中二病速報

    タグ:テレビ朝日

    1: Egg ★ 2019/01/01(火) 22:19:56.57 _USER9
    X JAPANのYOSHIKIが、1月1日に放送された「芸能人格付けチェック」(朝日放送系)に出演。

    2018年の「格付けチェック」でYOSHIKIが食べていたお菓子が注目を集めたことは記憶に新しいが、今回もお店のホームページに繋がりにくくなるなど、放送中から影響を及ぼしている。

    2018年にYOSHIKIが出演した際に食べていたことで注目を集めた「銀座あけぼの」のチーズおかき。
    2018年12月31日時点でも品薄の状態となっているが、今年もYOSHIKIプロデュースの新作ワイン「Y by Yoshiki」が番組内で紹介されるとサーバがダウンしてしまう。

    その後も、DEAN&DELUCAのホリデークッキー缶と思われるクッキーや、山形県庄内地方のソウルフード・オランダせんべいと思われるせんべいが登場すると、お店のHPなどが繋がりにくくなる事象が見られ、今年も影響力を感じさせた。

    ネットでは「YOSHIKIお菓子食って自撮りして女子高生みたい」「YOSHIKIが食べてるお菓子、CMより影響力有りそう」「正月はYOSHIKIがお菓子食べてるのを楽しむ時間」といった反応があるようだ。

    1546334581-0886-001

    ナリナリドットコム
    http://news.livedoor.com/article/detail/15819907/

    【「格付け」YOSHIKI 食べていたお菓子、今年も大反響!番組内で紹介されるとサーバがダウン 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2019/01/01(火) 05:01:33.69 _USER9
    宇賀なつみアナが3月末にテレ朝退社へ 昨年に結婚

    テレビ朝日の宇賀なつみアナウンサー(32)が、今年3月末で退社し、アシスタントを務めている同局系情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜午前8時)を降板することが12月31日、分かった。

    複数の関係者によると、宇賀アナは、先月までに退社を決断。既に同局関係者や番組関係者らに、降板することを伝えているという。入社10年目、同局の「朝の顔」でもあるエースアナウンサーの1人が同局から去ることが決まり、驚く関係者も多い。

    宇賀アナは、立大卒業後、09年4月にテレビ朝日に入社。入社当日に「報道ステーション」の気象キャスターとして番組デビューを果たした。11年8月から育児休暇に入った先輩の武内絵美アナ(42)の後任としてスポーツキャスターを務めた。

    14年4月からは「グッド!モーニング」のサブキャスターに異動。「ここがポイント!!池上彰解説塾」のアシスタントにも就任した。現在は、後番組の「池上彰のニュースそうだったのか!!」と、「羽鳥慎一モーニングショー」にレギュラー出演している。情報、報道系の番組で、王道のキャリアを積んできた。

    私生活では、昨年5月5日、くしくも同局のチャンネルが並ぶ日に、立大時代の同級生だった会社員の男性と結婚。番組内で結婚を発表した後、羽鳥慎一から「なんでしょう、この愛社精神」と冷やかされる一幕もあった。

    宇賀アナは、12月30日に更新したブログの記事で、「今年は本当にあっという間だったなぁ」と振り返り、「しっかり反省もして、2019年、また新たな気持ちで、前に進んでいきたいと思います」とつづった。今日元日午前6時から放送の「羽鳥慎一モーニングショー~新春特大スペシャル~」に出演する。

    ◆宇賀(うが)なつみ 1986年(昭61)6月20日、東京都生まれ。都立大泉高、立大社会学部を経て09年4月テレビ朝日入社。好きな言葉は「Stay hungry. Stay foolish.」。趣味は旅行、音楽、ドライブ。特技はお酒。164センチ。

    宇賀なつみアナウンサー
    no title

    日刊スポーツ 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-00433743-nksports-ent

    【宇賀なつみアナが3月末にテレ朝退社へ 昨年に結婚 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2018/12/31(月) 04:44:17.30 _USER9
    ダレノガレ明美、無人島0円生活の過酷ロケに挑戦 スク水披露に反響

    モデルのダレノガレ明美が31日放送のテレビ朝日系全国ネット「よゐこの無人島0円生活」(よる6時~)に出演。30日に自身のInstagramにて番組のロケの際に撮ったスクール水着を着たショットなどを公開し、反響が寄せられた。

    ◆よゐこの無人島0円生活

    番組から支給される必要最低限の水と調味料を元手に、過酷な無人島生活を0円で乗り切る2泊3日のサバイバル・バトル「よゐこの無人島0円生活」。

    「本気で使える芸能人助っ人続々登場でナスDにリベンジ!国民栄誉賞受賞!!霊長類最強の女・吉田沙保里フル参戦SP」と題した今回は、
    “平成最後の大みそか”を年越し編成で彩る6時間半のスペシャルで、よゐこ(濱口&有野晋哉)が国民栄誉賞も受賞した霊長類最強の女・吉田沙保里withブリリアン(コージ&ダイキ)、
    そして昨年末の「無人島0円生活」でよゐこに圧勝した“破天荒ディレクター・ナスD”と、極寒の無人島で決死のサバイバル対決を繰り広げる。

    さらに昨年惨敗したよゐこはリベンジを果たすべく、濱口が「本気で使える芸能人」を“助っ人”として招集することが予告されていた。

    ◆ダレノガレ明美、無人島0円生活の過酷ロケに挑戦

    ダレノガレはこの日、同番組に出演することを発表し、ロケの際に撮ったウエットスーツ姿のショットや銛を持つスクール水着姿のショットを複数投稿。

    ウエットスーツではキュッと引き締まったウエストが、スクール水着姿ではスラリと長い手足が際立っている。

    ◆ダレノガレ明美のスク水披露に反響

    コメント欄にはダレノガレの番組出演発表に対する「綺麗なのに体張っててすごい…」「絶対見ます!楽しみ」「挑戦する姿勢本当に尊敬する」などの声や、
    ウエットスーツ姿やスクール水着姿の写真に対する「スタイル良すぎでしょ」「美し過ぎる無人島民発見」「スク水とウエットスーツでも抜群のプロポーションが際立ってる」などの反響が寄せられた。(modelpress編集部)

    [darenogare.akemi]
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    https://www.instagram.com/p/BsAGTpCgvSu/

    https://mdpr.jp/news/detail/1813473

    【ダレノガレ明美、無人島0円生活の過酷ロケに挑戦 スク水披露に反響(画像あり) 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/28(金) 08:59:02.78 _USER9
    2018年9月に『報道ステーション』(テレビ朝日系)のサブキャスターを卒業し、現在はAbemaTVのニュース番組『AbemaPrime』のキャスターとなっている小川彩佳アナウンサー。

    『報道ステーション』卒業以降の小川彩佳アナは地上波のニュース番組とは縁遠くなり、その一方でなぜか、12月13日放送のドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系)に刑事役として出演して女優デビューを飾ったりしているが、そんななか「週刊文春」(文藝春秋)2019年1月3日・10日新春特別号に『報道ステーション』時代の驚くようなセクハラを明かす記事が掲載された。

    「週刊文春」記事によれば、2016年4月から『報道ステーション』のメインキャスターを務めている富川悠太アナは小川彩佳アナのことを「ヒメ」と呼んでおり、打ち合わせのときには、小川彩佳アナの二の腕に触れて「ぷにぷにだね」などと言っていたというのだ。もちろん、小川彩佳アナは嫌がる素振りを見せていたという。

    これはテレビ朝日局員からの告発で、「週刊文春」側はテレビ朝日にこの証言の真偽を問い合わせているようだが、記事によればその答えは「何もお答えすることはありません」というものであったという。

    「週刊文春」では過去にも、富川アナが小川アナに対して「インタビューが下手」とダメ出し、反省会でもネチネチと叱ったりしていたとの記事が出ていたが、そのようなイビリに加えてセクハラまであったとはというのだろうか。

    テレビ朝日側が肯定していない以上、今回記事になったセクハラが事実かどうか断定はできない。

    ただ、富川アナは小川アナを「姫」と呼んでいた。

    小川彩佳アナに「プリンセス」「今日も可愛いね」
    テレビ朝日アナウンス部の公式サイト「アナウンサーズ」にその文言がある。

    「アナウンサーズ」のアナウンサー一覧のページでは、それぞれのアナウンサーに対して同じアナウンス部の先輩・同僚・後輩からメッセージが寄せられているのだが、そこで富川アナは彼女のことを「姫」と呼んでいると明かし、さらに、まるで憧れのアイドルに対するファンレターのような文章を寄せている。

    wezzy 
    http://dailynewsonline.jp/article/1628409/

    no title

    no title

    【小川彩佳アナの二の腕に触れて「ぷにぷにだね」!? 富川悠太アナによるセクハラ疑惑 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/12/24(月) 15:44:25.63 _USER9
     テレビ朝日解説委員の玉川徹氏(55)が24日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」(月~金曜正午)に、フリーアナウンサーの羽鳥慎一アナウンサー(47)とともに出演した。

     MCの黒柳徹子(85)とは初対面。テレビ朝日社員でもある玉川氏は、「1度もお見かけしたことがなかったんです。実在したんだって、(会えて)うれしいです」とあいさつ。ほぼ毎日、同局「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)を見ているという黒柳は、玉川氏の印象について「初めから身構えてらっしゃいますよね。どんな内容が出ようと、ぶつかるぞっていう感じがします」と指摘した。

     “刺激的”なコメントで知られ、発言がインターネットで炎上することも多い玉川氏。「羽鳥慎一モーニングショー」が始まる時に羽鳥アナと話して、僕は悪役やるから。羽鳥さんは悪い面はなくて出せないからって。悪役とヒーローでやりましょうっていう話をした」と明かした。

     クリスマスの思い出では、失恋話を披露。当時、付き合っていた女性とレストランで待ち合わせしていたら、女性が男性と現れ「今度、この人を付き合うことになった」と別れを告げられたことを明かした。独身だが「独身主義ではない。ご縁がないということだと思います」とし、「テレビ朝日から月給をもらって生活してます。父と母は宮城で生活してまして、ちょっと仕送りしています」と私生活も告白。黒柳は、最後に「こんないい方だと思わなかった。これくらい硬派な方がいた方が番組はうまくいくと思います。憎まれがちですけど、国際的な感覚をお持ちで」と話していた。

    1545621646-0180-001

    1545621646-0717-001

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/12/24/kiji/20181224s00041000141000c.html

    【【テレ朝】玉川徹氏、聖夜の悲しい過去明かす 彼女から新恋人を紹介されて】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/24(月) 01:48:03.40 _USER9
    テレビ東京の若手エース「鷲見玲奈アナ」と、テレビ朝日の新星「三谷紬アナ」。いま、女子アナファンを賑わせる「2大ピチピチ女子アナ」の実力を比べる5番勝負を、とくとご覧あれ!

    ●ナイスバディ対決

    入社6年め、出身地の岐阜県の特産品・トマトのように瑞々しい鷲見玲奈アナ(28)。日本を代表する巨乳アナに挑戦状を叩きつけたのは、入社2年め、出身地の千葉県の名産・びわのように実った三谷紬(24)。

    ファッション誌で活躍する女性スタイリストが、真剣に判定してくれた

    「三谷さんはF寄りのGカップ。鷲見さんはG寄りのFカップと推定します」

    ということでこの勝負、三谷アナの勝ち!

    (増刊FLASH DIAMOND 2018年11月10日号)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181223-00010005-flash-ent

    no title

    no title

    【テレ東・鷲見玲奈VS.テレ朝・三谷紬の真剣勝負 ナイスバディ 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/12/20(木) 20:40:23.08 _USER9
     20日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」は、モデルのローラ(28)が沖縄の米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に関し、工事中止の嘆願書への署名を呼びかけた話題を特集した。

     18日にインスタグラムで表明したローラのフォロワー520万人は国内タレントでは渡辺直美(31)の840万人に次ぐ2位。しかも若い世代が中心とあって、影響力は絶大だ。ローラの投稿後、2日で4万5000人の署名が集まり、目標の10万人を突破する反響となった。

     一方で、芸能人が政治的な話題に触れたことには賛否両論が飛び交っている。CMの契約条項に抵触する可能性があり、仕事が減るなどの影響が指摘された。

     そんななか、女優の高木美保(56)はローラの発言を全面的に支持した。
     
    「日本は有名人とか芸能人とかの政治的発言はタブーっていう、その発想を変える時代じゃないか」と主張。

    「インターネットで世界とつながる。世界の中で日本だけが鎖国状態のような考え方でいていいのかなと思うし、政治的発言は政治家を倒そうということではなくて『この国をよくしたい』『政治家にもよくなってもらいたい』そういう純粋さをローラさんの中から感じる」とローラの勇気を高く評価した。

     仕事への影響については「例えば『自然を守る』という発言をしたならば、自然環境を破壊するようなプラスチック製品のコマーシャルはできなくなるかもしれません。でも、その代わり、彼女のできることは広がっていく。すぐに仕事に差し障るということではないと思う」と一定の制限がかかることを認めつつも、新たに活動の幅が広がることを確信。

    「一つは環境のため、一つはみんなにパワーを注入している。両方の素晴らしさがある」と力を込め「私は拍手喝采ですね」と信念を貫くローラの姿勢を称賛した。

    キャプチャ1-16

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1226026/


    【高木美保がローラの〝署名呼びかけ〟全面支持「政治的発言はタブーっていう発想を変えるべき」】の続きを読む

    このページのトップヘ