中二病速報

    タグ:フラッシュ

    1: ジョーカーマン ★ 2019/05/24(金) 00:20:15.48
    人気アイドルグループ・日向坂46の小坂菜緒(16)が、24日発売の『FLASHスペシャル2019初夏号』(光文社)に登場。
    「両A面表紙」となった同号で、乃木坂46・与田祐希とともに表紙を飾った。

    グループ名を「けやき坂46」から改名し、今年3月に「キュン」でデビューした日向坂46。
    小坂は記念すべき1stシングルでセンターを務め、グループの顔として注目を集めている。

    今回の撮り下ろしグラビアは、ニックネームの“こさかな”にちなみ熱帯魚と撮影。
    夏らしい爽やかなタンクトップ&ショートパンツから輝く美肌をのぞかせ、セーラー服も披露した。
    またインタビューでは実際に魚好きな一面のほか、センターに抜てきされた時の心境も語っている。

    同号にはそのほか、乃木坂46・4期生の賀喜遥香&掛橋沙耶香、モデルの北向珠夕、坂口風詩、=LOVEの大谷映美里&高松瞳、HKT48の栗原紗英&山下エミリー、劇団4ドル50セントの前田悠雅、声優の逢田梨香子、コスプレイヤーの桃月なしこ、日向坂46松田好花&富田鈴花が登場する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190524-00000303-oric-ent

    「FLASHスペシャル2019初夏号」 小坂菜緒
    no title

    no title

    no title

    日向坂46 小坂菜緒
    no title

    no title

    no title

    小坂菜緒センター
    日向坂46 『キュン』
    https://www.youtube.com/watch?v=K5HPhoqyO4U


    【【日向坂46】センター・小坂菜緒、タンクトップ&ショーパンから輝く美肌(画像あり)】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/05/23(木) 11:09:35.66
     5月上旬、常盤貴子(47)&長塚圭史(44)夫妻のツーショットをキャッチした。ビッグカップルながら、この日は電車移動。なんとも堅実だ。

    「今春、新居が完成し、引っ越しも終わった。結婚10年めを迎えたが、夫婦仲は円満だ」(芸能プロ関係者)

     なるほど、示し合わせたかのように、2人揃ってベージュのコートで、時折手をつなぐなど、終始ラブラブなご様子。これからも堅実な愛を育んでいくに違いない。

    (週刊FLASH 2019年5月28日号)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190523-00010005-flash-ent

    no title

    【【FLASH】常盤貴子、結婚10年目でもラブラブなデート現場 】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2019/05/21(火) 16:08:32.33
    ダンスボーカルグループ・CHERRSEEのMIYUが、21日発売の雑誌「週刊FLASH」の表紙を飾った。

    MIYUと“お泊まりデート”
    MIYUは、表紙&12PグラビアでFカップダイナマイトボディを惜しげもなく披露。
    今回の撮影では、「ホテルでお泊まりデート」がテーマ。

    ベッドの上でゴロゴロしたり、フェイスパックでお肌のケアをしていたりと人気アイドルがふだん見せることのない無防備で可愛らしい姿を見せた。

    http://mdpr.jp/news/detail/1839788

    「週刊FLASH」 MIYU
    no title

    no title

    no title

    no title

    【【グラビア】「CHERRSEE」MIYUと“お泊まりデート”Fカップ豊満バストで悩殺(画像あり) 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/05/21(火) 07:51:51.03
     シャボン玉が舞うなか、歌い踊る自分の姿に、輝いていたあの頃を重ねていたのかもしれない。5月中旬、埼玉県内でおこなわれたのは、2020年公開予定の映画『星屑の町』の撮影だ。ヒロインを務める女優・のん(25)にとって、約5年ぶりの映画出演となる。

     ラサール石井(63)らベテラン陣をバックに従えて演じるのは、歌手デビューを夢見る田舎娘役。カメラが止まっても、熱心に振付を確認する姿は、朝ドラで主演を務めて日本の朝を照らした、6年前を思い起こさせる。

     共演するオジサンたちと談笑しながら、平穏に撮影に臨むのんだが、この笑顔の陰で、先月、彼女が渦中にある裁判の判決が下されていた。

     発端は、『週刊文春』が2015年4月に掲載した記事だ。のん(当時、能年玲奈)が表舞台から姿を消した理由は、のんが当時所属していた芸能事務所・レプロエンタテインメントの待遇にあると報じた。

     記事では、2013年以降、のんが置かれていた状況を、「『あまちゃん』時代の月給は5万円」「お金がなく、パンツも買えなかった」「現場マネージャーが次々に替わった」などと詳報。証言者は明らかにされていないが、当事者に「ごく近い人物」を取材したと思われる
    具体的な内容だった。

     記事に対し、レプロおよび同社社長は「事実に反する」として、2015年6月、発行元の文藝春秋と、当時の同誌編集長を名誉棄損で提訴。
    その判決が、2019年4月19日に下されたのである。
    判決で、東京地裁は文春側に合計660万円の損害賠償の支払いを命じたが、
    文春側は即日控訴した。

     本名の「能年玲奈」で活動していた若手女優は、2013年、ヒロインを務めたNHK連続テレビ小説『あまちゃん』で、一躍脚光を浴びた。
    人気女優の仲間入りを果たしたかに思われたが、2015年初めごろから、開店休業状態に。

     のんとレプロの確執は、さまざまなトラブルに発展し、現在も和解はしていない。

     一般的に、記事が「事実無根」であるかを争って、裁判に発展することはままある。だが今回の裁判には、異例の事実があった。
    以下は4月19日、判決、また即日控訴を受けて、『週刊文春」編集部がホームページ上に公開した弁。

    《本件記事は、能年玲奈さんご自身の告発に基づき、掲載されたものであることを、裁判の場で明らかにしています》

     なんと、記事の「ネタ元」の一人は、のん本人だったのだ。

    「本人の了承なしに、『文春』が情報源を開示したとは考えにくい。『告発したい』という、のん自身の強い気持ちの表われではないか。
    これほどの有名人が、匿名で週刊誌に告発し、後からそれが明るみに出るのは前代未聞だ」(芸能プロ関係者)

     名前を明かした理由について、文藝春秋法務・広報部は「取材及び裁判の過程については、お答えしておりません」と回答。のんの現在の所属事務所からは、期日までに回答はなかった。

     のんが心から笑顔を見せる日は、まだ来ない。

    (週刊FLASH 2019年6月4日号)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190521-00010000-flash-ent

    no title

    【【FLASH】のん、復帰待望論に水差す前代未聞の「裁判トラブル」 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2019/05/15(水) 05:05:49.67
     テレビ朝日・三谷紬アナ(25)の「初ロマンス」を発見したのは、4月下旬の平日の午後だった。並んで歩くマスク姿の男性とペットショップを訪れると、身を寄せ合ってトイプードルを覗き込んでいたのである。

     三谷アナは、メガネでちょっぴり変装。スカートにヒールで、この日はおめかしをしていたのかも。

     推定Fカップの豊満ボディを誇る三谷アナだが、お相手の男性も、細身ながら、鍛えられた胸筋と大腿筋は見事。美ボディ同士のお似合いカップルだ!

    (週刊FLASH 2019年5月28日号)

    SmartFLASH 
    三谷紬アナ、ペットショップで「トイプードル」デート撮 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190514-00010005-flash-ent 

    no title


    【【FLASH】三谷紬アナ、ペットショップで「トイプードル」デート撮 】の続きを読む

    1: フォーエバー ★ 2019/05/13(月) 18:08:20.96
    「当時は3人とも中学3年生で、12畳のひと部屋で川の字に寝る寮暮らし。朝7時に家を出て学校に行き、仕事場でも家に帰っても一緒。一人の時間が欲しくて、学校を抜け出し、化粧品を買いに行ったことがあります」

     キャッチフレーズ「一心同体、少女隊」が耳に残る3人組、少女隊の一人、市川三恵子。

    「テレビ初出演は『ひょうきんベストテン』。司会が島田紳助さんで、緊張で頭が割れるように痛かった。何も知らずに歌っていたら相撲ダンサーズが出てきて、本当に慌てました」

     ヘルニアを患い、1年で脱退。22歳で、2歳年上の理容師と結婚した。いまは東京・国立市で理容店を営む。

    「いまも店にファンの方が来てくれます。脱退したとき、ファンの方にお別れの言葉を伝えられなかった。いつかライブをもう一度やって、『今までありがとう』と伝えたい」

    いちかわみえこ
    1969年12月8日生まれ 東京都出身 ニックネームは「チーコ」。1984年8月に「少女隊」としてデビュー。現在は国立市で「カットスペース701」を営む

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190513-00010001-flash-ent

    no title

    【【FLASH】元「少女隊」市川三恵子、経営する理容店にはいまもファンが 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/05/13(月) 16:24:25.41
     真っ赤なベンツのオープンカーは、首都高を走り抜けると、一路北へと向かって颯爽と風を切った。超高級車のハンドルを握る男性の隣で「ドヤ顔」をキメるのは、TBS・山本里菜アナ(24)だ。

     ドライブ日和だった4月下旬のある日、都内のマンションを出発したオープンカーは、東北道を北上し、栃木県内のアウトレットモールに到着した。

     買い物客で賑わう休日のモールで、山本アナは終始目をハートにしながら、「爆買い」を敢行。男性が試着室に入れば、カーテンの隙間からカレを覗き込み、アドバイスを欠かさない。

     東京を離れて気持ちがオープンになったのか、ショッピングの合間も、2人は手をつなぎっぱなしだった。

     次々と手提げ袋は増えていくが、山本アナのカワイイ上目遣いに、男性の財布のひもは緩みっぱなしだ。山本アナが持っていた紙袋を、さりげなく持つカレ。
    ショッピングはたっぷり5時間に及んだ。

     山本アナは2018年、新人ながら、同局の看板バラエティ番組『サンデージャポン』の進行アシスタントに大抜擢された、TBS期待の若手だ。

     番組で、入社前に当時の彼氏と破局したことを告白しており、以来「彼氏いないキャラ」が定着。恋愛話が出るたびにイジられているが……。

     カレこそが新恋人の、「赤いオープンカー」を乗りこなす、須藤元気似のスポーツマン・Aさんだ。本誌の取材によるとAさんは、山本アナより2つ年上で、外資系金融機関に勤めるサラリーマン。都内の有名私大では、野球部に所属していた体育会系だ。

    「4年生で初めてベンチ入りした苦労人だが、毎年プロを輩出する大学リーグの公式戦で、神宮球場の打席に立っている。また部活動だけでなく、勉学にも熱心に励んでいた」
    (大学野球関係者)

     金融関係者によると、Aさんの勤務先では仕事の結果次第で、若手でも年収が数千万円にのぼるという。文武両道で、苦労も知っており、超高収入。
    ハイスペックを絵に描いたようなAさんに、山本アナはぞっこんなのだろう。

     話を戻そう。モールを後にした2人は、夕方、都内のマンションに到着。その後、家を出る様子はいっこうになかった。じつは、山本アナとAさんは、ここで同棲生活を送っているのである。

     山本アナの朝は早い。月曜日と火曜日は、朝の情報番組『あさチャン!』出演のため、午前3時の出社である。そんな「超朝型生活」のなかで、早朝Aさんと暮らすマンションから迎えのタクシーで出勤する山本アナを、本誌は連日、目撃している。

     2人は、先の連休には沖縄旅行へ足を延ばしていた。山本アナのインスタグラムにはそのときの投稿も。

     TBS広報部は本誌の取材に、「社員のプライベートについては従来お答えしておりません」と回答した。ということなので、『サンジャポ』でのご報告、お待ちしております!

    (週刊FLASH 2019年5月28日号)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190513-00010006-flash-ent

    no title

    【【FLASH】『サンジャポ』山本里菜アナ、赤いオープンカーでドヤ顔同棲 】の続きを読む

    このページのトップヘ