中二病速報

    タグ:フジテレビ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/09/20(日) 05:22:34.03 _USER9
     フジテレビ・久代萌美(くしろ・もえみ)アナウンサーが19日に放送された「さんまのお笑い向上委員会」(土曜、後11・10)に出演。恋人でYouTuberの“はるくん”との警察騒動を認めた。

     はるくんは男性2人組YouTuber「北の打ち師達」のメンバー。久代アナは6月下旬、“YouTuberと結婚へ”と週刊誌で報道された。同時に、久代の部屋でささいなことからケンカになり、はるくんが友人に“ヤバイ”とLINEを送ったところ、勘違いした友人が慌てて警察に通報してしまい、深夜、警察に事情を聴かれる騒動となったことも報じられた。

     半年ぶりにリモートではなく、スタジオ収録に復帰した久代アナに、明石家さんまが「やっと聞けんねん、お前どうやったんや」「週刊誌に載った…警察は来たんか?ほんまに」と聞くと、久代アナは苦笑いで、「警察は……来ました」と認めた。

     スタジオには笑いと驚きの声が起こり、さんまは「俺も今、ウソやと思て聞いたら…」と、久代アナの正直な反応に苦笑いしていた。

    (おわり)

    デイリースポーツ 
    フジ久代萌美アナ 恋人YouTuberとのケンカで警察出動騒動を認める「来ました」 
    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/09/19/0013711851.shtml 
    久代萌美アナウンサー 
    no title


    【フジ久代萌美アナ 恋人YouTuberとのケンカで警察出動騒動を認める】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無し募集中。。。 2020/09/17(木) 17:23:27.53 0
    フジの超カワイイ女子アナ

    あれ名前なに

    EgMNb0TU4AAf03Z

    【フジの超カワイイ女子アナ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/09/08(火) 11:21:57.48 _USER9
    フジは坂上忍にすべてを賭けるのか…2年前の史上最大の改編に匹敵、10月改編の目玉は「バイキング」の1時間延長

     この改編を名付けるなら、ずばり「坂上改編」だな―。7日、東京・台場の本社で行われたフジテレビの10月期の番組改編会見。その中身を聞いた瞬間、そんなことを思った。
     今回の改編率は、全日帯(午前6時~深夜0時)33・1%、ゴールデン帯(午後7~10時)22・3%、プライム帯(午後7~11時)20・7%と大規模なもの。2018年4月、「みなさんのおかげでした」、「めちゃ×2イケてるッ!」といった看板バラエティー番組を一斉に終了させた「史上最大の改編」の際の全日28・2%、ゴールデン29・8%、プライム29・5%に匹敵する高い数字となった。
     改編のテーマは「プラスの改編」。今や新型コロナウイルスによって、日々の生活様式は一変。テレビとの接触時間が増えた視聴者に向けての情報源としての、不安や疲れを癒やすエンターテインメントとしての、テレビの役割について、改めてその重要性を考え抜いた編成となった。
     席上、発表された「情報、報道番組をプラス。明るく前向きになれるバラエティー番組をプラス」とスローガンのもと、高い改編率最大の要因となったのが、俳優・坂上忍(53)がMCを務める情報番組「バイキング」の1時間に渡って放送時間を拡大しての「バイキングMORE」(月~金曜・前11時55分)へのリニューアルだった。
     現在放送中のキャスター・安藤優子氏(61)と俳優・高橋克実(59)MCの「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜・後1時45分)は今月25日の放送をもって終了。その時間もカバーし、放送時間はウイークデーすべてカバーの3時間。坂上が1枚看板の巨大情報番組が同28日からスタートすることになった。
     進行MCとして同局生え抜きのベテラン・伊藤利尋アナウンサー(48)が5年間務めた榎並大二郎アナ(34)に代わって加入。「曜日MC」として月曜はフリーアナウンサー・高橋真(38)、火曜は「ブラックマヨネーズ」、水曜は「おぎやはぎ」が加わる。
     会見に登場した伊藤アナは「コロナ禍の情報番組としてスタートしますので、まずは精いっぱい務めるということに尽きると思います。日々、起きているニュースについて生放送でしゃべる。テレビマンとして、こんなに楽しいことはないのかなと思っています」と決意表明。
     VTRで登場した坂上も「『バイキング』は最初は1時間だった。それが2時間になって3時間。意気込みの前に早寝早起き。遅刻しないでフジテレビに入る。それからです」と、2014年4月、「笑っていいとも!」の後番組としてスタートして以来6年間の番組の歴史を振り返って言った。

    2017年12月のインタビューで「天狗にはなれません」と言って笑った坂上忍 
    no title


    全文はソース元で
    スポーツ報知 
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4e7023f92dae28ab785e6df14ff8b95aa6bb95ff

    【フジは坂上忍にすべてを賭けるのか 2年前の史上最大の改編に匹敵】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/09/03(木) 23:15:50.03
    フジテレビに爆乳 登場!

    no title

    【フジテレビに爆乳 登場!(画像)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/09/02(水) 16:39:43.47 _USER9
    今秋の改編で、放送時間が1時間拡大するフジテレビの昼の情報バラエティ番組「バイキング」。

    同番組でMCをつとめる坂上忍(53)のパワハラを告発する声がフジの上層部に上がり、番組スタッフに対する聞き取り調査が行われていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

    フジの関係者によれば、今年5月頃、ある幹部スタッフが、「バイキング」を所管する制作局の局長らに対し、ある社員の例を挙げて「もう限界です。このままだと社員がもちません」と訴えたという。そして、番組スタッフへの聞き取り調査が始まった。

    フジ社員が明かす。

    「以前から坂上さんに『なんでできねえんだよ!』などと面罵された“被害者”は数えきれないほどいました。
    6月中旬には坂上さん本人にも事情聴取が行なわれ、彼は『時事ネタを扱う態勢を整えないフジにも問題がある』などと答えたようです。
    調査の経緯は文書にまとめられ、編成局はじめフジの上層部にも報告されました」

    坂上は「週刊文春」の直撃取材に90分にわたり応じ、「今の時代相手がパワハラだと言ったらパワハラだと。
    僕はそれ、暴論だと思っているんですけどね。それは僕に聞くより判断するのはフジテレビさん。
    フジテレビさんがOKだからこそ今の僕があるし、(改編後の)10月以降も番組に出られるんじゃないですか」と答えた。

    フジテレビの企業広報室は「『バイキング』の制作過程においてパワハラにあたる行為はなかったものと認識しております。
    弊社は法令順守に努めており、パワハラなどのハラスメント行為については適切に対応しております」と回答した。

    9月3日(木)発売の「週刊文春」では番組スタッフが訴えた坂上のパワハラ疑惑や、フジの聞き取り調査について詳報。
    「バイキング」の9月打ち切りが検討された事実や、9月末で降板する榎並大二郎アナへの取材、 坂上が90分にわたって語った「パワハラ」「ニュース」「降板」を4ページにわたって特集している。

    https://bunshun.jp/articles/-/40039 

    20200902-00040039-bunshun-000-1-view

    【【週刊文春】 「もう限界です」 “坂上忍パワハラ”をフジテレビが聞き取り調査していた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/09/01(火) 09:49:35.12 _USER9
     カズレーザーが“朝の顔” になるかもしれない!?

    「フジテレビ系で放送中の『とくダネ!』が来年3月で終了すると言われており、司会の小倉智昭さんの“後継者”としてカズレーザーさんの名前が挙がっているんです。同志社大学出身のインテリ芸人ですから、十分ありえますよ」(テレビ誌記者)

     1999年に始まった『とくダネ!』は、“同一司会者による全国ネットの情報番組”の放送回数最多記録を持つ。

    「小倉さんが“それまでは続けたい”と話していた東京五輪はコロナで延期に。制作費の削減も進んでおり、ギャラの高い安藤優子さんが司会を務める『直撃LIVE グッディ!』は9月で終了します。小倉さんはフジテレビの窮状を知っていますから“勇退”を決意したようですね」(同・テレビ誌記者)

     小倉は相棒を務めた笠井信輔アナに後を譲るつもりだったが、実現は困難になった。

    「笠井さんもそれがわかっていてフジテレビを辞めたんですが、直後にがんが発覚。治療して復帰しましたが、帯番組の司会という激務は難しい」(同・テレビ誌記者)

    “ポスト小倉”の名前は何人も挙がっている。

    「関ジャニ∞の村上信五さんやヒロミさんの名前が一部で報道されましたが、カズレーザーさんが最有力と見られています」(芸能プロ関係者)

     カズレーザーは安藤なつとお笑いコンビ『メイプル超合金』を組んでいるが、芸人の枠を超えたピンの活動も多い。

    「金髪と真っ赤な衣装がトレードマークです。頭の回転が速く、クイズ番組やコメンテーターの仕事が増えていますね。キレのいい発言は視聴者に支持されていますし、制作スタッフからの評判もいい。『とくダネ!』では、昨年から火曜日のスペシャルキャスターとして出演していますよ」(テレビ局関係者)

    カズレーザーを直撃すると
     8月下旬の『とくダネ!』放送終了後にフジテレビ前でカズレーザーを直撃。だが、彼を乗せたタクシーはそのまま行ってしまった……。すると、なんとタクシーをUターンさせて戻ってくるという超神対応!

    「何でしょうか? 最近やらかしてはいないとは思うんですが」と声をかけてくれた。

    ─『とくダネ!』後番組の司会者と言われていますが?

    「うわー、メチャクチャうれしいんですけど、何も知らないんですよ。番組が終わるのかも知らないんです。何も教えてもらえてないので」

     自分について報道されていることは知っていた。

    「でも、ネットの記事で《フジの上層部がカズレーザーにNG出した》って(笑)」

     名前が挙げられていることは、まんざらでもなさそう。

    「デカイ仕事は好きですからね。カッコいいじゃないですか。朝番組の司会って」

     実現すれば、加藤浩次や立川志らくと同時間帯に並ぶことになる。

    「そうなれば、メッチャうれしいですよ!」

     4年前のスポーツ紙インタビューで《この仕事、カズレーザーだから成立してるね、みたいなのができたらなって思う》と語っていた。所属事務所によれば、司会の話は来ていないそうだが、朝から金髪赤服のキャスターがニュースをさばく姿を見てみたい!

    カズレーザー『とくダネ!』後番組の司会者に急浮上、「デカい仕事は好き」OK宣言 
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d721c78997700091ef9e2d7fa4676a8d96bd8139 

    20200901-00018728-jprime-000-3-view


    【カズレーザー『とくダネ!』後番組の司会者に急浮上「デカい仕事は好き」OK宣言】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/09/01(火) 06:41:27.76 _USER9
    まだ太陽も昇りきらない、8月下旬の午前中。東京都内の自宅付近でウオーキングに励んでいたのは俳優・陣内孝則(62)だった。

    「ご長男が関わっているという傷害事件のことでお話を伺いに来ました」

    記者がそう声をかけると、少しうなずき、歩みを止めた――。

    《フジテレビに勤務し、情報番組の制作に携わっている陣内孝則の長男・A氏(32)が、傷害容疑で告訴された》

    そんな情報を本誌がキャッチしたのは、陣内直撃の数日前のこと。取材を進めると、事件が’17年8月の社会人アイスホッケーの試合中に発生したことが判明。さらにけがを負った男性・H氏に接触することができた。

    H氏は、事件についてこう語る。

    「実は私と陣内さんの長男は、中学時代に入っていたアイスホッケーチームではいっしょにプレーしていました。でも私のほうが2学年上で、学校も別々でしたから、中学卒業以降は顔を合わせることもありませんでした。ですから’17年8月の試合で久しぶりに再会したことになります。

    彼のプレーは荒いということは以前から聞いていたのですが、事件が起きたのは、試合終了5分前のことでした」

    今年6月にH氏が東大和警察署に提出した告訴状には、このように記載されている。

    《(A氏は)プレーの関係ないところで、両腕で告訴人(※H氏)の左足を無理やり引っ張り上げ捻り倒した事により、左膝前十字靱帯損傷の怪我を負わせ(傷害罪)、その後倒れていた告訴人の顔面に注意義務を怠りスケートの刃を告訴人の顔面に接触させる行為を行い、鼻を10針縫う大怪我を負わせた》

    多量の出血のため、試合が一時中断するほどだったという。

    「鼻の傷ばかりではありません。左膝の靱帯を損傷したために、いまも歩行には違和感があり、スポーツもできない状態が続いています。医師には“左膝には一生、障害が残る”と、言われているのです」

    しかし試合終了後も、H氏のもとへ、陣内の長男・A氏からの連絡はなかったという。

    「2カ月待ちましたが、しびれを切らして、私のほうから面会を求めました。でも彼は、あくまでもプレー中の出来事で、自分は悪くないという態度でした。私が『それはおかしいじゃないか』と言うと、初めて『すみません』と……。

    そこで私は、それまでにかかっていた治療費、約11万円は払ってほしい、と伝えたのです。不満はあったのでしょうが、彼はその場では、治療費を負担することを約束しました。しかし、その後に弁護士を立てて、支払いを拒否するようになったのです」

    試合からは3年が経過している。なぜH氏は今年になって告訴状を提出したのだろうか?

    「やはり泣き寝入りはよくないと思ったのです。警察に相談に行き、約2年間かけて準備を進めて、刑事告訴に踏み切り、(告訴状は)今年6月2日に正式に受理されました」

    さらに担当の刑事から、8月5日に書類送検した旨を知らされたのだという。弁護士法人「天音総合法律事務所」代表弁護士の正木絢生さんは、こう語る。

    「“書類送検”とは、捜査の結果などを書類にまとめて検察に送ることです。加害者の身柄は拘束されませんが、しっかりと事件として処理するという前提で、警察が動いたということになります。

    書類送検になった理由としては2つの要因が考えられます。1つは、スポーツ中の事故というだけでなく、暴行事件としても警察が捉えていると考えられること。もう1つは加害者が、被害弁償を一切していないということですね」

    H氏も、けがは暴行を受けた結果という自分の主張が警察に認められたことに満足しているという。

    「しかしA氏に対しては怒っているというより、あきれています。お金の問題ではありません。先方がどれだけ事件のことを反省してくれるかという問題だと思っています」


    「女性自身」2020年9月15日号 掲載

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1890241/

    no title

    https://img.jisin.jp/uploads/2020/08/jinnai_takanori2.jpg

    【【女性自身】陣内孝則 フジテレビ勤務の長男が傷害容疑で書類送検されていた!】の続きを読む

    このページのトップヘ