タグ:フィギュアスケート

    1: muffin ★ 2018/02/23(金) 13:09:50.87 _USER9
    平昌五輪フィギュアスケート男子で銀メダルを獲得した宇野昌磨(20)=トヨタ自動車のオフショットが、ウズベキスタン代表のミーシャ・ジー(26)のインスタグラムで公開され、「かわいい」と反響を呼んでいる。

     ミーシャは22日、66年ぶりの連覇を達成した羽生結弦(23)=ANA=や宇野とともに25日に行われるエキシビションの練習に参加。同日に自身のインスタグラムを更新し、パンのような食べ物にかぶりつく宇野に無防備な写真を公開。
    ミーシャは「Yes Shoma,now you can」とコメントし、ハッシュタグで「Paparazzi(パパラッチ)」と添えた。この投稿に対し、日本人だけでなく海外のファンからも「かわいい」のコメントが殺到している。

     またミーシャは羽生がペットボトルをストーンに見立て、ミーシャらとカーリングごっこをする動画も公開し、こちらも400件のコメントが寄せられるなど注目を集めている。

    スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20180223-OHT1T50092.html 
     
    27880323_397425770718963_1026526243492724736_n

    no title

    動画
    https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/6993c668081d4a78e062dcdbfa987925/5A928B21/t50.2886-16/28267799_176044159841040_4751738718569806256_n.mp4

    https://www.instagram.com/mishage8/

    【宇野昌磨、もぐもぐ顔のオフショット公開「かわいい」と海外ファンからも大反響(画像あり) 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2018/02/20(火) 09:32:15.24 BE:837857943-PLT(16930)
    「フリーの時より緊張してます」
    毎週土曜日の21時から23時まで生放送される「エジソン」は、声優の花江夏樹さん(26)、日高里菜さん(23)がパーソナリティを担当。
    アニメやゲーム、声優などの話題を主に扱う「アニラジ」(アニメラジオの略)と呼ばれるジャンルのラジオ番組だ。

    実は羽生選手、人気漫画「東京喰種(トーキョーグール)」のファン。パーソナリティの花江さんが同作のアニメ版で
    主人公・金木研役を務めていることから、今回のインタビューを楽しみにしていたようだ。通話の中で羽生選手は、
    同作のアニメを見ていることや、グッズを集めていることも明かしていた。

    羽生選手とのインタビューでは、カプコンの人気ゲーム「モンスターハンター」の話題も出た。花江さんが「ふだん、武器は何を使っているんですか?」
    と聞くと、羽生選手は「チャージアックスです。チャアクはロマンがありますからね」と語っていた。

    宇野選手の「好きなアニメ」は...?

    「これもまたマニアックになってしまうんですけど、僕が凄い好きだったのは...、『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』と『Charlotte(シャーロット)』でしたね」と少し恥ずかしそうな調子で明かしていた。

    どちらの作品も、可愛らしい美少女キャラが登場する深夜アニメで、タイムリープなどSF要素が含まれたストーリーになっている。


    pye18021718010068-p1

    https://www.j-cast.com/2018/02/19321538.html?p=all


    【宇野昌磨選手 好きなアニメは「シュタゲ」と「Charlotte」】の続きを読む

    1: muffin ★ 2018/02/21(水) 18:48:33.65 _USER9
    平昌五輪(2018平昌冬季オリンピック)は21日、フィギュアスケート女子シングル・ショートプログラム(SP)が行われ、OAR(Olympic Athlete From Russia)のアリーナ・ザギトワ(15)が82.92点という世界新記録を叩き出した。

    ザキトワは2002年5月18日生まれ、ロシア出身。今シーズンシニアデビューしたばかりの15歳。メドベージェワと同じエテリ・トゥトベリゼ氏に師事している。
    ショートプログラム・フリースケーティングともに基礎点が1.1倍になる後半に全てのジャンプを固める変則的な構成でも注目を集めている。

    親日家であり、リラックマが好きなことでも有名。自身のInstagramでは、羽生結弦にくまのプーさんをゆずってもらったことも明かしている。

    技術の高さはさることながら、15歳とは思えない妖艶な美貌も話題に。ネット上では「ザギトワ美しすぎてひれ伏すしかない」「ザギトワちゃん15歳でこの美しさとかおそロシア」「顔も演技も完璧すぎてまるで少女漫画の中の人」「美人だけど笑うと15歳らしい幼さもあって本当可愛いわ」などと大きな反響を集めている。

    https://mdpr.jp/news/detail/1748204 


    no title

    no title

    no title

    no title

    【フィギュア女子SP1位のアリーナ・ザギトワが「美しすぎる」と話題(画像あり)】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2018/02/20(火) 21:29:00.17 ● BE:322453424-2BP(2000)
     冬季オリンピックの“華”といえば、やはりフィギュアスケートということになるだろう。
     「特に女子。今大会の平昌でも大いに盛り上がっています。観客の熱気が違います」(スポーツジャーナリスト)

     そのフィギュアに“青春のすべてを捧げた”のが浅田真央(27)だった。しかし、昨年4月10日、自身のブログで現役引退を表明。
     「五輪の金メダルだけは縁のなかった真央ですが、世界選手権優勝3回、GPファイナル優勝4回、四大陸選手権優勝3回は、“銀盤の女王”の名にふさわしい不滅の金字塔です。韓国でも、キム・ヨナを凌ぐ人気を誇りました」(スポーツ紙記者)

     2010年のバンクーバー五輪、2014年のソチ五輪に出場した真央は、同年の世界選手権で優勝。その後1年間休養し、2015年秋に復帰したものの、持病となった腰痛と左膝の故障もあって、以前の輝きを取り戻すことはなかった。
     「引退後は、プロスケーターとしてアイスショーに出演している真央ですが、それに加えて、実姉・浅田舞(29)の振り付け指南で、振り付け師デビューも飾りました」(スポーツライター)

     また、昨年10月には、
     「フランス人イケメンモデルのロマ・トニオロとのルーブル美術館デートが報じられるなど、“スキャンダル処女”も卒業しました」(ワイドショー関係者)
     年末には、『ホノルルマラソン』にも挑戦した。
     「これからも、様々なスポーツシーンやイベントに登場したり、レポーターやコメンテーターとしても起用されると思いますが、自ら“清く正しく美しく”というイメージをブチ壊すことはしないでしょう。
    真央も乳房が推定Dカップと大きくなっていますが、“セクシーさ”“面白味”という点では、断然、舞の方が上だと思います」(芸能プロ関係者)

     昨年夏、舞は舞台で女優デビューを果たしている。昨年12月15日から3日間にわたり行われた『クリスマス・オン・アイス2017』では、男たちのド肝を抜いたという。
     「ムチムチのバディで、“推定Gカップ”のおっぱいをブルンブルン揺らすスケートがあまりに衝撃的で、今も目に焼きついています。妹の真央が初めて振り付けしたというプログラムを演じていたのですが、とにかく、圧倒的なフェロモンを放っていました。
    真央のかつてのライバル、安藤美姫が“舞のようなおっぱいだったらよかったのに”と話していたのを思い出しました。今年、舞は女優としてさらにブレークすると思います」(芸能ライター・小松立志氏)

     今回の平昌五輪では、J:COM『平昌オリンピック2018』の番組MCを務めている舞。妹・真央不在の平昌五輪を、
     「いつもと違った感覚で見られます」
     と話していたが、2人とも、いったいどんな女性なのか振り返ってみよう。

    https://wjn.jp/sp/article/detail/0004200/   

    5e0bf06b

    77dc5716


    【【wjn】浅田真央(27)Dカップ 浅田舞(29)Gカップの巨乳姉妹】の続きを読む

    1: あちゃこ ★ 2018/02/17(土) 18:15:55.55 _USER9
     平昌五輪フィギュアスケート男子で17日、銀メダルを獲得した宇野昌磨が、日本テレビ系のハイライト番組で同局の五輪キャスターを担当する嵐・櫻井翔の直撃に「全員(の演技を)見て」と明かし、トリノ五輪フィギュアスケート女子金メダリストの荒川静香さんを「かなり珍しいタイプ」と驚かせた。

     宇野が櫻井に「全員(の演技を)見ていて、点数も見ていて、自分の自己ベストも知っているので、どの演技をしたらどの順位になるっていうのだいたい分かっていたんですけども。なので、全部成功したら1位だと思っていた」と話したことに、荒川さんは「かなり珍しいタイプだと思いますね」とビックリ。

     荒川さんは「色んな状況、色んなものに左右されるのが試合の難しさなので、あまり見る選手多くないんですよね、人の演技を。全部見てるというのは初めてかもしれないです。珍しいですね。やはりジャンプのタイミングですとか色んなものがイメージの中に残ってしまうので、影響されてしまうことを懸念して見ないようにするんです。点数を聞けば何か狙う気持ちが芽生えたりですとか」と、選手の心理を説明。

     全員の演技を見て点数を把握して滑った宇野を「それを全部踏まえた上で状況を冷静に受け止めて、滑ってるんだなっていう新たなすごさを発見しました」と称賛していた。

    20180217-00000114-dal-000-view

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-00000114-dal-spo

    【【平昌五輪】荒川静香さん、銀の宇野にビックリ「かなり珍しいタイプ」 】の続きを読む

    このページのトップヘ