中二病速報

    タグ:サッカー

    1: Egg ★ 2018/07/03(火) 06:14:24.99 _USER9
    【7月1日・ロストフ・アレーナ|決勝トーナメント1回戦 ベルギー 3-2 日本】

     防戦一方になりながらも懸命に耐え抜いた日本代表だったが……。あと一歩のところで、歴史を塗り替えるには至らなかった。

     試合は序盤からベルギーのロメル・ルカクを起点とした多彩な攻撃を展開したベルギーのペースで進む。日本は自陣に釘付けにされたが、吉田麻也、昌子源の両CBを中心に守り抜いた。そんななか、日本が均衡を破る。後半開始早々の48分に速攻から原口元気がネットを揺らすと、52分には乾貴士が鮮やかなミドルシュートを突き刺して追加点をもぎとった。

     その後、日本は、再びベルギーの猛攻にさらされ、瞬く間にスコアをタイに戻されてしまう。69分にヤン・ヴェルトンゲン、74分にマルアン・フェライニにネットを揺らされたのだ。そして、試合終了間際の後半アディショナルタイム4分にCKからの強烈な速攻をお見舞いされ、ナセル・シャドリに逆転弾を許した。
     
     この一戦を英公共放送『BBC』はどう報じたのか。「戦士の気質を示した」とサムライ戦士たちに賛辞を贈った。

    「日本の2ゴールはいずれも圧巻だった。とくにイヌイのそれはかなりブレていて、グレイトと言うほかない。彼らはベルギーの攻撃に釘付けとされた後も、何度か攻め入って、戦士の気概を示した。今大会はこれまでのワールドカップの中でも、驚異的な大会だ。誰もが延長戦にもつれ込むと考えていたなかでドラマが起きた。日本には心の底から同情する。だが、フットボールは勝利がすべてだ」

     最後の最後で強国ベルギーの軍門に降った西野ジャパン。それでも世界最高峰の舞台で、確かな爪痕を残したのは間違いない。

    20180703-00043357-sdigestw-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180703-00043357-sdigestw-socc


    【英メディア ベルギーに惜敗の日本代表を称賛!今大会はこれまでのワールドカップの中でも、驚異的な大会だ】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/07/02(月) 07:51:24.57 _USER9
    また、西野監督が取った采配について、海外メディアから批判されたことには「海外にとやかく言われるのは、ものすごいむかつくんですよね」と怒りをあらわに。

    「どっちが悪いとも思ってないですよ。でも、もし、どっちかを責めなきゃいけないとすれば、ポーランドでしょ。ポーランド、もっと(攻めて)こいよ、って話ですよね?」と語り、元サッカー日本代表でタレント、前園真聖(44)に尋ねた。

     さらに「これでワールドカップ終わりなわけだから、ポーランドは。もっとこいよ。ポーランドがもっときたら、こっちももっといけたわ、って部分はちょっとありますよね?」と付け加えた。

    前園は「そこも探り探りで。ポーランドは、決勝トーナメント進出なかったですから。ただ1勝して終わりたい、というのがあって。ポーランドとしても、あそこで攻めにいったら、もしかしたらやられてしまう、同点になって終わってしまうというリスクがあって。そこらへんの駆け引きがあったと思います」と説明。松本も、互いに思惑のある状況ゆえと納得していた。

    eb99b_456_5fb4c681a6cef71c2a3fe45b72f996a0

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14946478/


    【松本人志 西野采配への海外からの批判に「ものすごいむかつく」】の続きを読む

    1: ベクトル空間 ★ 2018/07/01(日) 12:52:48.99 _USER9
    お笑いタレントの明石家さんまが、 6月30日に放送されたMBSラジオの番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土曜22:00~)で、サッカー日本代表がワールドカップ・ロシア大会1次リーグ最終戦ポーランド戦の終盤にパス回しで時間稼ぎをした作戦について言及した。

    「俺は昨日の日本のサッカーは気に食わないっていうのがあるんでね」 「ベスト16にいったのことは大正解やから、西野監督は大正解のプレーをチョイスなされたんですけど、向かっていってほしかった。イエローカードの数でいけるかいけないかっていうルールもどうかなと思った。 イエローカードの数で勝てるっていうので40分からボールを回して行かないのはなんか…。負けてもええから行ってくれって」

    「ここまで盛り上げてくれたんですから、日本の国民を。だから予選通過よりも行ってくれ、サッカーをしてくれ、頼むって感じで、40分過ぎからNHKに切り替えてコロンビアVSセネガルを見たんですよ。
    まだ時間余ってるし、あれ同点にされたらえらいこと。
    同点にされなかったから西野監督のチョイスは正しいということなんですけど」

    「俺の生き様、明石家さんまの生き様としては、俺が監督なら『もう行け! もう1点とられてもいいから、
    ベスト16よりもサッカーを楽しめ』って言って行かしたい。
    だから俺が監督ならベスト16に行ってない。
    選手たちは納得しているのかしてないのか知らんけど、『西野監督の采配のおかげです』っていうコメントもあったりするやんか」と話した。

    https://news.mynavi.jp/article/20180701-657868/ 
    (●ぜんぶはリンク先みてください)

    index


    【【W杯時間稼ぎ】明石家さんま「俺の生き様としては、ベスト16よりもサッカーを楽しめと言いたい」 】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/07/01(日) 10:54:45.47 _USER9
    張本勲氏、ポーランド戦を「不本意」と発言した西野監督に「喝」…「言っちゃダメよ」

     野球評論家・張本勲氏(77)が1日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演し、 サッカーロシアW杯で日本代表のポーランド戦で、後半に時間稼ぎのためボール回しを指示した西野朗監督(63)に「喝」を入れた。

     張本氏は、決勝トーナメント進出に「サッカーファンとしては、ホッとしました」とし、時間稼ぎについて「答えは出ませんわね」とした。

     その一方で、「西野監督に喝」。その理由は試合後の会見での発言。「不本意だとか、苦渋の選択とか言っちゃダメよ、監督は。私が指示しました、それだけでいいんだよ」と訴えていた。

     時間稼ぎの采配に賛否両論が沸き起こっていることには、「どっちも正しいと思います。間違っていないですよ。両方、言い分がありますから」と繰り返し「ただ、スポーツは『しかし』、は困るんだよね。勝ったけども『しかし』、負けたけども『しかし』、は困るんだよ」と話していた。

     ポーランド戦で西野監督は、後半29分にコロンビアが先制した情報が入ると、フェアプレーポイント(FP)でセネガルに競り勝つことを狙いビハインドの状況にもかかわらず、長谷部誠(34)を呼び、指示を送った。同37分にピッチに入った長谷部は大声で他会場の状況を伝え、ボール回しを先導。あからさまな時間稼ぎに大ブーイングを浴びたが、0―1のまま試合を終わらせた。

    1

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180701-00000101-sph-socc


    【張本勲氏、ポーランド戦を「不本意」と発言した西野監督に「喝」「言っちゃダメよ」 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/07/01(日) 09:25:40.76 _USER9
    ロシアW杯で決勝トーナメントに駒を進めたサッカー日本代表の戦いの熱気が列島を包み込んでいるが、ひょんなことからモデル・藤田ニコルの発言が大いに注目を集めている。

     日本がまさにグループステージ最終戦のポーランド戦に臨む最中のことだ。突如、「ちなみに私はロシアとポーランドと日本のクォーター? ハーフ? だよ 笑」と綴り、開催地ロシアと対戦相手ポーランドを含んだ“1人W杯状態”であることを告白すると、「自分のはいってる血がW杯みたいな私は寝ますおやすみぃ」と連投したのだ。

    「今大会の日本代表に関わる2カ国を含んだクォーターという事実を明かしたにこるんには、『ニコルワールドカップ』『藤田ニコルチョフスキということですね』『今日の試合コンプリートやん』『まじ奇跡じゃん!笑』『にこるん、どこ応援するか迷っちゃうね』『ワールドカップ関係の国ばっかやん!』との返信が寄せられ、このタイムリーな発表は多くのファンを驚かせました。

    また、『純日本人にしか見えないです』『知らなかった…』との声も上がり、初耳だというファンも散見されました」(テレビ誌ライター)

     藤田は1998年のW杯イヤーにニュージーランドで生まれ、父親がロシア人とポーランド人のハーフというクォーター。そんな彼女の気になる応援国だが、ツイッターには愛犬と共にサムライブルーの健闘を見守る写真が掲載されており、やはり3歳から暮らす日本をプッシュしている様子。

     もしもW杯の決勝戦が日本vsロシアとなった場合、にこるんにとって非常に悩ましい展開となるかもしれない。

    (木村慎吾)

    アサジョ
    https://asajo.jp/54643

    no title

    【藤田ニコル、日本とロシアとポーランドの「W杯クォーター」を突然告白】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2018/06/30(土) 13:05:03.77 _USER9
    歌手の和田アキ子(68)が30日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」(土曜・前11時)で、サッカーW杯の日本代表について語った。

     日本が28日のポーランド戦で、試合終盤に時間稼ぎのためボール回しをした戦術に賛否両論がわき起こっている話題を紹介。
    和田は「今はもうなんて言うの。全部、国会を含めて、加計問題も、森友問題も、みんなサッカーで飛んじゃっていない?」と日本中がW杯で一喜一憂している状況について語った。

     「私みたいなにわかファンが増えているでしょう。私だって普段、サッカー好きじゃないけど、急に語っているもん。 寝ないで起きているもん」と力説。「これはヘタに言うと、日本を代表している選手たちに失礼なんですけど、ファンの人もロシアにまで行って、最後がああいうので、終わって、それで帰るっていうのは…(納得していないという)それなのに…っていう人もいたけれど、決勝に進むための道としてはこういうのもありなのかな…。もう少しうそっぽく動いてくれたら良かったというのはあるけど」と西野監督の判断に一定の理解を示した。

     「日本人として、今までああいうのはなかったと思うんですよ。日本はそういうことを(逆に)やられて、じっとこらえるサムライ魂みたいのが美徳とされていて…。 でも勝負の世界で、西野監督の采配は合っている。結果(決勝トーナメントに)行けるわけですから」と話した。

     さらに、ファンの対応についても言及。「国をしょって立つのは難しいね。素直に応援した方がいいのかも分からない。
    本当に思うのなら何があっても見守るのがファン。2か月しかたっていないけど、誰が西野監督で(決勝トーナメントに)行くと思いましたか?。
    応援しましょうよ。どんな形であれ、完全な反則じゃないんだから」と熱弁をふるった。

    20180630-00000096-sph-000-view

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00000096-sph-ent

    【【W杯】和田アキ子「誰が西野監督で(決勝トーナメントに)行くと思いましたか?応援しましょうよ」 】の続きを読む

    このページのトップヘ