中二病速報

    タグ:テレビ東京

    1: かばほ~るφ ★ 2019/08/04(日) 19:27:09.75
    『モヤさま』4代目アシスタントにテレ東の新人・田中瞳アナ

    テレビ東京系『モヤモヤさまぁ~ず2』(毎週日曜 後6:30)の4代目アシスタントを
    同局の新人・田中瞳アナウンサー(22)が務めることが、4日放送の番組内で発表された。

    アシスタント発表にあたり、今回は『モヤさま』のロケとは知らせずにハワイへ行ってもらい、現地でさまぁ~ずの2人からアシスタント就任を伝えるサプライズを敢行。
    ギター演奏が得意ということで、ウクレレを演奏している田中アナのもとに、さまぁ~ずの2人が突入した。

    田中アナは緊張した面持ちで「初めて生で見ました。びっくりした。いつも見ています」とさまぁ~ずの2人にあいさつ。
    大竹一樹の口から4代目アシスタントであることが告げられると「自分ですか。私ですか。本当に言っています。
    うそ、待って待って待って。えっ今からですか。震えが止まらない」と放心状態ながらも
    「うれしいです」と喜びを語った。

    三村マサカズ(52)は、自身と田中アナとの年齢が30歳差であることに驚き「ちょっと違うスタンスになってきちゃった」と父親的なスタンスになってしまうことを懸念。
    そんな中、田中アナは「辛いものと酸っぱいものとお酒が好きです」と明るく自己紹介した上で、ロケに出て早々に「『モヤさま』やりたいってずっと言っていました。
    三村さん、テレビで見るよりちょっと小さいなと思っちゃいました」とぶっちゃけるなど、早くも明るいキャラクターを見せていた。

    同局のホームページによると、ニックネームは「ひとみん」で、趣味は「ゆっくりと好きなお酒を飲むこと」。
    夢は「冷蔵庫にあるものだけで美味しいごはんを作れるようになること」とつづっていた。
    テレ東入社後、約3ヶ月間の研修を経て、先月に同局の経済報道番組『Newsモーニングサテライト』(月~金 前5:45~)で本格デビューを果たしていた。

    同番組は2007年4月にスタート。13年4月まで大江麻理子アナウンサー(当時)がアシスタントを務め、2代目の狩野恵里アナウンサーは、16年10月16日放送回まで。
    3代目の福田典子アナウンサーは今年5月26日放送回をもって番組を卒業した。
    以降、8回分の放送を、水原希子、安藤サクラ、ユニコーンの奥田民生と川西幸一らを含む代打アシスタントがつなぎ、代打アシスタントのラスト(8人目)は初代アシスタントの大江麻理子キャスターが務めた。

    ORICON NEWS
    https://www.oricon.co.jp/news/2141526/full/
    『モヤモヤさまぁ~ず2』の4代目アシスタントを務めるテレビ東京の新人・田中瞳アナ
    no title

    no title

    no title

    no title

    【「モヤさま」4代目アシスタントにテレ東の新人・田中瞳アナウンサー】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/07/26(金) 10:59:33.77
    7月24日放送のテレビ東京系『最恐映像ノンストップ7』に出演した藤田ニコルが、自宅マンションでのエピソードを語った。

    番組ではさまざまな恐怖映像が公開。この中で、エレベーターで撮影された恐怖映像が放送される場面があった。

    すると、藤田は自身にも同様の経験があるとして、「私も最近、自分ちのマンションでお母さんとゴミ捨て場に行ったんですよ」と話し始めた。

    続けて「エレベーター待ってる時に(扉が)開くじゃないですか」「そしたら足だけふわーってめっちゃ速く…上半身ないんですけど、ふわーって通っていったんですよ」
    と足だけが歩いていくのを見たと明かし、「見ちゃうんですよね」とコメントした。

     E-TALENTBANK
    https://news.livedoor.com/article/detail/16832545/

    34189_1628_739716c9_d1845abe


    【藤田ニコル、エレベーターでの“恐怖体験”明かす「上半身ない…」】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2019/07/19(金) 23:08:15.87
    少年院出身のアイドル、戦慄かなの(せんりつ・かなの、20)が19日放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(金曜前0・12)に出演。
    「私のようになってほしくない…」という反面教師の意味を込めて、過去に手を染めていたJKビジネスの詳細を明かした。

    「小さい頃から虐待を受けていた」と切り出した戦慄。
    幼い頃にシングルマザーの母親が育児放棄、それがきっかけで万引きに手を染め、盗んだ物を食べて妹と生活していたという。
    育児放棄の弊害はそれだけにとどまらず、入浴や歯磨きも親の許可がないとできなかったため「すごく不潔だったので、学校でイジメられるようになりました」と悲しい過去を振り返った。

    イジメによって学校にも家にも居場所がなくなるも、妹を食べさせなければならないことから、戦慄は大学生が元締めをしている窃盗集団へ。
    グループには「コスメを何キロ盗ったら何千円」といったノルマもあったというが、ある時、戦慄のミスがきっかけで上の大学生が逮捕されてグループは解散。
    犯罪から一時足を洗ったが、「JKビジネスブーム」が当時16歳の戦慄を再び犯罪の道へと誘った。

    女子高生が男性に親密な接客を行うJKビジネス。
    現在は児童買春につながると各店舗が摘発され、閉店に追い込まれているが、当時は店舗も乱立していた。
    路上で長時間客引きしている女子高生を見た戦慄は、一人一人に声をかけてスカウト。
    そして「私は出会い系(サイト)でおじさんをリストアップして、女子高生とおじさんの仲介役をやった。それで100均のパンツを大量に買い込んで、女子高生に穿かせて、8000円で売らせてました」と驚きのJKビジネスに手を染めていたことを告白した。
    戦慄はパンツ1枚につき手数料として4000円を受け取っていたといい、購入経費を差し引くと利益は3900円。
    1日平均25枚をさばき、約10万円稼いでいたというが、JKビジネスに没頭するあまり帰宅していなかったことから母親が捜索願を提出。
    警察に保護され、没収された所持品からJKビジネスが発覚し、少年院へ送られることになったという。

    入所後は2年に及ぶ時間を更生に費やしたが、現在は大学に通いながらNPO法人を立ち上げ、当時の体験を講演などで語っているという。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16798758/

    「少年院出身アイドル」 戦慄かなの
    no title

    【【少年院出身アイドル】戦慄かなの JKビジネス過去告白「100円下着を8000円で売らせた」 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/07/14(日) 11:39:50.89
    7月7日に放送されたバラエティ番組「モヤモヤさまぁ~ず2」(テレビ東京系)に、女優の安藤サクラが出演した。安藤は今回、代打アシスタントを務めたという。

    「同番組は5月、3代目アシスタントだった福田典子アナが卒業して以降、様々なゲストが週替わりで代打アシスタントを務めています。
    今回は、番組のファンだと聞きつけたスタッフが、安藤にオファーし、出演が実現したとのこと」(テレビ誌記者)

    また次回は、代打アシスタントに、ロックバンド・ユニコーンの奥田民生と川西幸一が登場することが発表され、期待の声が高まっている。

    そんな「モヤさま」は、深夜時代から数えると10年以上も放送されている人気バラエティだが、ここにきて不穏な空気が漂っているという。

    「7月8日のニュースサイト『覚醒ナックルズ』が、ある大人気ベテランコンビがピンチを迎えていると報じました。記事によれば、コンビのツッコミ担当芸人は、出演者への執拗なハラスメントが問題視されているようで、彼らの番組『M』から局アナが急に降板したのも、それが関係している可能性があるそうです。
    さらに酒の入った打ち上げでは、ハラスメントがエスカレートし、女子アナが周りに助けを求めるものの、ツッコミ芸人はキャリアがあるため、他のスタッフは誰も何も言えない状況なのだとか。
    今回の記事でその番組名は明かされていませんが、一部ネットでは、番組のイニシャル『M』は『モヤモヤさまぁ~ず』のことではないかという憶測が浮上。
    なぜなら出演者の三村マサカズは、これまで女性共演者の胸を揉むなど、過度なハラスメントが度々問題になってきたため、彼を疑う声が飛び交っているようです」(前出・テレビ誌記者)

    また、ハラスメントを受けた女性は、降板後にプロデューサーにも相談しており、告発を検討しているという噂もあるという。コンプライアンスに厳しい昨今、芸人のハラスメント芸にも、メスが入れられることとなるかもしれない。

     Asagei Biz
    http://dailynewsonline.jp/article/1922701/

    1


    【「モヤさま」女子アナが降板した裏の疑惑が物議! 】の続きを読む

    このページのトップヘ