中二病速報

    タグ:ドラマ

    1: ひかり ★ 2018/06/18(月) 22:17:29.38 _USER9
     テレビ朝日は18日、7月開始予定の連続ドラマ「幸色(さちいろ)のワンルーム」の放送を取りやめることを決めた。原作漫画が実際に起きた誘拐事件を肯定的に描いているのではないかなどとして、批判の声が出ていた。
     ドラマは大阪の朝日放送(ABC)テレビが制作。テレ朝が関東地区で土曜深夜に放送予定だった。原作は「はくり」さんによる同名漫画。2016年9月にツイッターで初めて公開した。親に虐待された中学2年の少女が、声をかけてきた男と自ら進んで一緒に暮らす様子を描く。

     原作に対しては、埼玉県朝霞市で誘拐された少女が同年3月に東京都内で保護された事件をモデルに創作したのではないかとの臆測が広がった。
    ドラマ化すれば被害者を中傷し、誘拐を肯定しかねない、と反発が出ていた。

     「あくまでフィクション」と擁護する声もあるが、テレ朝広報部は「改めて精査した結果、総合的な判断として放送を見送ることにした」としている。

     制作する朝日放送は「(原作は)実際の事件をモデルにしたり、事件からモチーフを得たりしたものではないと認識しております」(広報部)
    などと答えた。関西地区では予定通り来月から放送するという。(湊彬子)

    朝日新聞社

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00000098-asahi-soci

    no title

    【「誘拐肯定では」指摘受けた テレ朝ドラマ放送取りやめ 】の続きを読む

    1: ジョーカーマン ★ 2018/06/13(水) 12:16:07.56 _USER9
    俳優の鈴木亮平さんが主演を務めるNHKの大河ドラマ「西郷(せご)どん」の新キャストが発表され、AKB48兼NGT48の柏木由紀さんが出演することが13日、明らかになった。
    柏木さんが大河ドラマに出演するのは初めてで、西郷吉二郎(渡部豪太さん)の妻・西郷園を演じる。

    また、水川あさみさんが坂本龍馬(小栗旬さん)の妻・お龍を演じる。
    中岡慎太郎役で山口翔悟さん、伊藤博文役で浜野謙太さん、松平容保役で柏原収史さんも大河ドラマに初出演することも分かった。

    「西郷どん」は、明治維新から150年となる2018年に放送される57作目の大河ドラマ。
    薩摩の貧しい下級武士の家に生まれた西郷隆盛(吉之助)の愚直な姿に、カリスマ藩主・島津斉彬が目を留め、西郷は斉彬の密命を担い、江戸へ京都へと奔走。
    勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、革命家へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく……という内容。

    NHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000008-mantan-ent

    NHKの大河ドラマ「西郷どん」に出演が決まった柏木由紀
    no title


    AKB48 柏木由紀
    no title

    no title

    no title

    【「西郷どん」に出演する柏木由紀さんのビジュアルがヤバイ(画像あり)】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2018/06/04(月) 05:04:45.30 _USER9
    仙道敦子:23年ぶり女優復帰 「この世界の片隅に」ですずの母役

     女優の仙道敦子さんが、7月スタートの連続ドラマ「この世界の片隅に」(TBS系)で、1995年放送の単発ドラマ「テキ屋の信ちゃん5 青春 完結編」(同局系)以来、23年ぶりに女優復帰することが4日、分かった。仙道さんはヒロインのすず(松本穂香さん)の母・浦野キセノを演じる。

     「この世界の片隅に」は、こうの史代さんの名作マンガ。「漫画アクション」(双葉社)で連載され、2009年に「文化庁メディア芸術祭」のマンガ部門優秀賞を受賞した。戦時中、広島・呉に嫁いだ18歳のすずの生活が、戦争の激化によって崩れていく様子が描かれた。コミックスの累計発行部数は120万部を突破しており、劇場版アニメが16年に公開され、ロングヒットを記録。女優ののんさんがすずの声優を担当したことも話題となった。

     ドラマの脚本は、NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」などで知られる岡田惠和さん、演出は連続ドラマ「カルテット」「逃げるは恥だが役に立つ」(ともにTBS系)の土井裕泰さん。作曲家の久石譲さんが、民放連ドラでは約24年ぶりに音楽を手がける。7月からTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)で放送される。

    連続ドラマ「この世界の片隅に」で23年ぶりに女優復帰する仙道敦子さん(下段左から2番目)ら (C)TBS
    no title

    https://mantan-web.jp/article/20180603dog00m200031000c.html

    【仙道敦子 23年ぶり女優復帰「この世界の片隅に」ですずの母役 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2018/05/23(水) 16:09:55.72 _USER9
    ◆二階堂ふみが奄美大島で語った「西郷どん」の“ヌードシーン”

     NHK大河ドラマ「西郷どん」の第18回(5月13日放送)から展開されている「島編」が、話題を呼んでいる。

     「奄美大島に流された西郷隆盛(鈴木亮平 35)が、島人たちとの交流を通し使命に目覚めていく。とりわけ注目なのが、西郷を絶望の淵から救う島の娘・愛加那を演じる二階堂ふみ(23)です」(芸能デスク)

     第18回の最後に流れた次回予告では、二階堂が着物を脱ぐシーンが一瞬映り、「すわ、大河でヌードか!?」と視聴者は騒然。第19回放映日の20日、奄美大島の奄美文化センターでは二階堂らを招き、大々的なパブリックビューイングが開かれた。

     西郷の前でハラリと着物を脱ぎ、「私を見て」「私をアンゴ(島妻)にしてください」と迫る愛加那。さすがにバストまでは映らないものの、肩の曲線も露わな二階堂の“大河的にギリギリ”な情熱的演技に、観客は固唾を呑んだ。

     上映後のトークショーで、二階堂は、

     「その夜の空気感みたいなものを感じながら、この二人はきっと奄美の自然の音を聞きながら想いを通じ合う夜を過ごしていたんだろうなと思って。なんとも言えないくらい幸せなシーンだった」

     と撮影を振り返った。

     詳しくは、5月24日(木)発売の「週刊文春」で報じている。

    img_6f39b34aa2386e743d3ca3b536ee933852232

    週刊文春 2018年5月31日号
    http://bunshun.jp/articles/-/7478

    【【週刊文春】二階堂ふみが奄美大島で語った「西郷どん」の“ヌードシーン” 】の続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/05/17(木) 03:42:07.09 _USER9
    岸部一徳 体調不良でダウン、民放スペシャルドラマを降板

    俳優の岸部一徳(71)が体調不良でダウンし、出演を予定していた民放テレビ局のスペシャルドラマを降板したことが16日、分かった。

    15日までは神戸で撮影中の水谷豊(65)が監督を務める映画のロケに元気に参加しており、16日に体調が急変したとみられる。
    テレビ関係者は「詳しい病状は分かりませんが、降板の連絡が局側に入ったと聞いています」と明かした。

    スポニチ Sponichi Annex
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/16/kiji/20180517s00041000091000c.html

    体調不良でダウンした岸部一徳 
    no title

    【岸部一徳(71)体調不良でダウン 民放スペシャルドラマを降板 16日に体調が急変 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2018/04/15(日) 05:04:52.95 _USER9
    ルビー・モレノ、沢村一樹主演ドラマで16年ぶりに地上波ドラマ出演!

    4月15日(日)放送の「ドラマスペシャル CHIEF~警視庁IR分析室~」(テレビ朝日系)で、ルビー・モレノが16年ぶりに地上波ドラマに出演することが分かった。

    沢村一樹、初タッグ・伊藤歩の役作りに感激!

    本作は、最先端のIT捜査を武器に、次々と犯人を検挙していく捜査集団「IR分析室」の活躍を描く刑事ドラマだ。

    元捜査一課のエース刑事にして「IR分析室」の主任(=チーフ)である深町功太郎(沢村一樹)と、部下で“バディ”の泉本乃梨子(伊藤歩)が事件の解明に奔走する。

    都内の路上で建設会社社長が銃殺された事件を発端に、その目撃者の男性の妻が5年前に事故死していたことを知った深町。だが、男性は亡くなったはずの妻が生きているかもしれないと主張。男性の妻の消息を追う、という殺人事件とは無関係の捜査に乗り出した深町は、やがてその妻だった女性が、ある人物に“なりすましていた”ことをつかむ…。

    一見無関係に思えた、殺人事件と5年前の事件。それが捜査を進めていくうち、意外な接点が次々と浮かび上がってくる。「IR分析室」という最先端部署にありながらも、刑事として自分の足を使い事件に向き合う深町たち。その先には衝撃の結末が待ち受ける。

    1992年にフジテレビで放送されたドラマ「愛という名のもとに」で一躍日本中にその存在感を知らしめたルビー・モレノ。事件の裏に隠された2人の女性の物語を探る深町にある重要な情報をもたらすことになるのが、ルビー・モレノの役どころだ。

    ルビー・モレノは、「今回16年ぶりの地上波ドラマでキャスティングしていだき、監督の和泉聖治さんには感謝しております。映画『修羅の伝説』以来26年ぶりの再会でした。とても楽しかったです。お芝居もっとやりたいです。これからもドラマ・映画に挑戦したいです。どうぞよろしくお願いします」とコメントを寄せた。(ザテレビジョン)

    「CHIEF~警視庁IR分析室~」に出演するルビー・モレノ
    no title

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180415-00143770-the_tv-ent

    【ルビー・モレノ、沢村一樹主演ドラマで16年ぶりに地上波ドラマ出演! 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/04/07(土) 10:45:54.25 0
    2010年以降スタートの朝ドラ

    ・ゲゲゲの女房(松下奈緒)
    ・てっぱん(瀧本美織)
    ・おひさま(井上真央)
    ・カーネーション(尾野真千子)
    ・梅ちゃん先生(堀北真希)
    ・純と愛(夏菜)
    ・あまちゃん(能年玲奈)
    ・ごちそうさん(杏)
    ・花子とアン(吉高由里子)
    ・マッサン(玉山鉄二、シャーロット・ケイト・フォックス)
    ・まれ(土屋太鳳)
    ・あさが来た(波瑠)
    ・とと姉ちゃん(高畑充希)
    ・べっぴんさん(芳根京子)
    ・ひよっこ(有村架純)
    ・わろてんか(葵わかな)

    mig


    【NHK朝ドラ お前らのベスト3とワースト3を教えて 】の続きを読む

    このページのトップヘ