中二病速報

    タグ:テリー伊藤

    1: 名無しさん@涙目です。 2019/07/11(木) 15:34:50.44 BE:292723191-PLT(19081)
    11日放送の『ビビット』で、コメンテーターとして出演していたテリー伊藤のある発言に批判が集まっている。

    テリーは「ジャニーズの(舞台)行くと、正直な話言って、関係者以外、みんな女性なんですよ、お客さんが」と観客の多くがファンの女性であるとしつつ、「僕はジャニーさんに『ジャニーズはこんなにレベルが高い演出やってるから、本当は男性の方が観に来てもらったほうがいいですよ』って言ったら、(ジャニーズさんは)笑ってたんですよ」とジャニー氏へアドバイスをしたことを告白。

    「来てるお客さん、ファンはアイドルの顔を見に来ているんですけども、やってるものはものすごく質が高いんで、本当にもったいないなと思うんで」と話していた。

     しかし、この発言にジャニーズファンからは、「顔目当てで行ってるわけじゃない」「いくらなんでもファンに失礼すぎる」「顔だけじゃないからここまでジャニーズが大きくなったの分からないのかな?それこそジャニーさんへの侮辱だよ」といった批判の声が殺到。
    また、女性ネットユーザーからも、「女は良い演出を見る教養はないってこと?」「『女は演出を理解できず、男性はその良さを理解できる』という女性を馬鹿にした思想は不愉快過ぎる」「女にあの舞台のクオリティはもったいないって意味に聞こえる…」という苦言が寄せられていた。

    「『女性ファンだけでなく、男性も楽しめる舞台』という、テリー伊藤の言わんとすることは伝わってくるものの、『もったいない』という言葉が、多くの女性の不快感を買ってしまったようで、『女性蔑視』という指摘も聞かれました。
    また、テリーの目の前には番組MCの国分太一もおり、『反論してほしかった』『せめて太一くんにはそんなことない、って言ってほしかったかも』という飛び火まで見られました」(芸能ライター)

    1333832-1-1

    https://wjn.jp/article/detail/1333832/

    【テリー伊藤「女性ジャニーズファンは顔だけが目当て 質の高い演出がもったいない」 】の続きを読む

    1: プティフランスパン ★ 2019/06/07(金) 10:36:00.74
    テリー伊藤の兄、光男社長を書類送検…不法雇用 取材に「法律だから仕方ないです」

    タレント・テリー伊藤の実家で、東京・築地にある玉子焼き専門店を営む兄でアニー伊藤の愛称で知られる伊藤光男社長が、店で就労資格がない中国人2人を働かせていたとして、警視庁に書類送検されたことが7日、分かった。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/06/07/0012404320.shtml


    f_12404335


    【テリー伊藤の兄、光男社長を書類送検 不法雇用 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/04/21(日) 12:02:02.18
    演出家のテリー伊藤(69)が21日放送のTBS「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に生出演。

    NGT48のメンバーで、1月に男2人から暴行被害を受けたことを告白した山口真帆(23)が
    同日に新潟市の専用劇場で行われる公演に出演することに言及した。

    山口の「卒業」が噂されている中、テリーは「仲良くもう1度やればいい」とし、

    「敵は別に新潟じゃないんですよ。目標は東京に出ていくこと。米国でいうと、アイダホみたいな田舎でもめて、将来はラスベガスなのか、ブロードウエーなのか、そういう所が目標でしょ。今、アイダホでもめててもしようがない。
    新潟でもめているよりも、最終的にはスターになっていくわけだから。これを乗り越えたらラブ・ストーリー」と持論を展開した。

    これに対し、医師でタレントの西川史子(47)は「女性同士って簡単にうまくいかない」と“反論”していた。

    20190316s00041000158000p_view

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/04/21/kiji/20190421s00041000201000c.html

    【【NGT48】テリー伊藤 山口真帆に「仲良くもう1度やればいい」 】の続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2019/03/16(土) 09:45:53.66
     1990年代に人気を博した中華料理人・金萬福氏(64)が15日放送のTBS「爆報!THEフライデー」(金曜後7・00)に出演。現在は六畳一間のワンルームで一人暮らししていることを明かした。

     92年にテリー伊藤(69)が手掛ける「浅草橋ヤング洋品店」(テレビ東京系)に炎の料理人として出演し、片言の日本語と独特なハイテンションで大人気に。
    翌93年には、テリーとともに中華料理店をオープンし、月商3800万円を叩き出した。ピーク時の年収は5000万円以上だったという。

     ところが、「今は貧乏だから…」と現在は六畳一間のワンルームで一人暮らし。今でも中国料理店で総料理長を務めており、88年に香港に家族を残し単身赴任して以来、31年間、仕送りを続けているという。
    テリーの話題になると「怖かったよあの人」と切り出し、「ガソリンを口の中に入れて火を吹かされた。僕、料理作るために日本来たんだから。おかしいよ」と27年越しに“クレーム”をつけていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-00000146-spnannex-ent 

    20190316-00000146-spnannex-000-view

    参考
    no title

    【年収5000万円超だった人気料理人・金萬福氏の現在 番組手掛けたテリー伊藤に27年越し苦情 】の続きを読む

    1: muffin ★ 2019/01/27(日) 16:48:01.07
     演出家のテリー伊藤(69)が27日放送のTBS「サンデー・ジャポン」(前9・54)に生出演。秋篠宮さまの長女眞子さま(27)との婚約が延期になっている小室圭さん(27)について「今、一番すべきなのは自分から(眞子さまに)別れを言うべき」と指摘した。

     番組では、小室さんが週刊誌で報じられた母佳代さん(52)の元婚約者の男性との金銭トラブルについて「解決済み」と訴える文書を公表したことを特集。

    文書によると、佳代さんは婚約中、男性から金銭支援を受けた。2012年9月に男性から「婚約解消」の申し入れがあった際、佳代さんは清算の意向を示したが、男性は応じなかった。このため、小室さん親子は「金銭的な問題はすべて解決済み」と確認したとされている。しかし、男性は「解決済みとは思っていない」と反論に出る事態となっている。

     テリーは「文書を見ると、大前提が“金は返さない”っていってること。そして、婚約者の方から婚約を破棄したと言って、相手に責任を押し付けている」と指摘。さらに、小室さんが眞子さまに文書を公表することを伝えたという報道には「教えたってことは、眞子さまに責任を押し付けているんですよ」とし、「彼が今、一番すべきなのは自分から別れを言うべきですよ。それをしないと眞子さまは、ああいう方ですから、それを背負うわけじゃないですか。それはやっぱり自分が悪者になるなり、自分から断ち切るっていうことをしないと」と持論を述べた。

     医師でタレントの西川史子(47)が「でも(眞子さまは小室さんを)好きなんですもん」と話すと、テリーは「とは言っても、本当に幸せにできるのか。本当に幸せにするんだったら民間企業でもなんでも入って…。それこそ今、彼は米国で勉強してるのは、眞子さまの婚約者っていうことで大学にも入れたし、それこそ学費も免除になってる。実は全部、おんぶにだっこなんです。そういうことを考えると、断ち切って、本当は婚約する前の段階で民間企業に入るなりして自分で稼ぐっていう意識、これができない限り彼は、もし万が一このままいったとしても…」と話していた。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/27/kiji/20190127s00041000138000c.html

    20190127s00041000137000p_view


    【テリー伊藤 小室圭さんに「自分から別れを言うべき」「本当に幸せにできるのか」 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/07/11(水) 12:17:53.80 _USER9
    7月8日放送の『サンデージャポン』(TBS系)で、6日のオウム真理教教祖・麻原彰晃ほか6名の死刑執行を受け、テリー伊藤がコメントした。

    テリーは「空中浮揚とかバラエティっぽく面白いなと見ていた。当時はそこまで悪い人間だと思っていなかった。キワモノだと思っていた」と釈明した。

     「テリーはテレビ演出家として、麻原彰晃をバラエティ番組に起用しています。麻原が若者の人生相談に応える『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』(日本テレビ系)の映像は、現在も動画サイトなどで閲覧できますね。宗教団体の教祖でありながら、好きな女優の名前をあげるなどフレンドリーなイメージが強調されており、結果的に教団のPRに貢献してしまった面はあるでしょう」(放送作家)

     さらに、テリーがオウムをネタにしたのは『生ダラ』ばかりではない。

     「『浅草橋ヤング洋品店』(テレビ東京系)で行われた水中素潜り対決も、オウム真理教の修行である“水中クンバカ”をモデルにしたといわれています。番組では、ダイバーを題材にした映画『グラン・ブルー』をモチーフとしていましたが、実はオウムの裏テーマがあったのです。テリーは、当時は謎の国であった北朝鮮に注目するなど、ユニークな視点の持ち主です。オウム真理教もそうした『よくわからないけれども面白いもの』のひとつであったのでしょう」(前出・同)

     もちろんテリーに限らず、当時はサブカルチャー系の雑誌が麻原のインタビューを掲載するなど、オウムを面白がる時代の空気があったのは確かであろう。それが教団の危険な部分を覆い隠してしまったのは否めない。テリーのコメントにデーブ・スペクターがメディアの責任を問うたように、90年代に対する反省が必要だとも言えるだろう。

    https://npn.co.jp/sp/article/detail/05716243/


    写真no title

    【テリー伊藤 オウム麻原彰晃ほか6名の死刑執行を受け「当時はそこまで悪い人間だと思っていなかった」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2018/05/20(日) 14:42:49.80 BE:448218991-PLT(13145)
    演出家でタレント、テリー伊藤(68)が20日、TBS系「サンデー・ジャポン」(日曜前10・0)に生出演。
    16日に急性心不全のため63歳で亡くなった西城秀樹さんを悼み、秘話も明かした。

     テリーは西城さんが還暦を迎えた後に会った際の会話を明かした。「実はね、山口百恵ちゃんは僕のことが好きだったんだよ。ラブレターもらったんだ」と西城さんがテリーに昔話を打ち明けたのだという。テリーが「すごいじゃないですか。付き合ったの?」と尋ねると、西城さんは「僕はその頃、女の子にそんなに気がなかったし、格好悪いと思って」と答えたという。テリーが「だったら、(百恵さんは)三浦友和さんじゃなくて秀樹さんと結婚してたの?」と畳み掛けると、「『そんなことないけど』って笑ってたけど」と語った。

     テリーは「『そのラブレター、ちょうだいよ』って言ったんですよね。そしたら 『それはなくしちゃったんだよ』って冗談っていうか、面白おかしくしゃべってくれたんだけど」と
    会話の顛末(てんまつ)を振り返りながら、「当時の芸能人の女の子たちがみんな(西城さんに) 憧れていた」と、大人気スターであった西城さんをしのんだ。

    geo18052013530018-p1

    http://www.sanspo.com/geino/news/20180520/geo18052013530018-n1.html

    【山口百恵さんが西城秀樹さんへラブレターを送っていた テリー伊藤が秘話明かす】の続きを読む

    このページのトップヘ