中二病速報

    タグ:テレビ朝日

    1: Egg ★ 2018/11/20(火) 23:26:25.41 _USER9
    ジャニーズに手を出すとこうなる? 9月までテレビ朝日の看板番組「報道ステーション」のサブキャスターを務めていた小川彩佳アナを憐れむ声が少なくない。

     報道ステーションを卒業した小川アナのメインの仕事は現在、ネットテレビAbemaTVの夜のニュース番組「AbemaPrime」のキャスター。報ステ時代は知性あふれるルックスで視聴者からも人気があった小川アナだけに、世間の見方は一気の転落。かつての視聴者がほぼ見ることのない“ネット落ち”に、熱愛⇒破局が取り沙汰された嵐・櫻井翔を持ち出して、ジャニーズと“縁を結んだ”女性たちの悲しき末路として報じられることもしばしばだ。

    「16日のAbemaNewsでも、白装束に頭に蝋燭を2本立てるという、呪いの儀式コスプレを披露。番組では下半身ネタも多いですし、かつては縁のなかったバラエティのりの“ヨゴレ仕事”もこなしています。ジャニーズファンからは“嵐に手を出すとこうなる”と罵られ、社員女子アナという無力さを改めて考えさせられますが、それでも腐らずに手を抜かない小川アナの懸命な姿勢は、Abemaの男性視聴者を着実につかみつつある。ネットには『櫻井と別れてよかった』『媚びない目ヂカラは健在』『頑張ってればいつか巻き返せる!』というエールが増えており、むしろ男性ファンは報ステ時代より増えているのでは」(エンタメ誌ライター)

     番組で公開された10代の頃の文化祭写真にも「根っからの明るいキャラがわかり、さらに好感度が高まっている」との意見が。その明るい一生懸命キャラで、ネットからの巻き返しを実現する日も近い

    6b6cc_1471_bcd44931_523ca126

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15623956/

    【“ネット落ち”でもファン急増!小川彩佳アナに「櫻井翔と別れてよかった」 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/20(火) 04:37:06.25 _USER9
    11月16日に放送されたテレビ朝日の人気バラエティ番組『タモリ倶楽部』内の人気コーナー「空耳アワー」が、コーナー存続のピンチに陥っているという。

    番組によると「空耳アワー」のコーナーを制作するにあたり、番組に使用するCDを揃えていた東京・神保町のレンタルCDショップ「ジャニス」が11月末で閉店。
    ジャニスは日本では手に入らない海外CDなど、約8万枚をレンタルしているCDショップで、
    『タモリ倶楽部』のスタッフは毎週のようにジャニスへ通い、コーナーで使用するCDを借りていたという。
    空耳アワーでは、日本未発売の海外CDなども多く扱うため、ネット配信や中古ショップでは調達が間に合わず、
    コーナーMCを務めるイラストレーターの安斎肇いわく「空耳アワー存続の危機」と明言されていた。

    名物コーナーに訪れた史上最大の危機に『タモリ倶楽部』ファンの間では、
    「テレビ朝日がジャニスを買い取ればいいのでは?」とも、「タモリさんが引き取ってくれないだろうか」との意見が多く寄せられたという。

    ところが、いま放送業界の間では「空耳アワー」どころか、『タモリ倶楽部』そのものが存続の危機に晒されているのではないか、との噂がある。

    理由はタモリほか出演者たちの高齢化問題である。タモリは現在73歳となり、いつ何が起こってもおかしくない年齢である。
    「空耳アワー」のコーナーのみ出演している安斎肇もタモリよりも若いとは言え64歳であるほか、
    最近では空耳アワーの名物でもあったタモリとの雑談も行われる機会が少なくなっている。
    そのほか、特徴的なナレーターを務める武田広も69歳であり、近年では武田に代わり声優・俳優の増谷康紀がナレーションを担当する放送回も出てきており、「出演者の高齢化」は決して無視できない問題である。

    かつて『笑っていいとも!』(フジテレビ系)が終了した背景には、タモリの体力問題や自身の働き方への見直しなどがあったとされているため、『タモリ倶楽部』も近い将来、終わる日も近いのではないかと噂されているのだ。

    1982年の放送開始以降、36年の歴史を積み上げてきた深夜番組の王様『タモリ倶楽部』。番組をやめても誰も文句はないと思うが果たして…。

    リアルライブ
    http://dailynewsonline.jp/article/1577240/

    1 (2)


    【「空耳アワー」はその前触れ? 『タモリ倶楽部』存続の危機が現実味を帯びてきたワケ 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2018/11/15(木) 05:08:35.15 _USER9
    「仮面ライダージオウ」で話題のヒロイン・大幡しえり、息を呑むほど美しい素肌 天性の魅力を激写

    現在放送中の「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系、毎週日曜あさ9時~)のヒロインに抜擢された話題の19歳・大幡しえりが15日発売の「週刊ヤングジャンプ」50号の巻末グラビアに登場した。

    今回、自身の持つ天性の魅力そのままを激写された大幡。素のままのナチュラルな笑顔は、息を呑むほど美しい。さらに、水に濡れた姿など、いつもは見られない大幡が詰め込まれている。

    その目力、纏う雰囲気…そこに立っているだけで絵になる、まさに次世代を担うにふさわしい美少女女優の同誌初登場グラビアである。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    大幡しえり(C)細居幸次郎/集英社
    no title

    no title


    https://mdpr.jp/news/detail/1804475

    【【ヤンジャン】「仮面ライダージオウ」で話題のヒロイン・大幡しえり、天性の魅力を激写 】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2018/11/13(火) 22:29:39.49 _USER9
    戦場カメラマンの渡部陽一が、11月10日放送の『ピンポイント業界紙』(テレビ朝日系)で「厳しすぎる税関」に激怒した。

    「税関でカメラのボディ、レンズ、バッテリーすべてを取り外して、中まで検査されて、レンズのネジまで取り外されて、分解されて。修復が難しい。カメラのネジを緩めるな」

    そのうえで、さらに忘れられない怒りがあると話しだした渡部。

    「正露丸を全部出して、1個割って、嗅いでウッっとなるを繰り返して、全粒バラバラに割られる。正露丸を割るな!」

    独特な匂いのある正露丸を全部割って匂いを嗅ぐ税関職員に怒っていた。
    番組では、出演者の怒りをスタジオの一般観客が診断する形式で、「日本が平和すぎるのかも」「麻薬とかもありますもんね」などの意見が出ていた。

    シリアでの拘束されていたジャーナリスト・安田純平氏が帰国し、戦場取材のあり方が注目されている。

    渡部は自身の公式サイトで「『戦場報道とは生きて帰ること』日々取材を敢行するうえで、この言葉を何度も唱え自らを戒めています」とメッセージしている。

    今年もミャンマー情勢、インドネシアの過激派組織ジャマーのテロ事件などを取材している渡部。
    そんな彼がバラエティ番組に出演して情報を伝えることは、大きな意義がある。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15590557/

    「戦場カメラマン」渡部陽一
    no title

    【戦場カメラマン渡部陽一「厳しすぎる税関」に激怒「正露丸を割るな!」 】の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★ 2018/11/13(火) 10:25:46.69 _USER9
    高樹沙耶さん「シャブ山シャブ子」問題で苦言「日本の薬物に関する向き合い方は先進国と言い難い」

    元女優の高樹沙耶さん(本名・益戸育江、55)が13日、自身のツイッターを更新。
    テレビ朝日系人気ドラマ「相棒」(水曜・後9時)に登場した薬物依存症の女性「シャブ山シャブ子」が物議を醸している問題について私見をつづった。

    重度の薬物中毒の女性「シャブ山シャブ子」は7日に放送された「相棒」第4話の終盤に登場。
    公園で電話をしている刑事をハンマーで撲殺し、取調室で「シャブ山シャブ子で~す。17歳で~す」などと絶叫する奇怪なキャラクターをネットニュースに取り上げられるなど大きな話題となった。

    「相棒」の2000年放送開始からレギュラーを務めていた高樹さんは「シャブ山シャブ子」に関するニュースをツイッターに貼り付けた上で「話題なので一言」と切り出し、「ドラマや映画はあくまでフィクションなので誇張を悪として俳優や製作者を責めるのもどうかと思いますが、情報番組や“ダメ絶対だめキャンペーン”での大麻についての報道は、病に苦しみ大麻の真実を知った人からしたら大罪だ」とコメント。
    続けて「そして日本の薬物に関する向き合い方は先進国と言い難い」とした。

    高樹さんは沖縄県・石垣島(石垣市)の自宅に大麻を隠し持っていたとして大麻取締法違反(所持)の罪に問われ、昨年4月に懲役1年、執行猶予3年の判決を受けた。
    現在も医療大麻合法化に向けた活動を行っている。

    スポーツ報知
    https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181113-OHT1T50069.html
    「相棒」レギュラーを務めていた高樹沙耶さん
    no title

    【高樹沙耶さん、相棒「シャブ山シャブ子」問題で苦言「日本の薬物に関する向き合い方は先進国と言い難い」 】の続きを読む

    このページのトップヘ