中二病速報

    タグ:テレビ朝日

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2023/01/01(日) 20:58:08.97
    ミュージシャンのGACKTが、1日放送のABCテレビ・テレビ朝日系バラエティー『芸能人格付けチェック!2023お正月スペシャル(後5:00~9:00)に出演。過去に13回参戦、個人65連勝中だったGACKTが2年ぶりに同番組に復帰し、すべてのチェックをクリア。連勝記録を71に伸ばした。

     番組は、一流芸能人たちがチームを組み、味覚や音感など6つのジャンルの格付けチェックに挑む。間違える度に一流→普通→二流→三流→そっくりさん、そして最後には“映す価値なし(画面から消滅)”とランクがどんどんダウンしてゆく。

     今回は相棒なしで、すべてのチェックを1人で挑戦。復帰1問目はワインで、100万円の「シャトー・ペトリュス1994』とフランス・ボルドー産5000円を自身がデザインした専用ドラゴングラスで、念入りにテイスティングした。正解を告げる、MC・浜田雅功が自身の部屋に入ってくるなり「しゃああ!」とガッツポーズで浜田とハグ。伏せられていたワイン銘柄まで的中させ、幸先の良いスタートを切った。

     その後、ビッグバンド(15人以上のオーケストラ)日本を代表するプロと学生をあっさり見分けて正解。「GACKT is back!」の雄叫びをあげた。連勝記録は67に。一流楽器ではストラディバリウスなど16億円のヴァイオリンを含めた過去最高総額70億円の弦楽六重奏と600万円。「これ間違えたらみんな坊主」というほど自信たっぷりで68連勝を達成すると「完全復活です」と余裕の表情をみせた。

     4問目はミシュランということで、4年連続1つ星の鮨屋とくら寿司の味を目隠しをして見極め。テーマは茶碗蒸しで、2ランクダウンする『絶対アカン』にはヒロド歩美アナが初めて調理した茶碗蒸しも登場するなか、「卵のなめらかさが根本的に違う」と見事クリアの69連勝。次のダンスでもDリーグ王者のプロと、トップ・アマチュアの社会人ダンスチームを見分け、全問正解に王手をかけた。

     ラストの問題は牛肉。米沢牛1万8000円(コース)とメキシコ産100グラム200円、『絶対アカン』としてアライグマのすきやきで勝負した。

    ■『芸能人格付けチェック!2023お正月スペシャル』ゲスト
    チーム 和田恵美子:和田アキ子、上沼恵美子
    チーム 警視庁アウトサイダー:西島秀俊、濱田岳
    チーム GACKT:GACKT
    チーム 星降る夜に:吉高由里子、北村匠海
    チーム EXILE:TAKAHIRO、SHOKICHI
    チーム 乃木坂46:梅澤美波、与田祐希、山下美月、久保史緒里
    チーム 芸人:後藤輝基・岩尾望(フットボールアワー)、屋敷裕政・嶋佐和也(ニューヨーク)
    オリコン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3d3687147b66920fad93ace6083e71c19826e4bc 

    20230101-00000194-spnannex-000-4-view



    【GACKT、2年ぶり『格付けチェック!』で全問正解 “完全復活”で71連勝に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/12/22(木) 09:33:33.34
    テレ朝・玉川徹氏『モーニングショー』出演激減でも「年収2000万円」の安泰生活

    安倍晋三元首相の国葬に関する発言で『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)のレギュラーコメンテーターを降板したテレビ朝日社員の玉川徹氏(59)。

    菅義偉・前首相が友人代表として読んだ弔辞に対して、大手広告代理店・電通の関与があったと発言したことが炎上し、謹慎処分となった。
    謹慎後は現場で取材をして報告する役回りで、週に1回程度の出演になっている。

    これまで毎日のように出演していたため、ネット上では〈番組の活気がなくなった〉〈玉川さんを戻してくれ〉など“玉川ロス”を嘆く声も出てきている。40代のテレビ朝日男性社員が語る。

    「局の窓口には、熱心な視聴者の方から『玉川さんをもっと出してほしい』という要望の電話がかかってくることもあります。アンチも多いですが、その分ファンも多い。『モーニングショー』は相変わらず高視聴率でいつも社内のエレベーターホールの壁に御祝いの張り紙が出ています。影響力はタレント以上ですね」

    玉川氏は京都大学大学院を卒業後の1989年にテレビ朝日へ入社。
    『内田忠男モーニングショー』『スーパーモーニング』など報道番組を歴任し、『モーニングショー』では局アナや解説委員などの役職でない社員としては異例のコメンテーターとしてレギュラー出演するなど“番組の顔”になっていた。


    番組出演の機会が減ったことで気になるのが、玉川氏の給与面の変化だ。
    仮にタレントであれば毎日出演していた帯番組を失うことになったことになる。

    玉川氏も出演機会が減ったことで手当などが付かなくなり“年収激減”となってしまったのではないか──。

    前出・テレビ朝日社員が社内の「給料事情」を語る。

    「そんなのあり得ませんよ(笑)。視聴者のなかには玉川さんをフリージャーナリストのように感じている人もいるかもしれませんが、社員ですから。うちは例えば若手の政治部記者がニュース番組に中継で出たとしても特別な手当などはありません。玉川さんは“平社員”と報じられることがありますが、実は社内ではちゃんと出世しています。年収は最低でも2000万円近いはずです」


    むしろ最近、社内で噂のネタになっているのは玉川氏の今後についてだという。

    「玉川さんはもう59歳で定年も近い。立場的にはどこかの子会社に出向して役員などに就く可能性が高いですが、あの性格ですからね(笑)。その時こそ、退社してフリージャーナリストになるのではないかと見る人も多く、みんな注目していますよ」(テレビ朝日社員)


    社員コメンテーターという新たな立ち位置を確立していた玉川氏は、騒動を経て来年以降、どんなキャリアを選択するのか──。
    2023年も目が離せない展開になりそうだ。

    20221222-00000002-pseven-000-1-view

    https://news.yahoo.co.jp/articles/17070cb9073a99da15537b1114d6d461ef038eb0

    【テレ朝・玉川徹氏『モーニングショー』出演激減でも「年収2000万円」の安泰生活】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/11/17(木) 09:45:15.79
    テレビ朝日の玉川徹氏が17日、新型コロナウイルスに感染したことが分かった。

     この日、出演予定だった同局系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)を欠席した。玉川氏の感染は司会の羽鳥慎一アナウンサーが報告した。

     番組では2日連続で全国で新規感染者が10万人を超えるなど感染が急拡大している新型コロナウイルスについて特集。このコーナーの冒頭で羽鳥アナは「今日は玉川さんがこのパネルコーナーでコロナ取材したやつ報告するはずだったんですけど」と切り出し「何と昨日、熱が出ましてPCR検査したら陽性でした」と報告した。

     さらに「あの玉川さんが感染するっていうのは…。誰が感染してもおかしくない状況ではあるなと思っていましたけど、本当にそういう状況なんだな。日本でもトップクラスに気をつけている人が感染するっていう…」と絶句した。その上で視聴者へ「本当に気をつけた方がいいなと思いました」と呼びかけていた。

     玉川氏は安倍晋三元首相の国葬について事実誤認発言で10月5日から10日間、出勤停止する謹慎処分を受けていたが、10月19日の番組で改めて謝罪し今後は記者として現場取材を行うことを明かしていた。この翌日の10月20日に取材記者として旧統一教会問題で弁護士を取材し出演。さらに今月10日に来日する外国人観光客を成田空港などで取材しスタジオ出演していた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/bfb263cc6981fa995dac9f71d6cac935af850a83 

    20221117-41170198-nksports-000-3-view

    【玉川徹氏、新型コロナ感染、羽鳥慎一アナが生放送で報告「あの玉川さんが感染」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/10/31(月) 10:18:48.84
     事実誤認発言による謹慎処分から復帰したテレビ朝日の報道局社員・玉川徹氏(59)が、涙を流していた――。20日放送「羽鳥慎一モーニングショー」でコメンテーターの座を降り、現場取材者としてスタジオ復帰。玉川氏は〝降板報道〟を経ての逆襲を誓っているというが、その熱い思いを支えているのは、テレ朝社員から殺到した〝辞めないでメール〟だった。

     玉川氏は9月28日放送の「羽鳥慎一――」で、安倍晋三元首相の国葬での菅義偉前首相の弔辞について、「当然、電通が入ってますからね」などと発言。それが事実ではなかったことから翌29日の番組で謝罪したが、批判は収まらず、10月5日から10日間、出勤停止となる謹慎処分となった。

     19日放送の同番組に出演した際、改めて謝罪。翌20日にはコメンテーターではなく、現場取材した成果をスタジオで報告する不定期出演スタイルで復帰した。

     世間では復帰に賛否両論が巻き起こったが、同局の篠塚浩社長は25日の会見で、「現場に足を運んで取材をして報告するという基本に返る。出演を続けながら信頼回復に努めていく」と言及。さらに、「これまでの経験を生かして取材をもとに番組に貢献してくれたら」と会見では一貫してフォローし、期待を寄せた。

     そうはいっても、玉川氏にとっては〝屈辱〟だ。番組や、けん責処分となった上司など周囲に迷惑をかけた。定年後も盤石のはずだったコメンテーターも外されてしまったからだ。

     玉川氏は番組で謝罪した際、「現場に足を運び、取材をし、事実確認をして報告する基本にもう一度立ち返るべきだと考えました」と決意となる取材スタイルを宣言したが、もちろん逆襲に燃えているという。

    「長く政治関連を担当し、政権与党に厳しい姿勢も貫いてきた。復帰してすぐにとはいかないまでも、狙っているのは念入りに取材を重ねた〝玉川スクープ〟を出すことでしょうね。これまでの玉川氏を支持する政界などの関係者からネタも届き始めていると聞いています」(テレ朝関係者)

     謹慎後で後ろめたい気持ちになりそうなものだが、以前と変わらず、局内を堂々と歩いているという玉川氏。それを支えているのが、謹慎渦中の〝辞めないでメール〟だったというから驚きだ。

    「降板や退社などが報じられた際、社員から『辞めないでください!』などと、メールなどで熱いメッセージが玉川さんのもとに大量に届いたんです。よく知らない社員からも熱い文面が届く事態に玉川さんは驚き、時に涙ながらに目を通したとか。『番組から去った方がいいのか…』と悩んだこともあったといいますが、番組で謝罪した上で取材者としての復帰を誓ったのも、そうした社員たちの思いがあるからです」(同)

     テレビ出演や打ち合わせなどでは、歯に衣着せぬ発言で〝暴走機関車〟のイメージが強いが、テレビを離れた人物像を知る人物からすれば「寡黙ないい人」。普段しか知らない人は「テレビの玉川徹さんは本当に同一人物?」と口にする社員まで存在するという。

    「会社や上司に言いづらいことも、ハッキリと意見を言ってくれる。そうした言動が自身の出世のためとかでもないので、信頼されているんです。だからこそ社内に〝隠れ玉川シンパ〟が多い」(別のテレ朝関係者)

     視聴者からは批判と同じくらい玉川氏を応援する声が届いたことは既報通り。篠塚社長から期待され、社内から〝涙のメール〟が届き…あとは玉川氏がアッと言わせる取材成果を見せるだけだ。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/243465 

    5b883ddcdcbbe6c7b8d484d02f87a89920221006140914477

    【玉川徹氏が泣いた…テレ朝社員から多数の〝辞めないでメール〟 社内評は「寡黙ないい人」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/10/20(木) 01:50:43.70
    玉川徹氏 孤独な〝別室謝罪〟がネットで物議「まるで晒し首」「かわいそう…」

    玉川徹氏が19日のテレビ朝日系の情報番組「羽鳥慎一 モーニングショー」で、スタジオとは別室から生謝罪をしてコメンテーター降板を発表した。

    この日の番組冒頭、報道局の別室から1人カメラに映し出された玉川氏は「今回の私の事実誤認のコメントにより、ご迷惑をおかけした電通および菅前総理大臣に対し、改めてお詫び申し上げます」と、5秒間頭を下げて謝罪。
    さらに今後は取材ディレクターとして現場に立ち、コメンテーターを降板する意向を示した。


    玉川氏は先月28日、安倍元首相の国葬での菅義偉前総理の弔辞に対し、「当然これ、電通が入ってますからね」などと事実に基づかないコメントし、翌29日の番組で「事実ではありませんでした」と謝罪していた。

    この〝別室生謝罪〟にネット上では「まるで晒し首」「どうして玉川さんだけが、あんな風に謝罪しないといけないのか…」、「スタジオに入れさせてもらえなかったのか」「ちょっとかわいそう」といった声が殺到。

    孤独な謝罪劇は物議を醸している。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0e6d469db7004af27b6ab504b72159109b780927#
    no title

    no title


    【玉川徹氏 孤独な〝別室謝罪〟がネットで物議 「まるで晒し首」「かわいそう…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/10/19(水) 08:07:09.13
     テレビ朝日の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)で事実に基づかない発言をして謹慎処分を受けていた同局報道局社員の玉川徹氏(59)が19日、番組に出演。4日付で出勤停止10日間となっていた。これまでのコメンテーターという形ではなく、現場で取材をして報告する形での出演になるという。

     9月28日の生放送で、安倍晋三元首相の国葬における菅義偉前首相の弔辞を「これこそが国葬の政治的意図」と表現。「僕は演出側の人間としてテレビのディレクターをやってきましたから、それはそういうふうに作りますよ。政治的意図がにおわないように、制作者としては考えますよ。当然これ、電通が入ってますからね」と持論を展開していた。

    スポニチ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/de705c5925e8df037455ac64ebd31b49bfff97be 

    20221019-00000089-spnannex-000-7-view

    【テレ朝・玉川徹氏番組復帰 コメンテーターは降板 現場で取材活動へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/10/15(土) 00:02:20.98 _USER9
    デーブ・スペクター氏 テレ朝・玉川徹氏の発言「擁護するつもりはない」も「BPO案件ではないのでは?」

    放送プロデューサーのデーブ・スペクター氏が14日、自身のツイッターを更新し、テレビ朝日の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)のコメンテーターで、事実に基づかない発言をして謹慎処分を受けた報道局社員の玉川徹氏について「玉川徹の擁護するつもりはないが、BPO(放送倫理・番組向上機構)案件ではないのでは? 」とツイートした。

    スペクター氏はさらに「発言の間違いに訂正も謝罪もあった。番組が意図的に作ったVTRではない。普段は重要な指摘をするBPOです。今回も放送法第4条が重要だと思います」と続けた。

    放送法第4条とは、「放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たっては、次の各号の定めるところによらなければならない」とし「一 公安及び善良な風俗を害しないこと。二 政治的に公平であること。三 報道は事実をまげないですること。四 意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること」と記されている。

    玉川氏は9月28日の同番組で、安倍晋三元首相の国葬における菅義偉前首相の弔辞を「これこそが国葬の政治的意図」と表現。
    「僕は演出側の人間としてテレビのディレクターをやってきましたから、それはそういうふうに作りますよ。政治的意図がにおわないように、制作者としては考えますよ。当然これ、電通が入ってますからね」と広告代理店が関与していると主張した。

    翌日の番組内で「この発言は事実ではありませんでした。さらに、電通は全く関わっていないということが分かりました」と事実誤認を認めて謝罪したが、発言の影響は拡大。10日間の謹慎処分を受けた。復帰予定の19日放送回で謝罪し、自らの処遇について説明する見込みとなっている。

    だが、「放送法遵守を求める新・視聴者の会」が、BPOなどに審理入りなどを求める意向を示していると報じられている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/862e489a8aff141fa33cedd353bd09afbee6618b 

    20221014-00000277-spnannex-000-3-view

    【デーブ・スペクター氏 テレ朝・玉川徹氏の発言 「擁護するつもりはない」も「BPO案件ではないのでは?」】の続きを読む

    このページのトップヘ