中二病速報

    タグ:フジテレビ

    1: Egg ★ 2019/01/12(土) 07:42:47.27
    「2.2%ですよ……。この数字が明らかになったとき、フジテレビ全体に衝撃が走りました。いくらなんでも低すぎですよ」

    フジテレビで働く放送作家が青ざめた顔で話すのは、1月1日の18時から3時間にわたって放送された正月特番『ニッポンよ! セカイを倒せ! フジヤマ 日本のNo.1VS 世界のNo.1』の平均視聴率についてだ。

    「つい先日伝えられたのですが、2.2%しかなかったんです。正月のゴールデンの特番で、この数字は絶対ありえません。こんな数字では、大金を投じたスポンサーも激怒しますよ。フジテレビの局内でも、いま大問題になっています」(前出の放送作家)

     1月1日のフジテレビといえば、かつては『新春かくし芸大会』をゴールデンタイムに放送してきた。同番組は1980年に48.6%の視聴率を叩き出すなど、常時30%を記録したお化け番組。2000年頃から低迷期に入り、2009年に一桁台の視聴率しか稼げなくなったため、2010年の放送を最後に番組の歴史を閉じている。その同じ枠での“2%台”は、今回の『フジヤマ』が初めてとなる。

    『フジヤマ』は、坂上忍(51)、山崎夕貴アナ(31)、永島優美アナ(27)をMCに、海外のNo.1プレイヤーと日本のNo.1プレイヤーをさまざまな競技で対決させようという内容の番組。

     今回の番組では「フィギュアスケート」「シンクロナイズドスケーティング」「天才キッズシンガー」など五つの競技で対戦する模様を放送。スタジオゲストは新木優子(25)、木村多江(47)、新川優愛(25)、高橋英樹(74)、羽田美智子(50)、細川たかし(68)、山崎育三郎(32)、山下健二郎(33)という面々をそろえた。

    「現在、局内ではさまざまな角度から“敗因”の分析がされているようですが、ひとつには“坂上忍神話”の陰りを上げる声も少なくないようです。『いいとも!』の後継として『バイキング』を成功させたことで、フジの救世主と呼ばれた坂上ですが、さすがに飽きられてきたのか、ここにきて勢いを失っています。

    自ら企画を売り込んだ『坂上どうぶつ王国』(フジテレビ系)の視聴率も振るわず、早くも今春で打ち切りという話も聞こえてきています。坂上忍は連日テレビに出ているため、逆にスペシャル感がなかった、もしくは正月の特番ぐらいは変わったメンツを見たいという視聴者心理があったのかもしれません」(前同)

     さらに、肝心の「No.1プレイヤー」の人選にも問題があったと前出の記者は話す。

    「フィギュアスケート対決の日本代表は小塚崇彦(29)と安藤美姫(31)でした。ですが小塚といえば、昨年末に不倫スキャンダルが発覚したばかり。妻である元フジテレビアナの大島由香里(34)の妊娠中に不倫相手を自宅に連れ込んだのがバレ、離婚に向けた話し合いになっています。当然、フィギュアファンも総スカン。このタイミングで、正月番組に小塚を起用してしまったフジテレビには、“呪い”が降りかかったということでしょう」(同)

     視聴率惨敗は「必然」だった!?

    週刊大衆
    https://taishu.jp/articles/-/62857?page=1

    no title

    【衝撃 フジテレビ元旦特番が視聴率2.2% 坂上忍の“陰り”に小塚崇彦の“呪い”「いくらなんでも低すぎ」 】の続きを読む

    1: ヴァイヴァー ★ 2019/01/11(金) 10:40:27.33
    小倉智昭氏、NGT山口真帆の事件にメンバー関与発表に「町で、まほほん何時に帰る?何時ですって言いますか?」

     11日放送のフジテレビ系情報番組「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で新潟を拠点とするアイドルグループNGT48のメンバー山口真帆(23)が昨年12月、自宅の玄関先に押しかけた男2人から顔をつかまれるなどの被害を受けたとして、県警が暴行容疑で2人を逮捕していた事件を特集した。

     山口は事件発覚から一夜明けた10日、新潟市内でグループの3周年記念公演に出演した。山口は今後もNGTでの活動を続けることを明らかにした。

     イベント途中に登場した山口は、柏木由紀(27)と一緒に「てもでもの涙」を熱唱。その後ファンに対し「この度はたくさんお騒がせして、誠に申し訳ありませんでした」と謝罪。事件を明らかにしたツイッターは既に削除されているが「私にも守りたいものがあり、このような形での発信になりました。お世話になった方にもご迷惑をかけて申し訳
    ないと思っています」と頭を下げた。

     一方、運営側は公式サイトで「対応が不十分だった」と謝罪し、「メンバーの1人が、男から声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測できるような帰宅時間を伝えてしまったことを確認しました」とメンバーの関与を明らかにした。

     こうした状況に小倉智昭キャスター(71)は「メンバーの一人が町で男の人に声かけられて、まほほん何時に帰る?って何時ですって言いますか?」と運営側の発表に疑問を呈していた。
     
    20190111-00000061-sph-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000061-sph-ent

    【【NGT48暴行】小倉智昭「町で声かけられ『まほほん何時に帰る?』『何時です』って言いますか?」】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/10(木) 21:21:52.26
    笑いあり、お色気ありでおなじみの『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)が9日に放送された。その中で、水着女性を布団にする「肉布団」が下品すぎると物議を醸している。

    ■水着女性並べて「肉布団」
    志村けん演じる「バカ殿」が寒くて眠れないとのことから、「肉布団」を提案する。4人の水着女性が布団に寝そべり、志村がその上に寝て、その上から別の水着女性4人が覆いかぶさるというもの。

    志村は「暖かいなあ。気持ちいいなあ」と満足げな表情を浮かべるが、夢の時間も束の間、口うるさい家老の桑野信義から注意されるのだった。

    なかなか地上波では見ることの出来ない、同番組の象徴ともいえる笑いとお色気のコントだといえる。放送を受け、ネット上では「うらやましい」「さすが志村けん!」と興奮する視聴者の声があがった。

    ■「吐き気すらした」「飯時になんてものを」
    しかし、一方で女性を布団代わりにするという内容に批判的な意見も目立つ。食事時に見ていた視聴者も多かったようで、「飯時になんてものを」「気持ち悪すぎる」との意見もあがっている。

    「さっき食堂でバカ殿みて懐かしんでたら肉布団…飯時になんてものを」

    「なんとも酷いものだね。見ていて吐き気すらした。これを面白いと思って流せる意識の低さ。残念だ。全く面白くないね」

    「晩飯の時間にバカ殿なんか見るんじゃなかった…」

    「バカ殿ちらっと見たけど肉布団とか気持ち悪すぎる…テレビで流すもんじゃないやろ…」

    ■「バカ殿らしい」「こんな感じでいてほしい」の声も
    時代錯誤との声があがる『バカ殿』だが、このご時世にあえてこの内容を放送することを讃える声もみられた。

    「バカ殿やっぱ面白い。肉布団というのも、バカ殿らしい」

    「2019年にゴールデンで水着肉布団を可能にする志村パワー凄いな」

    「テレビつけたらバカ殿さまが水着のお姉ちゃん揃えて肉布団やってた。いいんだ。時節柄あれこれ言われそうではあるが、なんかバカ殿にはこんな感じでいて欲しいんだ」

    ■子供のころに「観てはダメ」と言われた番組がある?
    かつては今よりもよりお色気が強かったテレビ番組だが、両親からは「観てはダメ!」と注意された経験はないだろうか。

    しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1381名を対象に「子供のころに観てはダメと教育された番組があるかどうか」について調査したところ、2割が「ある」と回答した。

    下ネタやお色気が特徴の『バカ殿』だが、やはりこのご時世ではかなり厳しいことは間違いないようだ。

    (文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ)

    【調査概要】
    方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
    調査期間:2015年10月23日~2015年10月26日
    対象:全国20代~60代の男女計1,381名

     しらべぇ
    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161956878/

    no title


    【『バカ殿』水着女性にまみれる「肉布団」に衝撃「気持ち悪すぎる」「食事中なのに」 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2019/01/10(木) 11:15:30.97 0
    10日放送のフジテレビ系情報番組「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で新潟を拠点とするアイドルグループNGT48のメンバー山口真帆(23)が昨年12月、自宅の玄関先に押しかけた男2人から顔をつかまれるなどの被害を受けたとして、県警が暴行容疑で2人を逮捕していた事件を特集した。

    逮捕されたのは、山口のファンという20代の無職の男と大学生の男性2人ですでに不起訴処分となり釈放された。関係者によると、事件は昨年12月8日午後9時ごろ発生。山口の自宅を割り出して3人で訪問し、帰宅した山口に話しかけた。驚いた山口が廊下で大きな声を出そうとしたため、2人が口を手でふさいだという。

    番組では、9日に山口が更新した自身のツイッターを紹介した。すでに削除されたツイッターには「私は先月公演終わり帰宅時に男2人に襲われました。あるメンバーに公演の帰宅時間を教えられ、またあるメンバーに家、部屋を教えられ、またあるメンバーは私の家に行けと犯人をそそめかしていました」とつづられていた。

    こうした状況に小倉智昭キャスター(71)は「2人に襲われた恐怖感もあったでしょうし、それと同じグループのメンバーに言葉は悪いけど、売られてしまった、そこに対するショックの方が強かったのかもしれない」と示していた。

    さらに小倉氏は「山崎なんかどう思う? 40数人、若い女の子がいたら、絶対グループができたりいろんな葛藤があると思うんだよ」とフジテレビの山崎夕貴アナウンサー(31)に尋ねると「しかも思春期の女性が多いですから、

    多分、いろんな人間関係があると思いますけど」と山崎アナが漏らすと、コメンテーターで社会学者の古市憲寿氏(33)が「アナウンサーでさえ仲があんまりよくないって」と突然、割って入り、「そこつなげなくていいですよ。ウチのアナウンス室は仲いいですけど」と山崎アナはたしなめていた。

    https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190110-OHT1T50072.html

    20190110-OHT1I50031-N


    【小倉智昭氏、NGT48山口真帆の暴行被害に「同じグループのメンバーに売られてしまった…」 】の続きを読む

    1: ひろし ★ 2019/01/09(水) 23:16:22.76
     人気コミック「ONE PIECE」の作者・尾田栄一郎氏(44)が、9日放送のフジテレビ系「ホンマでっか!?TVSP」(後9時)に出演。MCを務める明石家さんま(63)に「ONE PIECE」の最終回について言及した。

    「ONE PIECE」は週刊少年ジャンプ(集英社)で1997年に連載が開始され、42の国と地域で愛され、累計4億3000万部を発行、現在も更新し続けている。2015年には「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネス世界記録に認定され、単行本は現在91巻まで発行されている。

     自宅訪問は、尾田氏がさんまの大ファンであることもあり、実現したもので、さんまとの対談で「終わりは近い」とし、「100巻はちょっと超えます」と語った。

     また、さんまが「ワンピース」という“大秘宝”は「家族の絆」ではないか?と聞くと「違います。そういうの嫌いなんです」とバッサリ。「子供のころ、オズの魔法使いのラストのオチがあるじゃないですか。これまで冒険してきた、それが宝なんだっていう…すごい不満で。こんな物語はありえないっていう…ちゃんと冒険してきたんだから宝をくれっていう」と理由を語り「絶対そういうゴールは迎えない」と断言。さらにさんまが「(主人公ルフィの義兄の)エースを生き返らせる」と予想すると「違います」とそれも否定した。

     また、結末は尾田氏が大学生のころに考えており「今はそれに向かって進んでいるところ」と説明。ただ、読者が偶然尾田氏の考えている結末と全く同じものを予想したのを見つけた場合には「変えますね」と宣言。絶対に読者の予想とは違う物にすると語っていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000138-spnannex-ent  

    1547034291-0040-002

    1547034291-0028-001

    1547037058-0129-001


    【尾田栄一郎氏 さんまとの対談で「ONE PIECE」最終回に言及「絶対そういうゴールは迎えない」 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2019/01/09(水) 08:00:01.89 0
    「めざましテレビ」の新しいお天気お姉さんが可愛すぎるwww

    絶対処女wwwww

    1546976767-0023-002

    1546976767-0023-008

    1546976767-0025-003

    1546976767-0082-004

    1546976767-0090-001

    1546976767-0090-009

    【「めざましテレビ」の新しいお天気お姉さんが可愛すぎるwww(画像)】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/01/08(火) 23:01:49.79
     とんねるず・石橋貴明(57)が7日放送の「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)に出演。1990年代にブームとなった「飲尿健康法」を実践していたことを明かし、共演者を驚かす場面があった。

     この日の番組のテーマは「反省 日本がどうかしていたあのブーム」。その中で飲尿健康法について触れた。石橋は「(飲む尿は)人のはダメ。自分のじゃないと」と切り出し、「ボク、これやってましたもん」と明かして共演者のミッツ・マングローブ(43)とゲストのみうらじゅん(60)を驚かせた。

     石橋は、親交のあるフリーアナウンサーの古舘伊知郎(64)から飲尿健康法をすすめられたとし、「古舘さんは普通のグラスでは飲まない。一番お気に入りのバカラのグラスで(飲尿していた)」と強調。そして「朝一番のやつじゃないとダメなんですよ。俺も古舘さんに聞いて、お気に入りのバカラのグラスで朝イチで『グアーッ!!』って言いながら飲みましたよ。(尿が)温かいんです」と説明し、スタジオを沸かせた。

     その話を聞いたみうらは「そのときに『一気!』とか出たんですか?」と、とんねるずの3枚目のシングルにかけたボケで応戦。さらに「一気じゃないと無理ですよ。チビチビ(飲尿を)やるなんて無理」(みうら)と述べ、石橋らを爆笑させた。(zakzak編集部)

    ent1901089827-p1

    http://www-origin.zakzak.co.jp/smp/ent/news/190108/ent1901089827-s1.html

    【石橋貴明「飲尿健康法」を実践していた バカラのグラスで飲尿!?】の続きを読む

    このページのトップヘ