タグ:フラッシュ

    1: 豆次郎 ★ 2017/12/14(木) 06:10:31.64 _USER9
    貴乃花と同期の元力士が語った「八百長相撲」の現場
     一連の日馬富士(33)による暴行傷害事件は、いよいよ佳境を迎えつつある。無言を貫く貴乃花親方(45)の胸中には、相撲協会ではなく警察による事件の真相解明とともに、新たに表面化しつつある問題を払拭したいという強い思いが根底にあるという。

    「八百長とまでは言わないまでも、無気力相撲が目立つようになっている。その中心が、モンゴル人力士らで形成される “モンゴル人互助会” にある。国を離れ、同じ国籍の人間が集まって束の間の休息を楽しむのはわかる。

     だが、貴乃花親方にはそれが馴れ合いに映り、ひいては八百長に繋がると危惧している。だからこそ貴ノ岩には、そんな集まりに顔を出すことを厳しく禁じていた」(担当記者)

     現役時代から孤高の横綱としてガチンコ相撲を体現し、誰よりも馴れ合いや群れることを嫌った貴乃花親方。その象徴である “モンゴル人互助会” は許せる存在ではなかった。

     とはいえ、白鵬(32)を筆頭に上位陣にはモンゴル人力士は多数いる。ましてや、最近の土俵内外での白鵬の言動は目に余るものがある。それを許してきた協会に、危機感を持っているという。

     そもそもの発端となったのが、2011年の八百長事件だった。携帯のメールから星の貸し借りが次々と暴かれ、多くの力士が引退に追い込まれた。モンゴル人力士も6名を数えている。

     貴乃花親方と同期で、2010年の野球賭博問題の首謀者、元力士の古市満朝氏が、現役当時を振り返る。

    「よく、八百長相撲のために使いに走らされていました。当時、関取の付け人をやっていて、対戦する相手に『今日、うちの関取がお願いしますと言っていますけど、どうでしょう。金額は○○で、手順は流れでお願いします』と、話しに行くんです。

     これは相手との貸し借りなのか、ほかの関取を交えて星を回すのかなど、細かい打ち合わせにも走らされたものです。我々は、そんな汚い部分を見てきた世代なんです。ガチンコだけで横綱になった貴乃花は、本当にすごいですよ」

     2011年に八百長問題が発覚した当時、貴乃花親方は、新理事として八百長撲滅、暴力団の介入阻止などに向けて奔走していた。だが、貴乃花親方が提唱する改革は道半ばで、問題解決には至っていない。

    「最近の “モンゴル人互助会” による馴れ合いは、八百長事件を思い出させると、貴乃花親方は感じているようです。集まって酒を飲むのはしょっちゅうだし、2009年には初日の2日前に朝青龍、白鵬が中心となってゴルフコンペまで開いている。また2010年には、白鵬が花札賭博に関与していたことが発覚している。

     今回の暴力事件の発端となったのが、錦糸町の店での『これからは俺らの時代だ!』という貴ノ岩の発言でしたが、じつはこの店、八百長問題で解雇された力士がオーナーを務めている。よくモンゴル人力士が集まっている店として有名だし、そこに貴ノ岩が行ったことに、貴乃花親方は怒っています」(相撲ライター)

     事件後、協会の事情聴取にいっさい協力しない態度に、すっかりヒールのイメージを植えつけられてしまった貴乃花親方。よかれと思ってやっていることも支持を得ることはなく、いまや四面楚歌の状態である。
    (週刊FLASH 2017年12月26日号)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171214-00010001-flash-peo
    no title

    【【FLASH】貴乃花と同期の元力士が語った「八百長相撲」の現場 】の続きを読む

    1: あずささん ★ 2017/12/07(木) 06:57:12.74 _USER9
    「貴乃花親方の姿勢には納得できない。理事という立場で、協会全体が進めようとしていることをぶち壊そうとしているのではないか」

    11月27日、横綱審議委員会後の会見で、北村正任委員長(76)は静かな口調ながら怒りを露わにした。

    日馬富士(33)の引退表明。定例理事会での危機管理委員会による中間報告。混迷を極めた暴行事件は、ようやく事件解明に向けての道筋が見えはじめた。

    「そもそも貴乃花親方の狙いは、日馬富士を引退に追い込むことではなく、角界をまとめきれない八角理事長を辞任に追い込むことだった。来年2月の理事長選で勝てないことはわかっているが、八角理事長以下、協会幹部に一矢を報いることで溜飲を下げようとしていた」(相撲記者)

    しかし現在の雲行きは、八角理事長の辞任はなしというのが大方の見方だ。そして、貴乃花親方(45)のもうひとつの狙いとして、白鵬(32)潰しがあったと、協会関係者が明かす。

    「もともと両者は蜜月関係にあった。貴乃花親方は白鵬の相撲を褒めていたし、白鵬も改革への姿勢を支持していた。改革が進めば、帰化しなくても一代年寄を認めてくれるのでは、という打算があったのも確か。

    その関係が悪化した原因のひとつは、巡業での移動の際、白鵬がバスに戻るのが遅れたことといわれている。白鵬がいないことを知りながらバスを発車させたというわけだ」

    だが、じつはその直前に決定的な事件が起きていたという。同日、最初の休憩で白鵬がバスに戻った際、貴乃花親方が座るはずの席に座ってしまったのだ。

    「後から乗り込んできた貴乃花親方は、『なんで俺の席に座っているんだ!』と怒鳴り散らした。白鵬は、足が痛いから伸ばせる席に座ったと言い訳したが怒りは収まらず、力士たちの前で面子を潰された。以来、2人の関係は最悪のものとなってしまった」(同)

    また、「将来の目標が同じだから早めに芽を摘みたかったのでは」と、こう続ける。

    「ともに、理事長の椅子を狙っている。白鵬は父親が帰化することに大反対のため親方にもなれそうになかったが、その父が最近、大病を患い状況が一変した。母親も、『あなたのやりたいようにやればいい』と後押ししているらしく、帰化に障害がなくなった。

    当然その話は貴乃花親方の耳に入っている。だからこそ、暴行事件の現場に居合わせた当事者として、白鵬も関与していたことをリークして、事を大きくしようと目論んだわけだ」

    だが、日馬富士の引退で形勢は逆転。白鵬は11月28日の八角理事長の講話の席で、「貴乃花巡業部長のもとでは冬巡業に安心して参加できない。巡業部長を代えてほしい。でなければ巡業に出たくない」と、反撃の狼煙を上げた。結果、貴乃花親方は冬巡業には帯同せず、巡業部長失格の烙印を押された。

    どうやら、“喧嘩” に勝ったのは白鵬のようだ。

    takanohana_1

    Smart FLASH
    https://smart-flash.jp/sports/29510

    【貴乃花が白鵬と犬猿の仲になった「バスの座席」事件 】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2017/11/28(火) 14:46:35.95 _USER9
    9歳からTBSの人気ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』でかづちゃんこと野々下加津役として出演していた宇野なおみ(28)が、28日発売の雑誌『FLASH』11月28日発売号で初めてのグラビアに挑戦。
    ネット上では大きな反響が上がった。

    “かづちゃん”がグラビアデビュー

    誌面で大胆なランジェリー姿を披露し、ヘルシーなボディラインと笑顔で魅せた宇野。
    これに対しネット上では「かづちゃんがグラビア!」「今日イチのびっくり」「渡鬼の子!大きくなったな」「腹筋すごい!!」「めっちゃセクシーだわ」といった衝撃の声が多数上がった。

    また反響を受け宇野本人も、Twitterにて「どうでもいい話ですがこれほぼ盛ってません。腹筋も自前です」とコメントしている。

    宇野なおみ(うのなおみ)プロフィール
    1989年8月26日生まれ
    東京都出身
    早稲田大学卒
    1996年、舞台『マダム・バタフライ』で、子役デビュー。
    舞台『おしん』の演技をきっかけに1998年から『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)に野々下加津役でレギュラー出演。
    現在、通訳、女優として活躍中。

    http://mdpr.jp/news/detail/1730826

    『FLASH』 宇野なおみ
    no title

    子役時代
    no title

    【【FLASH】『渡鬼』子役・宇野なおみ 初グラビアに挑戦 美ボディ解禁に衝撃の声(画像あり)】の続きを読む

    1: れいおφ ★ 2017/11/18(土) 16:34:41.25 _USER9
    11月上旬のある夜、庶民的なイタリアンレストランに、板尾創路(54)の姿はあった。
    この日、板尾は自身が監督を務める映画『火花』のプロモーションを終え、渋谷にやってきたのだ。

    板尾の向かいの席に座っているのは、巨乳を武器に活動するグラビアアイドル豊田瀬里奈(27)。

    2人は閉店時間の午後11時まで楽しく食事を続け、カラオケ店へ。
    1時間後に店を後にすると、向かった先はラブホテル。
    ホテルから出てきたのは深夜3時半で、じつに3時間以上の「ご休憩」だった。

    後日、本誌は板尾に声をかけたが、何を聞いても終始無言を貫いた。
    板尾が所属する吉本興業に問い合わせたが、期日までに回答はなかった。

    豊田は「(ホテルでは)映画を観ていただけで、男女の関係は一切ありません」との回答を寄せた。

    公開が待たれる注目作をよそに、男の胸中には後悔の火花がむなしく散った。

    https://smart-flash.jp/showbiz/28508

    豊田瀬里奈(27)
    no title

    no title

    gem17022013320001-p1

    gra17021813260001-p14


    【【FLASH】板尾創路、グラドル豊田瀬里奈と不倫 ラブホテルに3時間】の続きを読む

    1: o(^・-・^)o ★ 2017/10/16(月) 16:38:09.54 _USER9
    「浅田真央」フランス男とルーヴル美術館密着デート

     パリ・ルーヴル美術館。ドラクロワの名画『民衆を導く自由の女神』の前は、世界各国からの観光客でごった返していた。そのなかに、黒いキャップを目深にかぶりマスク姿の、一人の日本人女性がいた。

     キャップの女性は美しい絵を、興味深げな目で見つめる。と、リュックをしょった長身のイケメン白人男性が近づいた。2人は並んで歩いていく。喧噪のルーヴル館内で、なにか楽しそうに話している。

     キャップの女性は、2017年4月に競技の第一線から身を引いた浅田真央(27)。男性は、元フィギュアスケート選手で、現在は日本でモデルとして活躍するロマ・トニオロ(27)。2015年に成田空港で『Youは何しに日本へ?』(テレビ東京系)にキャッチされ出演。日本のハンコに憧れる “ハンコ王子” としてブレイクした、異色のフランス人だ。

     ルーヴル美術館で次に真央ちゃんの目を引いたのは、天井にある見事な装飾。立ち止まってスマホをかざし夢中で撮影する真央ちゃんを、ロマは優しい目で見つめている。やがて撮り終わったのか、2人は並んで階段を降りる。と、彼女が階段で転んだら大変と、ロマは真央ちゃんの肩に、自然な様子でそっと手を回したのだ。

     これまで、真央ちゃんには浮いた噂ひとつなかった。27歳の初恋と思ったら、相手がフランス人だなんて!

     10月12日、真央ちゃんを直撃した。

    ーーFLASHです。10月初めにルーヴル美術館に行かれてますよね?
    「あー、はい」

    ーーこの写真は、真央さんとロマさんですよね?
    「これ私じゃないと思います(笑顔)」
     とぼけたが、この日の真央ちゃんのリュックも靴も、ルーヴルの日と同じもの。

    ーールーヴルには行ったんですね?
    「行きました!」

    ーーロマさんと2人で?
    「ハイ! お友達なので!」

     最後は認めて、笑顔でエレベーターに乗り込んだ。

     後日、あらためて事務所に確認すると、「オフのスケジュールは管理しておりませんが、常日ごろから国内外を旅行したり、文化芸術にふれることを勧めています。プライベートは本人にまかせていますが、(ロマさんとは)お友達と聞いています」との回答。

     悔しいけど、真央ちゃんもいつかお嫁入りする。“世界の真央” には、国際結婚が似合うかもしれない。
    (週刊FLASH 2017年10月31日号)

    no title

    https://smart-flash.jp/sports/27007

    【【FLASH】浅田真央 ハンコ王子としてブレイクしたフランス人とルーヴル美術館密着デート激写! 】の続きを読む

    1: あちゃこ ★ 2017/10/12(木) 16:12:49.28 _USER9
     林遣都(26)と中村ゆり(35)は、9歳差の愛をしっかりと育んでいた。週末の渋谷で焼き肉店を求めてさまよう2人。
    2014年に交際が報じられているが、この2人のツーショットはこれが初めて。

     デート中の様子といえば、9歳年上の中村が林を引っ張る姉さんデート風。交際も3年を迎え、
    寄り添う2人の姿は自然体だ。

    『べっぴんさん』にも出演していた若手実力派俳優の林。映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』も公開中で、仕事は順調そのもの。これも中村のお陰か。
    (週刊FLASH 2017年9月26日号)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171012-00010003-flash-ent

    no title

    【【FLASH】林遣都と中村ゆりの渋谷デート発見撮! 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2017/10/07(土) 08:19:18.99 _USER9
    「酔っ払った様子で、コウさんじゃない男性に抱きついていたので、ちょっと驚きました(笑)。上原さんは『私にできることないかな』『何か手伝いたい』と繰り返していました」(居合わせた客)

     9月下旬、都内の居酒屋。劇団「BuzzFestTheater」の公演後の打ち上げで、長身の男性を横に仲間たちと飲み交わす美女を発見! 元SPEEDの上原多香子(34)だ。

     じつはこの舞台公演に上原は出演していない。それでも打ち上げにいるのは、隣に座る男が劇団の主宰者である上原の恋人・コウカズヤ(40)だからだ。

     2人の出会いは2016年。上原がコウの舞台を観に行った際に、意気投合した。それがきっかけで、2017年4月に上原がコウの演出する舞台の主演に抜擢されて急接近。5月には熱愛を報じられた。

     深夜1時まで続いた飲み会の後、2人はタクシーに乗った。10分ほど走り、寄り添って満足そうな笑顔を浮かべ、 同じマンションへ。さらに翌日、千秋楽を迎えた劇団の打ち上げの場には、またしても上原の姿があった。

     連日コウに同伴してまるで妻のような顔を見せる上原。彼女を癒やせるのは、新恋人だけのようだ。

    (週刊FLASH 2017年10月17・24日合併号)

     Smart FLASH
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13715773/

    no title

    【【FLASH 】上原多香子 新恋人の飲み会で見せた「まるで妻」ぶり】の続きを読む

    このページのトップヘ