中二病速報

    タグ:ジャニーズ

    1: スタス ★ 2018/06/07(木) 16:24:20.07 _USER9
    「news every」冒頭でNEWS小山慶一郎が謝罪 当面は活動自粛 降板には触れず

    no title

    no title

    no title

    公式サイト(小山メンバーのプロフィールや画像は削除されず)
    https://www.ntv.co.jp/every/

    【「news every」冒頭でNEWS小山慶一郎が謝罪 当面は活動自粛 降板には触れず 】の続きを読む

    1: あずささん ★ 2018/06/07(木) 15:17:45.78 _USER9
    ジャニーズ事務所は7日、マスコミ各社にファクスで小山慶一郎と加藤シゲアキの未成年女性との飲酒のきじについて処分を発表した。
    本日販売の一部週刊誌において、昨年末に当事務所所属タレントの小山慶一および加藤シゲアキが未成年の女性と飲酒していたとする記事が掲載された降ります。
    まずはこの下りにつきまして、関係各所の皆様、報道をご覧になった多くの皆様、また日幌より用円してくださっている皆様にはご迷惑とご心配をおかけしておりますこと、深くお詫び申し上げます。
    今回の件に似先立ち、当事務所でタレントを含む複数の参加者への聞き取り調査などを行ってきたところ、週刊誌に報じられている飲食店に当時19歳の女性が同席していたことが判明いたしました。
    タレント及び一部の出席者は、当該女性から会話や携帯電話のメッセージ等において年連を「20歳」と告げられており、当日も、参加者の中に未成年社が含まれているとは認識しておりませんでした。
    しかしながら、結果として、タレントを含む複数の参加者が飲酒している席に未成年社である当該女性が同席していたことや、タレントの小山が複数の参加者に対して掛け声に合わせて飲み物を飲むよう促すような行為を行っていたことは否定できません。
    そもそも、未成年社が同席していたが否かにかかわらず、こうした行為は特に報道番組に携わる者としては厳に慎むべきものであり、当事務所といたしましても今回の事態を重く受け止めております。

    タレントの今後の活動につきましては、主体的に今回の飲み会を催して上記のような行為を行っていた小山に対しては猛省を促すべく一定期間の活動自粛と致します。
    また、小山に呼ばれて同席したかとうについても、特段の制止行為に及んでいないことを等を鑑み、厳重注意の上で書面による反省を促すものと致します。

    img_c8d565b3c1fee461b89e69dc011279ae1010973

    ソース/YAHOO!ニュース(スポーツ報知)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00010000-spht-ent

    【小山慶一郎、未成年と飲酒問題で活動自粛 加藤シゲアキに厳重注意 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2018/06/06(水) 16:57:48.98 _USER9
    先日、ネットにアップされたある1枚の写真が物議を醸している。
    写真には、NEWS・小山慶一郎と思わしき人物が女性と写っており、ネットで大量拡散される事態に発展した。

    「写真には、カラオケ店のような場所で、小山と思われる人物がマイクを持ち、隣の女性の肩から腕を回して、
    胸のあたりを手で触れているかのような瞬間が写っています。

    その男性の顔はハッキリ写ってはいないものの、服装が過去のバラエティ番組で『小山の誕生日会』として紹介された写真の時とまったく同じだったことで、疑惑を深めています」(芸能記者)

    どういった経緯でこの写真が表に出たのかは不明だが、これ以外にも小山と加藤シゲアキと疑われる男性が女性と騒いでいる音声まで漏洩しており、ジャニーズファンの間では落胆する声が広がっているという。

    「小山といえば、過去にも乱痴気騒ぎの音声が表に出たり、新藤まなみ(元・太田希望)との熱愛疑惑などが浮上するなど、たびたびトラブルを起こしてきました。
    そのため今回の事態には、NEWSファンですら『さすがに小山のこと、もう無理かもしれない』 『デビュー15周年ライブを前に何やってるの!?』『小山メンバーって呼ばれるようなことだけはしないでよ』と辛辣な意見が殺到しています」(前出・芸能記者)

    もし今回の疑惑が事実だとすれば、ファン離れは避けられそうにない。

    https://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20180605/Asagei_105628.html

    【NEWS・小山慶一郎、“胸揉み”パーティー開催疑惑でファン絶望 】の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★ 2018/06/06(水) 16:06:49.21 _USER9
    NEWS小山・加藤が未成年女性に飲酒強要

    source : 週刊文春 2018年6月14日号

    ジャニーズ事務所のアイドルグループ、NEWSの小山慶一郎(34)と加藤シゲアキ(30)。
    小山は明大出身で「news every.」(日テレ系)のメインキャスターを務め、青学大出身の加藤は作家活動も展開する一方「ビビット」(TBS系)にコメンテーターとして出演するという、ともにジャニーズきっての“知性派”だ。

    今、この二人に騒動が持ち上がっている。二人が参加した飲み会の録音データがネット上に流出。
    そこには小山らしき人物の声で「○○(音源では実名)ターゲット! ○○ターゲット! の・み・ほ・せ!」と一気飲みを煽るかけ声が記録されているのだが、彼が煽った相手女性が、未成年だというのだ。

    週刊文春はその場に同席していた未成年女性・Aさんに話を聞いた。
    「これ、未成年飲酒で記事になるんですか?」と当惑するAさん。
    飲み会が行われたのは数カ月前の冬頃で、六本木の彼らの行きつけの店だったという。
    「二人に迷惑をかけたくない」という理由で詳細を明かそうとはしなかったが、酒を飲んだのか、という問いに対してAさんは頷いた。

    ジャニーズタレントを巡っては今年4月、元TOKIOの山口達也(46)が女子高生に酒を勧め、
    強制わいせつ事件(不起訴)を起こして退所に追い込まれたばかり。
    小山も加藤も、先輩の愚行に対し、それぞれの番組で厳しく批判した。

    ジャニーズ事務所は本誌の質問に対し、「音源にあるようなやり取りがあったことは認識」しており、「(小山・加藤の)両名とも事実関係の確認に対して素直に協力」している、とした上で、「相手女性からは20歳であると伝えられており、小山及び加藤において相手女性が未成年であるという認識はなかったとのことです」と回答。しかし本誌は女性が未成年であったことを確認しており、また小山は過去にも複数回彼女と会っている。

    詳細は6月7日(木)発売の「週刊文春」で報じている。また、「週刊文春デジタル」では、
    流出した飲み会の音声や小山への直撃取材の模様を収めた《完全版》動画を同日朝5時に公開する。

    img_6b7df7d00be6c091d189d31c2403f307343394

    週刊文春
    http://bunshun.jp/articles/-/7681

    【【文春スクープ!】NEWS小山・加藤が未成年女性に飲酒強要 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2018/05/28(月) 14:42:29.06 _USER9
     日本テレビが28日、東京・汐留の同局で定例社長会見を行い、強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予処分となった元TOKIOの 山口達也(46)の騒動で、福田博之編成局長は損害賠償などについては「しません」と否定した。

     福田編成局長は「放送する予定だったものをなくしたり、再編集している」と負担はあることは認めたうえで、「その費用負担については事務所の方から負担したいという話をいただいている」とジャニーズ事務所から費用負担の申し入れはあることを認めた。ただ「費用負担という事以外でも、きちんとしたお詫びもいただいていて、誠意をいろんな形でいただいている」とし、「損害賠償請求についてはしません」とキッパリと否定。「費用負担についてもお願いするのか、どの程度にするのかしないのか、今すぐに検討をしなければならないという段階にはない。今後、番組制作、事務所との付き合いの中で検討させていただきたい」とした。

     先月25日、山口が女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検されたことが発覚。同局は「当面の間、見送ります」とし「既に収録している番組については、山口メンバーの出演部分を編集して対応する予定」と発表。山口は今月1日に起訴猶予処分となり、6日にジャニーズ事務所から契約を解除された。

     同局には、TOKIOとして高視聴率番組「ザ!鉄腕!DASH!!」(日曜後7・00)をはじめ、山口個人でも朝の情報番組「ZIP!」 (月~金曜前5・50)の月曜・水曜パーソナリティー、「幸せ!ボンビーガール」(火曜後10・00)のMCとしてレギュラー出演していた。

     NHKは10日の定例会見で、被害者の女子高生と山口の出会いの場となったEテレ「Rの法則」の打ち切りを決定。そのことについて、山口やジャニーズ事務所に対する損害賠償請求を検討していることを明らかにしている。

    145767-451x356

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-00000109-spnannex-ent

    【日テレ 山口達也の騒動で損害賠償請求せず「誠意をいろんな形でいただいている」 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2018/05/10(木) 16:11:37.94 _USER9
     NHKが10日、東京・渋谷の同局で行われた定例定例会見を行った。元TOKIOの山口達也(46)が女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検(のちに起訴猶予処分)され、ジャニーズ事務所に契約解除となったことを受け、山口が司会を務めていたEテレ「Rの法則」
    (月~木曜後6・55)が打ち切りとなったことに言及した。

     担当者は番組終了の理由について、山口が番組スタート時からの司会を務めていたことを取り上げ、「番組のブランドイメージが大きく傷ついた」と断罪。さらに「番組が未成年の出演者が多く出演されているということで、総合的な判断で終了せざるを得なかった」と説明した。

     「Rの法則」は2011年4月にスタートし、7年間続いた番組が司会者の不祥事で打ち切られる事態となった。同局広報局は7日に、文書で「事件を受け、NHKとして総合的に判断した結果、番組の継続は困難であるとの結論に至り、本日(7日)、制作・放送を終了することを決めました」と説明。関係者によると、制作・放送終了の大きな要因は、この番組が山口と被害者の出会いの場になったことだという。

     事件が発覚した4月25日以降、この番組の放送を休止し、別の番組を放送していた。NHKの番組が4月の番組改編直後に打ち切りになるのは極めて異例。番組では、放送予定だったスピルバーグ監督のインタビューや、Mrs.GREENAPPLE特集もお蔵入り。最近では俳優の 小出恵介(34)が17歳の女性と飲酒・淫行騒動を起こし、主演したNHKのドラマ「神様からひと言」(昨年6月10日放送開始予定)が直前に放送中止になった例がある。

     この件ではNHKが小出の所属事務所に損害賠償を請求する事態に至っている。損害賠償について、担当者は「もちろん、NHKの番組は受信料で成り立っている。そういったことも検討している」と番組終了に伴う損害賠償を検討していることを明言。今後のジャニーズ事務所のタレントの同局の番組への出演は「どういった番組、どういった方に出演していただくのは個別の案件になる。ただちに、全事務所の部分と直結するとは考えていない」と、今のところ、変更はないとした。

    6702e89a

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00000128-spnannex-ent

    【NHK「Rの法則」打ち切りで、損害賠償も検討 】の続きを読む

    1: さくや姫 ★ 2018/05/08(火) 02:23:11.84 _USER9
    未成年者に対する強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予処分になっていたTOKIO山口達也について、所属事務所であるジャニーズ事務所は6日、契約解除したことを発表した。

     2日に開かれた山口以外のTOKIOメンバーの謝罪会見では、山口から辞表が提出されたことが明らかとなっていたが、判断保留のため辞表はリーダーである城島茂預かりに。その後、6日にあらためて山口本人から辞意の意思が伝えられたといい、ジャニー喜多川社長と城島が協議し、受理を決定したそう。

     当初、無期限謹慎処分と発表されており、山口自身謝罪会見で「TOKIOに席があるなら戻りたい」と口にしていたことから将来的な復帰も予想されていたものの、意外な展開に。ファンの間でも混乱が広がっており、中には、「SMAPの時の様に署名したいよね。山口達也くんがTOKIOに戻れるように」「納得いきません。山口くん復帰署名集めたい!」「復帰の署名とかあったら書きます!」とジャニーズ復帰を訴える署名活動を望む声も出てきている。

     しかし、署名活動に対し懐疑的なファンも決して少なくなく、「山口くんもTOKIOもせっかく覚悟を決めたのに署名はないわ」「4人を応援する署名なら賛同するけど、山口くんの退所をやめさせたいならやめて欲しい」「署名とか止めたほうがいいと思うよ。これ以上TOKIOの4人と山口くん、そして被害者の方に負担増やしてどうするの?」という厳しい声も見られる。

     「2016年にSMAPが年内での解散を発表した際、ファンの間ではグループの存続を願った署名活動や購買活動が行われました。結果的に署名は37万人以上集まり、シングル『世界に一つだけの花』は16年末までに累計売上300万枚を突破した経緯もありました。一部TOKIOファンはその再現をしたいようですが、SMAP解散と山口契約解除の性質はまったく異なるため、批判の声が多く上がっているようです」(芸能ライター)

     ファン同士の論争にまで発展してしまった今回の事態。契約解除が決定した以上、それが覆される可能性は限りなく低いだろう。ファンにとっては残念な結果になってしまったが、TOKIOの今後を応援し続けるのが山口のためにもなるのではないだろうか。

    20180426s00041000175000p_thum

    https://npn.co.jp/sp/article/detail/06677172/ 


    【山口達也ジャニーズ契約解除、ネット上で署名運動 ファンの間でも是非を問う声 】の続きを読む

    このページのトップヘ