中二病速報

    タグ:アナウンサー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2021/04/12(月) 04:15:04.35 _USER9
    「報ステ」森川夕貴アナが結婚、来月に医師と テレ朝次期エース27歳に人生の春

    テレビ朝日「報道ステーション」のメインキャスター、森川夕貴アナウンサー(27)が結婚することが11日、分かった。

    気になるお相手は医師。5月に婚姻届を提出する。
    会社にもすでに伝えており、仕事は今後も継続する。

    交際期間について2人の友人は「ここ1年くらいの間に結婚を意識したお付き合いをしていたそうです」と明かしている。
    テレビ朝日広報部はスポニチ本紙の取材に「来月結婚する予定とのことです。それ以上の社員のプライベートについてはお答えしていません」と結婚の事実を認めた。

    森川アナは同局の看板番組「報ステ」の木、金曜担当。2016年の入社直後から評判の実力派だ。
    上智大外国語学部英語学科を卒業したバイリンガルで、入社したその日に「報ステ」の気象キャスターに抜てき。
    新人アナの起用は09年の宇賀なつみアナ(34)以来7年ぶり2人目のことで、入社3年目には早くもメインキャスターの一人になった。
    今年3月にはブリンケン米国務長官への単独インタビューを敢行。得意の英語力を発揮し、次期エースとして期待される逸材だ。

    「報ステ」以外にも20年から日曜ゴールデン帯の「サンデーステーション」のメインキャスターを担当。
    目鼻立ちのはっきりした和風美人で、視聴者からの人気も高い。

    周囲によると控えめで裏表のない明るい性格。
    「スタッフはもちろん、学生アルバイトへの気遣いも忘れず、先輩アナウンサーからも可愛がられる存在です」(同局関係者)。

    自身のインスタグラムでは家庭料理の定番メニューからスイーツまで幅広い料理写真を投稿。
    YouTubeでは魚介類を丁寧にさばく姿を公開している。「料理も凄く上手。何でもできるスーパー奥さんになりそうですね」(番組関係者)。

    入社5年で決めた人生の春。周囲には、お相手の医師について「とても尊敬できる人」と話しており、公私ともにさらなる飛躍を見せそうだ。

    ◆森川 夕貴(もりかわ・ゆうき)1993年(平5)9月2日生まれ、静岡県出身の27歳。高校時代に米国に1年間留学。
    英語の中学、高等学校教諭第一種免許を所持。16年に入社し、現在は「サンデーステーション」も担当。
    好きな言葉は「Growth always comes with pain(成長には苦痛が付きもの)」。趣味は海外ドラマ観賞。1メートル66。

    スポニチアネックス
    https://news.yahoo.co.jp/articles/372f922171e6e2e328acc0c39946ccc37b38f4f9

    20210412-00000093-spnannex-000-3-view


    【「報ステ」森川夕貴アナが結婚、来月に医師と テレ朝次期エース27歳に人生の春】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2021/04/07(水) 23:51:53.75 _USER9
    元TBSでフリーアナウンサーの安東弘樹(53)が7日放送のTOKYO MXの「バラいろダンディ」(月~金曜9・00)に生出演し、自身の髪の毛事情について明かす場面があった。

     「ホットペッパービューティーアカデミー」の調査によると、男性が白髪を気になり始める年齢は38歳、白髪染めを始めるのは41.6歳で、62歳までケアするという結果が出たという。
    このデータを見た安藤アナが「僕は今のところ全く染めてないんです。完全な地毛なんです」と話すと、共演者からは驚きの声が上がる。
    「今のところは気になったことがなくて、髪の毛を切る時に3、4本切ることはあるんですけど。髪の毛は全くケアしてないです」と語った。

     また、久しぶりに父親と会った際のエピソードも披露。「80歳なんですけど、髪が真っ黒なんです。話を聞いたら『実は染めてない』って。
    そんなこと医学的にありえるのかなって思いましたけど、その遺伝を受け継いでいたら良かったなと思いますね」と笑顔を見せた。

    no title

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/04/07/kiji/20210407s00041000535000c.html

    【53歳・安東弘樹アナ、驚きの告白「1度も白髪染めしたことない」80歳の父も「髪が真っ黒なんです」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2021/04/07(水) 00:40:08.75 _USER9
     フリーアナウンサーでタレントの宇垣美里(29)が6日、火曜パートナーを務めるTBSラジオ「アフター6ジャンクション」(月~金曜後6・00)に生出演し、目の手術を受けたことを報告した。

     番組パーソナリティー・ヒップホップグループ「RHYMESTER」宇多丸(51)に「目が良くなった」と振られた宇垣は、「ICLという手術をして、目の中にコンタクトレンズを入れるみたいな手術なんですけど」と説明。「めちゃくちゃ目が良くなって」と、嬉しそうな声色で話した。

     宇垣はコンタクトレンズユーザーだったそうだが、術後について「コンタクトがついていないと本当に愉快です」とご満悦。「あと、月がちゃんと1個に見えるってすごい。乱視がひどくて。二、三重に見えていたんですけど。これが満月とか、これが満月じゃないって分かりやすくなりました」と喜んだ。

     「でもやっぱりね、お風呂場の汚さがわかってすごく嫌だった。知りたくなかったよ、って思いました」と続け、笑いを誘った宇垣。視界が鮮明になったことに再び触れ、「みんなこんなに明るい世界を生きているんだと思いました」としつつ、「あとね、動体視力も上がった気がする。動くものをちゃんと追いかけられるようになりました」と話した。

     先月26日、宇垣のマネジャーが運営するインスタグラムアカウントが、「実は来週、宇垣さんがICL治療という近視・乱視を治療する手術を受けることになりました 宇垣さんはコンタクトユーザーで、ドライアイに悩んでいたこともありICL治療に興味を持ったそうです」と伝えた。その後、「無事にICL治療の手術を終えました」と明らかにしていた。

    フリーアナウンサーでタレントの宇垣美里
    no title
    スポニチアネックス
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c5f33ba07d2a738e0e1db774ada072fb8e9b759a

    【宇垣美里 目の手術を報告、月が「1個」に感動し「動体視力も上がった気がする」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2021/04/04(日) 10:39:23.03
    ワイより田中瞳アナ好きな人おる?

    no title


    可愛い

    【ワイより田中瞳アナ好きな人おる?(画像)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無し募集中。。。 2021/04/01(木) 21:04:58.04 0
    フジテレビの新人女子アナがミス桜とミス青山と元プロ棋士

    小山内鈴奈(24=弘前大理工学部卒)
    no title

    小室瑛莉子(22=青学大経営学部)
    no title

    竹俣紅(22=早大政経)
    no title

    【フジテレビの新人女子アナがミス桜とミス青山と元プロ棋士(画像)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無し募集中。。。 2021/03/28(日) 19:03:22.35 0
    最新の弘中アナwwwww

    no title

    no title

    no title

    no title

    【最新の弘中アナwwwww(画像)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2021/03/30(火) 05:48:00.38 _USER9
    「青山さんが流暢(ちょう)な英語でお話になっていたので感心していたのですが、それよりも彼女がいま“国連”に勤めていることのほうが驚きでしたね」(イベントに参加した女性)

     2017年にテレビ朝日を退社。直後に渡米し、国際開発・人道問題の修士取得を目指し 『ジョージタウン大学外交大学院』に進学して以降、その後の活動が報じられてこなかった元テレビ朝日アナウンサーの青山愛さんが、3月26日にとあるオンラインイベントに参加していたという。

     題して、『世界共通のゴールを目指して―スポーツのチカラと難民』。

     迫害などによって故郷を離れなければならなくなった世界の子どもたちに、「“スポーツ”を通じて心身の成長の手助けができないか」との提案をする国際的なイベントだ。主催するのはUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)という団体で、第二次世界大戦後の1950年、住居を失った何百万人ものヨーロッパ人を救うために設立された。現在も世界中の難民の保護や支援に取り組んでいるというのだが……。

    (※中略)

    UNHCRに問い合わせてみたところ……

     その才能はバラエティーでも光るものがあった。夏目三久の後任で2016年から1年間『マツコ&有吉の怒り新党』に出演。有吉弘行、マツコ・デラックスを相手に存在感を放っていた。しかし、女性アナウンサーとして華々しい活躍をするかたわら、彼女の本心は別のところにあったようで、

    「彼女は学生時代から海外のNGOで活動するなど国際情勢に興味があったので、入社当時から報道のような国際的なキャリアを積める部署を強く志望していたんです。でも彼女が担当する仕事はスポーツやバラエティーと、報道の最前線の仕事とはほど遠いものでした」(制作会社関係者)

     2017年には退職理由について、ブログで以下のように綴っていた。

    《『声なき声に光を当てたい』と、飛び込んだメディアの仕事でしたが、 もっと現場に近いところで、私にできることがあるのではないか、と。語学や国際感覚、コミュニケーションの力を使って、国際社会に貢献したい。大げさですが、そういった使命感のようなものを抱いてきました。より国際開発・国際情勢への知見を深め、キャリアに繋げるために、大学院進学を決断しました》

     大学院進学後は学士課程で経済学を専攻した後、修士号を取得。前述の通り、現在はUNHCRで働いているという。

    「仕事ぶりや人柄が謙虚だと評判です。本人はSNSなどで発信することもなく、もう“表舞台”にはあまり興味がないそうですよ」

     UNHCRに青山さんが本当に在籍しているのか尋ねてみたところ、

    「はい、勤めております」 との回答が。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    元テレ朝・青山愛アナが『国連』職員になっていた! パラリンピック開催に従事の現在
    週刊女性PRIME
    https://news.yahoo.co.jp/articles/833d50a013de08314ba3947190ce4b710e84e50c
    元アナウンサーだった青山愛さん
    no title

    no title

    【元テレ朝・青山愛アナが『国連』職員になっていた! パラリンピック開催に従事の現在】の続きを読む

    このページのトップヘ