タグ:ダウンタウン

    1: あちゃこ ★@\(^o^)/ 2017/09/27(水) 16:03:39.18 _USER9
     ダウンタウンの2人を中心に、巷のさまざまな“説”を検証する人気バラエティー番組『水曜日のダウンタウン』。同番組を手がけるスタッフが、とんでもない事件を起こしていた。

     9月6日、『水曜日のダウンタウン』のディレクターだった三枝浩史(32)は、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕された。昨年9月11日、当時中学三年生の女子2人とホテルの一室でわいせつな行為をおこない、それぞれ15,000円を支払ったという。更に翌月、そのうちの1人を再び呼び出し、35,000円払うという約束のもと買春行為に及んだ。警察の調べに対して事実を認めているという。

    「三枝はTBSテレビの社員ではなく、外部のフリーディレクター。赤坂のTBSからほど近い雑居ビルの一室で、自身の会社を経営しています」(TBS関係者)

     バラエティー番組関係者はこう証言する。

    「専門学校卒業後、ダウンタウンが司会の『リンカーン』(TBS系)でADやコーナーディレクターを長く務めていました。業界では有名な演出家に可愛がられていたため、『リンカーン』や『水曜日~』を含め、この演出家の番組で仕事をすることが多かった」

     TBSテレビは、週刊文春の取材に対し「番組スタッフが逮捕されたことは大変遺憾です。
    制作会社からの申し出を受け、既に番組の制作からは外れています」と回答した。

     詳細は9月28日(木)発売の「週刊文春」10月5日号で報じている。

    img_f5162664efd0d3cc7f0dd313182d4728358062

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170927-00004277-bunshun-ent

    【【週刊文春】「水曜日のダウンタウン」ディレクターが女子中学生買春で逮捕されていた!】の続きを読む

    1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/09/23(土) 14:33:09.61 _USER9
    今年3月の放送で反響を呼んだ企画「50代レジェンド芸人大集合」が、1時間スペシャル「ガキの使い特別版! 絶対に答えなくてはいけない! レジェンド芸人に聞きたいことSP」と題して24日よる11時より日本テレビ系にて放送される。

    登場するのはダウンタウンのほか、前回に引き続きヒロミ、恵俊彰、ダチョウ倶楽部のリーダー・肥後克広。さらに今回は出川哲朗も参戦する。
    番組では多くの芸人たちにレジェンド芸人に聞きたい質問を調査。質問の回答者に指名されたレジェンド芸人は5秒以内でその質問に答えなければならない。

    寄せられた質問は「6人で飲みに行ったら誰が支払いをするのか?」「欠かさず見るテレビ番組は?」「芸能界の親友は?」など。
    「支払い」の話になると、“個人事務所”“帯番組”“CM本数”などのキーワードかから6人が互いの腹を探り合い。

    「親友」というテーマでは、ヒロミが仲のいいとんねるずの話を切り出す。一同が遠慮がちにしゃべっているところに、出川が思い切って「一緒に番組をやるしかない!」とズバリ提案。
    これに松本は「◯◯◯って言われたら……」とモジモジ。ダウンタウンの結論に注目だ。
    (続きはソースをご覧下さい) 

    https://mdpr.jp/news/detail/1716170 

    no title

    no title

    【ダウンタウン&とんねるずの共演実現?出川哲朗の提案に松本人志が要望】の続きを読む

    1: ひぃぃ ★@\(^o^)/ 2017/08/20(日) 12:14:02.29 _USER9
     ダウンタウンの松本人志が20日放送の「ワイドナショー」で、自身がツイートした「しゃべっても。謎の事情でカットされ。。。」という内容について、言及した。前週13日の放送で、上原多香子のかつての不倫疑惑についての発言がカットされ、「フジテレビには怒ってるんですよ。フジテレビには怒ったんですよ」と語った。

     先週の放送では後輩芸人の雨上がり決死隊・宮迫博之の不倫報道についても取り上げ、笑いも交えながら松本らそれぞれの出演者がコメントした。しかし、松本としてはインターネットを中心に世間の感心として、「上原多香子のニュースの方が興味は全然ある」と感じていた。

     ただ、収録の際にフジテレビ側からは「扱うのはなしにしてほしい的なことを言ってくるわけですよ」と申し出があり、松本も「そういうのいややから、触れようよと。触れないと恥ずかしいぜ」と反論。結局、局側と相談した上で「当たり障りのない」内容の発言をしたが、放送直前に「カットしていいですか」との連絡が入り「いやいやいやいや」と不快感が爆発した。

     「何でなん?っていったら、フジテレビでは扱わないということになりました。何じゃそらでしょ」と怒る松本。さらに後日、同局系の「とくダネ!」でこの話題が取り上げられたことも松本の不信感に拍車をかけたという。

     この日ゲスト出演したヒロミからは「V(TR)だけ流してコメントをしないとか」など、テレビ局が扱いにくい話題の時の対処方法も提示されたが、松本は「僕はこの番組はそうじゃないようにいきたいし、そういうことから逃げない『ワイドナショー』やと(視聴者には)思ってほしいし、そこは貫かないと」と持論を展開。「フジテレビにとってもよくないですよ。フジテレビを愛するがゆえに言ってるのに、フジテレビ側から足を引っ張られるという」とフジテレビの姿勢に強く反論した。

    f_10478653

    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/08/20/0010478652.shtml

    【松本人志、フジに怒り 上原多香子の話題カットに「触れないと恥ずかしい」】の続きを読む

    1: 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 12:00:22.55 _USER9.net
    ダウンタウン・松本人志(53)が19日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)で、熱戦が続くWBCについて言及した。

    6戦全勝で準決勝に進出した侍ジャパンの躍進ぶりを取り上げた際に松本は「浮かれているところに水を差すんだけど、試合(時間)長くない?」と素朴な疑問。「なんで7時(開始)なの? 4時でも5時でもいいと思う」と提案した。

    野球通としてゲスト出演したトータルテンボス・藤田憲右(41)が「スポンサーの兼ね合いで、大人の事情なんでしょう」と話したが、松本節は止まらず。「こうなったらツーアウトで終わりにするとか6回で終わるとか、ホームラン打っても(ダイヤモンドを)回らないとか…」と珍提案。さらにソフトバンク・内川の姿を見て「この人、日本昔話に出てきそうな…」と話していた。

    ダウンタウンは野球好きを公言している浜田雅功(53)に対し、松本は野球に興味があまりないことを 明かしている。

    画像
    20170319-00000108-sph-000-view

    スポーツ報知  
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170319-00000108-sph-base

    【(野球)松本人志 WBCを語る「試合長くない?」】の続きを読む

    1: トペ コンヒーロ(東日本)@\(^o^)/ [US] 2017/03/16(木) 12:34:08.31 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    「辞めたくても、辞められないんですよ」──そう語るのは、芸能プロ関係者だ。

    大みそかの風物詩といえば、NHK『紅白歌合戦』と日本テレビ系『ガキ使スペシャル』だろう。とりわけ後者は昨年10周年を迎え、一部ではロケの過酷さと出演者の高齢化により、「見納めか」ともウワサされたが、現時点では今年の大みそかも放送する方向だという。

    「特に浜田雅功さんの老化が著しい。ロケ終盤には、本気でグッタリしているそうで(笑)。昨年の会見も、声帯炎で欠席。 本人は『できることなら辞めたい』と、こぼしています」(テレビ関係者)

    だが、辞めたくても辞められない事情があるという。

    「吉本興業にとって、同番組は億単位のギャラが入るドル箱。DVDの権利もありますし、なんとしても続けてもらわないと困るんです」(前出芸能プロ関係者)

    画像
    2015y11m24d_191517857

    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170316-62712309-nkcyzo

    【大みそか『ガキ使スペシャル』浜田雅功が「ぐったりする辞めたい」】の続きを読む

    1: イセモル ★@\(^o^)/ 2017/03/11(土) 01:48:50.00 _USER9.net
     日本テレビで2016年12月31日に放送された「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけない科学博士24時!」が沖縄で3月12、13、15日に放送される。沖縄には日テレ系列の放送局がなく、地元テレビ局の琉球放送(RBC)によると、全国最後の放送になるという。

     なぜ3月の放送なのか。RBCでは「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」は日テレから2カ月遅れで毎週金曜日の夜に放送している。担当者は「(3月)10日の番組内容が、笑ってはいけないシリーズの記者会見で、時系列的なタイミングで適していた」と話す。

     年明けのネットニュースで、人気俳優の斉藤工さんがお笑い芸人のサンシャイン池崎さんのものまねをしていたことが話題になっていたが、沖縄県民の中には、まだ見ていない、分からないと思った人もいたのではないか。ついに、放送される。【沖縄タイムス+プラス編集部】

    一部抜粋でお送りしております。

    画像
    C0_07u6UUAEdOrM-718x404

    詳細は下記引用元よりご覧ください|ω・)
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/87818

    【今ごろ!? 沖縄でついに「ガキ使 ・絶対に笑ってはいけない」が放送される】の続きを読む

    1: 取り分 ★@\(^o^)/ 2017/01/24(火) 12:09:48.78 _USER9.net
    2017年、お笑い界の勢力図が激変する。「“60歳で引退”宣言を撤回し、活動を続けてきた明石家さんま(61)が、本当に引退を決意したという話があるんです。なんでも、最も力を入れている『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)が深刻な低視聴率に陥っているためとか。その他、大物たちの長寿番組にも大ナタが振るわれるようです」(テレビ局関係者)

    粛清リストの一番手は、とんねるず。コンビで唯一のレギュラー番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジ系)が、いよいよ打ち切りになるという。

    「低視聴率続きで“お荷物番組”とまでいわれていますからね。フジの日枝久会長に守られて存続してきましたが、それも限界。今後は盆と正月の年2回のみ放送し、1月2日に放送された『夢対決! とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』(テレビ朝日系)を参考に、“食わず嫌い王”などの人気コーナーいくつかを改編期の特番にする方向で、調整中のようです」(フジ関係者)

    お次のナインティナインは、少し事情が違う。「『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)と、この数年、打ち切り候補の筆頭だった『めちゃ2イケてるッ!』(フジ系)の2本の終了が決まったそうです」(テレビ誌記者)

    『ナイナイアンサー』は、12月29日の年末特番で14.1%という及第点の視聴率を上げたが、「矢部浩之(45)が、元TBSアナの妻・青木裕子との間に授かった子どもを溺愛していることもあり、ロケや収録に時間のかかる番組には出たくないと、周囲に“セミリタイア宣言”しているそうです。お金も十分あるし、ということでしょう」(お笑い関係者)

    とんねるずとナイナイほどではないが、有吉弘行(42)にも危険信号が。「昨年の夏目三久との熱愛は、誤報ということで決着しましたが、夏目所属の大手プロの手前、有吉は報道をネタにできず、“タブーなき毒舌”の看板が崩壊。10月に深夜からゴールデンに昇格した『有吉弘行のダレトク!?』(フジ系)が、視聴率5%前後と低迷しており、打ち切りは時間の問題です。春以降の各局新番組のラインナップにも、有吉の名前はありません」(前出のテレビ誌記者)

    中堅コンビのオードリーも油断は禁物だ。打ち切りが決定したのは、若林正恭(38)が出演する『しくじり先生』(テレビ朝日系)。

    「打ち合わせで、若林が非常に神経質で細かいと、他のレギュラー陣から悲鳴が上がっていることも一因とか」(放送作家)

    対して、ウッチャンナンチャン、ダウンタウンら、“お笑い第三世代”の人気はいまだ盤石のようだ。「南原清隆(51)は『ヒルナンデス!』(日テレ系)が堅調。内村光良(52)は『世界の果てまでイッテQ!』(同)他、8本のレギュラーを持つ売れっ子。コンビでの注目度も高く、年始は2つの特番に出ています。ダウンタウンも、大晦日の『絶対に笑ってはいけない科学博士24時!』(同)が16%超えで民放1位と、地力を見せつけました」(広告代理店関係者)

    その下の世代では、さまぁ~ずとバナナマンの支持率が群を抜いて高い。「特に、さまぁ~ずの『さまぁ~ず×さまぁ~ず』(テレ朝系)や『モヤモヤさまぁ~ず2』(テレビ東京)は、“視聴者満足度”が高く、視聴率以上に業界内で評価されています。バナナマンは3年連続でNHK紅白の副音声『紅白ウラトークチャンネル』の司会を務め、年末年始は9本の特番に出る人気ぶり。ベテラン勢が失う枠を、ごっそり持っていく可能性も」(番組ディレクター)

    期待の新星たちも“下剋上”を夢見て虎視眈々だという。「昨年大ブレイクした、メイプル超合金のカズレーザー(32)は“コメントが的を射ている”と視聴者人気も高く、“ポスト有吉”の最右翼です。金髪に真っ赤な衣装、存在自体がインパクト大ですが、実は同志社大卒のインテリで読書家。人気深夜番組『お願い!ランキング』(テレ朝系)のコーナー『レーザー読書』で紹介した本が爆売れするという現象も起き、各局テレビマンが“今一番使いたい芸人”であることは、間違いないでしょう」(前同)

    年末年始は、コンビで6本、ピンで2本の特番に出演し、絶好調だった。お笑い評論家のラリー遠田氏も称賛を惜しまない。「昨年は自己紹介の1年。さまざまな魅力を持っていることが分かった今年は、その武器を生かした仕事が増えそうですね。MCを任されるようなケースも十分、考えられるのでは」

    仁義なきお笑い界を制するのは、はたして――。

    画像
    BkDdkQaCcAAL-B2

    日刊大衆
    http://taishu.jp/detail/26277/

    【とんねるず、ナイナイ、有吉弘行もピンチ?「お笑い界勢力図」が変わる!?】の続きを読む

    このページのトップヘ