中二病速報

    タグ:フジテレビ

    1: 豆次郎 ★ 2018/06/12(火) 23:00:42.37 _USER9
    フジテレビ 試合前に「勝つのはパラグアイ」と誤投稿 削除して謝罪

    <日本・パラグアイ>前半、競り合う柴崎(撮影・西尾 大助)

     フジテレビのサッカー公式ツイッターアカウントが12日、サッカー日本代表のワールドカップ(W杯)ロシア大会前ラストマッチとなるパラグアイとの国際親善試合前に「勝つのはパラグアイ」と誤投稿し、謝罪するハプニングがあった。

     同アカウントは日本時間午後10時5分のキックオフ約1時間前の午後8時54分に「♯勝つのはパラグアイ」とツイート。その後、当該ツイートを削除し、「先ほどフジテレビサッカー公式アカウントにて『勝つのはパラグアイ』と誤投稿がございました。既に投稿は削除させて頂きましたが、フォロワーの皆様に誤解を与えるような内容となってしまいましたことをお詫び申し上げます」と謝罪した。

     フジテレビは28日のW杯1次リーグH組第3戦・ポーランド戦で中継を担当する。

    no title

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00000156-spnannex-ent

    【【サッカー】フジテレビ公式ツイッターで 試合前に「勝つのはパラグアイ」と誤投稿 削除して謝罪 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2018/06/12(火) 00:19:39.47 BE:132464407-2BP(1500)
    フジテレビに出た女子中学生がとんでもなく可愛いと話題沸騰www

    no title

    no title

    no title

    no title

    齊藤なぎさちゃん14歳
    no title

    no title

    no title


    【フジテレビに出た女子中学生がとんでもなく可愛いと話題沸騰www(画像) 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2018/06/12(火) 00:07:28.96 _USER9
    「10月スタートの『月9』で織田裕二さんが10年ぶりに主役を演じます。その共演者が、鈴木保奈美さん。伝説の『東ラブ』以来、27年ぶりの“夢の共演”となります」(テレビ局関係者)

    91年、「月曜の夜は街からOLが消える」ほどの社会現象になった『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)。織田裕二(50)演じる“カンチ”と鈴木保奈美(51)が演じる“リカ”による恋愛絵巻の最終回は視聴率32.3%を記録。あれから27年の再会。当然、『東ラブ』の続編かと思いきや……。

    「米国の人気ドラマ『SUITS』のリメイクで、舞台を日本に移した弁護士ものです。織田さんが演じるのは、手段を選ばず訴訟での勝利を至上とする敏腕弁護士。鈴木さんは、織田さんの働く法律事務所の所長役といわれており、彼に強い信頼を寄せている役だそうです」(前出・テレビ局関係者)

    16年、柴門ふみがカンチやリカらの25年後を描いた『東ラブ』の続編漫画の連載を始めた際も、ファンは織田と鈴木による続編のドラマ化を熱望していたが――。

    「結果的に『東ラブ』は大ヒットしましたが、じつは織田さんは主役の“第一候補”ではありませんでした。
    のちに織田さんは“原作と脚本が自分のイメージと異なり、そのギャップを最後まで埋められなかった”ことも告白しています。織田さんにとって『東ラブ』は、世間の評価と相反して、苦い記憶が残ったままなんです。何度か続編や鈴木さんとの共演が浮上しても乗り気にはなれませんでした」(ドラマ関係者)

    その彼が、なぜ変心を?

    「『月9』視聴率が低迷するフジの上層部は“2人の共演は日本中の話題になる”と説得を続けました。40代で結婚し、1児の父親となった織田さんも、あまりのフジの熱意に押され、“50歳の転機”として熟慮。“成長した自分を、『東ラブ』的な恋愛ものとは違う作品で、鈴木さんにもう一度見てもらえれば……”と“苦渋の決断”をしたそうです」(前出・ドラマ関係者)

    27年後の“カンチ&リカ”は、舞台を法廷に変え、どんなドラマを繰り広げてくれるのだろうか。

    20180612-00010002-jisin-000-view

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180612-00010002-jisin-ent

    【【女性自身】織田裕二 鈴木保奈美と月9!東ラブ27年で共演の複雑な内情 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/06/11(月) 16:51:14.65 _USER9
     2018年6月10日放送の情報番組「Mr.サンデー」(フジテレビ系)で、東海道新幹線「のぞみ」で発生した乗客3人の殺傷事件を取り上げた報道が、ネット上で物議を醸している。

     容疑者の身柄のあった警察署前でスタジオと生中継を結んでいた、ディレクターの発言を聞いた視聴者の多くが、ある部分に「それは言うべきではない」と引っかかったようなのだ。

    ■「警察は2つの見方をしています」

     この事件は6月9日22時前、東京発新大阪行きの「のぞみ265号」の12号車で発生した。小島一朗容疑者(22)=11日に殺人容疑で送検=が、同じ車両に乗っていた会社員の男性・梅田耕太郎さん(38)の首などをなたのような刃物で切り付け、殺害した疑いがある。

     10日放送の「Mr.サンデー」では、鈴木孝ディレクターが小島容疑者の身柄があった神奈川県・小田原警察署前からスタジオへ生中継で最新状況を伝えた。事件翌日で沸き立つマスコミについて「きょうは、入り口のところに多くの報道陣が詰めかけ、テレビカメラもたくさん集まりました。大変な混乱ぶりでした」と報告。「小島容疑者はこの警察署の3階の留置所の中に現在、います」とした。

     鈴木氏は「ここで最新情報です」と切り出した。「新幹線の車内で被害者となってしまった梅田さんなんですが、小島容疑者にたった1人で立ち向かったということが目撃者の証言で分かりました」とした上で、「今、警察は2つの見方をしています」と報告。

      「梅田さんが立ち向かったおかげで、多くの乗客が助かった、救われたという見方と、梅田さんが立ち向かって、容疑者を刺激して、結果として最悪の事態を招いてしまった。こうした2つの見方を慎重に検討しながら捜査を進めている状況です」

    と最新の捜査状況を説明した。
    .

    ■「後半の情報いらなくないか?」

     こうした鈴木氏のリポートをめぐって、ツイッターなどインターネット上では疑問の声が殺到していた。梅田さんは容疑者に立ち向かった結果、刺激して「最悪の事態」を招いてしまったかもしれない――。鈴木氏がそんな警察の1つの見方を伝えたことに、

      「たとえ捜査上でそういう見解があったにせよ、それを言うべきではない。被害者感情を考えたら」
      「勇敢に助けに入って亡くなられた方に対して酷い言い方と思う」
      「遺族の方がそれを耳にした時どう思うよ。被害にあわれた女性2人もどう思うよ」
      「可能性の低い、また遺族の方を刺激するようなことは報道すべきでないと感じた」

    との声が続出。捜査線上でそんな見方が浮上するのは理解できるとしても、それを伝える必要はないのではないかというのだ。

     作家の竹田恒泰さんもツイッターで、鈴木氏リポートの「2つの見方」を紹介。「後半の情報いらなくないか?被害者に対してあまりに心ない報道だ。嫌悪感しかない」と疑問を呈した。

     番組では、司会のフリーアナウンサー・宮根誠司さんとゲストの板橋功・公共政策調査会研究センター長が、新幹線車両の模型をもとに犯行当時の状況を次のように振り返った。

     小島容疑者は隣席の女性を切り付け、通路を挟んで向かい側の女性にも襲いかかり、それを見た最後列の梅田さんが止めに入った。女性2人はその隙に13号車へ逃げ、梅田さんは12号車の中央付近で容疑者に馬乗りになられ切られた――。

      板橋氏「梅田さんは逃げることもできたわけですよね」
      宮根さん「梅田さんが小島容疑者を止めに入って、この2人が助かったわけですから、大変勇敢な方ですよね」
      板橋氏「身を挺した勇気ある行動だと思いますね」

    thumb-12198-040513-domestic_l

    J-CASTニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180611-00000007-jct-soci

    【新幹線3人殺傷、フジ「容疑者を刺激して、最悪の事態を招いた」説に批判殺到 「あまりに心ない報道」 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/06/10(日) 12:55:27.76 _USER9
    昨年2月、所属事務所を退所、芸能界から“引退”した堀北真希(29)が、10月からスタートするフジテレビ系の月9ドラマで、女優復帰する可能性が出てきた。
    2015年8月に俳優山本耕史(41)と電撃婚後、翌年12月に第1子を出産。育児に専念していると思われていたが、状況が急変したようだ。
    大物芸能人夫婦のバックアップに加え、堀北なき後、旧所属事務所の稼ぎ頭となった桐谷美玲(28)が三浦翔平(30)と結婚秒読みとなったことが影響しているという。

    人気女優だった堀北が交際0日で山本と“電撃入籍”し、世間を驚かせたのは3年前。翌16年12月に出産した第1子も今年で満2歳となる。
    昨年2月、堀北は「これまでやってきたお仕事から離れることを決意しました」とコメントを残し、所属事務所を退所した。

    ところが、ドラマ制作会社関係者は「フジのドラマスタッフが、子育てが一段落した堀北に連ドラ復帰を持ち掛けているんです。前事務所も今では堀北の復帰を歓迎していますからね。
    早ければ10月期の月9で復帰となるとの情報が流れてますよ」と注目発言する。

    堀北の復帰については、この4月、大物芸能人夫婦との家族ぐるみの交際が報じられていた。

    「堀北は昨年の声明文でも最後まで『引退』の2文字を出さなかったんです。それはいずれ芸能界に戻るつもりだったから。

    4月中旬、女性週刊誌に今井美樹・布袋寅泰夫妻との食事会での会話がスッパ抜かれたでしょ。布袋から『子育てが落ち着いたら、
    女優に復帰した方がいいよ』と言われた堀北が『実はドラマの話もいただいているんです』と答えていた」(女性誌関係者)

    堀北にドラマの話を持ち込んでいたのは“月9”のスタッフだった。ドラマオファーの話を聞いた今井、布袋夫妻は「私たちが主題歌を作ろう」とまで言ったともいう。

    だが、堀北と前事務所との関係は復帰への障害になっていた。

    「結婚、母親願望が強かった堀北でしたが、ジャニーズの嵐・櫻井翔との交際、結婚を事務所に反対された。
    山本と交際0日で、電撃婚をしたのも事務所への当てつけといわれ、以来、険悪な関係となっていた」(芸能プロ関係者)

    ところが、その事務所も状況が変わってきた。現在の稼ぎ頭の桐谷が三浦と“結婚秒読み”となったことが、堀北復帰の追い風となりそうだ。

    「桐谷は結婚を機に女優業を引退し、キャスターとモデル業だけで活動したいとの意向。そうなると事務所にとっては稼ぎ頭の桐谷による売り上げが減ることになりそう。
    堀北の復帰は願ってもない話に変わった。事務所と堀北が和解、再所属が無理でも、夫の山本の個人事務所と業務提携の形をとるなど、復帰となれば方法はいくらでもありますからね」(前出の芸能プロ関係者)

    ドラマや映画で主役を張ってきた堀北が結婚、出産を経て復帰が実現すれば話題性は十分。低迷するフジテレビの月9の救世主になる可能性も出てきた。

    maxresdefault

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00000003-tospoweb-ent


    【堀北真希 10月スタートのフジ月9で女優復帰か?復帰が実現すれば話題性は十分 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2018/06/10(日) 11:58:51.96 BE:194767121-PLT(12001)
    ダウンタウン・松本人志が10日、レギュラーコメンテーターを務めるフジテレビ系「ワイドナショー」に出演し、「おねがいゆるして」と書き込まれたノートが残された5歳女児の虐待死に関するニュースに心を痛めた。
     「この女の子はすぐに生まれ変わってね、温かい家庭に生まれてくることを願います」。
    2009年10月に第1子長女が誕生している松本が親の顔をのぞかせた。
     番組で取り上げるニュースのチョイスはスタッフに任せているという松本は、「今週、できたらこのニュースは扱いたくないなと思っていた」と神妙な面持ちを浮かべた。
     「家でテレビを見ていてもこのニュースになるとチャンネルを替えるんですよ。どういうニュースかは知っていますけど、それだけに見たくないんですよ」と沈痛な思いを吐露した。
     ゲスト出演したヒロミも「これはニュースを見ていて本当にムカついた」と怒りをにじませていた。

    f_11340860

    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/06/10/0011340840.shtml

    【【5歳女児虐待死】松本人志「このニュース扱いたくないんですよ」ヒロミ「本当にムカついた」 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/06/09(土) 22:14:09.75 0
    フジテレビは番組表で一番端だから落ちぶれたって言うけど
    地方じゃ真ん中だったりするのにおかしいだろ 

    わが地方は開局順なのでフジ系が中央でテレ朝系が端

    0082100c

    【フジテレビは番組表で一番端だから落ちぶれたって言うけど】の続きを読む

    このページのトップヘ