中二病速報

    タグ:テレビ東京

    1: muffin ★ 2018/06/17(日) 10:41:43.26 _USER9
    「視聴率」では日本テレビの独走が続いているが、では、「好感度」が高い局はいったいどこなのか。そして、「嫌われ度」ワースト1は。
    視聴者のホンネを探るべく、J-CASTニュースでは2018年5月29日~6月14日、サイト上で「好きなテレビ局」「嫌いなテレビ局」についてのアンケート調査を実施した。
    見事「好き」1位となったのは、以前からネット上での人気が高いテレビ東京だ。一方、2番手以降は混戦に。対して、「嫌い」はというと――。

    まずは「好き」ランキングから(総投票数:1036)。

    上に述べた通り、1位に輝いたのはテレビ東京(26.7%)だ。他のキー局とは違った「トガった」企画の数々で知られ、以前からネットとの相性の良さが指摘されてきたが、相変わらずの好感度の高さを見せつけた。最近は視聴率でも進展が著しく、特にゴールデン帯ではフジテレビとの差を詰めつつある。

    2位はNHK(16.0%)。視聴率No.1の日本テレビは3位で10.6%に留まった。4位でテレビ朝日(8.7%)が続く。今回はキー局に加え、ネット放送で存在感を増しているAbemaTVも投票先に加えた。注目の結果は、テレ朝に続く5位(5.0%)。まだ上位陣を脅かすには至らないものの、6位のEテレ(4.8%)、7位のTBS(4.3%)、ビリのフジテレビ(2.5%)を上回る。健闘したと言っていいだろう。 なお、「なし・その他」を選んだ人も21.3%に上った。

    「嫌い」(総投票数:1014)は、やはりというべきか、フジテレビ(32.7%)が首位を飾ってしまった。 かつては視聴率No.1を誇りながらも、最近は低迷を脱しきれず。3月には「めちゃ×2イケてるッ!」「とんねるずのみなさんのおかげでした」といった2大長寿番組を打ち切る大胆策に出たが、その成果はなかなか見えない。

    もっとも、5年前の2013年にJ-CASTニュースが実施した同趣旨のアンケートでは、フジは62.7%という「ぶっちぎり」で「嫌われNo.1」を記録している。得票率が半分近くに減ったという意味では、「どん底」は脱した、との見方もできるが......。
    今回の投票結果に戻ろう。2位はテレビ朝日(22.8%)。3位はNHKで15.7%だった。以下、TBS(10.9%)、日本テレビ(7.3%)、なし・その他(7.1%)と続く。

    なお今回のアンケートでは、投票者の年齢、性別、よく見る番組のジャンルについても合わせて質問した。
    照らし合わせると、特に顕著な差が出たのが「よく見る番組」と「好きな局」の関係だ。
    1位は同じテレ東でも、「報道・情報」番組をよく見る、とした人ではNHKの好感度が高く(23.7%で2位。1位テレ東とは0.9ポイント差)、また「なし・その他」を選んだ人が多かった(19.8%で3位)。
    対して「バラエティー」派ではテレ東(34.6%)に続く2位に日テレ(20.9%)が。「イッテQ」「DASH」など、強力番組を擁する日テレの強みが見えた。

    また若干ではあるが、男性よりも女性の方が、「嫌いな番組」にフジを選んだ割合が高い(男性31.3%、女性40.8%)。
    年齢による差は比較的小さいが、若い世代では「日テレ」「Abema」、年長世代では「NHK」「テレ朝」が好き、とした人がやや多い傾向が見られた。

    調査は投票作成フォーム「トイダス」を使い、J-CASTニュースのサイト上で実施した。

    https://www.j-cast.com/2018/06/17331375.html 

    no title

    【「好きなテレビ局」No.1はテレ東!「嫌い」1位は? 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2018/06/16(土) 07:16:00.56 _USER9
    テレ東また異色企画 今度は五輪アスリート&グラドルが豪邸プールで泳ぐ「いきなりスイマーズ!」

     五輪アスリートとグラビアアイドルがプール付きの豪邸を訪問して家主にお願いし、いきなり水着になって泳ぐという新しいお宅紹介バラエティー、テレビ東京「いきなりスイマーズ!?プール付きの豪邸で泳がせてもらおう!?」が18、25日の2週にわたり、深夜0時17分から放送される。看板番組「ローカル路線バスの旅Z」を手掛ける同局のヒットメーカー・越山進プロデューサーが担当。「池の水ぜんぶ抜く」など個性的なコンテンツを連発しているテレ東が、またも異色企画を生み出した。

     MCは、お笑いコンビ「ずん」の飯尾和樹(49)。18日の放送にはシドニー五輪女子400メートルメドレーリレー銅メダルの田中雅美さん(39)、グラビアアイドルの岸明日香(27)が出演。飯尾は「メダリストの泳ぎがイルカみたいで、凄かったです。家主の方が、ウチのプールでメダリストが…って喜んでくれて良かった」と安堵。田中さんは「まさか人の家のプールで平泳ぎを披露するとは…初めての経験で楽しかった」、岸は「私の華麗な泳ぎを見てください」と笑みを浮かべた。

     25日の放送にはロンドン五輪男子200メートル平泳ぎ銅メダルの立石諒さん(29)、グラビアアイドルの都丸紗也華(21)が出演。飯尾は「シンクロやるなら鼻栓が必要だって分かりました」と笑いを誘い、立石は「水がきれいで泳ぎやすかったです。ターンが決まりましたね!今年一番かもしれない」と手応え。都丸は「水が温かくて泳ぎやすかったです。みんなで泳いで楽しかった」と収録を楽しんだ。

     越山プロデューサーは「プール付きの豪邸に住んでいる人は、ほぼもれなくお金持ちです。どんな人が住んでいるのか?どんな暮らしをしているのか?気になります。そんなお金持ちがこだわって作った個人所有のプールで泳いだら、スポーツジムや公共のプールでは味わえない特別感があるはず。『じゃあ、お願いしてみよう』というシンプルな企画です」と企画意図を説明。

     「五輪アスリートの田中さんも立石さんも初体験を楽しんでくれましたし、家主さんも自分のプールでメダリストが泳ぐ姿を見て喜んでいました」と好感触。「シリーズ化して日本中のプール付き豪邸を紹介したいですね」とシリーズ化を狙っている。

    18日放送の「いきなりスイマーズ!?プール付きの豪邸で泳がせてもらおう!?」に出演する(左から)田中雅美さん、飯尾和樹、岸明日香(C)テレビ東京Photo By 提供写真

    no title

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/15/kiji/20180615s00041000247000c.html

    no title

    3a4ec9875cb5ef70d7b3f09cacf0

    no title

    no title

    【テレ東また異色企画 五輪アスリート&グラドルが豪邸プールで泳ぐ(画像あり) 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2018/06/14(木) 20:32:34.72 ● BE:322453424-2BP(2000)
    テレビ東京・鷲見玲奈アナ(28)は自身のインスタグラムを4月22日に開設したが、その記念すべき1発目の写真が驚くほどエッチで、その爆乳画像に大絶賛の声が湧き上がっている。
     「彼女のお宝級のおっぱいに、女子アナファンの間では『揉みたい』『吸いたい』の声がマン延しています」(女子アナライター)

     画像を確認すると、確かにエロい。局内で自撮りしたと思われるカットは、純白ピチピチのニットウエア姿でピースサインをしているのだが、何よりも目を奪われるのはその爆乳。テーブルの上に乗せるように押し付けて強調する、局アナとは思えぬ大胆ショットを披露しているのだ。
     「フリーアナの大橋未歩(39)が、テレ東時代に88センチのEカップで大ブレークしたように、同局は“巨乳アナ”の宝庫。先輩の相内優香アナ(32)も、B86のDカップで人気です。局の指令かどうかは分かりませんが、みんな見せたがりで、鷲見アナもうれしい伝統を引き継いでいる。
    B88のEカップで通っていたが、現在は90センチ超えですよ」(同)

     鷲見アナは、局の出世番組『追跡LIVE! SPORTSウォッチャー』の水曜日担当。特に彼女の出演日は、視聴率が上がるといわれるほどの注目度だ。
     「ノースリーブを好んで着用するのもいい。夏が近くなるほど胸元の開きが大きくなるのが特徴で、番組ではスポーツ体験などもするために、いつも巨乳をブルブルさせています。
    今、各男性誌の“SEXしたい女子アナ”ランクでは、加藤綾子(33)に次ぐ2位ですよ」(アイドル雑誌編集者)

    そんな彼女に今、期待されているのがグラビア写真集の出版だ。
     「ネットでは、今回のインスタ画像が“メモリアル巨乳”としてネットに拡散。それに呼応するかのように、グラビア編集者がスポーツコスプレのオファーを出しているそうです。
    テニス、陸上、水泳など企画案のバリエーションは多数。とくに水泳は巨乳谷間、股間盛りも見えるため、高い売り上げが見込める。彼女は去年、週刊漫画誌のグラビアで水着公開の予定もあったが、局からストップが入ったといいます。それだけに、“スポコス”ならOKすると、大手出版社が殺到しているそうです」(同)

     う~ん、この手で鷲見アナのEカップを「つぶしたい…」。

    34093266_395527200965278_1497953561982533632_n

    34732747_1354627824638780_4872346136217649152_n

    35129863_218903238911905_7201828443565064192_n

    https://www.instagram.com/sumi__reina/

    https://wjn.jp/sp/article/detail/4664490/

    【悩殺インスタ 鷲見玲奈アナのEカップ「う~ん、この手で潰したい…」】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2018/05/03(木) 05:11:32.41 _USER9
    大橋未歩、グラビアで“胸の谷間”全て消した理由

    フリーアナウンサーの大橋未歩(39歳)が、5月1日に放送されたバラエティ番組「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)に出演。局アナ時代、グラビア撮影に挑んだものの、報道の仕事をさせてもらえなくなるため、胸の谷間が写っている写真は全部消していたと語った。

    この日、番組には“東北No.1美女アナウンサー”とも称されたフリーアナウンサーの塩地美澄(35歳)が登場。報道番組のキャスターをやりたくて東京に出てきたものの、セクシー路線にキャラ変更せざるを得なかったと告白した。

    すると、大橋は「キー局のアナウンサーさんは温泉ロケとかもNGですよね」とセクシーさは報道番組においてNGとなる場合があることを指摘。大橋本人もテレビ東京で入社3年目に、番組の企画として「偉い人に話は通してあるから」とグラビア撮影したが、「谷間みたいなものが出ているやつは全部消したんですよ」と、谷間を消さないとその後のアナウンサーとしての仕事に響くから、と説明していた。

    Twitterなどのネットでは「フリーになった時に真価は出てしまう」「大橋未歩、わりとセクシーな話題多かった覚えがあるけれどなあ」「地方局アナも大変だ」といった反応が寄せられている。


    no title

    ダウンロード (1)

    Written by Narinari.com編集部
    https://www.narinari.com/Nd/20180549321.html

    【大橋未歩アナ、グラビアで“胸の谷間”全て消した理由 】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2018/04/06(金) 07:44:37.10 _USER9
    女優の伊藤ゆみが、6日放送のテレビ東京系バラエティ番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(毎週木曜深夜24時12分~)に出演。
    韓国アイドル時代を振り返った。

    伊藤は韓国でスカウトされ、15歳で単身渡韓。
    しかしそこで待っていたのは想像を絶する過酷な生活だったそうで「デビュー前のトレーニングをする時代がスパルタ教育。完全に寮生活で4人でずーっと生活をさせられていました。朝起きたらまず寮の目の前にあった校庭を30周走らされ、その後に学校行って、帰ったらダンスレッスン、ボイストレーニングをして、最後に体重を量って寝る、みたいな生活」と紹介。
    「(トレーニング期間は)給料も何ももらえないです。10代で太る時期なので、ご飯も与えてもらえなくて、私は銀杏を拾って食べていました」と振り返った。

    その後、伊藤は2001年にアイドルグループ「sugar」のメンバーとしてデビュー。
    その後、アイドルとして大きな人気を得たが、その頃のギャラを問われると「1年に1回『これだけ頑張りましたね』って感じでポンっともらえるんです。そこから今まで寮生活してきた分がひかれちゃう」と前置きし「MAX(年収)は、すごくいろいろな番組に呼んで頂けるようになって。CMとかレギュラー番組が決まって一気に(もらった)」と共演者に実額を暴露。
    スタジオから大きな驚きの声が上がり、放送では「数億円」とテロップが出された。

    ギャラが10倍に
    また韓国アイドル時代、ギャラは母親に管理してもらったそうで「(母が韓国に)マンションを購入したんです。それで10倍になっていた」と“大化け”したことを明かし「まだ売ってないんです。でも今下がっていて。もうちょっと見てみようかなって」と話した。

    http://mdpr.jp/news/detail/1758188

    伊藤ゆみ
    no title

    no title

    no title

    【伊藤ゆみ、韓国アイドル時代振り返る 想像を絶する過酷生活から年収「数億円」に 】の続きを読む

    このページのトップヘ