タグ:ブラタモリ

    1: 湛然 ★ 2018/02/14(水) 05:24:36.28 _USER9
    「ブラタモリ」5代目アシスタントに林田アナ NHK女子アナの“出世コース”

     NHK紀行バラエティー「ブラタモリ」(土曜後7・30)を3月で卒業する同局の近江友里恵アナウンサー(29)の後任に異色の女性アナが起用されることが13日、分かった。絶対音感を持つ東京芸大卒の林田理沙アナ(28)。タモリ(72)の5代目アシスタントとして、看板人気番組を盛り上げる。

     複数の関係者によると、福岡放送局に勤務する林田アナは4月から東京アナウンス室に異動。軽やかな聞きとりやすい声が特徴で、明るい性格と人当たりの柔らかさなどから「ブラタモリ」出演が決まった。愛称は名字の音読みから「りんだちゃん」。笑うと左の口元にできるえくぼがキュートだ。

     福岡では2016年2月から、近江アナの後を継いで九州ローカルの生情報番組「ロクいち!福岡」の司会を担当。今回もまた、近江アナからバトンを受けることになる。正式には今月中に発表される。

    林田理沙アナウンサー
    no title

    http://www.sanspo.com/geino/news/20180214/geo18021405030010-n1.html

    【「ブラタモリ」5代目アシスタントに林田アナ NHK女子アナの出世コース 】の続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 13:43:42.60 _USER9.net
    お笑いタレントの出川哲朗が24日、横浜市内にある実家の海苔問屋「蔦金商店」で会見を開き、自身初となる冠レギュラー番組『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(4月15日スタート、毎週土曜 後7:54~8:54 テレビ東京系)を発表した。かつて『8時だヨ!全員集合』『オレたちひょうきん族』が放送されていた“土8”のゴールデン帯に編成され、「感無量でした。願い続ければかなうんだな。勝負に出てくれたテレ東に感謝」とニコニコ顔。勢い余って「タモさんをぶっつぶす」と微妙に時間がかぶっている『ブラタモリ』(NHK)に宣戦布告した直後に、「怒られるわ~」と反省していた。

     これまで2014年から不定期に7回、特番として放送されていた番組がレギュラー化。フル充電で約20キロ走行可能な電動バイクに乗って、行く先々で充電させてもらいながら目的地を目指す、リアルガチ旅番組。

     出川は「お笑い芸人で、ゴールデンに冠番組を持てる人はそういない」と、番組レギュラー化が決まり「喜び90%、プレッシャー10%」だったそう。ところが、この日の会見直前に「編成の偉い人から『頼むよ、期待してるから、この番組にかかっている』と言われて喜び10%、プレッシャー90%に変わった」といい、「(明石家)さんまさん、ダウンタウンさんじゃないんだから、力を貸して~。皆さんの宣伝にかかっている」と記者たちに平身低頭。「ワイロを用意しました」と実家の商品を配り、「タモさんもおいしいって言ってくれた海苔です。なのに、さっきぶっつぶすとか言っちゃった~」と引きずっていた。

     レギュラー放送初回と2回目は、2時間半の拡大スペシャル。6日間の日程で、伊勢神宮を目指す。出川は「宿泊先も決まっていない、全部ガチなので、大変なことも起きるんですが、出会った人たちのやさしさに助けてもらったり、そういうリアルガチなところをすべてを楽しんでもらいたい」と意気込み。会見後、「蔦金商店」前で初回放送のロケがはじまり、電動バイクに乗って出発していった。

    画像
    20170224-00000311-oric-000-view

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170224-00000311-oric-ent

    【出川哲朗、ゴールデン帯で冠番組初レギュラー「タモさんをぶっつぶす」】の続きを読む

    1: レッドインク(catv?)@\(^o^)/ [US] 2016/11/10(木) 12:03:21.17 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    福岡市博多区のJR博多駅前の道路が大陥没した事故。実は、福岡出身で地層ファンとしても知られるタレント、 タモリ(71)が、博多の地盤の弱点を言い当てていたという。どういうことか。

    昨年9月に放送されたNHK「ブラタモリ」でのこと。この回は、タモリの故郷でもある博多に桑子真帆アナと訪れている。

    ビル街のど真ん中にある遺跡の発掘現場を訪問。
    ここは、今回の事故現場と同じ市営地下鉄七隈線(3号線)の工事が行われているところだ。

    この現場は、わずか3メートルほどの地層に、弥生時代から江戸時代まで5つの地層が積み重なっていることが、一目でわかるようになっていた。

    さらに、その地層が海の上の砂丘に幾重にも積み重なってできたものであることを、福岡市博物館の職員らと実地で確認するという内容だった。

    「図らずも、ブラタモリが博多の地盤の弱点を見抜いていました。番組内でも、遺跡に足を踏み入れたタモリが『砂ですね』と感想を漏らしていたほど。
    それだけ地盤が緩いということです」と放送関係者。さすがタモさん。

    博多陥没、タモリが予言!? 「ブラタモリ」で地盤の弱点見抜いていた
    http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20161110/enn1611101130004-n1.htm

    画像
    無題

    【博多陥没、タモリが予言!? 「ブラタモリ」で地盤の弱点見抜いていた】の続きを読む

    1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 04:50:49.01 _USER*.net

    4月1日の深夜、午前4時過ぎ。東京・世田谷区の路上を1組のカップルが仲睦まじく手をつないで歩いていた。かなり酒を飲んだのか2人とも千鳥足。男性が女性の腰に手を回して引き寄せると、彼女はうっとりとした表情でしなだれかかる。

     深夜の人気のない街をブラブラと散歩するこの女性は、NHKの桑子真帆アナ(28)だ。『ブラタモリ』でタモリの相棒を務めたことで一躍ブレイクした桑子アナの熱愛を4月11日発売の週刊ポストが報じている。

     桑子アナは2010年にNHKに入局し、長野放送局で3年、広島放送局で2年の勤務を経て、昨年4月に東京アナウンス室に異動。
    同時期に『ブラタモリ』が3年ぶりにレギュラー番組として復活し、彼女は異動早々、タモリのアシスタントという大役を任されることとなった。その愛らしいルックスとキャラクターは、瞬く間に世の男性を虜にした。

     そんな桑子アナと「ラブタモリ」していたのは、フジテレビの谷岡慎一アナウンサー(29)だ。『ノンストップ!』(月~金、9時50分~11時25分)やスポーツ実況を担当する同局期待の若手アナである。
    画像
    2048835_201502200958144001424363328c

    (続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
    http://www.news-postseven.com/archives/20160410_402012.html

    【NHK桑子アナにフジイケメンアナと熱愛報道 妹も応援】の続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2016/01/01(金) 05:12:14.49 _USER*.net
    人気急上昇の美人アナに初ロマンス! NHKバラエティー「ブラタモリ」でタレント、タモリ(70)のアシスタントを務める桑子真帆アナウンサー(28)が、フジテレビの谷岡慎一アナウンサー(28)と真剣交際していることが31日、分かった。

    谷岡アナは同局系情報番組「ノンストップ!」やスポーツ実況を担当するイケメン。
    同期入社の2人はテレビ局の垣根を越え、愛を育てている。

    キュートでお茶目な桑子アナと、イケメンの谷岡アナがノンストップで恋愛中だ。

    複数の関係者の話を総合すると、2010年4月に入社した同期の2人は以前から、顔見知り。
    本格的な交際に発展したのは桑子アナが昨年4月、NHK広島放送局から東京アナウンス室に異動になってからという。

    競争率1000倍以上は当たり前といわれるアナウンサーの就職戦線。
    大学時代にテレビ局のアナウンサー養成講座などで学び、ともに勝ち抜いた同期は、入社局が違っても交流の続くケースが多い。

    2人はそんな中から絆が深まり、桑子アナは楽器演奏、谷岡アナはピアノ演奏という共通の趣味でも気が合ったようだ。

    最近は一緒に食事やドライブを楽しみ、ごく身近な番組スタッフや共演者には2人とも「実は、お付き合いしています」などと報告している。
    お互い明るくフランクな性格とあって、オープンな交際を周囲は温かく見守っている。

    関係者の間では「桑子アナは会うたびにきれいになっている」と谷岡アナとの恋愛効果を指摘する声もあるほどだ。

    桑子アナは、昨年4月から3年ぶりに復活した「ブラタモリ」に抜てきされた後、大物タモリにものおじせず、「タモさん、口数が少ないですよ」などとツッコむことも。
    そんな彼女にタモリも思わずニヤケるほどで、中高年のおやじ世代を中心に人気を集めてきた。

    オリコンが年末に発表した「好きな女性アナランキング」では、圏外から初のトップ10入りとなる堂々の5位にランクイン。
    レギュラー出演する「NHKニュース7」では昨年9月、歌手で俳優、福山雅治(46)と 女優、吹石一恵(33)の結婚を伝えた際、「私はショックで、思わず『エッ』と声を上げてしまいました」と両手を広げ、驚くしぐさで本音を漏らし、さらに好感度がアップした。

    お相手の谷岡アナは高知・土佐高時代、腰のけがで硬式野球を断念した経験を持つ。
    「ノンストップ!」で見せる軽妙な語り口だけでなく、スポーツ中継の歯切れのいい実況ではアスリートの心身両面にわたる理解も深く、今後が期待されるフジのホープ。

    このまま順調に交際が進めば結婚の2文字も見えるとあって、今度は桑子ファンの間でショックの声が広がりそうだ。

    画像 桑子真帆アナウンサー(左)
    no title

    フジテレビの谷岡慎一アナウンサー
    no title

    http://www.sanspo.com/geino/news/20160101/lov16010105060001-n1.html

    【「ブラタモリ」NHK桑子真帆アナ、フジ谷岡慎一アナと熱愛!】の続きを読む

    1: 必殺仕事人2015放送希望 ★@\(^o^)/ 2015/05/14(木) 03:28:18.24 ID:???*.net
    「NHK広報局」のツイッターアカウントで告知され、突然始まった謎の番組『タモリと鶴瓶』。
    目ざとく見つけたネットユーザーの間で「中身も謎」「不思議な放送時間」と話題になっている。
    そんな中、「その2」の放送が決定。ゲストは同局の有働由美子アナウンサーで、18日午後2時50分から5分間放送される(リピートあり)。

    公式サイトには、「タモリと笑福亭鶴瓶のコラボ企画。毎回ゲストを迎えて、タモリと鶴瓶がNHK放送センター内で繰り広げるすれ違いミニドラマ」と説明。
    今月9日午前2時10分から放送された「その1」には、同局の連続テレビ小説『まれ』に出演中の大泉洋がゲスト出演した。

    二人が同局で持っている冠番組『ブラタモリ』(毎週土曜 後7:30)、『鶴瓶の家族に乾杯』(毎週月曜 後8:00)の“番宣”という側面がないわけでもないが、何せ5分番組。
    「その1」では、『ブラタモリ』の打ち合わせのためNHKにやって来たタモリが、大泉と『まれ』の楽屋ロビーで出会い、鶴瓶への謎の伝言を託す。
    その直後、『鶴瓶の家族に乾杯』のスタジオ収録を終えた鶴瓶が楽屋ロビーにやって来て…という展開で、それなりに見応えがあった。

    同局に問い合わせたところ、番組と番組の合間に挿入される「ミニ番組」の一つとのこと。
    放送日時は決まり次第、公式サイトに随時掲載していく。反響が高まれば、リピート放送の回数が増えるかもしれない。

    「その2」では、エレベーターを待っていた有働アナが、エレベーターから降りてきたタモリと鉢合わせし、そこで、鶴瓶への謎の伝言を託される。
    有働アナがエレベーターに乗り、別のフロアで降りると、そこには、鶴瓶がいて…。
    すれ違うタモリと鶴瓶をゲストがつなぐ、はっきりした目的があるようで大した意味はなさそうな、でもなんとなく面白い番組になっていきそうだ。

    画像
    2052777_201505140648435001431530857c

    ■公式サイト
    http://www4.nhk.or.jp/P3576/

    http://www.oricon.co.jp/news/2052777/full/

    【NHK謎の番組「タモリと鶴瓶」が話題 第2回ゲストは有働アナ】の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★@\(^o^)/ 2015/02/03(火) 16:24:13.88 ID:???*.net
    「ブラタモリ」新相棒は広島放送局所属の桑子真帆アナを抜てき

    NHKの“夜の顔”が一新する。NHKの2015年度新キャスターの発表会見が3日、東京・渋谷の同局で行われ、4月から3年ぶりにレギュラーで復活する「ブラタモリ」のリポーターに、同局の桑子真帆アナウンサー(27)が抜てきされたことが発表された。

    街歩きの達人・タモリ(69)が“ブラブラ”と歩きながら、知られざる街の歴史や人々の暮らしの謎に迫る紀行・バラエティ番組。レギュラー第3シリーズまでタモリとコンビを組んできた久保田祐佳アナウンサー(32)から桑子アナが引き継ぐことになる。

    桑子アナは現在、広島放送局に所属し、「おはようひろしま」のキャスターを担当。
    BSプレミアムの子ども向けお笑いバラエティ番組「ワラッチャオ!」ではお姉さん役を務め、子どもたちやキャラクターたちと明るい親しみやすいキャラクターを持ち味に、番組を盛り上げてる。

    4月から「ブラタモリ」と「ニュース7」(月~金後7・00)のサブキャスターも担当する。
    桑子アナは「タモリさんの独特の着眼点、ゆるさが好きで、よく見ていた。その番組を自分が担当すると思うと、光栄であると同時に緊張もしている。今回は全国各地を回るので、タモリさんのそこに着目するの?ってところを私自身も楽しみながらやっていければ」と豊富を語った。

    個人の希望として「着任経験のある長野と広島の旅ができたら」と話した桑子アナ。
    「長野は廃線になった路線が結構ある。タモリさんは線路が好きということなので、普通だったら見落としてしまう何かをタモリさんが見つけてくださると思う」と笑顔を見せた。
    [ 2015年2月3日 16:08 ]

    スポニチ
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/02/03/kiji/K20150203009745060.html
    画像 「ブラタモリ」でリポーターを務めるNHKの桑子真帆アナ Photo By スポニチ
    no title

    桑子真帆アナ
    http://www2.nhk.or.jp/a-room/search/detail.cgi?id=583

    【「ブラタモリ」 桑子真帆アナウンサー(27)を抜てき 現在は広島放送局に所属】の続きを読む

    このページのトップヘ