中二病速報

    タグ:ゴルフ

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/06(土) 08:33:57.80
    上田桃子プロのポッケの中で手をつなぐ二人。よっぽど嬉しいのか、本誌が見ていた限り彼はずっとニコニコだった

    庶民的な定食屋や芸能人好みの隠れ家レストランが混在する麻布十番商店街(港区)は、都内有数の人気スポットだ。

    寒風吹きすさぶ2月下旬のある夜も、平日ながら大混雑。主婦やサラリーマンに混じって大御所俳優がスーパーで買い物をするこのカオスな街を、珍しいカップルが歩いていた。

    白いパーカに厚めのコートを重ね着した女性はマスクで顔の半分を覆っているものの、特徴あるキリリとした瞳と眉が丸見え。即座に美人女子プロゴルファーの上田桃子(32)と判明した。

    隣を歩くのはM・ジョーダンのパーカにスニーカーというアスリートファッションでキメた長身のイケメン。フードからのぞくカレの顔は、"次世代イケメン"として人気のモデル、杉野遥亮(ようすけ)似だ。

    なんとも初々しいことに、二人は上田プロのポケットの中で手をつないでいた。ま、寒い夜だから……。

    歩みを進めながら、見つめ合い、笑い合う姿はじつに幸せそう。途中、二人はアイコンタクトを交わして、コーヒーショップに立ち寄った。

    仲良くドリンクをテイクアウトすると、再び手をつないで上田プロのポケットにチップイン。寒さを吹き飛ばすほどのアツアツぶりで、彼女のマンションへ向かうのだった。

    上田プロが今季のツアー初戦となる「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」出場のため沖縄入りしたのはこの数日後。ハワイや沖縄での合宿の合間の、貴重な逢瀬だったのである。

    「’07年に史上最年少で賞金女王に輝いて以来、上田はトップから遠ざかっています。課題は何か。本人はメンタルだと考え、『ガマン』をテーマに練習を重ねていました。
    最近、上田の表情が凄く明るくなっていたから、『練習の成果が出ているんだな』と思っていたら、先日の『Tポイント×ENEOSゴルフトーナメント』で見事に優勝。
    しかも、最終日に原因不明の右手中指の激痛に襲われながら、逆転で勝った。よほどメンタル強化がうまくいったんだなと思っていたんですが――心の支えとなるイケメンがいたってわけですね(笑)」(ゴルフ専門誌記者)

    イケメンが彼女のポッケの中で握っていた左手が、上田プロに2シーズンぶり14度目の優勝をもたらしたと思うと、本誌も感慨深い。彼女の活躍を支えるイケメンはいったい、何者なのか?

    「親しくさせていただいている方だと聞いています。もう32歳の大人の女性なので、プライベートは本人に任せています」(上田の所属事務所)

    頼もしいパートナーを得て、12年ぶり賞金女王返り咲きが現実味を帯びてきた。

    FRIDAYデジタル
    http://news.livedoor.com/article/detail/16274969/

    no title

    no title

    no title

    no title



    【【FRIDAY】女子プロ上田桃子 長身イケメンと「ポッケの中で手つなぎ」デート 】の続きを読む

    1: ネイトのランプ ★ 2019/03/07(木) 17:44:31.97
    <女子ゴルフツアー:ダイキン・オーキッド・レディース>◇第1日◇7日◇沖縄・琉球GC(6514ヤード、パー72)◇賞金総額1億2000万円(優勝2160万円)

    19年の国内女子ツアーが、華やかに幕を開けた。

    注目はフィギュアスケートから転身した熊谷かほ(23)。QT15位の資格で今季からレギュラーツアーに本格参戦する。インスタートの前半は1バーディー、3ボギーで59位だった。

    昨季の下部ツアー賞金女王で、今季の前半戦の出場権を得た河本結は74でホールアウトした。

    昨夏のプロテストに合格した脇元華、昨年からツアーを盛り上げている三浦桃香らも出場。この日は風速7メートルを超える強風の中で、大会を彩った。

    https://www.nikkansports.com/sports/news/201903070000422.html 

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【国内女子ゴルフが開幕 美女プロゴルファー写真特集 (画像) 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2018/11/15(木) 00:45:31.77 ● BE:887141976-PLT(16001)
    中国出身の女子ゴルファー、ヘ・ムニ(19)選手が今注目を浴びている。LPGAツアーデビューを控えており、そんな彼女のInstagramの画像が爆発的に人気を得ている。

    それは彼女のスタイルと美貌だ。Instagramのフォロワーここ最近で急激に増えており既に16万人を超えている。

    ヘ・ムニは中国四川省出身でカナダの中学に通ったあとにアメリカ、カリフォルニア州の高校を通う。
    その後ゴルフ選手として活躍した彼女はしばらく休学し、昨年12月にプロに転身。

    成績も好調で優勝1階、賞金ランク24位となっている。2019LPGAツアーのために予選シリーズを行い、シリーズを27位で終えてLPGAツアー新人資格を得た。

    普段のゴルフをしている姿だけでなく水着の姿などプライベートも掲載されている。

    http://gogotsu.com/archives/45175

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【中国のセクシーゴルファーが話題に インスタのフォロワーが急増中 水着姿も(画像あり) 】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/06/27(水) 04:14:07.49 _USER9
     大相撲の元関脇で東前頭2枚目の勢(31)=本名・東口翔太=と女子ゴルフで国内ツアー4勝の比嘉真美子(24)が今秋結婚することが26日、わかった。2人は2015年に知り合い、17年6月に婚約。2人の誕生日である10月11日に婚姻届を提出する。挙式の日取りは未定。現在賞金ランク3位の比嘉は競技を続けるが、将来は独立して親方となる意向を持つ勢を、おかみさんとして支えていくことになる。

     人気と実力を兼ね備えたアスリート同士が愛を育んでいた。幕内力士の勢と女子ゴルフの比嘉が今秋結婚する。2人はサンケイスポーツの取材に、互いの誕生日である10月11日に婚姻届を提出することを認めた。

     勢「縁があって出会わせていただきました。誕生日も一緒で運命です。これからも彼女を命を懸けて守っていきます」

     比嘉「勢関とは誕生日が一緒で、出会う前から気に留めていた力士でした。初めて会ったとき、何かこの人と一緒になるかもしれないと思いました。付き合い出すころは前を見て、結婚を見据えていました」

     2人が初めて出会ったのは2015年5月、比嘉が初めて大相撲観戦に訪れた夏場所(両国国技館)だった。共通の知人に紹介されてすぐに意気投合。勢がゴルフ好き、比嘉が大の相撲ファンということもあって、交流を深めてきた。

     16年8月に交際がスタートし、1年後の17年夏に婚約。勢は人気ジュエリーブランド、ハリー・ウィンストンの約1000万円の婚約指輪を贈り「2人にとって特別な日。この日しかない」(比嘉)というバースデー婚を決めた。

     大阪・交野市出身の勢は05年春場所で初土俵を踏み、12年春場所で新入幕。16年夏場所では関脇に昇進した。真っ向勝負の取り口が多くの相撲ファンに支持され、そのイケメンぶりで女性の人気も高い。

     沖縄出身の比嘉はプロ2年目の13年に2勝をマーク。だが、15年は極度のスランプに陥り、シード権を喪失した。16年も予選落ちが続いたが、勢との交際直後から調子を戻し、賞金ランク34位でシード権を獲得。婚約直後の17年8月の「NEC軽井沢72」で4年ぶりの優勝を飾り、今季も3月に1勝。どん底の時期を支えた勢の存在があっての完全復活だった。

     生涯の伴侶を得た勢も今年3月の春場所で11勝を挙げ、夏場所も8勝7敗と勝ち越し。7月8日初日の名古屋場所では16年夏場所以来となる三役復帰が狙える位置まで戻ってきた。

     三役経験のある幕内力士と現在賞金ランク3位という、トップアスリート同士のビッグカップルが誕生。勢は年寄名跡の取得もメドが立ち、引退後は部屋持ち親方として後進を育てたいとの意向を固めている。比嘉は結婚後も現役を続け、賞金女王、メジャー大会制覇を目指していくが「持っている力を最大限に使って、彼を支えていければ」と、将来はおかみさんへの“転身”にも意欲的。二人三脚で部屋を切り盛りしていくことになる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00000506-sanspo-spo

    no title

    【勢、比嘉真美子と結婚 約1000万円の婚約指輪贈り大金星ゲット! 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2018/06/21(木) 14:05:29.69 _USER9
     2017年シーズンで現役引退した女子ゴルフの宮里藍さん(33)が21日、ブログを更新し結婚を発表した。

     「ご報告」というタイトルでブログを更新し、「いつも応援して頂きありがとうございます。今日は突然の報告になる事をお許しください。この度、
    私事ではありますが、兼ねてからお付き合いしていた方と6月19日に入籍致しました。私がアメリカに渡ってから彼と出会い、いい時も悪い時も
    現役生活を最後まで支えてくれた彼には本当に感謝しかありません。これからは、私自身が成長していきながら、また1人の女性としても彼を
    支えていけるよう、温かい家庭を築いていきたいと思います。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。平成30年6月21日 宮里藍

    20180621-00000112-sph-000-view

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000112-sph-golf

    【宮里藍が誕生日に結婚 お相手はマネジャーの年上一般男性】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/06/21(木) 07:23:00.01 _USER9
     賞金王に5度も輝いた過去の実績が、彼にでかい顔をさせてしまうのか――。招待客とのプレー中に、紳士らしからぬ態度で接したプロゴルファーの片山晋呉(45)。激怒した相手は嫌気が差して、プレーを取り止める事態に発展してしまった。が、なにもでかい態度は今回だけではなかった。

     その前代未聞の“事件”が起きたのは、5月30日。「日本ツアー選手権森ビル杯」(宍戸ヒルズCC)の開幕前日に開催された、プロアマ戦でのことだった。

     ゴルフ担当記者が言う。

    「片山選手とアマチュア3人の計4人でスタートし、1ホール目のグリーン上ですぐに問題は起きました。片山選手が、アマたちのプレーに目もくれず、自分のパッティング練習を行っていたというのです」

     さらに、全員がホールアウト後も、片山は練習を止めない。それどころか、“まだ前が詰まっているじゃないですか”とダメ押しの一言。翌日のトーナメント戦に備えてか、黙々と練習を行っていたという。

    「そこで、アマチュアの1人が激怒し、プレーを止めてしまったのです。怒鳴り声は隣のホールにも響くほど。プレーヤーは、クラブハウスに戻ってから、受付で“青木会長を出せ”と怒りが収まらないようでした」(同)

    ティーショット4、5発

     プロアマ戦には、大会スポンサーの関係者や取引先が参加。選手との親睦を深める、いわばファンサービスの一環で、大会維持のための重要なイベントになる。

     プロアマ戦の参加経験を持つ関係者によると、

    「以前、彼のプレーを見たことがありますが、他人には関心がなく、パッティング練習は当たり前。ティーショットもOBでないのに4、5発打つことも。アマにアドバイスもしないし、プロアマ戦で一緒に回りたくない同伴プロの筆頭です」

     他の選手でも今回のような姿は珍しくないが、群を抜くのが片山だという。さらに、彼にはファンサービスの精神もないようだ。

     前出のゴルフ記者は、

    「試合後、ギャラリーがクラブハウスで選手にサインを求めるのですが、片山は調子が悪いと、別の入り口から入ってしまう。そんな選手は彼ぐらい」

     ゴルフジャーナリストの児島宏氏によると、

    「男子は、80年代のピーク時に46試合あった大会が、23試合に激減。その点、女子は38試合もある。違いは、ファンサービスをおろそかにし、スポンサー獲得に力を入れてこなかった結果です。女子は、アマチュアとは会話し愛想良く接するよう指導されていますが、男子は徹底されていなかった」

     そんな状況を打開しようと、男子ゴルフツアーを主管する日本ゴルフツアー機構(青木功会長)は、ここ数年プロアマ戦に力を入れてきた。その矢先に起きたわけで、機構は調査委員会を設置し、6月中にも処分を下す方針だ。日本プロゴルフ協会会長の倉本昌弘氏は、

    「僕の見ている限り、彼は礼儀正しい人間ですが、過去にもプロアマ戦での振舞いについて悪い話を耳にしたことがあります。その時、誤解されないようにすべきだと伝えると、彼は“そんなつもりではない”と言っていました。今回の件は他人が自分の行動を悪く受け止める場合もある、ということを学ぶ機会。人間的にも成長して貰って名実ともゴルフ界の宝になってほしい」

     賞金を稼いで、でかい顔できるのもファンやスポンサーあってこそではないか。

    「週刊新潮」2018年6月21日号 掲載

    20180621-00544022-shincho-000-view

     デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180621-00544022-shincho-golf

    【【週刊新潮】前からだった「片山晋呉」の“でかい顔” サービス精神の欠如 】の続きを読む

    このページのトップヘ