中二病速報

    タグ:フラッシュ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/11/07(月) 07:55:33.30
     11月4日、2022年度の一般会計税収が「68兆3500億円余り」と、過去最高額となる見通しだとロイター通信が報じた。所得税、法人税などが堅調に推移しているという。

     国の税収は、増加の一途をたどっている。2020年度には60兆8216億円、2021年度は67兆378億円と、連続で最高額を更新。2022年度の税収が報道どおりなら、3年連続で最高額の更新となる。

     一方、相次ぐ物価高により、国民の生活は苦しい。食料や日用品だけでなく、電気・ガス代の負担も上がり、10月からは雇用保険料も値上げされた。

     それでも、岸田文雄首相はあくまで「増税」を目指しているようだ。経済記者がこう語る。

    「ここ最近、国民の負担増につながる政策が次々と提案されています。まず、10月末の政府税制調査会では、複数委員から『消費税率アップの議論をすべき』『10%のままで日本の財政がもつとは思えない』などの意見が出ていると報じられました。

     ほかにも、社会保障審議会の部会で、国民年金保険料の納付期間を5年間延長する議論がなされています。2023年度から保険料の年間上限額を2万円引き上げ、年間104万円とする方針も了承されました。

     また、政府は車の走行・重量・環境に応じて課税する『道路利用税』、株式の譲渡益や配当から得られた所得に対する『金融所得課税』の見直しについても検討しています。列挙すればキリがありません」

    続きは↓
    SmartFLASH
    https://news.yahoo.co.jp/articles/00dacd2aaf9b74276d856493fc6c742a4949639e 

    AA13NfCU


    【岸田首相、日本の税収「過去最高68兆円超」でも増税目指す…SNSでは怒りの声「なんで還元しない?」「国民の敵としか思えない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/10/25(火) 13:32:47.67
    今泉佑唯、“いわくつき夫“ワタナベマホトと続いていた!目撃した「茨の道でも笑顔」な家族生活
    これまで公の場に一切姿を見せてこなかった渡邉氏。左手の薬指には、指輪がきらりと光る
     10月中旬の昼下がり。“母”は、大量の買い物袋を抱えていた。コンビニから足早に帰宅するその様子を見て、彼女が元・欅坂46のエースである今泉佑唯(24)と気づく通行人はいない……。

    「欅坂時代には、不動のセンターである平手友梨奈に迫る人気を誇っていました。2018年に卒業してからは、女優としての才能も開花。そして2021年1月に突然、ユーチューバーの『ワタナベマホト』として活動していた渡邉摩萌峡氏との婚約と妊娠を発表し、世間を驚かせました」(芸能記者)

     しかし今泉は、夫の“犯行”によって、幸せの絶頂からどん底に突き落とされた。

    「渡邉氏は2019年6月に、当時同棲していた10代の女性に暴行を加えたとして、傷害容疑で逮捕された過去がある“いわくつき”です。そして今泉さんとの結婚発表の同日に、女子高生にわいせつな画像を送るように強要していたことが発覚しました。結局、児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕、起訴され、罰金50万円の略式命令を受けました。

     周囲から『別れたほうがいい』という声が殺到するなか、『スポーツニッポン』の報道によると、今泉さんは6月に無事長女を出産したそうです。しかし、今泉さんが渡邉氏に言及することはなく、結局入籍をしたのか、関係が続いているのか不明なままでした」(同前)

     ところが、冒頭の場面から数十分後。そこには、長女を抱えた父と、笑顔の母が並び歩く“家族”の姿があった。2人は、世間の厳しい声をよそに、家族3人の幸せな生活を送っていたのだ。

    「しかし、茨の道は続くでしょう。渡邉氏は、今でも後輩ユーチューバーから慕われており、動画の編集作業を手伝っているそうですが、全盛期の収入は望めません。一方、一家の大黒柱として女優業を続けながら、育児もこなす今泉さんは、ストレスの影響か、突発性難聴と診断され、休業中です。ジリ貧でも幸せなのかもしれませんが……」(同前)

     今こそ、渡邉氏がユーチューバーとして復帰することで、今泉に“恩返し”をすべきだという声も出ている。

    「これまで、彼女が献身的に夫を支えてきたわけですからね。芸能界と違い、YouTubeは本人の才覚次第で稼げます。批判もあるでしょうが、復帰を待ち望む声もありますよ」(YouTubeに詳しいライター)

     これほど仲睦まじい2人なら、どんな困難も克服できそうだが……

    no title
    SmartFLASH
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cc776d58c8aac84886b523c53c21594fc81619cd

    【画像あり】小柄な体を覆うほどの買い物袋を抱えて帰宅する今泉
    https://smart-flash.jp/showbiz/206721/image/1?rf=2

    【今泉佑唯、“いわくつき夫“ワタナベマホトと続いていた!目撃した「茨の道でも笑顔」な家族生活(画像あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/10/11(火) 07:43:23.72 _USER9
     3人組ロックバンド「GRAPEVINE」のボーカル兼ギター・田中和将が、『FRIDAYデジタル』にW不倫を報じられたのは10月8日のこと。

    「記事によると、田中さんは、同バンドのファンであるA子さんとメッセージアプリ内でテキストを交わす関係に。お互いに既婚者であることを承知しながら密会、肉体関係に及んだといいます。

     2度の密会ののち、田中さんのA子さんに対する態度は豹変。突き放すように冷たい態度を取り、A子さんはショックを隠せなかったと報じられています」(週刊誌記者)

     報道について、GRAPEVINEの公式サイトは、謝罪文とともに本人のコメントも掲載。

    《事実関係に関しては概ね記事の内容通りと確認しております。》とした上で、田中は《この度は、私の愚かな行動により、皆様に多大なご迷惑をおかけすることになりました。軽率な行動により相手の女性の気持ちを傷つけてしまったことを心から反省し、相手の女性には謝罪をいたします》とコメントした。

    「ネット上で話題となったのは、記事で報じられていた田中さんとA子さんの赤裸々すぎるやり取りです。

     たとえば、田中さんはA子さんに『足の写真を送ってほしい』といった内容のメッセージを送信。その後、次第にセクシーな動画の要求が増えていったといいます」(同)

     生々しいW不倫の内容に失望する声が上がっている。

    《グレイプバインもがっかりだな。結構好きだっただけに》

    《W不倫というところがショック。自分も既婚者相手も既婚者、歯止めきかなかったのかな》

     一方で、デビュー25周年を迎えた人気バンドのボーカルということもあって、応援する声も多い。

    《不倫とか本来大嫌いなはずなんだけど、田中さんに関しては何故か怒る気にならないんだよな…》

    《私生活がいくら荒れてもGRAPEVINEだけはしっかりやっとかな!やで お前が昔言うたんやぞ思い出せ》

    “3児の父” でもある田中。ファンからは “音楽活動を続けることで反省を!” との声も見られるが、今後の対応にも注目が集まっている。
    SmartFLASH
    https://news.yahoo.co.jp/articles/eb967877d74a670c27117a4aaa60dd30617f64b4
    ロックバンド「GRAPEVINE」のメンバー。左から西川弘剛、田中和将、亀井亨(写真・共同通信)
    no title

    【「足の写真を送ってほしい」GRAPEVINEのボーカル・田中和将がW不倫謝罪も赤裸々すぎるやりとりにファン失望】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/07/12(火) 09:12:49.91 _USER9
    バスケ日本代表・岡田侑大 長野放送アイドルアナとUSJ手繋ぎ不倫旅行! ホテル“同室”宿泊も「たんなる友達」と弁明

    夏休みも近づき、熱気高まるユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)。
    思い思いのコスチュームで園内を楽しむ人々のなか、お揃いのスヌーピーの帽子を被り、ひときわ目立つ男女がいた。男性の身長はとりわけ高く、体格のよさも際立っている。

    「彼は、バスケットボールチーム『信州ブレイブウォリアーズ』所属の岡田侑大選手(24)です。189cmの長身を生かし、昨年11月には『W杯2023アジア地区予選』の日本代表にも選ばれた今注目の選手です。ただ、岡田選手は既婚者で、昨年第一子が生まれたばかり。2人は不倫関係にあるんです」

    そう語るのは、2人の関係をよく知るテレビ局関係者。女性の素性も聞くと、こう明かした。

    「彼女は、長野放送の尾島早都樹アナ(27)です。昨年4月に他局から途中入社し、最近は土曜日の情報番組で、中継リポーターとして活躍しています。かわいらしい顔立ちが人気で、長野ではアイドル的な存在です」

    ことの始まりは、「USJデート」から約10カ月さかのぼる。
    「2人が交際を始めたのは、去年の9月くらいから。当初尾島アナは、岡田選手が既婚者とは知らず、普通に恋人同士だと周囲に話していました。年明けに既婚者だと打ち明けられ、以来、本人は彼のことをほとんど話題に出さなくなりました」(同前)

    2人の関係は、県内テレビ局内では有名な話だという。
    「岡田選手のチームと関わりのある局員だけでなく、他局のアナウンサーも知ってます。チーム内でも周知の事実になっていて、チームの広報担当者は、『噂が広まらないようにするのが大変だ』とぼやいてますよ」(同前)

    そんな周囲の気苦労を気にもせず、USJでは目いっぱいの笑顔を見せていた尾島アナ。彼女の“異変”を、前出・関係者が語る。
    「彼女は、のめり込みやすく、一途なタイプなんです。それは恋愛も同じ。交際以前は仕事ひと筋で、午前0時過ぎまで残業することもありましたが、岡田選手とつき合い始めてからはほぼ毎日、定時で帰るようになりました。仕事中でも、暇さえあれば岡田選手とLINEでやりとりしているみたいです」

    彼女の入れ込みぶりは、デート前日から見て取れた。午前10時ごろ、長野駅構内の新幹線の切符売場へ現われた2人。

    「私たち、ユニバに行くんだよね?」

    お楽しみを待ち切れないように、尾島アナがそう問いかけると、岡田は笑顔で頷き、大阪行きの切符を2人ぶん購入。
    大阪のユニバーサルシティ駅に到着すると、USJにほど近いホテルに早々にチェックインした。

    翌日、USJを訪れた2人は、腕を組んでジェットコースターに乗り込み、その後も手を握ったり、尾島アナが岡田の腰に手をまわすなど、終始イチャイチャぶりが止まらない。周囲の目も気にせず、デートを満喫していた。

    本誌は、スヌーピーの帽子を被ったままホテルに戻ってきた2人を直撃した。質問にはおもに岡田が応じ、尾島アナは無言のまま頷くばかりだ。

    ーー2人は不倫されている?

    「不倫ではないですよ。妻との間で、6月の時点でもう離婚の話がまとまっていますが、向こうの都合で成立していないだけです。尾島さんとは、たんなる友達の関係で、つき合っていません」

    ーーホテルに一緒に泊まっているし、手も繋いでいます。

    「ホテルの部屋は一緒ですが、男女関係はありません。手を繋ぐようになったのも、離婚の話が固まった6月以降のことです。それまでにも彼女の自宅に泊まったことはありますが、別々の部屋で寝ました」

    家に泊まっても別の部屋、手を繋いでもつき合ってないーー。
    そんな2人が、正式な交際を周囲に“アナウンス”するのは、いつになるのか。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a09af606ce2e18baf9577feae1e795571df28ec4 

    no title

    no title

    no title

    【【FLASH】バスケ日本代表・岡田侑大、アイドル的存在の女子アナと手繋ぎ不倫旅行! ホテル“同室”宿泊も「たんなる友達」と弁明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/07/05(火) 21:58:01.74
    ドバイへの “出稼ぎ” を誘われたというB子さん

    「あんな怖い思いをしたのは初めてです。もう2度と米国には行きたくありません。もっとも、行きたくても行けませんが……」

     と、こわばった表情で “恐怖体験” を語るのは都内に住むエステティシャンのA子さん。褐色の肌に堀の深い美しい顔立ちは、スペイン系フィリピン人の母と日本人の父から受け継いだものだ。

     冒頭の “恐怖体験” は、昨年6月に米ニューヨークの空港で起きた出来事だった。A子さんが続ける。

    「コロナ禍で、私がもともと働いていたエステ店が休業してしまいました。そこで私はエステふうの風俗店で働いていたんです。

     そんななか、その風俗店を紹介してくれたスカウトから『いい稼ぎ場所があるよ』と誘われたんです。それが、米国への “出稼ぎ風俗” でした。

     当時米国は、入国前の3日以内におこなったPCR検査の陰性証明書と、海外渡航用のワクチン接種証明書があれば入国は可能でした。海外にも行きたかったし、挑戦してみようとしたんです」

     海外への “出稼ぎ風俗” とは、その名のとおり、海外の風俗店に一時的に所属し、お金をもらうというもの。

    「数日から数カ月のあいだ、海外の風俗店に在籍します。あらかじめ定められた出勤日数や勤務時間をクリアすると、お客ごとに得られる取り分とは別に、“保証” と呼ばれるまとまったお金も得られます」(風俗業界関係者)

     A子さんが誘われたのは、ニューヨークのすぐ隣、東海岸に位置するニュージャジー州のアトランティックシティだったという。アトランティックシティといえば、ラスベガスに次ぐ規模のカジノ都市だが、そこにある娼館が “職場” になる予定だった。

    「とある一軒家にママがいて、ほかに数人の日本人が働いているということでした。料金は60分で300ドル(約4万円)程度。チップもあるから、毎日2000ドルは稼げるという説明でした」(A子さん)

     だが、A子さんの “出稼ぎ” は水際で止められてしまった。

    「強制送還されてしまったんです。入国審査で私の順番になった途端に、私の審査ブースが閉鎖になりました。オフィスに行けと言われ、そのまま別室に連れていかれ、ほかの人たちと一緒に審査を待ちました。

     職員のなかには、FBIという文字が書かれたジャンパーを着ている人が数人いました。オフィスにいたのは20人くらいで、日本人は私だけ。入国管理局の職員は、私に対して米国に滞在する理由を何度も訪ね、『観光です』と言ってもまったく聞き入れてくれませんでした。

     実際、到着した当日だけは本当にホテルに宿泊する予定でしたし、そのホテル名も告げました。でも、翌日以降はどうするつもりなのかと聞かれ、友人の家に泊まると言うと、『それは嘘だ。あなたは売春目的で米国に来た』とハッキリ言われました」

    中略

    凋落の国、日本。ここに極まれり。

    とFlashは締めくくりました。

    長文につき全文はソースで

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/22452039/ 

    41457_1581_02d72038f049e6d5794bb04111268a18


    【【FLASH】風俗で「出稼ぎ海外渡航」日本人女性の急増でアメリカは厳重警戒、入国拒否も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/07/05(火) 08:05:51.17 _USER9
    オズワルド伊藤 蛙亭イワクラとの“熱帯夜デート”撮った!シェアハウスで育んだ「来年結婚」宣言の真剣交際

     東京では6月とは思えない酷暑が続いていた。昼間の熱も冷めやらぬ猛暑日の夜、“お散歩デート”を楽しむ一組のカップルの姿があった。

     熱帯夜でも、2人の笑顔が絶えることはない。それもそのはず、2人は“笑いのプロ”。お笑いコンビ・オズワルドの伊藤俊介(32)と、蛙亭のイワクラ(32)だ。

     遡ること4時間前、伊藤が姿を現わしたのは、イワクラの新居である渋谷区内のマンション前。“彼女宅”から2人はタクシーに乗り込み、代々木八幡の庶民派居酒屋に入店。2時間ほど食事を楽しんだ。

     店を出た2人は、タクシーを拾うのかと思いきや、そのまま並んで夜道を歩きだした。約30分間、まるでツッコミ合うかのように、顔や体を寄せ合う2人。スマホを覗き込んだり、周囲の目も気にせず手を繋ぐなど、“アツアツ”ぶりが伝わってくる。少し長めの散歩を楽しんだ後、そのまま2人は、イワクラの自宅マンションに入っていったーー。

     夜道では緩みっぱなしの2人だったが、舞台に立てば、人気急上昇中の“お笑い第7世代”の一員。今後の賞レースの結果に注目が集まっている。

     伊藤がツッコミを務めるお笑いコンビ・オズワルドは、2019年から3年連続で『M-1』ファイナリストに輝いた。

    「昨年の『M-1』決勝では錦鯉に惜敗し2位に終わりましたが、今年こそは優勝するのではないかと期待が集まっています。特に伊藤さんは、女優の伊藤沙莉さんの兄だと公表してから注目度がアップ。妹の交際報道の際には、『M-1も妹もおじさんに獲られました』と自虐ネタを披露し、妹への溺愛ぶりで世間を笑わせました」(テレビ局関係者)

     一方、お相手のイワクラは、コント師としてコンビを組んでいる。昨年の『キングオブコント』では決勝進出を果たし、結果は6位に終わったものの、それ以降テレビのレギュラー番組が計5本スタートするなど、出演が急増中だ。

    「イワクラさんの作る、独特な世界観のネタが人気です。女性向け風俗店に行った経験を赤裸々に明かすなど、“ぶっちゃけキャラ”の一面でも、重宝されています。今年6月には、女性限定の大喜利番組『IPPON女子グランプリ』(フジテレビ系)に出場し、女芸人のなかでも実力派だと評判。今年は、『キングオブコント』でのリベンジが期待されています」(同前)

     すでに人気を獲得しつつも、賞レースでは今年が正念場の2人。愛を育んだのは、ブレイク前夜をともにした1年半のシェアハウス生活だった。

    no title
    SmartFLASH
    https://news.yahoo.co.jp/articles/35ee1e1696274b8f68ffe8ae22b1758e8fd2deb4

    【写真あり】じゃれつく2人、直撃に応じる蛙亭・イワクラ
    https://smart-flash.jp/showbiz/189824

    【【FLASH】オズワルド伊藤 蛙亭イワクラとの“熱帯夜デート”撮った!シェアハウスで育んだ「来年結婚」宣言の真剣交際】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/06/21(火) 22:11:08.95 _USER9
     6月20日、覚醒剤取締法違反などの罪に問われた「KAT-TUN」の元メンバー・田中聖被告に、執行猶予のついた有罪判決が言い渡された。

     2月24日、覚醒剤取締法違反(所持)容疑で愛知県警に逮捕された田中被告。判決によると、名古屋市中区のホテルで覚醒剤を使用したほか、「危険ドラッグ」を含む液体を所持していたという。

     名古屋地裁は「被告には違法薬物への依存性がうかがわれ、今後、断ち切れるか不安がないわけではない」とするいっぽう、「周囲の者を傷つけたことに対して後悔の念を抱いている」として、懲役1年8カ月、執行猶予3年の判決を言い渡した――。

     2017年6月13日号の『週刊女性』によれば、ジャニーズ時代から実家のローン返済や店の家賃など、数千万単位の借金に追われていたという田中。

     そんな彼の “荒んだ生活” を、本誌も報じていた。2021年12月31日、千葉県内のラブホテルから出てきた田中は、フロントでもたつく女性に見向きもせず、そそくさとその場を去っていった。

     女性の友人は、当時の本誌取材に対し、田中が続けているゲーム実況などがきっかけでつながったことを明かしていた。田中は車やトイレなどに呼び出し、 1時間ほどで女性を帰らせることもあったという。

     さらに、2月、本誌は田中と交際していた都内在住の20代女性に、覚醒剤使用中の田中の “横暴ぶり” について話を聞いている。

    「聖とつき合いだしたのは、5年ほど前からです。そのころの彼は大麻所持の疑いで現行犯逮捕されたばかりで、咳止め薬を大量に飲んだりしていました。彼なりに、クスリと縁を切ろうとしているのかと思っていたんですけどね……。昨年あたりから、明らかにクスリを使っていることがわかるようになりました」

    「昨年は3回会いました」と語っていた女性。会うと呂律が回っていない状態だったという。

    「でも、私が『クスリやってるでしょ』と問い詰めると、『やめてるよ』と言って、すぐにセックスをしようとするんです。もう取り返しがつかないところまで来てしまったんだろうなと思いました」

     当時、薬物の使用は否定していたものの、LINEでは「今日はチャリをキメたんだ」「アイスキマってんだよ」といった、薬物を使用しているかのようなメッセージをたびたび送ってきたという。チャリはコカイン、アイスは覚醒剤の隠語だ。

     当時女性は、田中の持つ “おぞましい性癖” についても口を開いていた。

    「全身にいかついタトゥーが入っていて、『俺のタトゥーはすげーだろ』って自慢してくるんですが、彼が自慢するのはそれだけじゃありません。自慰する動画を撮って、私にLINEで送りつけてくるんです。卑猥なメッセージつきで、去年の秋くらいからは、毎日のように動画を送ってきました。クスリがキマっているから、こんなことをするんだろうと思っていました」

     女性のスマホに残された動画は10本以上。なかには、自宅ではない駅のトイレのような場所で撮影したらしい動画もあった。

     田中の荒んだ生活を目の当たりにしていた女性は、もう一人いる。昨年からつき合っていたという20代前半の女性は、当時、本誌にこう語っている。

    「昨年12月に彼のライブに行ったら、いつもと様子が違うんです。目がうつろで、ライブ中ずっと手足が震えていました」

     彼女はライブ後、田中容疑者とホテルに入ったという。

    「彼は『久しぶりだから溜まっている』と言って、何回も行為に及びました。いつもより感情の起伏が激しくて、『痛いことをされたいし、したいんだ』と言っていて、怖かったです。

     でも、いちばん怖かったのは翌朝。突然チェックアウトを延長した彼が、得体のしれない液体が入ったVAPE(液体を加熱して吸引する喫煙器具)を取り出したんです。

     彼がそれを吸ったあと、『ギリギリで合法だから』と言って、無理やり私も吸わされました。その途端、急に眠くなって、いつのまにか意識が飛んで、目が覚めたら5時間もたっていました。彼は水を大量に飲むし、心と体がバラバラという感じで、どう見ても普通ではありませんでした」

     踏み越えてはいけない一線を越えてしまった田中。判決が言い渡された直後、上下黒のスーツ姿で裁判長に深く一礼をしたという。その反省が “リアル” であると信じたいが……。

    https://smart-flash.jp/entame/187286/1
    no title


    【有罪判決の田中聖被告、本誌が報じていた荒みきった女性たちとの生活…ラブホ代は女性持ち、ギリギリ合法“昏睡ドラッグ” も強要】の続きを読む

    このページのトップヘ