中二病速報

    タグ:テレビ朝日

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/05/21(月) 18:14:56.56 _USER9
    竹内由恵アナ“前のカレ”トーク直前「ほろ酔い道案内」写真

    男性に話しかけられる2人
    no title

    神対応の竹内アナと宇佐美アナ
    no title

    そして2人はセキララトークへ
    takeuchi_yoshie_usami-2

    ミニのワンピース姿で現れた2人は、深夜の東京・六本木でも目立っていた。テレビ朝日の竹内由恵アナ(32)と、同局を昨年秋に退社した宇佐美佑果アナ(30)。40歳前後の業界人風の男性たち3人との“隠れ家バー”での飲み会を終えた2人の足取りは、ほろ酔い加減に見えた。

    すると、通りかかった男性が2人にふっと近づく。美人アナ2人を見つけて声をかけたのか? 竹内アナは顔を隠すように手を口元に持っていく──しかし次の瞬間、竹内アナは笑顔で身ぶり手ぶりをして男性に対応していた。宇佐美アナも指を差して笑顔で対応。

    どうやら道を聞かれたようだ。場所はテレビ朝日のある六本木、彼女たちの“庭”である。男性が会釈をして去ると、2人はタクシーに乗り込み、会社の近くにあるコーヒー店に入った。

    時間は深夜1時近く。そこで竹内アナは“前の前のカレ”と“前のカレ”に関するセキララトークを繰り広げ始めたのだ──。

    テレ朝・竹内由恵アナがぶっちゃけた合コン後の赤裸々女子会
    2018.05.21 07:00 NEWS ポストセブン
    http://www.news-postseven.com/archives/20180521_677513.html
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180521-00000007-pseven-ent

    “反省会”の方が盛り上がった?
    takeuchi_yoshie_usami-1






    5月中旬の東京・六本木。インターホンを押して入る業界人御用達の“隠れ家バー”の個室から、男女の笑い声が聞こえる。女性はテレビ朝日の竹内由恵アナ(32)と、同局を昨年秋に退社した宇佐美佑果アナ(30)だった。

    竹内は夕方の報道・情報番組『スーパーJチャンネル』でキャスターを務めるテレ朝のエース格で、最近、プロバスケットボール選手・田臥勇太(37)との破局が報じられたばかり。

    そんな2人が夏先取りのミニのワンピースで参加したのは、女2対男3の“合コン”だった。

    「男性陣は40歳前後の業界人風。個室には頻繁にレモンサワーが運ばれ、大きな笑い声が漏れてきていました」(居合わせた客)

    宴は盛り上がっていたようだが、日付が変わった頃、女性2人だけでタクシーに乗り込み、向かった先はテレ朝近くのコーヒー店。ソファー席に並んで座ると、先ほどの合コン相手の“批評”でもしているのだろうか、険しい顔や笑顔を見せながら話し始めた。

    周囲の客が2人の存在に気づいてもお構いなし。深夜の“女子会”の話題は、やがて定番の「恋愛」へと移っていった。

    竹内が、「4人で会った時、ふとした瞬間に見た目はカッコいいなぁって思ったよ。印象がすごく良くて、この人かなぁって思ったの。でも彼の場合、お金の環境が追い込まれ気味だった……」と、元カレの話なのか、生々しい“悩み”を告白。すると宇佐美が「前の人ですよね?」と聞く。竹内は顔をしかめてこう話した。

    「前の前の彼のこと。前の彼は……“過ち”だよね」

    “前”とは一体、誰のことなのだろうか。ガールズトークはその後も続き、お開きになったのは深夜2時だった。

    テレ朝に訊ねると、「(局員の)プライベートにつきましては、従来お答えしておりません」(広報部)とのこと。後輩にぶっちゃけたことが良かったのか、帰り道、竹内の足取りは軽やかだった。

    ※週刊ポスト2018年6月1日号

    【【週刊ポスト】竹内由恵アナ 隠れ家バーからほろ酔いで出てきたところを激写(画像あり)】の続きを読む

    テレビ朝日「秘湯ロマン」

    今回の秘湯は 群馬県 猿ヶ京温泉 「旅籠屋丸一」 尾瀬かまた宿温泉 「梅田屋旅館」

    【旅人】 齋藤めぐみ
    【ナレーション】 丸山未沙希
    【放送時間】 26:55~27:25

    http://www.tv-asahi.co.jp/hitou/

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【「秘湯ロマン」群馬県 猿ヶ京温泉 旅人齋藤めぐみ(画像あり)】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2018/05/09(水) 10:34:27.40 _USER9
    花粉症対策の大きなマスクで通勤しても、自慢のバストは目立ってしまう。

    女子アナ通がいま注目しているアナといえば、昨秋からテレビ朝日系『報道ステーション』金曜日のお天気情報を担当している三谷紬アナ(23)だ。

    入社2年目で、4月27日には、テレビ朝日の公式ブログにこう書いた。 

    《『報道ステーション』では、月に1度のペースで中継に出て
    様々な場所からその季節に合った景色をお届けしました。
    最近中継したのは千葉県佐倉市の歴史民俗博物館から。
    「夜桜屏風」と言って屏風に見えるよう設計された窓から見える夜桜を。着物を身に着けて。》

    「小学校から高校まで打ち込んだダンスで鍛えた健康ボディは推定Fカップ。紬という名前は実家が呉服店だからつけられたというが、和服で隠すには惜しい」(女子アナウオッチャー)

    趣味はサッカー観戦で、法政大では、全国大会に出るようなサッカーサークルの、マネージャーから監督に昇格。
    ベンチからポジショニングを指示していたというから本格的。

    2018年6月には、テレ朝が応援し続けている日本代表がロシアW杯に挑む。
    三谷アナ、楽しみで胸が張り裂けるに違いない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180503-00010009-flash-ent

    テレビ朝日 三谷紬アナ
    no title

    no title

    no title

    【推定Fカップ テレ朝・三谷紬アナ、大学時代はサッカー監督だった 】の続きを読む

    1: 名無しさん@ベクトル空間 ★ 2018/04/28(土) 06:30:34.48 _USER9
    城島茂、山口達也のTOKIO復帰について「ありえない」と否定

    TOKIOのリーダー・城島茂(47)が28日、メインMCを務めるテレビ朝日系生放送情報番組『週刊ニュースリーダー』(毎週土曜 前6:00~8:00)に出演。強制わいせつ容疑で書類送検され、きのう26日に都内で会見した山口達也(46)について言及し、謝罪した。

    黒いスーツ姿の城島は番組冒頭に登場し、山口について言及。
    「今回、TOKIOの山口達也が強制わいせつ罪で書類送検され、大変、ご迷惑をおかけしました。
    被害に合われた方、ご家族の皆様に心より深くお詫びします」と頭を下げた。そして、この件について会見が行われた前日の収録後に知ったことを明かし、メディアを通じてファンの方が先に知ったことを告白。「メンバー、私自身も全く山口本人から聞いていなかった。
    その件に関しましてはグループのリーダーとして恥ずかしい限りでございます」と痛恨の表情を浮かべた。

     また、山口は会見で「まだTOKIOに席があるなら戻りたい」と話していたことについてTOKIOのリーダーとして、長い付き合いの友人として「ありえないでしょうね」と断罪した。映像をリアルタイムで見ていたことも明かし「この件に関しては自覚がない。全てに関して、ほかのメンバーは何一つ聞いていなかった。
    この会見を通じて知ることが多かった」とバッサリ。「声をかける以前の問題」と猛省を促した。

    20180428-00000309-oric-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180428-00000309-oric-ent 


    【城島茂 山口達也のTOKIO復帰について「ありえない」と否定 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/04/26(木) 16:21:31.16 _USER9
    破局報道が飛び出したプロバスケットボール選手の田臥勇太とテレビ朝日の竹内由恵アナ。交際発覚から約10か月でピリオドを打つことになったという。

    「現在は栃木県宇都宮市にある『リンク栃木ブレックス』に所属する田臥選手と、月曜から金曜までの夕方のニュースを担当する竹内アナとでは、すれ違いが大きかったのかもしれません。

     昨夏には2人でハワイ旅行に出かけるほどラブラブでしたが、年末の冬休みには彼女が“全然、彼氏に会えない”とボヤいていたそうですよ」(テレビ朝日関係者)

     今年に入って竹内アナは、2月には平昌オリンピックでの現地レポート。3月は東日本大震災の取材と、かなりハードなスケジュールだった。

    「彼女はみるみる体重が落ちて細くなっていましたし、ストレスもたまっていたと思います。それで、彼氏にSOSしても、“シーズン中は俺も忙しい”って、会いにきてくれなかったそうです。

     そりゃ試合も大事ですが、もう少し優しい言葉をかけてくれたら、彼女も頑張れたんじゃないかな。結局、3月末には竹内アナから別れを切り出したそうですよ」(同・テレビ朝日関係者)

     そんな“三下り半”を突きつけられた田臥だが、彼女と付き合う前には当時テレビ朝日に勤務していた前田有紀アナと交際していた過去も。結婚秒読みとまで言われながらも、結局はゴールインとはならなかった。

    「田臥選手と交際中の'13年3月に前田さんはテレビ朝日を退社。表向きは語学留学でしたが、その年の10月には彼と栃木県内で同棲中であることが報じられました。

     彼女は両親に田臥選手を紹介しており結婚も時間の問題でしたが、翌年に破局してしまったんです」(芸能レポーター)

     前田さんはその後、フラワーアーティストとして活躍。現在は別の男性と結婚し1児をもうけている。

    「同棲までしたものの、結婚へ踏み切れない田臥に嫌気が差して、前田さんから“三下り半”を突きつけたそうです。

     結婚へ優柔不断なところは、37歳になっても変わってないということなんでしょうね」(スポーツ紙記者)

     田臥が所属するチームの広報は破局について、

    「プライベートに関してはノーコメントです」

     とのこと。本場アメリカでプレーしたことのある名選手も、“結婚”というシュートはなかなか決められないようだ─。

    20180425-00012206-jprime-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180425-00012206-jprime-ent

    【田臥勇太 竹内由恵アナを「激ヤセ」に追い込んだ決断力のなさ 】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2018/04/22(日) 12:53:25.79 _USER9
    テレビプロデューサーのデーブ・スペクター氏が22日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)に生出演し、テレビ朝日の女性記者へのセクハラ疑惑で事実上更迭された福田淳一・財務省事務次官(58)の騒動について言及した。

    デーブ氏は「セクハラそのものを軽視しているわけではない」と前置きした上で、「(被害者は)名乗れなくて、怖いとか、逃げられなかったとか、密室だったとかいろんなことがある。今回は、福田氏がどういう人か分かっているし、帰ろうと思えば帰れた。なのに野党も“#Me Too”“#Me Too”ってしゃしゃり出てきて。海外では名乗り出て、言いなさい、告発しなさいとなっているのに、一番発信力のあるメディアが名前を伏せる。ある意味では、新聞、雑誌の方がずるい。テレビ朝日の会見もオーバーに言い過ぎ。2次被害というのは、彼女にとってのじゃなく、テレ朝が自由に取材できなくなることでは」との持論を展開した。

    さらに「“セカンドレイプ”とか、アホなコメンテーターが安易に使ってはダメ。そういう立場におかれている気の毒な人たちは、本当に引きこもったりしている」と指摘。
    「(音声を)公開するのなら、編集してはダメ。麻生さん(財務相)が言っているとおり全部出さないと。アメリカでは、一応相手側の言い分を聞くというのはある」と解説していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00000089-sph-ent

    デーブ・スペクター氏
    no title

    【【財務省セクハラ】デーブ・スペクター氏「発信力のあるメディアが名前を伏せる」「帰ろうと思えば帰れた」 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/04/21(土) 00:05:26.53 _USER9
    わずかな沈黙の後、首をかしげ、軽く「トンッ」と音を立てて机に両手を置いた。気持ちを切り替えるように、次のニュースを読み上げる。

    小川彩佳アナウンサーが2018年4月19日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日系)で見せたこの仕草には、インターネット上で憶測が飛び交った。
    自身と同じ「テレビ朝日の女性社員」が福田淳一・財務省事務次官からセクハラ被害を受けていたという、他人事ではないニュースを扱った直後だったからだ。

    ■テレ朝の対応「ギリギリセーフだった」

    テレビ朝日は19日未明の会見で、週刊新潮で報じられた福田次官のセクハラ疑惑について、同局の女性社員が被害者だと発表した。

    テレ朝の対応には疑問も指摘されている。女性社員は次官と1対1の会食を「1年半ほど前から数回」していたといい、その度にセクハラ発言があった。
    身を守るために会話を録音し、セクハラの事実を報じるべきと、上司に相談した。だが、二次被害の心配などを理由に、報道は許されなかった。女性社員は黙認され続けるのをおそれ、週刊新潮に連絡した。

    女性社員によるセクハラの訴えが、反故にされていた形となる。

    「報ステ」では、富川悠太アナウンサーがテレビ朝日の対応の是非を問うた。ジャーナリストの後藤謙次氏は、「女性記者から相談を受けたときの対応は大いに反省してもらいたい」とする一方、
    「記者会見をして事実を公表した。これギリギリセーフだった」と擁護した。

    一方、後藤氏はセクハラ「否定」を続ける福田氏を強く批判、さらに麻生太郎財務相の責任についても「非常に大きいと思います。まず任命責任が当然あります」とし、
    「このセクハラ疑惑については、一貫して次官の立場に立っています。被害者の立場に立ってきちっと対応しようとしているのか」と追及した。

    さらに「財務大臣としてやるべきことは非常にあるのですが、その優先順位や戦略が全然見えてこない」。小川アナは後藤氏のほうを向き、うんと頷いた。

    さらに富川アナが「安倍政権のダメージにもなり、安倍さんがいなかったときにこういうことが起きてしまったこともまた...」と言いかけると、後藤氏は「大きいと思いますね」。
    セクハラ問題の放送はここまでだったが、気になる仕草が見られたのはこの後だった。

    つづく

    gotou-1

    JCASTニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180420-00000015-jct-soci

    【報ステ・小川彩佳アナ 放送中の異変!セクハラ報道直後、一瞬沈黙し首かしげ...】の続きを読む

    このページのトップヘ