中二病速報

    タグ:フィギュアスケート

    1: イセモル ★ 2018/04/23(月) 12:46:52.13 _USER9
    フィギュアスケーターの浅田真央(27)と舞(29)姉妹が、男性ライフスタイル誌『GQ』6月号(コンデナスト・ジャパン)の表紙に登場。初めての姉妹そろっての雑誌出演で、70年代ディスコ風ルックをまとったグラビアや、美輪明宏との鼎談が掲載される。

    今号の特集「考えるカラダ」にちなみ、自身初プロデュースとなるアイスショーを控える浅田姉妹がアスリートらしく均整のとれた”美ボディ”を披露。美輪との鼎談では、舞台の作・演出・美術・主演をこなす先輩として、新しい世界に挑む真央と舞へのアドバイスが送られた。

    舞は自身のインスタグラムでも表紙カットを公開し「姉妹で表紙は初めてです!最高の思い出になりました」と喜びを報告。SNSではファンから「2人ともカッコよくてステキ!」「キレイでかわいい最強姉妹!」「宝塚みたいでかっこよすぎる!」「こんな真央ちゃんも舞ちゃんも初めて!」と多数の反響が寄せられている。


    *** 引用ここまで
    全文は下記よりお願いいたします|ω・)
    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0423/ori_180423_3779486236.html

    no title

    【浅田真央&舞、姉妹で初雑誌カバー カッコよすぎる“美ボディ”に反響続々 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/04/16(月) 14:36:34.25 _USER9
    尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(71)が、大ファンだと公言している男子フィギュアスケート羽生結弦選手(23)が打ち明けた休養中の苦悩に「気がつかなかった自分が情けない」とショックを受けたことを明かした。

    【写真】メドベージェワと宇野と一緒にはしゃぐ羽生

     尾木氏は16日、「羽生結弦くんのバッシングの話に涙ーー」のタイトルでブログを更新。前日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで行われた羽生選手のアイスショーを映画館のライブビューイングで観賞したことを報告し、その感動をつづった。

     一方、羽生選手がショーの最後に行ったトークの内容に激しいショックを受けたという。負傷による休養中に受けたバッシングに「死にたい」と思うほど苦しんだという当時を振り返った羽生選手の発言を記した上で、「確かにオリンピック出場枠がありますからいろいろ言ってる人もいるでしょうーー でもそのことにそんなに悩んでるなんて気がつかなかった自分 自分が情けないですーー 何もせず、ただ怪我の一日も早い回復とオリンピックでの最高のパフォーマンスをだけを祈っていただけの尾木ママ 羽生結弦くんの連覇の意味とその命の重さに今、改めて身を正したくなりますーー」とつづり、「これからはもっともっと丁寧に慎重に応援しなくてはーーー決意の朝です」と“ユヅリスト”としての思いを新たにした。

    20180416-00181377-nksports-000-view

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00181377-nksports-ent

    【尾木ママ「羽生君の悩みに気が付かなかった自分が情けない」 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2018/04/15(日) 19:32:07.12 _USER9
     平昌五輪のフィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪2連覇を成し遂げた羽生結弦(23)=ANA=が15日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで行われた凱旋報告会にあたるイベントで、自身がプロデュースしたアイスショー「Continues ~with Wings~(コンティニューズ ウィズ ウイングス)」の最終日に出演。
    CSテレ朝チャンネルで生中継された。

     羽生自身が競技生活の中で影響を受けたトリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコらそうそうたるメンバーが出演。
    羽生自身もトーク、質問コーナーや、右足首の故障明けでリハビリ中のため、ジャンプこそ跳べないものの、スピンとステップのみの演技を披露し、会場を盛り上げた。

     この日は2011-12年シーズンに滑った「ロミオとジュリエット」をチョイスした。12年ニース世界選手権で足の負傷を抱えながら魂の演技を披露し、銅メダルを獲得した“伝説”のプログラム。「このプログラムで好きになった人?」と会場に聞くと、大きな声援が。
    「平昌で落ちた人?ソチで落ちた人?おー、ソチはやっぱり多いな。ジュニアからの人?ノービスからはいないかな?」と、ノリノリで会場を煽った。最後には平昌五輪で金メダルを獲得したフリー「SEIMEI」。「次会うときはジャンプ跳んでるからな!
    僕の生命を懸けたSEIMEIです」と話し、全力の滑りを見せた。

     フィナーレでは「一時期、週刊誌の問題とか色々あった時に、“なんで僕生きてるんだろう”って。何回も死のうともしました」と激白。
    「でも、でもね、本当にみんなこうやっていっぱい応援してくれるし、何より僕が幸せなのは、自分が憧れてる方々がみんな、自分にメッセージをくれて、“ゆづは大丈夫だよ”ってコメントくれて、本当にありがたかったし、スケートやっててよかったって。
    本当に今は生きててよかったって、本当に思ってます」と、周囲やファンに感謝していた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180415-00000119-dal-spo

    客席に手を振る羽生結弦=13日、都内
    no title

    羽生結弦=4月13日撮影
    no title

    【羽生結弦が激白「週刊誌の問題があって、何回も死のうと。でも生きててよかった」 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/04/08(日) 06:46:58.49 _USER9
     平昌五輪での活躍で、羽生結弦選手人気はとどまるところを知らない。
    羽生選手が自身の日常について語った小さなエピソードにも、ファンは一喜一憂しているようだ。

    「最近、ファンの間で話題になったのがヒゲ問題ですね。
    羽生選手はスポンサーの1つであるP&Gの会員ホームページで定期的にインタビューを受けているのですが、
    その4月号で、毎日ではないけれどヒゲを剃っていることをコメントしたんです」(女性誌記者)

    P&Gのシェービング商品「ジレット」の宣伝コメントだから当然ではあるのだが、羽生選手は産毛のようなヒゲだから毎日は剃らないけれど、
    取材や撮影がある日は必ずジレットを使っていると答えたというのだ。

    「羽生選手も立派な成人男性ですから、ヒゲを剃るのは当たり前。
    しかし、ファンとしてはあの少女漫画の王子様のように美しく繊細な雰囲気そのままにいてほしいんでしょうね。
    ヒゲを剃る、そもそもヒゲが生えるということも想像したくないのかもしれません」(前出・女性誌記者)

    そんなファンの思いをよそに、インタビューではジレットの剃り心地やフィット感など、実体験もしっかり交えて語っている羽生選手。
    ファンも「夢の王子様」ではなく、生身の男子として羽生選手を見守ってあげればどうだろう。

    (芝公子)

    アサジョ /
    https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_49414/

    no title

    【羽生結弦の「ヒゲ剃り」にショックを受ける女性ファン】の続きを読む

    1: 金魚 ★ 2018/04/05(木) 12:19:05.74 _USER9
    ロシアのアリーナ・ザギトワ(15)とエフゲニア・メドベージェワ(18)が来日し、アイスショーに出演している。

    オフの時間を利用して、日本を満喫。メドベージェワは大阪のUSJで映画「ハリー・ポッター」のコスプレを楽しみ、ザギトワは朝、宿泊地の周りを散歩して大好きな犬に会い、笑顔の写真をインスタグラムに載せた。
    2人はリンクの上では優勝を争うライバルだが、お互いを尊敬し合い、苦楽を共にする親友。そして、多くのファンがいる日本を大事にしている

    ◇初めてのショー

     平昌五輪の金メダリストと銀メダリストのロシアのトップスケーターは3月下旬から4月上旬にかけて公演が組まれている
    「スターズ・オン・アイス」に出演するため、来日した。3月31日からの大阪公演を終え、6日からは3日間、横浜公演が行われる。

     大阪ではショーを前に記者会見が行われた。ザギトワは今回の公演について、「私にとって初めてのショーなので大きな経験になると思います」と言えば、メドベージェワは「自分でも滑ることに満足している」と語った。
     昨年秋に右足甲を骨折して3月の世界選手権への出場を見送ったメドベージェワはショーでも華麗な滑りを見せて、リハビリが順調であることを示した。
    日本に来る前に、モスクワで来季のプログラムをすでに滑ってきたのだという。

     ◇舞妓姿のメドベージェワ

    メドベージェワには改めて、日本について聞いた。メドベージェワは大の日本好きで、昨年にもプライベートで日本を訪れ、京都では舞妓姿になり、東京ではアニメショップに行って、グッズを買っている。
    「日本人は、フィギュアスケートのファンが多くて、私のことを知っているのです」とロシアメディアにも語ったことがある。

    メドベージェワは今回の会見で、こんな回答をした。

     「いつも日本について聞かれるので、私はどう回答しようか自分の考えをまとめることにしています。
    どうして私が日本に惹かれるかというと、日本は東京のような大都市もありますが、それでも静けさがある国だと思います。
    私はもともと外に出るようなタイプではなくて、何日でも部屋に閉じこもっていても大丈夫なタイプです。つまり静かなところが好きで、日本では静かなところを訪れて、また心が洗われて、精神的な力がわいてくるのです」

     2人にとって今はオフタイム。日本でたっぷりと充電して、また来季、素晴らしい演技を見せてくれることだろう。

    wst1804050005-p4

    https://www.sankei.com/west/news/180405/wst1804050005-n3.html
    https://www.sankei.com/west/news/180405/wst1804050005-n1.html

    【ザギトワとメドが日本を満喫 「日本の静けさが好き」とメドベ】の続きを読む

    1: ベルデモ ★ 2018/04/05(木) 05:16:31.49 _USER9
    フィギュアスケートで2016年世界ジュニア選手権女王のホープ本田真凜(16)が3月まで在学した大阪・関大高から青森山田高に転校したことが4日、関係者への取材で分かった。
    4年後の北京冬季五輪出場を目指しており、4月からは練習拠点を米国に移すことを既に表明していた。

     本田はシニアに本格的に参戦した今季、精彩を欠き、平昌五輪出場を逃した。
    浜田美栄コーチの下を離れ、10年バンクーバー五輪女子銀メダルの浅田真央さんを指導した経験があり、3月の世界選手権男子で初優勝したネーサン・チェン(米国)を教えるラファエル・アルトゥニアン・コーチに師事する。

    20180405-00000022-sph-000-view

    yahoo!ニュース スポーツ報知 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180405-00000022-sph-spo 



    【本田真凜、青森山田高に転校 練習拠点を米国に移す 】の続きを読む

    このページのトップヘ