スウィフトやレディー・ガガのように政治的発言をしちゃいけないなんてことはない。でも、ローラさんの場合はCMを13社抱えている。本来であれば全部(契約を)切ってから言わないといけないこと。高須院長のような会社だったら自分から言えるけれども、日本の大企業はいろいろな人に商品を買ってもらいたい。だからCMをしている。ローラさんを起用して1カ月CMをしたら莫大なお金がかかる。センシティブな問題を契約している芸能人が話してしまったら、その芸能人の意見に賛同しない人たちは買わなくなる。ローラさんの場合も辺野古移転反対派の人が商品を二倍買ってくれるわけではないですよね。意見が二分するようなことを言うのは、スポンサーからしたら大迷惑。ウーマン・村本さんもご自身がCM契約を持っていないから言えること」

     ローラの意見をTwitter上で擁護したお笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔の名前を出した井川氏。井川氏に対して、前述の古谷氏は「契約書に『政治的発言をするな』って書いてあったら違反だけれど、もし書いてなかったら発言をしていい。違反じゃないのに『政治的発言をするな』というのは言論弾圧」と主張する。

     今までは契約書に明記されておらずとも暗黙の了解で避けられていた芸能人の政治的発言。前東京都知事である舛添要一氏は自身の選挙出馬体験を例にこう説明する。

    「お金を出す会社は、できるだけ多くの人に買ってもらいたい。例えば私がビールのCMに出ていたら、私のことを嫌いな人は『あいつが飲んでいるビールなんて飲むか』って思う。まだSNSがなかった時代、選挙のときに私のことを支持してくれた芸能人が『支持します』と言ってくれても、絶対それを口外しないようにしてもらった。なぜなら、反対の政党がその芸能人を攻撃してしまうから。自民党からではなく、自分で党を作って出馬するときも『支持します』と発言されることで、『あいつを引きずり下ろせ』と言われてしまう」

     まだまだ議論する場がない芸能人の政治的発言。スポンサーとCM起用タレントの関係性にも今後変化がありそうだ。

    DuyZQe_UUAEhv-S-e1546051273228

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-00010001-abema-soci&p=2

    【ローラの「辺野古署名呼びかけ」に波紋!大王製紙前会長・井川氏「スポンサーからしたら大迷惑」 】の続きを読む

    1: (^ェ^) ★ 2018/12/28(金) 07:16:27.04 _USER9
    ローラが25日に、「クリスマスはわたしの親友の地元ミシシッピにきたよ~!」と報告
    「野生動物たちにいっぱいご飯をおいたよ」と野生動物と触れ合った様子をコメント
    「自然の生態系を壊す可能性がある」と批判が殺到、騒動に発展し、ローラは投稿を削除

    no title


     タレントのローラが、自身のインスタグラムで明かしたある出来事が話題になっている。

     ローラは25日に自身のインスタグラムを更新。「クリスマスはわたしの親友の地元ミシシッピにきたよ~!」と報告し、芝生の上に座りこみ、大きく足を広げてリラックスしている自身の写真を披露した。また、その後は大型客船をバックに撮影した自身の写真も投稿し、「ミシシッピの橋をみたあとにお庭にやってくる野生動物たちにいっぱいご飯をおいたよ~…明日の朝どうなってるかな~」とコメント。地面の上に置かれた穀物などのエサの写真もアップしていた。

     これに対し、ファンからは「素敵ですね!」「野生動物と触れ合えるといいですね」といった声が集まっていたものの、一部ネットユーザーからは、「自然の生態系を壊す可能性がある。無責任すぎ」「人と動物との距離を取らないと自然の摂理が崩れる」「動物達は一回のご飯だけでは生きていけません。ローラさんの置いたご飯がまたあると思ってやってきますよ」といった指摘や批判の声が殺到。騒動に発展し、ローラは投稿を削除している。

     「日本国内では、東京都環境局が『野生動物への餌付け防止のお願い』を出している通り、動物と人とのトラブルに繋がりかねないというリスクがあるため、野生動物への餌付けをしないように注意されています。これまで自然保護を訴え続けてきたローラですが、思わぬ形で認識の甘さが露呈してしまった形になってしまいました」(芸能ライター)

     また、18日にローラがインスタグラムのストーリー機能で呼びかけた辺野古埋め立て中止署名への呼びかけも、いまだ尾を引いているという。

     「賛否呼んだ署名への呼びかけですが、今回のローラの行動に対して、アンチファンからは『自然を守りたいからって呼びかけてたのに自ら自然を壊してどうするの?』『一時の感情だけでやってるっていうことがよく分かった』という厳しい声が噴出。投稿が削除されたいまもなお、ネット上で批判が相次いでいます」(同)

     これまで自然保護に取り組み、SNSでも発信してきたローラ。この失敗がすべてを無駄にさせてしまうのはあまりにも惜しいが、果たしてローラが騒動に対応することはあるのだろうか。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12184-45013/ 

    【ローラ、“野生動物の餌付け”投稿が炎上、削除「生態系壊す」の指摘相次ぐ 】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2018/12/26(水) 10:57:01.26 _USER9
    ウーマンラッシュアワーの村本大輔(38)が、政治的発言で物議をかもしているモデルのローラ(28)に対する美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(73)の発言を批判した。

    ローラは米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設工事中止を求める署名を呼び掛けたことで賛否を呼んでいる。
    多数のCMに出演中であるだけに、スポンサーの意向で降板させられるのではといった臆測も広がっているが、23日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」ではテリー伊藤が「この程度の発言でコマーシャル降ろすような会社って何なの?」とローラを擁護していた。

    高須氏はテリーの発言を受け、25日にツイッターで「テリーさんのおっしゃる通りスポンサーの自由です。僕なら降ろします」と発言した。

    村本は高須氏の発言について同日ツイッターで「興味ない女からわたしならあなたをふります、と言われてる感じ」とたとえ、「おれはそもそも高須さんのその考えは好きではないので高須クリニックがスポンサーの番組一生出なくていい。断る。仕事と思想を絡めるやつの怖さ」と批判。
    「スポンサーの頭が高い。稼がせてやってんだから対等だろ」と私見を述べた。

    一方の高須氏も、村本の発言を受け「スポンサーが選ぶ側です。逆はありません」と強調した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00428793-nksports-ent

    村本大輔
    no title

    【ウーマン村本、ローラCM「降ろす」高須氏を批判「稼がせてやってんだから対等だろ」 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/12/25(火) 18:09:17.24 _USER9
     高須クリニックの高須克弥院長(73)が25日、ツイッターを更新。沖縄の米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に関し、工事中止の嘆願書への署名を呼びかけたモデルのローラ(28)について言及した。

     ローラの発言を巡ってはSNSを中心に賛否両論が起こっている。23日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」でもこの問題が取り上げられ、芸能人の間で激論が交わされた。

     ローラが移設反対に代わる代案を出していないことから混乱に拍車をかけている現状があり、説明不足を指摘する声もあった。一方、テリー伊藤(68)は「この程度の発言で、コマーシャル降ろす会社って何なの?」と“騒ぎ過ぎ”との認識を示した。

     高須院長はテリーの発言を引用し「テリーさんのおっしゃる通りスポンサーの自由です。僕なら降ろします」と即答。芸能人としてのローラの投稿、コメント内容を疑問視していることをにおわせた。

     ローラはインスタグラムを頻繁に更新しているものの、あれから辺野古については言及していない。クリスマスは米国で滞在を楽しむ様子を報告している。

    48858_main

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1230349/

    【高須院長 辺野古反対で物議のローラ「ボクならCM降ろす」 】の続きを読む

    1: 金魚 ★ 2018/12/23(日) 18:37:50.13 _USER9
    モデルのローラさん(28)がインスタグラムで辺野古埋め立て中止を請願する署名を呼びかけたことを巡り、2018年12月23日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)で大舌戦が展開された。

    ローサさんの行動に賛成するテレビプロデューサーのテリー伊藤さん(68)と、否定的なのテレビプロデューサーのデーブ・スペクターさん(64)、タレントで医師の西川史子さん(47)らが真っ向対立。互いの主張を主張でさえぎり合う大激論となった。

    ■「立場を考えると、リスクの高い発言をする必然性を感じない」

    ローラさんの「政治的」発言を受け、12月19日にツイッターで「ローラのキャラ設定は迷走中」と呟いていたデーブさん。
    「ローラは昔から大好きですよ」と前置きしつつも「どこに住んでるか、何になりたいかわからない。結局仕事は今、CMタレントなんです。
    ローラの立場を考えると、リスクの高い発言をする必然性を感じない」「普天間の返還や、工事止めてどうするのかっていう代案はどうなる? 辺野古の話題を取り上げる場合、トピックは選んだ方がいい」とバッサリ。

    西川さんも「沖縄の問題は環境問題だけではないから」と厳しい顔で語り始め、「普天間どうするの、ってところまで考えて言っているのであればいい。
    『沖縄の海をきれいに』とかは政治家だって誰だって思いますよ」とローラさんが解決策にまで言及しなかったことを批判した。

    「『解決策がないから発言するのはよくない』というのはおかしい」 するとテリーさんは「でも辺野古の問題に関して言ったことは、僕は勇気があると思う」と反論。

    これに対し西川さんは「勇気要らないですよ!」、デーブさんが「中途半端」とそれぞれ言い返し、スタジオは一時、誰の発言もまともに聞き取れないような状態に。
    テリーさんが「『解決策がないから発言するのはよくない』というのはおかしい」と持論を展開

    賛成や反対意見が入り混じって収拾がつかなくなったところで、司会のお笑いコンビ「爆笑問題」田中裕二さん(53)が「若い人の意見を聞いてみます」と提案。
    それまで議論を静観していたタレントの藤田ニコルさん(20)は「ローラさんが呟いてくれたきっかけで私もその問題を知ることが出来ました」 と言葉を慎重に選びつつ語った。
    また、自身が政治的な発言をするとモデルのくせに、タレントのくせに、と言われるため、「何も言えないって状況...」とこぼした。

    この、芸能人が政治的発言をすることへの賛否について、「爆笑問題」の太田光さん(53)は

    「全ての表現には政治的なメッセージが含まれている。ファッション業界だって動物の皮を使う・使わないとか、 デザインを労働者風にするか、セレブ風にするか、ということで政治的なメッセージを使う。
    そんな業界にいるローラが、そういう意識を持つのは当たり前」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181223-00000003-jct-ent

    20181223-00000003-jct-000-view


    【【サンジャポ】 西川史子&デーブ・スペクター、ローラ「辺野古埋め立て中止の署名発言」をバッサリ斬る 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/12/21(金) 19:32:27.38 0
    モデルのローラさんが2018年12月21日にインスタグラムで、マイボトルを持っているトレーニングウェア姿の写真を公開した。

    ローラさんは「プラスチックをなるだけ減らしてマイボトル生活を始めてきたらどんどん慣れてきたよ~」とコメント。

    ■ファンから「私も...」の声続出

    最近、辺野古埋め立て問題についての発言が話題になっているローラさん
    以前にはユニセフへ1000万円寄付したことを報告しており、

    社会問題に対する関心の強さを見せていた。さらに、今年5月にはプラスチックによる環境問題についてインスタに長文を投稿。
    この問題には特に危機感を持っているようだ。

    今回のマイボトルの投稿にも「NoMorePlastic」「PlasticFree」のハッシュタグを付けており、環境保護活動の一環としてマイボトルを持ち歩き、
    プラスチックの利用を減らそうと習慣づけている様子が伺える。

    読者からは、「私も、ローラちゃんを見習って、ボトルも持ち歩くようにしてるよ。環境問題について、積極的に発信しているローラちゃん、、、さすがです」

    「素敵。マイボトルを持ってると地球にも自分の生活にも優しくなれますよね!私もボトル&紅茶のtバック&フルーツを持ち歩いて好きな時にカスタマイズteaやお水を作って飲んでます」など、
    ローラの姿を見習って真似しているというコメントが届いていた。

    https://www.j-cast.com/2018/12/21346662.html

    no title

    【ローラさん 最新インスタで「ノーモア・プラスチック」】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/12/20(木) 20:40:23.08 _USER9
     20日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」は、モデルのローラ(28)が沖縄の米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に関し、工事中止の嘆願書への署名を呼びかけた話題を特集した。

     18日にインスタグラムで表明したローラのフォロワー520万人は国内タレントでは渡辺直美(31)の840万人に次ぐ2位。しかも若い世代が中心とあって、影響力は絶大だ。ローラの投稿後、2日で4万5000人の署名が集まり、目標の10万人を突破する反響となった。

     一方で、芸能人が政治的な話題に触れたことには賛否両論が飛び交っている。CMの契約条項に抵触する可能性があり、仕事が減るなどの影響が指摘された。

     そんななか、女優の高木美保(56)はローラの発言を全面的に支持した。
     
    「日本は有名人とか芸能人とかの政治的発言はタブーっていう、その発想を変える時代じゃないか」と主張。

    「インターネットで世界とつながる。世界の中で日本だけが鎖国状態のような考え方でいていいのかなと思うし、政治的発言は政治家を倒そうということではなくて『この国をよくしたい』『政治家にもよくなってもらいたい』そういう純粋さをローラさんの中から感じる」とローラの勇気を高く評価した。

     仕事への影響については「例えば『自然を守る』という発言をしたならば、自然環境を破壊するようなプラスチック製品のコマーシャルはできなくなるかもしれません。でも、その代わり、彼女のできることは広がっていく。すぐに仕事に差し障るということではないと思う」と一定の制限がかかることを認めつつも、新たに活動の幅が広がることを確信。

    「一つは環境のため、一つはみんなにパワーを注入している。両方の素晴らしさがある」と力を込め「私は拍手喝采ですね」と信念を貫くローラの姿勢を称賛した。

    キャプチャ1-16

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1226026/


    【高木美保がローラの〝署名呼びかけ〟全面支持「政治的発言はタブーっていう発想を変えるべき」】の続きを読む

    このページのトップヘ