タグ:テレビ朝日

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/19(月) 01:33:28.59 _USER9
    15日に一部週刊誌でプロバスケットボール選手・田臥勇太(36)との熱愛が報じられたテレビ朝日の竹内由恵アナウンサー(31)が18日、 同局系スポーツ番組『やべっちF.C.』(毎週日曜 深0:05)に出演。MCのナインティナイン・矢部浩之(45)から熱愛をネタにイジられたものの、本人から詳細が語られることはなかった。

    この日は、矢部が冒頭でいきなり「きょうは盛りだくさんのバスケットの情報をお送りしたいと思います」とふっかけ、竹内アナが「サッカーの番組です!」と笑いながらツッコむやり取りでスタート。

    エンディング直前の「ハーイ!やべっち」でも、独ドルトムント・シュメルツァー選手からコメントをもらったことを受け矢部が「僕も幸せなんですけど、もっと幸せな(人が)」と隣を指さし、「やめてください!」と竹内アナが赤面するやりとりをみせたが、最後まで本人は熱愛について語らなかった。

    2人をめぐっては、竹内アナが田臥選手のマンションに入る様子を15日発売の『週刊新潮』が写真とともに報道。同誌の取材に対し、両者とも交際の事実を認めていた。

    6/19(月) 0:39配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000372-oric-ent

    20170616-00000372-oric-000-view

    無題

    タイトルなし

    やべっちFC
    http://www.tv-asahi.co.jp/yfc/

    【熱愛報道のテレ朝・竹内由恵アナ、ナイナイ矢部にイジられ赤面!】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 10:59:50.53 _USER9
    元SMAPの香取慎吾(40)が司会を務めるテレビ朝日「SmaSTATION!!」(土曜後11・05)が9月いっぱいで終了することが内定したという一部報道を受け、番組公式サイトの掲示板には存続を願う声が殺到している。

     一部スポーツ紙が15日に報道。掲示板には、16~17日のメッセージが約300件。掲載は一部で、投稿はそれ以上の数とみられる。

     「週末の楽しみな番組。絶対続けてください」「慎吾君のホームとも言える場所だと思いますし、是非このままずーっとずーっと続けていってほしいです。どうかよろしくお願いします」「土曜の夜に香取さんと大下アナのコンピに癒されてます。これからも番組が長く続いてくれる事を切に願っています」

     「スマステ」の愛称で親しまれる番組は2001年10月にスタート。今年4月には元SMAPの中居正広(44)が生出演し、昨年大みそかのグループ解散後初共演を果たした。

    0820-smastation-katori-shingo-4

    スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170618-00000096-spnannex-ent 
     


    【香取慎吾MC「スマステ」存続願う声が番組HPに殺到 一部で9月終了報道】の続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/06/17(土) 05:09:59.62 _USER9
    野際陽子さん遺作、撮影完了していた!羽田美智子「私の芸能界の母」

    13日に肺腺がんのため亡くなった女優、野際陽子さん(享年81)の訃報から一夜明けた16日、遺作となったテレビ朝日系「やすらぎの郷」(月~金曜後0・30)の収録を野際さんが撮り終えていたことが分かった。

     9月まで放送される同作で、故人は石坂浩二(75)演じる主人公の妻の親友役で出演。関係者によると、5月8日に入院するまで、鼻にチューブをつけるなどして熱演し、最後まで女優魂を披露。予定されていたシーンはすべて撮り終えていたといい、今後の放送に影響はない。

     脚本を手がけた倉本聰氏(82)は、この日、同局系「スーパーJチャンネル」の取材に応じ、野際さんの体調を考慮してジョギングシーンを書き換えようとしたところ、本人から「やりたい」と申し出があったという秘話を告白。
    この日放送の「やすらぎの郷」には野際さんの出演シーンもあり、冒頭で追悼テロップが流された。

     同ドラマの直前に放送する同局系「徹子の部屋」(月~金曜正午)は追悼特集として、過去の出演回をダイジェストで放送。司会を務める女優、黒柳徹子(83)とは野際さんがNHKのアナウンサー時代から60年来の付き合い。2人が楽しそうに語らう姿が、視聴者の涙を誘った。

     フジテレビ系「花嫁のれん」シリーズで故人と嫁姑バトルを繰り広げ、7日に終了したテレ朝系「警視庁捜査一課9係」で共演した女優、羽田美智子(48)は、追悼コメントを発表。毎年誕生日プレゼントを贈りあう仲で「最も敬愛してた私の芸能界の母」とショックを隠せず。
    「病を抱えながらも、なお現場に向かう後ろ姿は、小さかったはずなのに、戦士のように全てを背負って大きく見えました」と振り返った。

    oricon_2092521_0

    サンケイスポーツ 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170617-00000502-sanspo-ent

    【野際陽子さん遺作「やすらぎの郷」撮影完了していた】の続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 05:12:04.12 _USER9
    香取慎吾(40)が司会を務めるテレビ朝日系「SmaSTATION!!」(土曜午後11時05分)が、9月いっぱいで終了することが内定したことが14日、分かった。「スマステ」の愛称で親しまれ、01年10月にスタートした人気番組が、16年続いた歴史に幕を下ろすことになる。

     複数の関係者によると、後番組の枠には大人向けの連続ドラマの放送が予定されており、既に編成チームが組まれ、キャスティングが進んでいるという。「スマステ」が番組名や内容などを変えて、10月期から別の時間帯に移動するなどの可能性も低いという。

    smasta

    日刊スポーツ 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170615-01840281-nksports-ent

    【香取慎吾「スマステ」9月終了へ 16年歴史に幕】の続きを読む

    1: ( ´∀`) ★@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 19:04:01.58 _USER9
    テレビ朝日の看板アナウンサー・竹内由恵(31)と、日本人初のNBAプレイヤー・田臥勇太(36)の熱愛が発覚した。

     6月3日、自身がキャプテンを務めるBリーグ「リンク栃木ブレックス」の優勝パレードに参加した田臥は、一度自宅マンションへ戻った後、車を運転してふたたび外出。午後5時半ごろに戻ってきたときには、助手席に竹内アナの姿があった。

     車は、竹内アナをマンション正面で降ろすと、あたりを一周してから駐車場に入った。

    「週刊新潮」2017年6月22日号

    ネット書店で購入する

     しばらく部屋で過ごした2人は近所のダイニングバーへ出かけ、午後10時頃にそろって帰宅すると、そのまま共に一晩を過ごした。

     注目すべきカップルの誕生だ。「週刊新潮」の直撃に2人はそれぞれ交際を認め、竹内アナは「結婚とかそういうのは……。何か言うと会社に怒られてしまうので……」と答えた。

     田臥は、2013年に同じテレ朝を退職した前田有紀(36)との交際も過去に発覚している。6月15日発売の「週刊新潮」にて、2人のツーショット写真と共に交際を詳しく報じている。

    no title

    https://www.dailyshincho.jp/article/2017/06141700/?all=1

    【【週刊新潮】テレ朝「竹内由恵」アナとバスケ「田臥勇太」の熱愛発覚 交際認める】の続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/06/12(月) 06:04:24.31 _USER9
    テレビ朝日の宇佐美佑果アナウンサー(29)が年内で同局を退社することが11日、分かった。
    宇佐美アナは、少女時代から米国など4カ国で15年間暮らした国際派。関係者によると、来年2月に30歳を迎え、新しい可能性を広げるために海外留学をする準備に入るという。
    同局では青山愛アナ(28)も米国留学するため、7月末で退社。働き盛りがまた1人、セカンドキャリアへ進んでいく。

     テレ朝から、またも女子アナが電撃退社だ。

     関係者によると、宇佐美アナは来年2月に30歳を迎え、新しい可能性を広げるため、得意の語学をいかして海外留学することを決断。準備に入るため、年内で退社するという。

     笑うとのぞく八重歯がチャームポイントの宇佐美アナは、2012年に同局に入社し、1年目でニュース番組「ポータル ANNニュース&スポーツ」のキャスターを担当。
    現在、「林修の今でしょ!講座」(火曜後7・0)などに出演している。
    東京生まれだが、父親の仕事のため米国、英国、ドイツ、チリの4カ国で計15年間暮らした帰国子女で、TOEICで満点(990点)を取ったこともある英語に加えて、スペイン語、ドイツ語が堪能。
    担当番組では通訳を介さずに海外著名人にインタビューをこなしてきた才媛だ。

     女性アナウンサーは30歳前後で結婚やフリー転身などを理由に退社するケースが多く、宇佐美アナも“女子アナ30歳定年説”に倣うかのように、海外留学というセカンドキャリアを選択。関係者によると、結婚、フリーへの転身予定はない。

     テレ朝では、宇佐美アナの1年先輩にあたり、「報道ステーション」や「マツコ&有吉の怒り新党」などに出演した青山アナも海外留学することを理由に、7月末で退社することが明らかになったばかり。

     宇佐美アナ同様、青山アナも帰国子女。似たようなバックグラウンドを持つ同年代の国際派アナ2人が、立て続けに新しい道に進んでいく。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)

    img_phot

    http://www.sanspo.com/geino/news/20170612/geo17061205040014-n1.html

    テレビ朝日 アナウンサーズ 宇佐美佑果
    http://www.tv-asahi.co.jp/announcer/personal/women/usami/body2.html

    【テレ朝・宇佐美佑果アナが年内退社 語学力を生かし海外留学へ】の続きを読む

    1: 木村カエレφ ★@\(^o^)/ 2017/06/07(水) 21:47:55.82 _USER9
    「青山愛(めぐみ)アナウンサーが、7月末でテレビ朝日を退社するようです。6月25日に放送される『いま世界は』への出演が最後になるみたいですね。8月からは渡米し、ワシントンにある大学院に進学するとか」(テレビ局関係者)

     青山といえば、テレビ朝日の人気女性アナウンサーのひとり。

    「彼女は、’11年4月にテレビ朝日に入社しました。アメリカで13年間を過ごした帰国子女で、京都大学経済学部を卒業しています。語学力はもちろんですが、大学時代のモンゴルでのボランティア体験やフランスでのホームステイなど、海外での活動経験も豊富です」(同・テレビ局関係者)

     そんな輝かしい経歴をもつだけに、入社後も華々しい活躍を見せていた。

    「1年目の7月に、『速報! 甲子園への道』のローカルパートでアナウンサーデビューしました。その後、4年半にわたって『報道ステーション』の気象キャスターやスポーツキャスターを担当。今年の1月からは、BS朝日の『いま世界は』で報道キャスターを務めるなど、若手ながら着々とステップアップしていましたね」(同・テレビ局関係者)

     ニュース番組だけでなく、バラエティーでも才能を見せており、

    「フリーアナウンサーの夏目三久さんの後任で昨年4月から1年間『マツコ&有吉の怒り新党』に出演しました。有吉弘行さんとマツコ・デラックスさんという毒舌タレント2人からの鋭いツッコミにもひるまない発言で、話題になりましたよ」(スポーツ紙記者)

     しかし、内心では現在の仕事に不満も抱えていたようで、

    「彼女は学生時代から海外のNGOで活動するなど国際情勢に興味があったので、入社当時から報道のような国際的なキャリアを積める部署を強く志望していたんです。でも、自分が担当する仕事はスポーツやバラエティーと、報道の最前線の仕事とはほど遠いものでした」(制作会社関係者)

     テレビ朝日に入社して6年がたち、自らの生き方を考えることもあったのか、

    「『いま世界は』で、ニュース番組のキャスターを担当しましたが、自分が現場に出ていきたいという思いに加え、30歳を目前にして今一度将来を見直してみたのでしょう。本当に仲のよかった人にしか相談していなかったそうですよ。かなり悩んだ上での決断だったのではないでしょうか」(同・制作会社関係者)

     青山の退社の件に関して、テレビ朝日に問い合わせたところ、

    「青山愛アナウンサーが、今年7月末で退社することは事実です。また、退社した後はアメリカに留学すると聞いております。それ以上の詳細につきましては、プライバシーに関することになりますので、お答えは控えさせていただきます」(広報部)

     彼女は、『怒り新党』の最終回の日に更新した自身のブログでこう語っている。

    《自分ではなく、周りに設定された「基準」や「スタンダード」に縛られてしまって、自分の軸を持つこと、自分の軸を伝えること、多様性の価値を実感することを、怠っていました。相手への思いやりは忘れずに、でも、取り繕って好かれるよりも、自分らしくいて、嫌われる勇気を持てたら、かっこいいなと思っています》

     アメリカでの留学をとおして、彼女はより“自分らしく”なって戻ってくるに違いない! 

    20170607-00009861-jprime-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170607-00009861-jprime-ent

    【一体何があった?「怒り新党」青山愛アナが7月末にテレ朝を退社】の続きを読む

    このページのトップヘ