中二病速報

    タグ:サッカー

    1: Egg ★ 2018/12/26(水) 18:13:21.80 _USER9
    サッカー元日本代表FW三浦知良(51)=横浜C=の妻で、タレントの三浦りさ子(50)が26日までに自身のブログを更新。
    次男・孝太さん(16)の初顔出しショットを披露し、「イケメン」と反響を呼んでいる。

    りさ子は「我が家はイブから次男が合宿でいないので、前日に姉二人の家族、両親達と皆でクリスマス会しました 今年の家族写真!」と明かし、
    カズと長男・良太さん(21)、孝太さんとの家族写真を公開。「いつも 次男は、目隠ししているのですが、いい加減俺だけ顔隠すのやめて!と文句を言われ もう16歳だからいいかな」と孝太さんの顔も披露した。

    りさ子は「か弱くもないし…逆にゴツい 家族で写真に収まってくれるだけでもありがたいとよく言われるのですが、大きくなるとそんなものですか?」とつづり、
    「我が家は、とにかくよく喋る家族です!!主人筆頭に負けないくらい次男も喋るし、長男も次男ほどではなくても よく話します

    次男の話は、まだ子供過ぎて突っ込まずにはいられないので疲れるけど、長男の話は、大人になったな~と聞いてて嬉しいです」と成長を実感していた。

    この投稿には「お子さん二人共、美男美女の御両親だけあってイケメンですね」「体格も立派でカッコよくてアイドルみたい」「弟君の可愛い事!!」
    「良太君の優しいお顔とはまた違って、次男らしい、男らしいお顔」「二男さんもカッコいい」などの声が寄せられていた。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00000050-sph-ent

    no title

    【三浦りさ子 カズ似の次男を初顔出し「イケメン」「アイドルみたい」と反響 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/13(木) 12:31:38.60 _USER9
    今年5月にヴィッセル神戸への電撃加入を果たし、Jリーグのみならず世界中のサッカーファンを驚かせた元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、日本での約6か月間の生活で何を思っていたのだろうか?

     約22年間在籍したバルセロナとの契約満了後、神戸に入団したスペイン・サッカー界の“巨星”は、14試合出場で3得点・3アシストという戦績ながら、他を圧倒する技巧と創造性溢れるプレーを披露。またピッチ外では、スターを気取る素振りが一切ない紳士的な人柄で、多くのファンを魅了した。

     約半年で日本人のハートを鷲掴みにしたイニエスタは、12月1日のJリーグ最終節後にスペインへ帰国。現在は母国で束の間の休息を過ごしている。

     初めて異国での生活を経験した天才司令塔は、現地12月11日に『Ariel』社のプロモーションイベントに参加。そこで日本で抱いた想いを語った。その言葉をスペイン紙『Marca』がまとめている。

    「日本について? 僕は、全てのことに驚かされたよ。何よりも平和なことにね。人々は穏やかで、イライラしていないから、ストレスを感じることがなかった」

     その国民性と治安の良さを称え、日本での生活が良好であると語ったイニエスタ。キャリアの晩年を迎えたタイミングで新たな挑戦を決意した34歳にとって、あらゆる面でJリーグ入りは成功だったようだ。

    20181213-00010005-sdigestw-000-view

     サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181213-00010005-sdigestw-socc


    【イニエスタ「日本について?全てのことに驚かされたよ 何よりも平和」】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/01(土) 08:42:22.23 _USER9
    元なでしこジャパンの丸山桂里奈が、30日放送の『金曜☆ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に出演。
    経験人数をズバリ答える一幕があった。

    この日の企画は「NGなし女性タレント全員集合SP」。鈴木奈々や藤田ニコルなど、どんな仕事も嫌がらずに挑むタレントが集まり、お互いの本音をぶつけあった。

    その中で鈴木は丸山をライバル視。「芸能界の中で今一番ぶっちゃける芸能人だと思います」と脅威を感じていると告白。
    藤田からも「何も隠さなすぎてる」と指摘された。

    ロンドンブーツ1号2号田村淳から「丸山さんに何か聞きたいことありますか?」と言われると、バカリズムが「結構いろいろなこと言ってると思うんですけど、例えば経験人数とか?」と質問を提示。

    すると丸山は「7人です」と即答。これに対しバカリズムは「すっと言いましたね……何の躊躇もなく」と驚き。
    だがこれに対抗心を燃やしたのか鈴木が「言わせてください!」と懇願。経験人数は「6人です」と答えていた。

     RBB TODAY 
    http://news.livedoor.com/article/detail/15675068/

    maru

    no title

    【丸山桂里奈、経験人数はズバリ7人! 鈴木奈々は6人! 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/27(火) 22:00:03.69 _USER9
    野球評論家の張本勲氏と関口宏が11月25日放送の「サンデーモーニング」(TBS系)にて、赤っ恥ものの勘違い発言を行ったとして話題になっている。
    同番組での張本氏の発言は、これまでにも「的外れ」「間違っていて恥ずかしい」との声が上がったことがあるが、今回も赤面ものの発言をしてしまったようだ。

    この日の放送で2人が論じたのは24日に行われたJリーグ・清水エスパルス対ヴィッセル神戸について。この試合を簡単に説明すると、結果は3対3の引き分け。
    ただレフェリーの未熟なジャッジによって試合が荒れに荒れ、2人の退場者を出す結果となった。後半アディショナルタイムにはラフプレイの連発でけが人が続出。
    しかも神戸のウェリントン選手とポドルスキ選手が怒りを爆発させ、清水のベンチに乱入してコーチや控え選手を巻き込んだ大乱闘へと発展した。
    後半アディショナルタイムは結果的に19分になり、これまで見たこともない異常な長時間となった。

    この乱闘を張本氏は「ありがちなことですよ」と問題にせず「私はよくやりました。乱闘を」と言って、おなじみの喝を出さなかった。

    「乱闘が一種のショーになっているプロ野球と、サッカーを一緒にしないでほしいというのがサッカーファンの総意です。
    サッカーにおいて乱闘は恥ずべき行為。
    昨年、アジア・チャンピオンズリーグで韓国の済州ユナイテッドと浦和レッズが対戦し、敗戦が濃厚になった済州の控え選手がピッチに乱入して浦和の阿部選手に暴行。
    試合後に済州のスタッフが小競り合いを起こす暴行事件がありましたが、世界中で『済州の行為は恥』と報じられました。
    韓国のメディアですら同様に報じたほどです。張本氏の発言は完全に的外れと言っていい」(サッカーライター)

    さらに司会の関口宏はこの試合を「清水と神戸でしょ。そんなにエキサイトしなくてもいいのに」と発言した。
    試合開始前の順位は清水が7位、神戸が12位。優勝はすでに決定、残留争いに巻き込まれているわけではない両チームが何をそんなに必死になる必要があるのかと切り捨てたのだ。

    「これは無知ゆえの赤っ恥発言でしょう。神戸は今シーズン、アジアナンバーワンクラブを目指すと発表し、元スペイン代表のイニエスタを獲得しました。
    選手とチームにかかるプレッシャーは大きいものがあります。

    アジア・チャンピオンズリーグに出場できる3位以内は逃したものの、1つでも上の順位を目指していました。手を抜くことなんてできませんよ。
    さらに4年間GKコーチを務めた藤川孝幸コーチが15日に胃がんで亡くなっています。神戸は喪章をつけて試合に臨みました」(前出・サッカーライター)

    一方の清水にも絶対に負けられない理由があった。

    「清水のゼネラルマネージャーで取締役副社長の久米一正さんが試合の前に亡くなっています。
    清水も喪章をつけて試合をしています。
    久米さんの想いに応えるためにも絶対に負けられない試合だったんです。
    それなのに『エキサイトするような試合ではない』という関口さんの発言は許せません」(前出・サッカーライター)

    サポーターからは「ろくに知りもしないくせに偉そうに語られて腹立たしい」「浅い知識で上から目線。
    これぞ老害」という意見が上がっている。
    サンデーモーニングの同コーナーは張本氏が問題発言を連発。世間の批判を集めることで視聴率を稼ごうとしている「炎上商法」ではないかと疑われたことがある。
    今回、サッカーファンはその思惑にまんまと乗せられてしまったのかもしれない。

    アサ芸プラス
    http://dailynewsonline.jp/article/1587755/

    00169c17


    【張本勲と関口宏が赤っ恥発言!「サッカーを語るな」の大ブーイング 】の続きを読む

    1: 3倍理論 ★ 2018/11/21(水) 03:02:54.73 _USER9
    元AKB48のタレント・高城亜樹(27)が、サッカーJ1鳥栖のDF・高橋祐治(25)と真剣交際していることが20日、分かった。

     複数の関係者によると、数年前に知人の紹介で知り合い、高城が高橋の誠実な人柄に好意を寄せ、真剣交際に発展したという。交際期間は1年以上になる。
     高城は初夏の京都旅行などで愛を育み、今季は何度もスタジアムに観戦に訪れ、声援を送った。仕事のない時には佐賀・鳥栖市内に滞在し、全力で高橋をサポートしているという。市内では、2人が食事デートをする姿が目撃されていた。

     高城の所属事務所はこの日、「本人から、とても良いお付き合いをさせていただいていると報告を受けております。2人の行く末を見守っていきたいと考えております」とコメントし、交際を認めた。
     高城はAKB48の6期生として活躍。テニスが得意で健康的な一面が人気となり、11年の選抜総選挙では最高の12位を獲得した。12年にJKT48に移籍(その後AKB48と兼任)し、16年にグループを卒業。現在はタレントとして活動している。

     高橋は身長187センチのイケメンセンターバック。空中戦に強く、U―18からU―20まで各世代の代表に名を連ねた。今季はリーグ戦24試合に先発出場し、守備の要として活躍している。姉の高橋メアリージュン(31)はモデルと女優、高橋ユウ(27)はタレントとして芸能界で活動中だ。
     J1のリーグ戦は残留争いが激化。鳥栖は現在15位。14位・湘南、16位・名古屋とは勝ち点37で並んでいる。残り2試合を勝って高城に「残留」をプレゼントしたいところだ。

     ◆高橋 祐治 (たかはし・ゆうじ)1993年4月11日、滋賀県出身。25歳。ポジションはDFで、元U―18、19、20日本代表。京都サンガU―15、18を経て12年に京都でトップ昇格。ブリスベン(豪州)、讃岐などを経て今季から鳥栖に加入。9月の広島戦でJ1初ゴールを決めた。ニックネームはユウジ、タカ。趣味はライブ鑑賞。187センチ。80キロ。血液型A。

    ◆高城 亜樹(たかじょう・あき)1991年10月3日、東京都出身。27歳。6歳まで北九州市で育つ。2008年「AKB48 第三回研究生オーディション」に合格。14年テレ東系「SAVEPOINT」でドラマ初主演。16年「カサネ」舞台初主演。同年5月AKB48での活動終了。好きなスポーツはテニス。趣味はお菓子作り。身長167センチ。血液型B。

     ◆サッカー選手と女性芸能人のカップル
     「キングカズ」こと三浦知良(V川崎)は、モデルだった設楽りさ子に猛アタックし、93年8月に結婚、今年銀婚式を迎えた。長友佑都(イタリア・インテル)と女優の平愛梨は共通の知人のタレント・三瓶がキューピッドとなり17年1月に結婚。柴崎岳(スペイン・ヘタフェ)と女優の真野恵里菜は、1年半の遠距離恋愛を実らせ、今年7月にゴールインしている。(選手の所属は当時)

    20181121-00010000-spht-000-view

    https://news.yahoo.co.jp/pickup/6304039

    【元AKB・高城亜樹&J1鳥栖・高橋祐治が熱愛 交際期間1年以上、何度もスタジアムで応援 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/10/23(火) 08:51:44.32 _USER9
    おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務めるトークバラエティ 『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#87(毎週月曜よる9時~) が10月22日、AbemaTV(アベマTV)にて放送。
    元サッカー選手・丸山桂里奈が、ロストバージンを母親に告げていたことを明かした。

    no title

    丸山は母親に対して、「終わった後じゃなく、『きょう行ってきます』と(言った)」と、“ロストバージン予告”をしていたことを告白。
    「お父さんにはさすがに無理でしたけど」と語り、おぎやはぎの2人を驚かせた。

    その時、丸山の母親は「とうとう来たね」という反応だったそう。
    「大学の時だったので、『もっと早くこういうことがあっても良かったんじゃないか』と思っていたと思う」と母親の気持ちを想像していた

    AbemaTIMES
    http://news.livedoor.com/article/detail/15484258/


    【丸山桂里奈、ロストバージンを母親に報告「きょう行ってきます」 】の続きを読む

    1: 真実は一つ ★ 2018/10/20(土) 20:47:49.29 _USER9.net
     オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリーに所属するMF本田圭佑がオーストラリア『シドニー・モーニング・ヘラルド』のインタビューで、日本での生活について言及した。

     メルボルン・ビクトリーは20日、リーグ開幕戦でホームにメルボルン・シティーを迎える。同紙はダービーマッチを前に本田を特集。その中で元日本代表レフティーは、「僕は日本という国やその文化が好きです」と前置きし、母国での生活に関して次のように話した。

    「僕は日本で暮らすのがあまり快適ではありません。規則がたくさんありますからね。子供の頃、学校で失望しました。先生や他の多くの人から『あれもダメ、これもダメ』と言われたんです。僕はいつも『なぜ?』と考えていました。そこは自由ではなかった。僕は自由が好きです。他人を気にしないアメリカが好きです。賛否両論があるかもしれないですが」

     日本での少年時代の葛藤を明かした本田だが、海外でプレーする現在も可能な限り年末に帰国し、疲れを癒やしているようだ。
    「僕は温泉にハマっています。箱根を知っていますか? 東京から1時間で行けるので非常に便利です。とても素晴らしくてリッチで、温泉の中でお酒を飲むことができます。いいですよね?」とオーストラリアの人々に向けてオススメのスポットも紹介した。

    20181020-03197662-gekisaka-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181020-03197662-gekisaka-socc

    【本田圭佑が日本での葛藤を告白 「日本で暮らすのがあまり快適ではありません」】の続きを読む

    このページのトップヘ