中二病速報

    タグ:アナウンサー

    1: ばーど ★ 2018/05/28(月) 07:49:02.66 _USER9
    ■何度も声を詰まらせ、嗚咽

     さる放送関係者は視聴中、「放送事故が起きたのか!?」と息を呑んだという。異変はTBSの安住紳一郎アナウンサー(44)の冠番組「安住紳一郎の日曜天国」(TBSラジオ/毎週日曜)で起きた。

    ※中略

     16分が過ぎると、「職場でのお菓子の分け方」に関する投稿メッセージを読み、トークも一段落。すると安住アナは「私も放送局で仕事をしてから、とても好きなエピソードがあるんですが」と切り出した。
    .
    ■「煎餅ネタ」でスタジオは爆笑

    ※省略

    ■「すいません、ちょっと待ってください」

     ところが、この後に突然、異変が生じる。

    安住アナ(以下、安住):そう簡単にね(田中アナを)許さないと意固地になっていた私も、2人の険悪な空気を察して余計なことを言わないようにしていた安東さんと、若いなりに孤立する覚悟で自分を貫こうとしていた、まあ若手、当時の田中さんと、それぞれの意地があったわけですけどもねえ。えー、それぞれの考えがあったんですけど、職場のお菓子の誘惑に負けて、それぞれが意地を曲げるというね。

    中澤アナ(以下、中澤):そうですね、お菓子、偉大ですね。

    安住:お菓子、偉大ですよ。

    中澤:うん。

    安住:あんなに鼻っ柱の強い田中みな実さんの気持ちを、お煎餅が曲げたんですから(中略)。皆さんから「ずるい話」お待ちしています(笑)。

    中澤:メッセージの受付、電話番号は……(中略)。抽選で5名の方に「にち10ノート」を、3名の方には「カルピスセット」をプレゼント。さらに、メッセージを紹介した全ての方にオリジナルポストカード、水彩画家・永山裕子さんの製作による「青い毛糸の物語」をお送りします。今日のテーマは「ずるい話」、皆さんからのメッセージ、お待ちしています。

    安住:さて、内輪の話を、もう1つ恐縮なんですけども、もう1人、あのー、後輩の話をしたいと思います。

    (※突然、約9秒沈黙、BGMだけが流れる)

    安住:すいません、ちょっと待ってください(※震え声)。
    .
    ■「友人とか家族の別れとはまた違いまして」

    (※約4秒沈黙の後、息を吸い、咳払いをする音)

    安住:もう1人、あの後輩の話をさせてください。あのね……。

    (※約6秒沈黙)

    安住:もう1人、あの、川田亜子という女性アナウンサーが私の後輩におりまして……(※やはり震え声)。ちょうどね、あの……。彼女が死んだのが2008年、命日が5月25日なので、ちょうどね、あの、一昨日で亡くなって、丸10年ということなんですよね、早いですよね。そう……。

     ラジオの途中だが、ここで少し、記事として補足させていただく。故・川田亜子アナは1979年生まれ。02年にTBSに入社した。

     安住アナは73年生まれだから、年齢も入社年次も完全な後輩だ。TBSではバラエティに強いアナウンサーとして人気を呼ぶ。しかし、報道指向が強かったこともあり07年に退社。そして情報番組「サタデースクランブル」(テレビ朝日系列)で念願のキャスターを務めた。

     だが、08年5月25日、自宅近くの路上に駐車していた車の中で練炭自殺。遺書も残されていたというが、その理由を巡っては様々な報道が行われた。今でも記事が報じられることも少なくない。

     話を元に戻そう――。安住アナは苦しそうな口調で「友人とか家族の別れとはまた違いまして……」と絞りだすように話し続ける。

    ■「少し突き放してしまった」

    安住:後輩のね、別れというのは、ずっと考えて、しまいます。あの、本当に、もう少し何かできたんじゃないかなということを10年、変わらずずっと考えています……。10年経っても、またね、どこかで会えるんじゃないかな、というような感じをずっと持っています。

     さっきね、あの、アナウンス部の部屋の中の話したんですけれども、それも同じ部屋の中の出来事だったんですけど、彼女が、まあちょっと、仕事のやり方が少し強めだったということもあって、少しやっぱり孤立していた時期があってね。

    以下全文はソース先で

    ■「ぜひ、たまに、思い出してやってください」

    ■「自死は遺された周囲の人間にも大きな傷になる」

    no title

    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180528-00542814-shincho-ent&p=1

    【【新潮】TBS「安住紳一郎アナ」がラジオ生放送中に嗚咽 故・川田亜子アナへの心情を吐露】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/05/28(月) 01:07:27.03 0
    田中みなみ(青山学院大学)「夢はアナウンサー!高い倍率をくぐり抜けるために強みを作っていきたい」
    https://bigakusei.com/binan-bijo/20465/

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    田中 みなみ(たなかみなみ)
    青山学院大学経済学部現代経済デザイン学科2年生

    生年月日 1997年5月12日
    出身地 三重県
    憧れの人 藤本万里乃
    チャームポイント 体の柔らかさ
    異性を落とすコツは? これから身に付けます(笑)
    性格を一言で表すと? 明るい
    主な活動 MISS CIRCLE CONTEST(ミスサークルコンテスト)2017-2018準グラプリ

    【青山学院大学2年の田中みなみさん 将来の夢はアナウンサー ミス青学にも挑戦したい(画像) 】の続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/05/27(日) 03:21:15.68 _USER9
    “逆ギレ司会者”にも一分の理…アナウンサーは取材者なのか出演者なのか

    いつの頃からだろうか。大型会見のたび、テレビ各局のニュース番組、ワイドショーが自らの番組のキャスターやアナウンサーの質問する様子を競うように流すようになったのは―。

    本来の主役である会見者の答える映像の前にセットで流されるマイクを持って質問する“番組の看板たち”の顔、また顔。ふと、その会見の主役が誰だったのかを忘れそうになる。

    そう思ったのは、25日に行われた日大の大塚吉兵衛学長(74)の緊急会見を取材した時のことだった。
    アメリカンフットボール部の選手が悪質な反則を犯した問題で約300人の取材陣の前に現れた大塚学長は一連の騒動について謝罪。後手後手に回った同大の対応についても頭を下げた。

    大塚学長は、23日の内田正人前監督と井上奨コーチの会見で司会を務めた同大広報部顧問の米倉久邦氏の司会とは思えぬ不遜な態度についての質問にも回答。
    同氏の取材陣に対する「しつこいですよ」「(会見を)見ていても見てなくてもいいんです」「監督、話さないでください」などの“暴言”への率直な感想を求められると、まず「難しい」。そうポツリとつぶやいた。

    同氏の暴走の理由を「想像でしか言えませんけど、番組ごとに同じ会社(放送局)が別の画(映像)を撮りたがっている。同じ局なのに、3つ4つクルーが分かれていて(同じような質問を繰り返して)イラッとしたのかな」と推測。
    その上で問題の会見後、米倉氏と話したことを明かし、「『なんで、あんな声が出たんですか』と聞いたら、『番組ごとに画を撮ってるんだ。テレビ局は別の画が欲しいんだよ』という答えでした。そういうことで、ああいう対応が出たんではないかなと」と続けた。

    「危機管理の面から(米倉氏の)司会ぶりはまずかったのでは?」と聞かれると、「ご指摘されているように、マスコミ側から見たら、無責任だということになるけど、なかなか難しいんで。白黒つけるのは難しい。
    態度としては良くなかったけど、内田監督の体調とかを気遣って、ああいう態度が出てしまったのではと感じているところです」と淡々と答えた。

    謝罪するために日大側から呼びかけて集めた取材陣に対する米倉氏の態度は決してほめられたものではないし、会見でも指摘された通り、守るべき日大の「ブランド」を大きく傷つけたことは間違いない。

    ただ、大塚学長の「同じ局なのに、3つ4つクルーが分かれていて、イラッとしたのでは」という言葉に納得してしまう自分がいたのも確かだ。

    >>2に続きます。

    2018年5月26日11時0分 スポーツ報知 
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/column/20180526-OHT1T50053.html 

    日大広報部・米倉久邦氏 
    no title


    【【アメフト】“逆ギレ司会者”にも一分の理 アナウンサーは取材者なのか出演者(表現者)なのか 】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2018/05/27(日) 01:29:31.40 _USER9
    お笑いタレントの明石家さんまが、26日に放送されたフジテレビ系バラエティ特番『さんま&女芸人お泊まり会~初めて後輩に語る、62年走り続けた男の人生哲学~』(21:00~23:40)で、フリーアナウンサーの加藤綾子について「付き合いたいし、抱きたい」とぶっちゃけた。

    さんまと女芸人17人が1泊2日の箱根旅行を繰り広げながら本音を語る同番組。
    「明石家さんまの噂話検証」コーナーでは、おかずクラブのオカリナが、さんまに関する噂が本当かウソか本人に直撃した。

    「カトパンと付き合っているって本当?」と加藤アナとの噂についてオカリナが尋ねると、さんまは「付き合いたいし、抱きたい」と願望を告白。
    女芸人たちが「抱きたい!?」とざわざわすると、「当たり前やんか、抱きたいやろ、あれくらいのクラスの女やったら」と話した。

    また、「モデル、歌手、女優はあるが、声優と付き合ったことがないって本当?」という質問に、さんまは「声優じゃないけど声優やったことある人はある」と正直に答えた。

    http://news.infoseek.co.jp/article/mynavi_1769778/

    明石家さんまと加藤綾子アナ
    no title

    【明石家さんま、カトパンと「付き合いたいし、抱きたい」 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2018/05/26(土) 05:06:10.31 _USER9
    田中みな実、芸能人との交際は「1人だけ」

    フリーアナウンサーの田中みな実(31歳)が、5月25日に放送されたバラエティ番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に出演。元カレについて問い詰められる一幕があった。

    この日、ゲストとして出演したタレント・大沢あかね(32歳)から、芸能人同士のカップルあるあるとして、まだ交際を秘密にしている状態で番組で共演した時の大変さが語られる。するとMCの坂上忍が田中に対して「そういうのあったんじゃないの?」と話を振ると、大沢も「共演されてましたものね」と乗ってきた。

    田中は「あー…」とはぐらかそうとするが、ダウンタウン・松本人志から「いっぱいいるから誰のことかわからない」とイジられると、「いっぱいいないです!」と話に乗ってしまい、田中は芸能人と付き合ったのは「1人だけ」と答えることに。

    さらに、大沢は元カレであるオリエンタルラジオ・藤森慎吾の名前を直接出し、「すごく大切にされていて……なんで別れちゃったんです?」と直球の質問。田中は「私が至らなくて」と答え、「今は何とも思ってない?」という問いにも「うーん…はい」と回答。

    だが、坂上からの「連絡とか取り合ってないの?」という質問に対して、田中は「そうですね、まあ…会ってはないです、1度も」と、“会ってない”と語りつつ、連絡を取り合っている可能性自体は否定しなかった。

    Twitterなどのネットでは「なんかまだ含みある感じ」「田中みな実ぶりっ子やめてから可愛いすぎ」「また付き合えばいいのに」といった反応が寄せられている。


    no title

    https://www.narinari.com/Nd/20180549679.html

    【田中みな実、芸能人との交際は「1人だけ」 】の続きを読む

    1: きゅう ★ 2018/05/24(木) 11:08:34.50 _USER9
     フリーアナの加藤綾子が5月24日発売の「週刊文春5月31日号」でグラビアに挑戦。真っ白な美肌と長く伸びやかな四肢からのぼりたつアラサーの色香に、絶賛の声が上がっている。

    「カトパンはフジテレビを退社しフリーになった2016年にやはり週刊文春でグラビアに初挑戦しています。ショーパンで子供用自転車にまたがり、美脚を見せつけるショットは評判になりました。ですが、傘立ての前で不思議なポーズをする写真があったり、ドミノ倒しに興じるショットがあったりと奇をてらった内容で、グラビアファンからはあまり評判がよくなかったんです。今回はそのリベンジということでしょう」(スポーツ紙芸能記者)

     グラビアのカトパンは、純白のワンピースや男物のような大きめの白シャツを上だけ身に着けた爽やかさにあふれるもので、評判は上々のようだ。

    「ところが、思わぬツッコミが入っています。グラビアのカトパンがダレノガレ明美にそっくりだというんです。確かに横顔の写真と、白いシャツ1枚でソファに腰掛けてほほえんでいるショットはダレノガレに瓜二つ。名前が載っている扉のページを飛ばして見た読者が、ダレノガレのグラビアと勘違いしても不思議ではありません」(週刊誌記者)

     ドラマ「ブラックペアン」(TBS系)で女優デビューを果たした加藤綾子。ドラマで培った演技力で、ダレノガレ明美を演じてみたということだろうか。

    no title

    https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_52312/

    【加藤綾子がグラビア挑戦も「ダレノガレ明美にしか見えない」の衝撃! 】の続きを読む

    このページのトップヘ