中二病速報

    タグ:フィギュアスケート

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/09/19(土) 21:41:42.83 _USER9
    元フィギュアスケート選手でタレントの浅田舞が、9月15日にインスタグラムを更新し、15年間所属していた事務所・IMG Japanを8月いっぱいで退所したと発表。それに合わせてリニューアルされた舞の公式サイト上では、「これから私の様々な新しい一面をお届け出来たらと思っています」とコメントしているが、ネット上には「独立は疑問でしかない」との声が寄せられている。

    「舞は、同じく元フィギュアスケート選手で、現在もプロスケーターとして活動する浅田真央の姉としても知られており、これまでは姉妹でIMG Japanに所属していました。舞は今後、9月1日付で設立した個人事務所・ロリーズでマネジメントを行うといい、本人は公式サイトやインスタで『更に自分の可能性を信じて、様々な事に挑戦し、より一層皆様に笑顔をお届け出来るよう努めてまいります』などと意気込みをつづっています」(芸能ライター)

    2008-09シーズン後、ひっそりと競技から退いた舞は、プロスケーターとしてアイスショーに出演しながら、スポーツ番組でコメンテーターやキャスターを務め、16年から2年連続で女優として舞台にも出演するなどマルチに活動。以降は、タレント業がメインになるも、ここ数年は目立った活動をしていない。

    「それだけに、ネット上には『独立して、仕事の幅が広がると良いね』と応援するファンもいる一方、『もともと迷走気味な印象だったけど、独立して何がしたいんだろう?』『そんなに需要あると思えないけど、大丈夫なのか?』『真央ちゃんと同じ事務所にいたほうが、まだ妹とセットで仕事もらえて良かったんじゃないの?』などと指摘する者も少なくありません」(同)

    (略)

    とはいえ、舞も「新しい一面」を披露していくと宣言しているだけに、これからの活躍に期待したい。

    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

    浅田舞、「様々な事に挑戦」と独立表明も……「何がしたいの?」「需要あると思えない」と懐疑的な声サイゾーウーマン 
    https://www.cyzowoman.com/2020/09/post_303181_1.html 

    200916_asadamai_s

    【浅田舞「様々な事に挑戦」と独立表明も「何がしたいの?」「需要あると思えない」との声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/09/15(火) 21:54:46.58 _USER9
    元フィギュアスケーターでタレントの浅田舞さんが、自身のインスタグラム(@asadamai717)を更新し、所属事務所から独立したことを報告した。

     文面に「この度、私、浅田舞は2020年8月31日を持ちまして、15年間お世話になりましたIMG Japanを退所し、独立させて頂く事となりました」と報告。続けて、「これまで私を自分の娘のように育てて下さったマネージャーさん及び事務所関係者の皆さま、いつも応援して下さるファンの皆さまには心から感謝申し上げます」と綴った。

    「今後、更に自分の可能性を信じて、様々な事に挑戦し、より一層皆様に笑顔をお届け出来るよう努めてまいりますので、暖かく見守って頂けますと幸いです。宜しくお願い致します」とコメントし、写真を1枚添えて投稿。写真は、白壁バックに真っ白のシャツに身を包んだ笑顔の浅田さんとなっている。

     この投稿に「独立おめでとうございます!」「新しい挑戦、楽しみにしています」「がんばれ舞ちゃん」「舞ちゃんの新しい門出に乾杯」「肩の力を抜いて頑張って下さい」「さらなる飛躍を!!」「さらなる可能性と挑戦にワクワクします」「これこらもずっと応援しています」などと、数多くのコメントが寄せられている。

     今後の浅田さんの活躍にも注目が集まりそうだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4ab2cc5cd2099ceac94d2be37740b87b8f769b87

    no title

    https://thedigestweb.com/topics_detail13_2/id=23641

    【浅田舞 が所属のIMGから独立を発表!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/08/26(水) 21:25:51.62 _USER9
    「国際スケート連盟が、8月18日に今シーズンの各国で開かれるフィギュアスケート国際大会の日程を発表しました。日本人選手の参加は未定ですが、絶対王者の羽生結弦選手を筆頭に、宇野昌磨選手や紀平梨花選手、そして今年アイスダンスに転向した高橋大輔選手の活躍が期待され、ファンもフィギュア界の明るいニュースに胸を膨らませています」(スポーツ紙記者)

     その裏で、去年のシーズン中にフィギュア界で起きたある騒動がまだ終わっていない。織田信成と濱田美栄コーチの“モラハラ裁判”だ。

    「織田さんは、2019年11月に濱田さんからモラハラを受けたとして大阪地裁に提訴し、1100万円の慰謝料を求めています。濱田さんから無視や陰口などの行為を受け、体調不良に。一時、入院するほどまでに追い込まれ、監督継続が不可能になったとの主張です」(同・スポーツ紙記者)

     11月18日に行われた訴訟会見では、織田がハンカチで涙をぬぐう場面も。

    「しかし、12月に行われた1回目の口頭弁論で、濱田さん側は織田さんの訴えが事実ではないとして、請求の棄却を求めました」(同・スポーツ紙記者)

    コーチが織田に反訴していた
     この報道がされたあと、まったく続報が出ていないこの裁判。週刊女性記者が大阪地裁を訪れると、これまでの裁判資料を閲覧することができた。記録によると、濱田コーチ側が2月に織田に対し反訴していたことがわかった。

    「今回、織田さんが起こした訴訟は濱田さんの名誉を傷つける不法行為だと逆に織田さんを名誉毀損で訴え返したんです。モラハラの事実がないにもかかわらず織田さんが提訴し、それに合わせ記者会見まで行った。それがメディアに大きく取り上げられ、結果として濱田さんに“モラハラコーチ”の印象がついてしまいました。精神的苦痛を受けた慰謝料として、300万円を請求しています」(在阪テレビ局関係者)

     2月14日に行われた2回目の口頭弁論では、反訴状が読み上げられ、織田に対するハラスメント行為が、

    《何時、何処で、どのようなハラスメント行為をしたのか釈明を求める》

     と、細かい証言の提出を織田側に再度求めたのだった。

     3回目の期日は4月の予定だったが、コロナウイルスの影響で延期に。8月6日、ようやく再開した裁判では、それまでの織田対濱田コーチだけではない、新たな争点が浮き彫りになった。

    「織田さん側は、反訴状の訴えに対し、“事実と異なる主張は行っていない”と濱田さん側の反訴内容を完全否定。濱田さんはもともとモラハラをする人で、事実なのだから名誉毀損ではないと反論したのです」(前出・在阪テレビ局関係者)

     織田側はその証拠として、選手や指導者に対し暴力や暴言を日常的に行っている濱田コーチのモラハラ行為が、フィギュアスケート界に知れ渡っている、と指摘。

    「誰も声をあげられる雰囲気ではなく、当時、織田さんが監督、濱田さんがコーチだったといえども、彼女の権力にはかなわないんだ、と主張した形です」(同・在阪テレビ局関係者)

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f60de422dfd7e3d3ca03368d84ae8e4cfa7e04ea

    no title

    【織田信成の“モラハラ”訴えに濱田美栄コーチが逆提訴「和解はない」でドロ沼化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/08/16(日) 05:28:26.47 _USER9
     元フィギュアスケート選手でタレントの浅田舞(32)が15日、自身のインスタグラムを更新。クールな私服姿を披露した。

     「暑いどころではない日々にお疲れ様」と投稿した写真は、黒いタンクトップに色落ちデニムを合わせたシンプルなコーデ。前かがみで抜群のスタイルを強調した。フォロワーからは「本当スタイル良過ぎ」「ナイスアングル」「腰の位置が高くて脚が長いのがわかる」などの声が寄せられた。

    (おわり)

    浅田舞、タンクトップ&デニムでスタイル強調「ナイスアングル」「腰の位置高い」 
    スポーツ報知 
    https://hochi.news/articles/20200815-OHT1T50167.html 
    浅田舞のインスタグラム(@asadamai717)より 
    no title

    浅田舞のインスタグラム(@asadamai717) 
    no title


    【浅田舞 、タンクトップ&デニムでスタイル強調「腰の位置高い」(画像あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/08/03(月) 23:21:45.84 _USER9
     フィギュアスケートの元世界女王でプロスケーターの安藤美姫(32)が3日、自身のツイッターを更新。同日放送の日本テレビ系「有吉ゼミSP」に娘のひまわりちゃん(7)と初めて顔出しで出演した理由を明かした。

     安藤は長文を添付し、「今までは娘の顔を隠して守っていくという選択をしていました」とし、「小学生になった娘は『なんで私の顔を隠すの?』『後ろに隠れた方がいい?』と聞いてくるようになり、その方が娘にとっては悲しかったんだと気づきました。(中略)このタイミングなら娘の環境を変えてあげても大丈夫なのではないかなと考えました」と顔出し“解禁”の理由を明かした。

     「18歳のころから周りが信じられなかった私にもやっと人を信じる、信じてもいい人がいる」。若くして注目を浴び、それゆえに苦しんだ時期もあった。葛藤を乗り越え、娘との出演に踏み切ったという。

     安藤は2013年に一人娘のひまわりちゃんを出産。父親は公表していない。ツイートでは「今後ともプロフィギュアスケーター安藤美姫、そして一女性としての安藤美姫と娘の応援をよろしくお願い申し上げます」と結んだ。

    安藤美姫 
    no title

    http://image.2chlog.com/2ch/live/liventv/image/1596452740-0359-003.jpg

    中日スポーツ 
    https://news.yahoo.co.jp/articles/545affcf466e2956200a34307cc756cc5f80201b

    【安藤美姫が娘の顔出し”解禁” 「隠す方が悲しかったんだと気づいた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/07/26(日) 23:29:56.10 _USER9
     フィギュアスケート男子の平昌五輪銀メダリスト・宇野昌磨(22)=トヨタ自動車=が26日、人気ゲーム「大乱闘スマッシュブラザーズ」(スマブラ)のオンライン大会「おまよわ杯」に出場した。負け上がり方式の1回戦で、自身が憧れのゲーマーにも挙げるプロゲーマーのShogunと対戦。見事な腕前と駆け引きを披露し、勝利を収めて、勝ち抜けとなった。

     コンピューターが使用キャラクターをランダムで選出する形での対戦。1本目はほぼ似たキャラクターを使用しての“ミラーマッチ”を制すると、2本目はShogunが意地でサドンデスをものにしてタイに。3本目は宇野が剣士キャラで相手を圧倒した。

     「Shogunさんは特別好きな選手。いつものプレーができなかったらどうしようと思っていたが、2本目が試合が長かったことで情報や自分の緊張もほぐれた」と、納得の表情でうなずいた。

     エンディングでは「こういうスマブラの大会で、プロスマブラーの中に入れてもらって、1リスナー目線なんですけど、こういう特別な場で参加できるのはフィギュアスケーターだから。1リスナーの中で特別に参加させてもらってて、他のリスナーさんに申し訳ない気持ちもあります。なんか大げさかもしれないけど、フィギュアスケート頑張ってよかったなと思います。すごい楽しかったです!」と、笑顔で語った。

     2回戦で勝ち抜けたShogunは、「ここで負けたら宇野選手が強いことを証明できなかったので良かった。あれは宇野選手が強いんですよ、マジで」と、舌を巻いていた。

     ゲーム好きを公言する宇野は、先日もスマブラについてのウェブ配信番組「ケプトの定時退社」にゲスト出演。番組MCでスマブラプレイヤーのケプトを相手に激戦を繰り広げ、その腕前に、プロゲーマーからも称賛の声が上がっていた。

    https://www.daily.co.jp/general/2020/07/26/0013546340.shtml 
     
    f_13546341


    【恐るべし宇野昌磨 「大乱闘スマッシュブラザーズ」大会でプロゲーマーを撃破「楽しかった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/07/15(水) 01:04:20.15
    安藤美姫に批判続出! スタッフへの逆切れに「マジで無理」「文句ばっかり」

    フィギュアスケーターでタレントの安藤美姫が、7月12日放送の『配達王 ~芸能人が極上グルメをあなたの家にお届け~』(フジテレビ系)に出演。
    スタッフにケチをつけたとして、視聴者から批判を浴びている。

    彼女は都内でウーバーイーツの配達に12時間参加し、配達数などを競うことに。
    武田真治、丸山桂里奈、デヴィ夫人と〝一流芸能人チーム〟に安藤は入った。

    企画中、車道沿いで、安藤のスマートフォンに配達打診の通知が。安藤は素早く応答しようとしたが、自転車で追走していたスタッフは「車道なんで、歩道まで…」と、歩道まで移動してから画面を確認するよう指示。
    しかし、車道と歩道の間のガードレールに阻まれ、安藤は遠くの交差点の歩道まで移動せざるを得なかった。

    自身のミスに「完全にスタッフのせい!」

    他の配達員が先だって打診を承諾したのか、安藤は配達するチャンスを逃すことに。すると怒りの矛先はスタッフに向かい、「完全にスタッフさんのせいじゃないですか」と文句をつけた。

    通知を見るのは車道から歩道に移動してからと指示を受けても、安藤は「だって今、歩道に入れなかったじゃないですか」と自身の正当性を主張。
    「それは僕のせいなんですかね?」と問い掛けるスタッフに「完全にそうでしょ」と嫌味を浴びせた。

    この安藤の言動に、ネット上では批判の声があがっている。

    《安藤美姫さん、前も筋トレ番組でワガママとか文句ばっかり言ってたの思い出した。すごくアクと自己主張が強いですね。見ててしんどい》
    《配達王に安藤美姫が出てるが、上手くいかないのをスタッフのせいにして文句ばかり言ってキレてる》
    《スタッフ何も悪くないのにキレてる安藤美姫なんなんだ?ww》
    《安藤美姫まじでむり どう考えてもスタッフのせいじゃない》
    《安藤美姫めちゃくちゃヒステリックじゃん、怖!文句ばっか言うし怖!》

    安藤にコンプライアンスの概念はないようだ。

    https://myjitsu.jp/archives/125122 

    img_5f0c4ab63093f


    【安藤美姫に批判続出! スタッフへの逆切れに「マジで無理」「文句ばっかり」】の続きを読む

    このページのトップヘ