中二病速報

    タグ:レコード大賞

    1: 湛然 ★ 2017/12/30(土) 22:52:37.78 _USER9
    ピンクレディー:39年ぶりのレコ大でSPメドレー熱唱 超ミニ衣装で圧巻パフォーマンス

     1970年代後半に一世を風靡(ふうび)した女性デュオ「ピンク・レディー」が30日、新国立劇場(東京都渋谷区)で行われた「第59回 輝く!日本レコード大賞」(日本作曲家協会など主催)に生出演。
    39年ぶりにレコード大賞のステージに登場した2人はシルバーを基調とした超ミニ衣装にブーツ姿で、特別賞を受賞した阿久悠さんをたたえ、「ペッパー警部」「ウォンテッド(指名手配)」「UFO」の3曲をスペシャルメドレーで熱唱した。

     ピンク・レディーは、阿久悠さんが審査員を務めたオーディション番組「スター誕生!」(日本テレビ系)に合格したことがデビューのきっかけとなり、阿久さんが手掛けた「ペッパー警部」などが大ヒット。
    1976年に同賞の新人賞、77年に大衆賞、78年にレコード大賞を受賞している。

     この日の衣装は、歌手のマイケル・ジャクソンさんやレディー・ガガさんの衣装を手掛けたデザイナーのザルディ・ゴコさんが担当。
    未唯mieさん(59)と増田恵子さん(60)の圧巻のフォーマンスに、司会を務めた女優の天海祐希さんもノリノリで、同局の安住紳一郎アナウンサーも「最高でした! 全国のファンを代表して、ミーちゃん、ケイちゃんありがとう!」と大興奮だった。

    「第59回 輝く!日本レコード大賞」のステージに登場したピンクレディー
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    https://mantan-web.jp/article/20171230dog00m200054000c.html


    ∥関連∥
    【音楽】日本レコード大賞 乃木坂46「インフルエンサー」 ★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1514641384/

    【【レコ大】ピンクレディー 39年ぶり超ミニ衣装で圧巻パフォーマンス(画像あり) 】の続きを読む

    1: 音泉光征 ★ 2017/12/30(土) 21:58:18.94 _USER9
    レコード大賞に乃木坂46「インフルエンサー」

     第59回日本レコード大賞(日本作曲家協会など主催)の発表会が30日、東京都渋谷区の新国立劇場で開かれた。同大賞は乃木坂46の「イ
    ンフルエンサー」が受賞した。

     ◆乃木坂46 秋元康氏がプロデュースを手掛け、AKB48の公式ライバル。11年8月に結成。レコード会社SMEの拠点で、メンバーの
    最終オーディションが行われた東京・乃木坂がグループ名の由来。「46」は「AKB48より人数が少なくても負けない」ということから。
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201712300000375.html

    no title

    no title

    no title

    no title

    【日本レコード大賞 乃木坂46「インフルエンサー」 】の続きを読む

    1: 音泉光征 ★ 2017/12/29(金) 22:11:58.11
    レコ大、今年は「賞の買収行為」自粛…乃木坂46受賞で「ドン」周防氏も了承済み

     30日、年末恒例の「日本レコード大賞」が発表される。レコ大といえば、以前から賞の買収疑惑などが囁かれていたが、2016 年のレコ大をめぐり、芸能事務所LDHが自社に所属する三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEに優秀作品賞を取らせるため、審査委員への“働きかけ”を1億円で芸能事務所バーニングプロダクションに依頼していたと「週刊文春」(文藝春秋)が報じ、一大騒動に発展した。
    「これまでのレコ大で多額の金が動いていたことは事実です。審査委員には多くのマスコミ関係者が名を連ねていますが、今年こそは受賞させたいというアーティストを抱えるレコード会社が有力芸能事務所に金を渡し、その事務所がお抱えのマスコミに所属する審査委員を接待して投票させるというかたちが一般的。また、受賞者の選定にはバーニング社長の周防郁雄さんの意向が強く働いており、基本的に周防さんの了承なしに決まることはありません。ちなみに授賞式を放送するTBSも、必ず当日の授賞式に出席してくれるアーティストに受賞させるという条件を出していました」(芸能界関係者) LDHによる買収工作が報じられた昨年のレコ大では、西野カナの『あなたの好きなところ』が優秀作品賞を受賞したが、同曲はオリコン年間シングルランキングでトップ100にも入っておらず、受賞に疑問を投げる声も多かった。
    「昨年のレコ大では、LDHは論外として、AKBグループやエイベックスなど、いかにも何か裏で工作をしていると世間から勘ぐられそうな事務所のアーティストは内々で選考から外され、結果として消去法でそうした“しがらみ”のイメージが薄いソニー系のSME Recordsの西野カナが選ばれたのです。そうした事情もあり、西野は受賞式で一粒の涙をこぼすこともなく、淡々と受賞曲を歌い切ったことが業界内ではちょっとした話題になりました。ちなみに世間のイメージに反して、AKBグループは金で賞を買うようなことはなく、“賞を頂けるのであれば、ありがたく頂きます”という方針です」(週刊誌記者)
     そんなレコ大だが、今年の審査はかなり“クリーン”に進められているという。
    「さすがに今年は運営元も世論を気にして『不正行為はNG』という方針だったため、選考をめぐって大きな金が動くようなことはなかったようですが、審査員をはじめとする運営関係者の間では、すでに“優秀作品賞は乃木坂46で決まり”という空気です。10曲のノミネート曲のなかでセールス的にも人気的にも乃木坂46が突出しているので、当然といえば当然。若い視聴者を獲得したいTBSも“文句なし”という姿勢です。すでに周防さんも“了承済み”といわれていますが、もし本番でひっくり返るようなことが起これば、それこそ事件といえるでしょう」(レコ大の内情を知るマスコミ関係者)クリーンになったとはいえ、「運営元の一部には、選考状況などに関する情報提供の見返りに、レコード会社に金をせびっているような不届き者もいるようだ」(同)という情報もあるが、いずれにせよ、どのアーティストが栄光を勝ち取るのか気にな るところだ。

    http://biz-journal.jp/2017/12/post_21889.html

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured

    【レコード大賞 今年は買収自粛 乃木坂46受賞で「ドン」も了承済み 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2017/11/29(水) 20:31:02.32 0
    ▼ワイド特集「告白」
    レコード大賞またも緊急事態 欅坂46の候補曲が突然変更
    http://shukan.bunshun.jp/articles/-/8929

    no title

    【【週刊文春】レコード大賞またも緊急事態 欅坂46の候補曲が突然変更 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2017/11/21(火) 16:06:54.32 0
    昨年まで日本レコード大賞の最高責任者である制定委員長を務めた叶弦大氏(81)が芸能事務所バーニングプロダクション社長・周防郁雄氏(76)による“賞の私物化”を「週刊文春」で、実名告発しました。

    昨年の「週刊文春」(11月3日号)のスクープ「三代目JSBはレコード大賞を1億円で買った」では、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE(以下、三代目)が大賞に選ばれた裏で、所属事務所LDHからバーニングプロダクションに1億円が支払われていた事実を、請求書を開示し詳報しました。

    叶氏が語ります。

    「私は『1億円問題』を、文春を読んで初めて知り、大きな衝撃と恥辱を感じました。
    それだけにあの問題が発覚してもなおレコード大賞の私物化を続ける周防氏に対し、憤慨を抑えきれないのです。
    今までに何度も改革を試みたが、力が及ばなかった。忸怩たる思いです」

    審査委員の多くを占めるのはテレビ局、一般紙、スポーツ紙の代表。周防氏の影響下にある芸能事務所には膨大な数のタレントが所属しています。
    歌手のインタビューや芸能情報を提供してくれる周防氏に頼まれれば断れない立場の人間が審査委員を務めているのだ、と叶氏は説明します。

    「私がレコ大の常任実行委員になった2003年頃、周防さんが言った言葉が忘れられません。『叶さん、この業界はちょっと悪いくらいじゃないといけない』。
    そして『レコード大賞は、新聞社13人の過半数、つまり7人の記者を押さえておけば、自分の獲らせたい歌手に決めることができるんだよ』と言い、ニヤリとしたんです」(叶氏)

    11月22日(水)発売の「週刊文春」では、叶氏が目にしてきた周防氏や、周防氏の意を汲む審査員の不可解な言動、
    エイベックス幹部らから三代目をレコード大賞に推してほしいと申し入れがあった会食の様子なども詳細に語っています。さらに周防氏への直撃取材の一部始終も掲載。

    img_0a935e60a75d228fe06f91d324effd30206817

    http://bunshun.jp/articles/-/5033


    【【週刊文春】レコード大賞の前最高責任者が芸能界のドンを実名告発 】の続きを読む

    1: 音泉光征 ★ 2017/11/10(金) 13:32:14.52
    【日本レコード大賞】乃木坂46が大賞最有力か デキレース疑惑で“レコ大不要論”も

    今年の『日本レコード大賞』は乃木坂46「インフルエンサー」が大賞最有力候補との噂
    「レコ大はデキレースということで以前より不要論が上がり始めていた」と業界関係者
    過去には三代目 J Soul Brothersの所属事務所による裏金疑惑が週刊文春で報じられた

     12月30日に最終選考が行われ、授賞式がTBS系で生中継される「第59回日本レコード大賞」だが、すでにこの時期に大勢が決していることを、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じている。

    「選考会は毎年10月から4~5回ほど行われ、最終選考を迎えますが、最終選考の前には大勢が決しているのが“慣例”となっています。そんな“デキレース”ということから、以前より“レコ大不要論”があがりはじめていました」(音楽業界関係者)

     昨年、同誌が、15年の受賞者である三代目 J Soul Brothersの所属事務所がレコ大に絶大な影響力を持つ某大手芸能プロに1億円の“裏金”を支払った疑惑を報じた。さらには、権力争いによる内紛が勃発していることも発覚していたが、西野カナの「あなたの好きなところ」が大賞、韓国の人気グループ・BIGBANGの弟分・iKONが最優秀新人賞を受賞していた。

     そこで、気になる今年の賞レースだが、同誌によると、ミリオンセラーを記録した乃木坂46の「インフルエンサー」が大賞の最有力候補。

     最優秀新人賞の本命として名前が挙がっているのが、シンガー・ソングライターのNOBUだという。

     大賞をめぐっては、2連覇に挑む西野カナや、今月8日にベストアルバムを発売した安室奈美恵も有力候補。しかし、安室は当日のテレビ出演が難しく可能性は低いようで、対抗馬も多くないという。

     一方、世間的には無名のNOBUだが、前述したレコ大に絶大な影響力を持つ某大手芸能プロがバックアップしているというのだ。

    「乃木坂46はドーム公演初日の7日に、機材が落下して客がケガを負う事故が発生。大事故になっていれば、レコ大どころではなかったはずなので、レコ大関係者も胸をなで下ろしているのでは」(レコード会社関係者)

     来年で節目の60回を迎えるレコ大だが、果たして、今後もこのままの体制で存続されるのだろうか。

     https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12184-37012/

    no title

    乃木坂46 『インフルエンサー』
    https://www.youtube.com/watch?v=r4SdiT7mm7Y



    【今年のレコード大賞 乃木坂46『インフルエンサー』に早くも決定?文春報じる 】の続きを読む

    このページのトップヘ