中二病速報

    タグ:ジャニーズ

    1: あずささん ★ 2018/05/07(月) 06:27:52.77 _USER9
    女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予になったTOKIO・山口達也(46)がジャニーズ事務所を退所することが6日、分かった。所属事務所がFAXで6日付での契約解除を発表した。4月30日に退職願をメンバーに提出した山口はこの日、事務所に退所の意思を表示。態度を保留していたリーダーの城島茂(47)とジャニー喜多川社長(86)が協議して受理した。TOKIOは今後4人体制で活動を続けていく。

    土下座で退職願をメンバーに提出してから6日、山口が今度は事務所に退所の意思を示し、約30年在籍したジャニーズを離れることが決定した。

    ジャニーズ事務所は報道各社にFAXを送信した。「本日、本人から直接、弊社に対し強い意思表明がございました。それを踏まえて本日、弊社社長とリーダー城島茂との協議が行われ、この申し出を受理する判断に至りました」。関係者によると、再入院中の山口は電話でジャニー社長に伝えたという。

    23年にわたりTOKIOとして活躍した山口を育てた立場であることから、異例の“温情措置”も付けられた。「契約を解除することとなりますが、事件の社会的な影響や、現在、山口が置かれている状況などを鑑み、彼を育ててきた立場として、社会に責任を果たすために必要な支援を今後も積極的かつ継続的に行って参る所存でございます」と宣言。解雇ではなく、契約解除とした。

    憔悴(しょうすい)した山口の状態や反省の程度を見るなど長期化も予想されたが急転直下の退所だった。城島は5日にテレビ朝日系「週刊ニュースリーダー」でテーブルに退所願を置き、答えが出ないと語っていた。

    事務所は経緯について、「6日にメンバーの総意として辞表が社長に託され、当人からも別途、社長への直接の意思表明があったことも踏まえ、辞意の受け入れとなりました」と4人も退所で意見をまとめたとした。受理した理由は、「無期限謹慎という曖昧な形ではなく、本人の強い意思でもある辞意を受け入れ、山口が一人の人間として自分と向き合う形をとらせるべきだと決断しました」と記述。今後の支援を城島に伝え、最終合意に至った。退職の判断をメンバーがすることへの批判には、「責任はすべて弊社」と答えた。

    メンバーからも信頼が厚く慕われてきた男の退所。解雇ではなく契約解除としたことからも事務所の“温情”がにじみ出る。「一人の人間としての精神と振る舞いを取り戻し、被害女性の許しを十分に得た上で、どのような形であれ未来を描けるまでの支援をすることが弊社の責任」。未来での事務所再契約の可能性も感じさせるが、関係者は「わからない」と話している。

    0d4cebfd27487cbc4f8a88fab9b6268320180501174504577_262_262

    デイリー
    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/05/07/0011232288.shtml

    【TOKIO山口達也 ジャニーズ契約解除 温情措置 将来的に再契約も!? 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/05/07(月) 06:27:49.37 _USER9
    TOKIOの山口達也メンバー(46)が脱退、ジャニーズ事務所を退所することになり、インターネットの掲示板やツイッターなどには、山口メンバーの今後を気にするコメントで溢れている。

     山口メンバーの退所は2018年5月6日に、所属していたジャニーズ事務所が発表。TOKIOの4人のメンバーも連名でコメントを発表していた。

    ■「凄まじい勢いだな。ついていけない」

     自宅で女子高校生に無理やりキスをするなどしたとして強制わいせつ容疑で警視庁に書類送検(のちに起訴猶予処分)され、無期限謹慎していたTOKIOの山口達也(46)メンバーとの契約を解除すると、ジャニーズ事務所がメディア向けに発表した。

     4月25日に事件が発覚。山口メンバーが翌26日に謝罪会見を開き、被害者やTOKIOのメンバー、関係者へ謝罪したものの、TOKIOへの未練を語ったことや、断酒をきっぱり明言しなかったことなどについて、メンバーや芸能界から批判が相次いだ。

     一方、5月2日にはTOKIOのリーダー、城島茂さん(47)らが記者会見を開き、山口から退職願を渡されていたことなどを明かしていた。退職願は保留扱いで、ジャニー喜多川社長にも「答えが出ないので待っていてくれますか」と伝えていた。

     ジャニーズ事務所によると、山口本人から直接、事務所に対して強い辞意表明があったことから、ジャニー喜多川社長とリーダーの城島さんが協議して、山口メンバーの退職願を受理する判断に至った。

     5月6日夜、「山口メンバー、ジャニーズ退所」のニュースが流れると、インターネットに一気に拡散。さまざまな声が寄せられた。その拡散ぶりに、

      「凄まじい勢いだな。ついていけない」
      「はやい。火消しを急いだってことかな」
      「対応が後手後手だったからな。全体のイメージダウンを少しでも和らげたいんだろ」
      「これで少しは静かになるきっかけができたでしょw」

     などの驚きの声が。さらには、

      「これってもしかして、まだホコリが出てくるってパターン?」

    といった芸能界の深い闇を疑う声も散見された。

    ジャニーズは退所後もサポートの方針
     一方、少なくないのは、山口メンバーを心配する声だ。アルコール依存症も疑われていることもあり、

      「この勢いやべーな。あまり追い込んじゃいかんよ」
      「なんか危ないかんじがするわ」
      「連日の報道で社会的制裁は受けてる。これ以上追い込む必要ないと思う」
      「きちんと治療して社会復帰して欲しい。 自暴自棄にだけはならないように」

    といった書き込みも。

     なお、ジャニーズ事務所はコメントの中で、「どのような形であれ、未来を描けるまでを具体的に支援することが弊社の責任」として、引き続き山口メンバーのサポートをする意向を示している。

     JCASTニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180507-00000000-jct-ent

    no title

    【TOKIO山口達也退所に「あまり追い込んじゃ」ネットから危惧の声も 】の続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/05/06(日) 20:31:00.59 _USER9

    ジャニーズ事務所 山口達也と契約解除 本人が改めて強い辞意 ジャニー社長と城島が協議し受理

     ジャニーズ事務所は6日、自宅で女子高校生に無理やりキスをするなどしたとして、強制わいせつ容疑で警視庁に書類送検され(のちに起訴猶予処分)、無期限謹慎していたTOKIOの山口達也(46)との契約を解除することをファクスで発表した。

     今月2日にTOKIOの4人が行った会見で、リーダーの城島茂(47)が4月30日に5人で会談した際に山口から退職願を受け取ったことを明らかにしていたが、ジャニーズ事務所によると、この日、山口本人から直接、事務所に対して強い辞意表明があった。これを受け、この日、ジャニー喜多川社長と城島が協議し、山口の申し出を受理する判断に至った。

     ジャニーズ事務所は「弊社は、山口達也と契約を解除することとなりますが、事件の社会的な影響や、現在、山口の置かれている状況などを鑑み、彼を育ててきた立場として、社会に責任を果たすために必要な支援を今後も積極的かつ継続的に行って参る所存でございます」とした。

     事件が起きたのが2月12日。自宅で女子高生に無理やりキスなどしたとして、その後、女子高生が被害届を提出。3月末に警察が3度事情聴取を行い、先月20日に強制わいせつ容疑で書類送検された。

     山口は4月26日に会見。芸能活動を無期限謹慎することを発表したが、「私の席があるのであれば、またTOKIOとしてやっていけたら」とグループ残留への未練ものぞかせていた。

    gendainet_458678_0-small

    スポニチアネックス 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00000182-spnannex-ent 


    【ジャニーズ事務所 山口達也と契約解除 本人が改めて強い辞意】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2018/05/06(日) 16:26:56.28 _USER9
    国際ジャーナリストのモーリー・ロバートソン氏(55)が6日生放送のTBS系「アッコにおまかせ」(日曜・前11時45分)に初出演。
    強制わいせつの疑いで書類送検(起訴猶予)されたTOKIO・山口達也(46)が所属するジャニーズ事務所へアドバイスを送った。

    モーリー氏は、山口が辞表を会社にではなくTOKIOメンバーに出したことについて「グループに出しているということは自分のやったことというのがまだ現実味というか地に足が付いていない感じがする。メンバーにかばって欲しいという気持ちが働いていたのかも」と推測。

    TOKIO解散、山口の解雇があるのかなど今後については「私が解散と言っているのは、連帯責任としての解散ではない。それは被害を受けた未成年の女性が、心が癒やされるスピードを高めるための“儀式”。一般の社会の人たちも広く納得して、この件を後に出来て、前に進めるための形の解散ということです」と説明した。

    さらに「このままになっていて、無期限活動休止から(山口が)活動再開となった時、何が起きるかというと、被害を受けた女性に対して一部のファンから圧力がかかるなど2次、3次の被害がおこる可能性がある。さらにTOKIOの活動再開間近かと報道があると、被害を受けた女性はまた思い出してPTSD(心的外傷後ストレス障害)のような状態になってしまう。これを完全に1回癒やすには、そしてTOKIOの誠意を見せるならば、潔く解散をしてしまうことが一番いい」と述べた。

    その上で「彼女が成人して、心が癒えて、さらにその先何かしらの和解が成り立つのであれば、もしかしたら5人で別の形で再会することもあるかも知れません」と未来を予測し、「そうすることでTOKIOが、そしてジャニーズ事務所が、現在世界中で行われている#Me Too運動のように全ての女性、若い女性たちの地位を上げるために応援するんだという姿勢にもなっていく」との考えを伝えた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14675773/

    モーリー・ロバートソン氏
    no title

    【モーリー・ロバートソン氏がTOKIOに提言 被害女性のため「潔く解散を」 】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/05/06(日) 13:47:55.49 _USER9
     女子高生相手の強制わいせつ容疑で無期限謹慎処分となった「TOKIO」山口達也(46)の狂気の一面が新たに明らかになった。1日に起訴猶予処分が決まったが、犯した罪が消えることはない。他のメンバーも「達也のことはわからない」と口を揃える山口のアダ名は「TOKIOのジャックナイフ」。礼儀正しく、後輩思いな一面もあれば、医師の忠告を無視して酒を飲み続けるだけでなく、交通量の多い道路を平然と横切ろうとする“自殺願望的”な異常行動があったという。

     ジャニーズ事務所は4日、被害者や家族などへの取材自粛要請をファクスでマスコミ各社に送付した。同事務所によると被害者の保護者から「娘について、また関係する方々についても、どうかそっとしておいていただきたいと重ねてお願い申し上げます」などとコメントが寄せられ、報道関係者に伝えるよう要望されたという。

     被害者サイドはもちろん、事務所側も一日も早い事件報道の収束を望んでいるのは間違いない。だが、山口に対する異様な情報が相変わらず飛び交っているのも事実だ。

     先輩の前では礼儀正しい好青年で、後輩の面倒見もよかった山口。2016年8月にはジャニーズとしては異例の離婚会見を開催。自分の至らなさを素直に認め、大いに好感度を上げた。

    「離婚後も山口さんは妻と子供2人が住む家の近所に引っ越して、定期的に交流していました」(ワイドショー関係者)

     ところが、昨夏あたりから前妻との間に埋められぬ溝ができたようだ。実は同時期に前妻をも巻き込んだ山口の女性スキャンダルがささやかれ、一部マスコミが水面下で取材を進めていたという。

     ちょうどそのころから山口のアブない姿がファンの間で話題になっていた。熱心な女性ファンは「顔はむくんで、動いてもいないのに大量の汗をかいていました。自らの力では歩行できず、両脇をスタッフに抱えられ、手で口を押さえながらスタジオから出てくる姿も何度も見ました。明らかに普通ではありませんでした」と振り返る。

     また、地方ロケではTOKIOメンバーも青ざめる異常行動をとった。

    「車がビュンビュン通る道路に向かって、平然と進んでいったのです。これには信号待ちしていた他のメンバーも『達也、危ねー!!』と声を上げましたが、本人は聞く耳持たず。クラクションが鳴らされるなか、道路を横切りました。その際、山口さんが『死んだらその時はその時』と話していたのには、ゾッとしました。何を考えているのかわかりません」(同)

     礼儀正しく好青年なイメージの裏に、どこかモロく、危険な香りを漂わせていた山口。医師の忠告を無視して飲み続けたり、交通量の多い道路を横切ったり…。まるで死を望んでいるかのようで、ファンはそんな危なさから「TOKIOのジャックナイフ」と形容していた。

     そうした不安要素が爆発したのが今回の事件だったのかもしれない。

     関係者によれば「今年に入って前妻が子供を連れて、海外に移住したそうだ。原因は不明だが、山口さんにとって一段とショッキングな出来事だったのは間違いない」。

     直後の2月に事件を起こしたことも決して無関係ではないだろう。現在、山口はかねてアルコールの過剰摂取を治療していた病院に再入院中。そばに付いているのは前妻ではなく、山口の両親だ。

    「病院での治療はここ1~2年の話ではなく、前妻との結婚期間中から。酒を飲むと彼は目が据わり、攻撃的になる。事務所も酒グセの悪さを把握していたので、酒席にマネジャーを同伴させることもあった。そのマネジャーをも乱暴に扱い、家に帰れば妻に罵声を浴びせる。出待ちしているファンに食ってかかることもあったそうだ。彼の症状は世間が思うよりも深刻なものです」(同)

     今回の事件をきっかけに、山口が酒をやめてスッキリ一から人生を出直すことができるのだろうか――。

    tatsuya0426

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00000001-tospoweb-ent


    【自殺願望?山口達也異常行動 交通量の多い道路を平然と横切る 】の続きを読む

    1: 金魚 ★ 2018/05/06(日) 11:32:38.87 _USER9
    放送プロデューサーのタレント、デーブ・スペクターが6日、TBS系「サンデー・ジャポン」(日曜前10・0)に生出演。
    人気グループ、TOKIOのベース担当、山口達也(46)が強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予処分となったことを受けて、リーダーの城島茂(47)、国分太一(43)、松岡昌宏(41)、長瀬智也(39)の4人がグループとして謝罪したことに言及した。

     デーブは会見について「(TOKIOは)さらし者みたいになっちゃった。一生懸命謝っていることは伝わったけど、損害を受けるのは(ジャニーズ)事務所。

    山口さんが他のメンバーや事務所全体を考えないでしたことは余計に悪い。事務所の人も(会見に)出るべきだった」と持論を展開した。

    d4a67_456_2da6231fe5ac2a30d8956020b59d38ea

    http://news.livedoor.com/article/detail/14675232/

    【デーブ・スペクター「TOKIOはさらし者に 事務所の人も会見に出るべきだった」 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/05/05(土) 23:59:38.57 _USER9
    女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検された山口達也(46)。結果は不起訴だが、今後の活動は白紙状態でTOKIOの「紅白歌合戦」出場も絶望的。色めきたっているのが音楽業界だ。

    平成18年から昨年まで12年間、ジャニーズが持ち回りで司会を担当。昨年はTOKIOや嵐ら5組出場。16年は嵐、TOKIO、V6ら6組、
    15年は近藤真彦(53)も出場して7組だから、1組ずつ減ってはいるが、それでも白組22組中、ジャニーズが5組も出場するのは多過ぎると業界内外から不満も出ていた。

    そんなジャニーズとNHKの蜜月関係が怪しくなってきた。3月でV6井ノ原快彦(41)が「あさイチ」降板。

    「NHK側は井ノ原続投を願っていたようですが、有働由美子が辞めるなら自分もと譲らなかったそうです」(放送関係者)

    そこへ今度の事件が起きた。「Rの法則」(Eテレ)という山口が出ているNHKの番組が舞台になっただけにNHKも怒り心頭で、V6、TOKIOは対象外か。
    ジャニーズとしては、なんとしても5枠は死守したいところで、今年再始動した亀梨和也(32)のKAT-TUN、さらに5月のデビューが決まったKing&Princeあたりをねじ込むか。
    あるいはTOKIO松岡昌宏(41)の主演ドラマ「家政夫のミタゾノ」の主題歌「戯言」を歌う島茂子が実はTOKIOのリーダー、城島茂(47)なので紅組に島茂子出場とか!?

    NHKとジャニーズが不仲なら元SMAP3人改め“新しい地図”出場の飛び道具もありか。

    gendainet_458678_0-small

    日刊ゲンダイDIGITAL 
    https://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_458678/

    【TOKIO山口事件の余波 NHK激怒で紅白ジャニーズ枠が減る? 】の続きを読む

    このページのトップヘ