中二病速報

    タグ:ドラマ

    1: ジョーカーマン ★ 2019/03/01(金) 16:42:54.29
    NHKは1日、広瀬すず(20)主演の次期連続テレビ小説「なつぞら」(4月1日スタート、月~土曜午前8時)の新たな出演者を発表し、元AKB48で女優の渡辺麻友(24)の朝ドラ初出演が決まった。

    今回発表された10人は、ヒロインの奥原なつ(広瀬)が日本初の長編アニメーション制作に参加するプロジェクトを描いた「アニメーション編」に出演する。
    渡辺は、絵を描くのが好きな、めがねをかけたおっとりとした女性役で、なつと一緒に社内試験を受けて、アニメーターになるという設定だ。

    これまで、民放ドラマでは主演を務めるなど、多くの作品に出演してきたが、NHKのドラマ出演は初めてで、朝ドラも初めて。
    渡辺は「いつか出演することを目標としていたので、お話をいただいた時は、とてもうれしかったです」とコメント。
    「主演の広瀬さん演じるなつと年の近い同僚ということで、なつに寄り添いながらも日本アニメーション草創期の中で活躍した1人の女性として作品を盛り上げていきたいです」と意気込んでいる。

    今回発表された朝ドラ初出演は、渡辺のほか、井浦新、染谷将太、伊原六花、小手伸也。
    ほかに貫地谷しほり、中川大志、麒麟の川島明、木下ほうか、角野卓造が出演する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-03010360-nksports-ent

    NHK朝ドラ「なつぞら」に出演決定 渡辺麻友
    no title


    元AKB48 渡辺麻友
    no title

    no title

    【元AKB48渡辺麻友、NHK朝ドラ「なつぞら」出演決定!「盛り上げたい」 】の続きを読む

    1: muffin ★ 2019/02/23(土) 11:47:28.70
    公益社団法人「受動喫煙撲滅機構」は、NHKに2月18日付で抗議した申し入れ書の内容を、公式サイトで公開した。

    『いだてん』は、明治時代から昭和30年代が舞台。日本で初めてオリンピックに参加し金栗四三が、後半は日本に初めてオリンピックを招致した田畑政治を通して、日本のスポーツ史をダイナミックに描く。

    しかし、時代考証の結果として、ドラマ中に喫煙シーンが多くみられることに撲滅機構は抗議した。「受動喫煙シーンがしばしば見受けられ、みな観るたびに閉口し、悲しんでいます」とした上で、「受動喫煙のシーンは、今後絶対に出さないでください」とNHKに訴えた。

    近年のテレビ・映画では、過去の時代の再現でも職業・身体・民族等への差別的な言葉を使用していないことを例に挙げ、喫煙シーンがなくてもドラマは成立すると主張。「時代に逆行し受動喫煙被害の容認を助長する」と断じた。

    ネット上では今回の申し入れに対して「そろそろ映画、ドラマ、アニメなどから不適切な喫煙シーンを排除してもいい頃だ」と賛同する声もある一方で「歴史をねじまげることになる」「時代背景の描写に必要な描写を、時代劇から削ってはならない」と反発する声も挙がっている。

    撲滅機構がNHKあてに送った申し入れ書の全文は以下の通り。

    当機構は、「 公益社団法人 受動喫煙撲滅機構 」と申します。団体名称にあらわした活動を行っている組織です。貴局の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』は、当機構職員や会員の多くが楽しみに視聴しております。

    しかし、同作品には、受動喫煙シーンがしばしば見受けられ、みな観るたびに閉口し、悲しんでいます。
    近年のテレビ・映画などにおいては、過去の時代の再現においても、当時では日常的であったが、現代では、職業・身体・民族等への差別などと受けとられる語句・表現は、使用されなくなり、別の表現に置き換えられるようになっています(例:「目が不自由」「ホームレス」など、当時はなかった表現にまで)。これは過去作品の再放送においてもその場面の音声を削除するなど、かなり徹底された自主規制がなされております。

    さて、受動喫煙は過年にはどこででも行なわれていたところですが(例:民放『徹子の部屋』等では’80年頃までは灰皿が置かれ、出演者が対談中に喫煙していました)、今は国会で受動喫煙防止法が成立したように、喫煙はしても、人にタバコの煙を吸わせてはいけないということが、世界中の常識です。

    そんな中、わざわざ受動喫煙のシーンを、公共の放送、未成年者も視聴する番組において、放映するのはなぜでしょうか。こうしたことは、受動喫煙を世間に容認させることにもなります。未成年者や禁煙治療中の人たちへ悪影響を与え、何よりも出演者・スタッフの受動喫煙被害が紛れもなく行なわれているのです。

    もし、“時代を表すため”という理由でしたら、前述の差別表現や、当時は多くあった街のゴミ・犬の糞・立小便、はてはハラスメントまで表現しなくては、釣り合いが取れません。しかし、それらの表現がなくても、ドラマは成立するはずです。

    貴局のドラマ『バカボンのパパよりバカなパパ』においては、ヘビースモーカーであった主人公の漫画家や、編集部、バーの場面においても、喫煙シーンは全くありませんでした。(参考:別紙「一般社団法人 日本禁煙学会」による同作品の表彰)。

    全国の受動喫煙被害を撲滅する活動を行う当機構におきましては、時代に逆行し受動喫煙被害の容認を助長する恐れのある貴局同作品の表現は看過するわけにはいきませんので、以下に要望を提示させていただきます。

    要望
    一、『いだてん』において、受動喫煙のシーンは、今後絶対に出さないでください。
    二、『いだてん』で、受動喫煙場面が放映されたことについて、番組テロップなどで謝罪をしてください。
    (続きはソースをご覧下さい)

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/idaten_jp_5c6f7d1ae4b06cf6bb242097 

    idaten2-300x229


    【大河『いだてん』喫煙シーンに受動喫煙撲滅機構が抗議「今後絶対に出さないで」】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/20(水) 08:34:26.38
    女優の橋本環奈が連続ドラマ初主演を務める『1ページの恋』(AbemaTV/毎週月曜23時)の初回が18日に放送され、ヒロイン役の橋本が劇中でキャバ嬢姿を披露し、泥酔した姿を見せると、
    視聴者から「圧倒的天使」「バカ可愛い」の声がネット上に寄せられた。

    本作は、絵を描くのが好きな主人公・水瀬あかり(橋本)が、初恋の相手の森田郁巳(板垣瑞生)、幼なじみの乾大和(濱田龍臣)、女性の扱いに慣れた大人の男性・星野有利(古川雄輝)ら、タイプの異なる3人の男性と繰り広げる純愛ドラマ。

    17歳の冬、あかりは宇木島で出会った郁巳に初めての恋心を覚える。
    2人は、4年に1度訪れるというセレネ座流星群を見ながらお互いの気持ちを確かめ合いながら、4年後の再会を約束していた。
    4年後、宇木島を再訪したあかりだったが郁巳との再会は叶わず、そこで“彼女は作らない主義”という有利と出会う。
    東京に戻ったあかりは就職活動に励むが自分が何をしたいのか分からない。そんな悩みを抱える中、街角で偶然にも郁巳と再会する。

    あかりに気づいた郁巳はその場を走り去ってしまう。あかりは郁巳が入っていった店の中へ自分も入ろうとするものの、スーツ姿の男に阻まれる。
    そんなあかりの目に飛び込んできたのは“体験入店大募集”の貼り紙。郁巳と話したいあかりは、体験入店希望の女性として、その店内に入ることに成功する。
    キャバクラのボーイとして働いていた郁巳は、ピンクと赤のドレスに身を包んだあかりを見て驚きの表情に。
    ネット上ではあかりを演じる橋本のキャバ嬢姿に「圧倒的天使すぎて」「橋本環奈がキャバ嬢になったら一晩でNo.1です」「ただただかわいい」などのコメントが殺到。

    その後、客から勧められるままに酒を飲んだあかりは泥酔。
    ほかのキャバ嬢に介抱される彼女が郁巳を見つけると、陽気に笑いながら「あぁ~郁巳君だぁ~!」と一言。
    橋本の酔っ払い演技に視聴者からは「満面の笑顔がバカ可愛い」「酔っ払いキャバ嬢橋本環奈さまかわいい」などの声も寄せられた。

    クランクイン!
    http://news.livedoor.com/article/detail/16044654/

    3dbf0_1585_cfedd5a7e54659f1e3cb748e27b93e9e

    1

    no title

    https://www.youtube.com/watch?v=l9hYzQxcIU8


    【第1話フル】初回からキスの嵐!三人のイケメンが奪い合い/橋本環奈 初主演ドラマ『1ページの恋』毎週月曜よる11時アベマTVで放送中


    【橋本環奈の“キャバ嬢”姿に反響「一晩でNo.1」 (画像あり) 】の続きを読む

    1: ひろし ★ 2019/01/15(火) 23:27:30.75
     女優・深田恭子(36)主演のTBSドラマ「初めて恋をした日に読む話」(火曜、午後10時)の初回が15日に放送された。

     深田が、恋も受験も就職も失敗した残念なアラサー塾講師を演じるラブコメディ。放送中は「深キョン」がツイッターの人気ワード1位に立ち「深キョンいくつになっても可愛い」「深キョン可愛すぎて無理」「深キョンが先生やったら俺も東大行ける」「ぼくも深キョン先生にお勉強教えてもらいたい」との投稿が殺到し、話題力をみせつけた。

     またドラマでは深田が高校生たちから「オバサン」扱いされる場面も。「深キョンにおばさんとは、絶対に許されない」「深キョンがおばさん呼ばわりされる時代…」「深キョンにおばさん言うな」との悲鳴があがった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000155-dal-ent  

    1547551674-0031-002

    1547551674-0035-002

    1547551674-0039-001

    1547551674-0039-003


    【深田恭子 初回放送からトレンド1位「可愛すぎて無理」(画像あり)】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/16(日) 18:56:20.61 _USER9
    日本にとっては昭和55年から平成元年までの10年間にあたる、1980年代。
    日本の自動車生産台数が遂に世界一となり、80年代後半はバブルによって日本経済の絶頂期を迎えた大変革期。80年代最後の1年は昭和から平成に改元し、消費税が導入された。

    その頃、大人気だったTVドラマは何だっただろう?
    株式会社CMサイトのランキングサイト「ランキングー!」(https://rankingoo.net/ )が40~60代の男女7,763名を対象に行った「面白かった80年代のTVドラマは?」というアンケート調査から ランキングを紹介しよう。

    ■面白かった80年代のTVドラマランキング

    1位 必殺仕事人シリーズ

    「表のとぼけた間抜け面と、裏の始末屋としての凄みの顔の対比は面白かった」
    「悪を懲らしめる場面が、クールでスカッとするから好き」
    「今でも再放送を見ると面白い。その時代の流行や事件をネタにしているものがある」
    「京本さんが綺麗で当時びっくりした」
    うだつのあがらない昼行燈の顔から、夜の裏稼業での颯爽とした仕事人のギャップがカッコよかった藤田まこと演じる中村主水。飾り職人の秀(三田村邦彦)や三味線屋の勇次(中条きよし)など二枚目俳優の仕事人に対しての女性ファンも多かった。2007年からは、東山紀之主演で制作されており、今年(2018年)もスペシャルが放送された。

    2位 あぶない刑事シリーズ

    「タカ&ユージ、そしてカオルちゃんのやり取りはいつみても面白い」
    「舘ひろしがやたらと恰好良くて面白かった」
    「舘ひろしと柴田恭兵の絡みが面白いのと、本当に危なくてハラハラしたので」
    タカ&ユージ、2人のハンサムでダンディな魅力が炸裂する刑事シリーズ。劇場映画第7作『さらばあぶない刑事』が2016年に公開され、これをもってシリーズ完結となった。

    3位 男女7人夏物語・男女7人秋物語

    「当時さんまさんのファンでめちゃハマってみていた」
    「7人の個性が色々であり、男女の恋に絡んで、ストーリーが面白かった」
    「夏物語の方が好きです。さんまさんと鶴ちゃんが好き」
    明石家さんま主演の男女7人の恋心が交錯する青春群像劇。明石家さんまと大竹しのぶはこのドラマで出会ったと言われている。「夏物語」は1986年7月~9月放送、翌年10月~12月に「秋物語」が放送された。

    4位 西部警察

    「派手な爆破、炎上、アクション、カースタントが懐かしい」
    「石原裕次郎、渋くてカッコよかったです」
    「小学生の頃からのファン、小樽にも行ってきた。テレビで放送してほしい」
    今では考えられないアクションにカースタント。爆発・炎上のシーンは大迫力だった。

    5位 ふぞろいの林檎たち

    「当時の役者さんがみんな大物になっているから」
    「中井貴一、柳沢慎吾!配役がいい」
    「青春!ハマってた。とにかく懐かしい」
    サザンオールスターズの主題歌「いとしのエリー」も懐かしい、「ふぞろいの林檎だち」が第5位。中井貴一、時任三郎、柳沢慎吾、手塚理美と豪華なキャストに山田太一の脚本も素晴らしい。

    【6位以下はこちら】

    6位
    3年B組金八先生シリーズ

    7位
    毎度おさわがせします

    8位
    池中玄太80キロ

    9位
    金曜日の妻たちへ

    10位
    熱中時代

    いかがだっただろうか。息の長いシリーズものはやはり人気も長く続いているようだ。あなたの好きだったドラマは入っていましたか?

    調査方法:40~60代の男女を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計(複数回答)。
    有効回答者数:7,763名
    調査日:2018年6月15日

    main

    サライ.jp
    https://news.infoseek.co.jp/article/serai_346041/

    【面白かった80年代のTVドラマランキング3位 男女7人2位 あぶない刑事シリーズ、1位は? 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/12/08(土) 18:31:45.51 _USER9
     水嶋ヒロが、9年ぶりの日本ドラマ出演となった「東京BTH~TOKYO BLOOD TYPE HOUSE~」の撮影をブログで振り返った。

     2016年には海外ドラマ「GIRLS/ガールズ」シーズン5に出演した水嶋だが、日本のドラマは2009年の「東京DOGS」以来、9年ぶり。「東京BTH」では第4話に“水嶋ヒロ役”でゲスト出演している。

     水嶋は、ブログで同作への出演を報告。撮影は「花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス」で通っていたスタジオで行われたそうで、「懐かしかった」としみじみ。

     さらに、「モニターに映る自分を観てビックリ。やばっ、前より太っとる。顎下に肉が…」と驚きながらも、「まぁでもこれまでやってきた役はかなりストイックに、撮影初日までにできるだけシャープに映るための身体作りをしまくってたからね…そん時の見え方が頭にあるとそりゃ差があるわ」と冷静に振り返った。

     12月7日より Amazon Prime Video で配信を開始した「東京BTH」は、シェアハウスを舞台に血液型トークを繰り広げるシチュエーションバラエティードラマ。水嶋は、O型のIT社長・ゴロー役の稲垣吾郎とは「花ざかりの君たちへ」で、AB型の花屋・リョウ役の勝地涼とは「東京DOGS」で作品を共にしており、本作で久々の再共演。「涼ちゃんとも吾郎さんとも色んな話ができたし楽しかった」と再会の喜びをつづっている。(湯田史代)

    https://www.cinematoday.jp/news/N0105466

    no title

    【水嶋ヒロ、9年ぶり日本ドラマ出演 モニターに映る自分にビックリ「やばっ、前より太っとる」 】の続きを読む

    このページのトップヘ