中二病速報

    タグ:フジテレビ

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/05/10(金) 07:15:23.89
    神宮球場のスタンドからマウンドの原に熱視線を送る久慈アナ。粘りの投球むなしく、この日はカノ女の前で勝ち星は飾れなかった。
    久々の女子アナとプロ野球選手のビッグカップルが誕生した。

    4月23日のヤクルトvs巨人戦。ヤクルトの先発・原樹理(25)は、巨人の猛攻を粘りの投球でしのいでいた。何度もピンチを迎える原。そんな彼を、スタンドから不安気な表情で見守る美女がいた。フジテレビの久慈暁子(24)アナである。

    「久慈アナは、ポスト加藤綾子と目される人気アナです。局の期待は大きく、4月からは入社3年目としては異例の『めざまし土曜日』のメインキャスターに抜擢されています。一方の原は、ドラフト1位で’16年にヤクルトへ入団。入団当初はプロの壁にぶち当たりましたが、今季は先発ローテの一角を担っています」(スポーツ紙記者)

    現在、久慈アナは、原とほとんど半同棲状態のようで、FRIDAYは原のマンションに入っていく彼女の姿を幾度となく目撃してきた。

    たとえば、新元号の発表に日本中が沸いた4月1日。番組収録を終えた久慈アナは、夕方4時頃から、出勤ギリギリの2時40分まで原の部屋に滞在。4月2日は原の今シーズン初登板の日だっただけに、”開幕前夜”をどうしても一緒に過ごしたかったのだろう。

    「ヤクルトとフジの女子アナはつながりが深く、古くは古田敦也と中井美穂、石井一久と木佐彩子、最近でもライアン小川と三上真奈など、多くのカップルが生まれています。久慈アナも、フジの先輩アナからヤクルトの選手を紹介され、原と知り合ったんでしょう。交際は昨年からで、まだ1年は経っていないはずですよ」(久慈の知人)

    ドラ1としてヤクルトに入団した原は、「素質はピカイチ」と称されながら、これまでなかなか結果が伴わなかった。それが今季は早くも2勝をあげ、ヤクルトの新エースとまで呼ばれるまでの活躍を果たしている。大きく成長を遂げた陰には、忙しい合間を縫って健気にせっせとマンションへと通う、久慈アナの献身愛があったのかもしれない。

    5月10日発売のFRIDAY最新号では、そろってマンションから出てくる久慈暁子アナと原樹理投手の姿や、横浜デートの様子を掲載。高級ブランドショップを見て回る様子や、原のアウディの中で軽食を食べるツーショット等、二人の熱愛について4ページにわたり詳しく報じている。

     FRIDAY
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190510-00010002-friday-ent

    no title

    【【FRIDAY】フジ・久慈暁子アナ&ヤクルト・原 樹理投手の「ほぼ同棲生活」 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2019/05/09(木) 19:02:16.39
    ◆ 【恐怖】松居一代「フジテレビ買収計画」

    ◇ 松居一代 投資で莫大な財産を築いていた

    ■ ユーチューバーに転身

    俳優の船越英一郎との離婚騒動が一段落したタレントの松居一代。
    松居は今、なんとニューヨーク・マンハッタンの高級レジデンスのオーナーになっていた。

    マンハッタンといえば、アメリカ大統領トランプが保有するトランプタワーがある。
    松居は、かつて「トランプ関連の投資で成功して100億円儲けた」という噂も立つほど実は優秀なスーパー投資家なのである。

    松居は最近、YouTubeに頻繁に動画を投稿している。
    松居の動画のコメント欄には、なんと有名YouTuberヒカキンもコメント。
    慣れない海外生活に前向きに頑張る松居を応援するファンのコメントが多数つくなど、視聴回数も多く、盛り上がっている。

    また、松居は2018年4月8日投稿の「【緊急】松居一代、真実を語る。」という動画の中で、「昨年11月12日放送の『バイキング』(フジテレビ)が、真実とは違う内容で私(松居)のことを傷つけた」と暴露。
    同番組では、松居が仮想通貨から4億円受け取って広告塔になっていたというデタラメを放送していたのだという。

    松居は「仮想通貨から1円たりといただいておらず、資家の1人として3000万円投資した客の1人」「このことで私の名誉が傷つけられ、息子、両親まで傷ついた」と深い怒りと悲しみをあらわにしていた。
    「今後2度と、あたくしの名誉を傷つけることをなさったら、バイキングあなたがたを名誉既存で訴えます!司会の坂上忍、あなたのことも即刻名誉既存で訴えます!」と松居は強い語気で宣言したのである。

    松居は、契約が難しいとされる最高級レジデンスをユダヤ系の弁護士を雇うことで契約に成功している。
    投資で莫大な財産を築いて敏腕弁護士も雇える松居なのだ。

    最近、偏向報道の酷さが批難される『バイキング』。
    松居の言う通り、襟を正して仕事をして真実を伝えなければ、今後、松居から訴えられるだけでなく、フジテレビごと買収されてしまうかもしれない。(白神じゅりこ)

    覚醒ナックルズ 2019.05.09
    https://k-knuckles.jp/1/5170/2/
    no title

    【【ナックルズ】松居一代 「フジテレビ買収計画」】の続きを読む

    1: muffin ★ 2019/05/07(火) 23:22:44.01
    2019年5月7日に放送された情報番組「バイキング」(フジテレビ系)が、秋篠宮家の長女・眞子さまとの婚約延期問題を抱えている小室圭さんについての特集を放送した。

    この日、番組では「ニューヨーク現地緊急取材 小室圭さん目撃情報続々 立ち寄る店はリーズナブル!?」と題し、小室さんの米・ニューヨークでの留学先の周辺について行った取材の結果を放送。学生寮についての情報や、餃子パーティーに参加したなどの動向について触れた後、「ニューヨークは弁護士が飽和状態」と、ニューヨークで弁護士をするには多数の困難が伴うとの現地の声を紹介した。それに加え、特集の最後には番組スタッフが小室さん側の弁護士から聞いた話として、小室さんの最新の気持ちが紹介されたが、それに対し、スタジオで驚きが広がる事態となった。

    「ちょっと気になるメッセージがあるんですけど」と怪訝な表情を浮かべつつ、番組司会の坂上忍さん(51)がスタジオ内のディスプレイに視線を向けると、スタッフが聞いた話として小室さんの最新の気持ちが文章で表示された。それによると、

    「(小室さんは)弁護士になるとは言っていません。彼は今ライフプランを作っている最中です」
    「メディアの方は勘違いしています。小室さんは弁護士資格の取得を目指していると言ってますが、弁護士になるとは言っていません。今彼がどんな仕事をするのかは決まっていません。例えば、どこかの企業に就職するとか、もしかしたら起業するかもしれない。少なくとも今から医者になるとか農業をやるとかは選択肢にはないですが」(句読点は編集部が加筆、以下同じ)とのメッセージがスタジオ内のディスプレイに表示された。

    これを見た出演者たちからは一様に驚きの声が上がった。秋篠宮さまと20年の親交があるという、ジャーナリストの江森敬治さんは、「(婚約)内定の会見の時も、『将来のことは2人で決めたい』ということで、結婚後の具体的な話には触れてなかったですよね。ですから、そういう意味でも(将来が未定というのは)あり得るのかなとは思っていましたけども......少し不安です」と回答。

    また、弁護士の清原博さんは、ビザの問題はあるとしつつも「弁護士になるのかどうかすら分からないとなると、一体この人は何になるのか?」と渋い表情。また、パネリストで女優の安藤和津さん(71)は、「(弁護士にならないと)ニューヨークに行ったのが逃げたのかと思えてしまう」とツッコミを入れるなど、「出演者総ズッコケ」とでも言える状況となった。

    番組はいったんCMに入り、CM明けには再度、小室さん側の弁護士からのメッセージとして、ではなぜ小室さんはニューヨークに行ったのかについての説明が流れた。
    それによると、「彼は今、ライフプランを作っている。アメリカでの3年間でさまざまな人と出会い、経験を得ている。彼自身の人生の視野を広げている最中」とのメッセージがディスプレイに表示された。

    これに対してもスタジオはズッコケ気味で、坂上さんは、「ここに来て、どうしていいか分からなくなった」と困り顔。また、パネリストのヒロミさん(54)は、「アメリカではもしかしたら視野が広がるかもしれないけど、日本ではこの(留学中の)3年間で(視野が)すんごい狭くなるからね」 と、ウンザリ気味に指摘。また、ミッツ・マングローブさんも「今さらこんな青臭いことを言う人が、よく婚約(内定会見)したなと思う」と、あきれていた。

    https://www.j-cast.com/2019/05/07356851.html 

    b49af528-c570-4020-bedd-59170a50ad93


    【小室圭さんは「弁護士になるとは言っていません」「ライフプランを作っている最中です」】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2019/05/01(水) 22:38:08.36
    フリーアナウンサーの吉田明世とみのもんたが、1日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『梅沢富美男のズバッと聞きます!』2時間スペシャル(21:00~22:48)に出演し、6年前のセクハラ騒動の真相を語った。

    TBS系情報番組『みのもんたの朝ズバッ!』で共演していた2人だが、この生放送中にみのが吉田のお尻を触ったと報じられたが、みのは「そんなことするわけないじゃないの。お尻こんなことやって楽しい?」と否定。
    しかし、みのが「この指が覚えていたよ(笑)」とふざけるため、吉田が「私が釈明していいですか?」と真相を説明した。

    吉田は「あのときは(番組の)エンディングでして、みのさんの横に女性アナウンサーとか男性アナウンサーがズラーッと並んで、私がエンディングの原稿を読む担当だったんです。
    で、そのときにみのさんが、私の肩を押して、アナウンサー陣がガタガタとドミノ倒しになるのがブームだったんですよ。私は原稿を読まなくちゃいけなくて集中したいので、『みのさん、それやめてください』って、毎日伝えてて。
    で、CM中、みのさんにボンッと押されないように一歩前に出て原稿の練習をしてたんですね。でも3秒前なので、そろそろ戻ろうと思って1歩後ろに戻ったら、それでもみのさんがボンッと押して来たので、
    『みのさんやめてください』って手を払ったら、もうオンエアが(始まって)放送されてたんです。お尻を触ったかのように手を振り払うところが、たまたま(生放送に)映ってしまって、お尻は触られていないんです」と解説。

    さらに、「たまたまみのさんが翌週から夏休みだったので、その“お尻事件”でいなくなったというふうになったのと、私の家の周りにも記者の方がすごく来ていて、私も新人だったので何か発言すると余計な誤解を招いてしまうから、
    番組の人に『何も言わないほうがいい』という風に言われて、お尻を触られたとも触られてないとも言えなかったせいで、世の中的には“お尻を触られたアナウンサー”になってしまった」と弁明できなかった事情を明かし、
    「今日ようやくあの事件の呪縛から開放されるということで良かった」と安堵の表情を見せた。

    (おわり)

    吉田明世、みのもんたからの“お尻タッチ”セクハラ騒動真相告白 
    https://news.mynavi.jp/article/20190501-817338/ 

    吉田明世=フジテレビ提供 
    no title

    no title


    【元TBS吉田明世アナ、みのもんたからの“お尻タッチ”セクハラ騒動真相告白 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/21(日) 23:15:02.87
    フジテレビの三田友梨佳アナウンサーが21日、レギュラーを務めるフジテレビ系「Mr.サンデー」に出演。

    NGT48の山口真帆(23)が同日、新潟のNGT48劇場で行われたチームGの千秋楽(最終)公演で、グループからの卒業を発表したことについて、「山口さんの勇気が報われないなんてことがあってはならない」と訴えた。

    山口は昨年12月に自宅で男性2人から暴行される被害を受けたことを公表。
    この日は「社長から『不起訴になったんだから事件じゃないということだ』と言われた」ことを明かし、無念の思いをファンに伝えた。

    三田アナは「運営会社(AKS)がむしろ、被害届を出してもいい立場にあるにも関わらず…っていうところもあります。
    山口さんの勇気が報われないなんてことはあってはならない」と真剣なまなざしで訴え、
    「(山口さんが)卒業したら終わり、ではなく、(事件の)解明までもっていってほしい」とコメントした。

    ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-00000179-dal-ent

    no title

    【フジテレビの三田友梨佳アナ NGT山口真帆の「勇気」ムダにしないで、と訴え!運営側にも疑問 】の続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2019/04/21(日) 06:15:37.62
    AAA浦田直也容疑者、ソロ10周年イベント中止も…計り知れないイメージ低下

     AAAの最年長メンバーで、リーダーとしても長年グループを率いてきた浦田直也容疑者(36)の突然の逮捕は、グループの今後にも大きな影響を与えそうだ。早くも、自身以外のメンバー2人が22日に予定していたイベント出席が取りやめになった。
    今年は自身のソロデビュー10周年の節目。グループは6月からアリーナツアーを予定する。浦田容疑者は21日にも送検されるが、所属するエイベックスは今後、検察の処分を待って対応に乗り出すとみられる。

     浦田容疑者逮捕の影響が早くも出た。22日には、AAAの宇野実彩子(32)と與真司郎(30)が都内で行われるアルコール飲料に関するイベントに出席予定だったが、担当者によるとこの日、2人の出席取りやめが決まった。また、28日にフジテレビCSで放送予定だった同容疑者のソロ公演も取りやめになった。

     ソロ10周年というメモリアルイヤーも、自らが最悪の形で水を差してしまった。2月にソロツアーを終え、今月27日から東京、愛知、大阪、福岡の4都市でファンクラブイベントを行う予定。同容疑者は21日にも送検される。検察の処分次第で同日中に釈放される可能性があるが、AAAが長年ターゲットとしてきた20代女性に対する「暴行」。けががなかったとはいえ、ファン層と重なる相手だけに、イメージの低下は計り知れない。公演開催は難しい状況だ。

     所属するエイベックスは、逮捕の一報を受けてから事実関係確認などの対応に追われ、午後9時半過ぎにグループ公式サイトなどで謝罪コメントを掲載。今後は検察の処分内容のほか、世論の流れなど慎重に状況を見極めながら処遇を決める。活動自粛などの処分となれば、6月15日に開幕するグループのアリーナツアーもリーダー不在のままの開催となる。グッズ販売などに影響が及べば、損害は1000万円程度となりそうだ。

     最近では、コカインを使用したとして麻薬取締法違反で起訴されたピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)が所属していた「電気グルーヴ」のツアーが中止となり、CDなどの音源も回収。所属事務所からマネジメント契約解除となった。エイベックスは、今後のすべての事案に「協議中」とした。

     AAAは2020年にデビュー15周年を迎える。リーダーの自覚に欠ける、あまりに身勝手な行動の余波が今後広がることは確実だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00000294-sph-ent 

    no title


    【AAA浦田直也逮捕 フジCS放送取りやめ、別メンバーのアルコール飲料イベントも出席中止 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/21(日) 00:45:44.45
    フジテレビの新入社員が話題だ。『週刊ポスト』(小学館)および同誌のウェブサイト「NEWSポストセブン」によれば、横浜ベイスターズで活躍した元プロ野球選手である野村弘樹氏の長男が入社したようだ。
    フジテレビの入社式は親が同席するのが通例であり、野村氏の姿もあった。
    記事では2017年に佐々木主浩氏、2018年に小宮山悟氏の息子が入社しており、3年連続でベイスターズOBが入社している。

    もともとマスコミ業界は著名人二世が多く活躍しているが、その中でもフジはかねてよりその割合が多かった。
    80年代には「楽しくなければテレビじゃない」をコンセプトに掲げ、サブカルチャー色の強いコアな深夜番組や、業界ノリを全面に押し出したバラエティ番組、トレンディドラマを多く作り出してきた。

    テレビ局のコンテンツとしてはドラマ、バラエティ、報道、スポーツなどが挙げられるが、フジテレビは前者2つの要素が強く、もともと芸能界との結びつきが強い局だったといえる。
    著名人の子息を入社させるメリットは、著名人本人と芸能プロダクションとのつながりに加え、著名人と懇意のスポンサー企業もあるため、テレビ局にとっては「おいしいお客さん」であるといえる。

    フジテレビ社員の有名な著名人二世といえば、作家遠藤周作の息子の遠藤龍之介氏がいる。
    現在はフジテレビ専務取締役を務める。

    2014年に亡くなった俳優の宇津井健さんの息子の宇津井隆氏もフジテレビ社員である。
    遊び人として知られ、とんねるずや古舘伊知郎などとも親交がある。
    フジの「業界人ノリ」を代表する人物といえるだろう。

    近年でも、藤井フミヤの息子である藤井弘輝がアナウンサーとして入社したほか、陣内孝則の息子もフジテレビディレクターとして活躍中だ。
    藤井はチェッカーズとして、『夜のヒットスタジオ』などに登場し、陣内も『君の瞳をタイホする!』を始め数々のトレンディドラマに登場し、80年代から90年代にかけての黄金期フジテレビへの貢献者といえる。
    それゆえ、現在も同局とのつながりが深いのかもしれない。

    リアルライブ
    http://news.livedoor.com/article/detail/16346624/

    82a0f_188_3c2a81e4_30b6f173


    【フジテレビにプロ野球OBの2世が続々入社 有名作家の息子は大出世、他にも2世社員が多数 】の続きを読む

    このページのトップヘ