中二病速報

    タグ:アイドル

    1: ◆EKKKKKKKKA @ウェザーρ ★ 2013/10/22(火) 10:52:37.35 ID:???0
    写真集「GRATITUDE~30~」でムチムチの下着姿を披露している磯山さやか
    no title


    グラビアアイドルの磯山さやか(29)の20代最後の写真集「GRATITUDE~30~」(ワニブックス)が、
    30歳の誕生日の23日に発売される。

    磯山の希望で、千葉県佐倉市や香取市佐原の情緒ある古い町並みで撮影。大胆な下着姿などを披露している。童顔ながら、B88W60H86のムチムチボディーは大人の色気ムンムン。
    「今の年齢だからこそ、ここまでグラビアのお仕事を続けてこられたからこその表情を、いっぱい盛り込むことができました」と自信たっぷり。デビュー当時からの撮影スタッフが集まり、集大成ともいえる作品になっている。

    26日午後1時から東京・福家書店新宿サブナード店で発売イベントを行う。

    [ 2013年10月22日 06:00 ]

    ▽ソース:スポニチ
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/10/22/kiji/K20131022006855210.html
    ▽画像
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【磯山さやか 写真集で 20代最後の ムチムチ 下着姿 を披露】の続きを読む

    1: なまコンφ ★ 2013/10/12(土) 21:43:17.59 ID:???0
    大島優子、「私には才能がない」

    AKB48の大島優子が、20日放送のドキュメンタリー番組「情熱大陸」(TBS系、毎週日曜23時※20日は23時35分~24時05分)に出演することがわかった。

    取材を開始したのは6月に行われたAKB48選抜総選挙の直前。後輩の指原莉乃に敗れ2位となった大島は、その時「申し訳ないくらい全然悔しくなかった…」と語った。番組では、そのときの彼女の心情に迫るとともに、ポツリと漏らした「私には才能がない…」という言葉の真意を探る。

    男性だけでなく女性にも広くファンを持ち、徹底した仕事ぶりが器用で完璧主義な印象を抱かせる大島。どのメンバーよりも長い行列ができる握手会では、一人一人に応じてかける言葉や表情を変え、ファンを楽しませる。徹底した仕事ぶりは、想像していたアイドルのイメージとは違い、ワーカホリックと呼べるほど。
    アイドルとしてはトップの座を獲得したものの、女優としてはまだまだ未知数。

    番組では、そんな彼女のアイドル業と女優業の舞台裏に5ヶ月弱、密着した。AKB48での劇場公演はもちろん、プロモーションビデオの撮影や、夏のドームツアー、そして10月13日スタートの新ドラマ「安堂ロイド~A.I. knows Love ?~」の撮影現場。そこには、女優として自分の居場所を獲得しようともがく彼女の姿があった。

    さらに、滅多にない休みの日、友達と過ごすプライベートにも同行。AKB48の初期メンバーの多くが卒業してアイドルの世代交代が語られる中、今後の動向が気になる大島。芸歴17年の彼女は、自分の今に何を思い、どんな未来を描いているのか、素顔を探る。

    「情熱大陸」は、毎回、スポーツ、演劇、音楽、学術など、ありとあらゆる分野の第一線で活躍する人物に
    スポットを当て、その人の魅力・素顔に迫るドキュメンタリー番組。(モデルプレス)
    http://mdpr.jp/news/detail/1287588

    画像 大島優子(24)
    no title

    【大島優子 「私には才能がない」 TBS 情熱大陸で激白】の続きを読む

    1: アイアンクロー(岡山県) 2013/10/09(水) 21:50:31.36 ID:5XNajEtb0 BE:784752833-PLT(12108) ポイント特典
    KAT-TUN田中聖さん名言集

    「悪いけど、 オレに女の涙は通じないから」
    HIPHOPで天下取りますよ。光も闇も含めて」
    「憧れの人はZEEBRAさん」
    「確かにオレのキャラはアイドルじゃないし近寄りがたいかもしれない」
    「今、ジャニーズって壁をガリガリ削り取ってる所」
    「KAT-TUNをそこらのアイドルのライブだと思って舐めないで欲しい」
    「俺らの音楽で世界に進出したい」
    「ブスはシャシャんなよ(笑)」
    「CD200枚持ってます」
    「売り上げなんて関係無い魂が入ってるかどうか」
    「NO KAT-TUN NO LIFE」
    「リアル魂」
    「人種や肌の色の壁は越えた」
    「私生活も超リアルで超ハード」
    「TVに出ると違う世界の生き物だと思われるかもしれないけど オレもただの男だから…ただの人間だから…」
    「今はまだガキでいたい」
    「オレが革命を起こす」
    「小学生の頃周りの奴らはポップな歌謡曲聴いてたけど俺は洋楽のロックやヒップホップの本物聞いてた。」
    「俺達はジャニーズで生きてきた だからジャニーズ魂を見せる。」
    「平和最高」
    「ジャニーズ最高」
    「リスペクトof俺」
    「音楽とSEXしようぜ」
    「甘い話には、興味無い」
    「世界でジャニーズ魂見せてやるよ。」
    「金持ちになったらセンター街を畑にする」
    「2Pacが死んだ日は一晩中泣いてた」
    「タイムスリップして織田信長と会って組んだら天下統一できる自信がある」
    「タナゴロウ王国を作りたい」

    画像
    duett2zn9
     
    【元 KAT-TUN、田中聖 さん の名言集 www】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2013/10/04(金) 11:16:07.71 0
    KAT-TUN田中聖 下半身 画像 流出 
    今は勝手に店出してるのバレて干されている模様

    ]画像
    no title

    no title

    no title

    【KAT-TUN の 田中聖 下半身 画像 流出 !】の続きを読む

    1: ツームストンパイルドライバー(千葉県) 2013/10/01(火) 23:32:41.20 ID:nbpLMdQw0 BE:866506368-PLT(12001) ポイント特典
     タレント・眞鍋かをり(33)が1日放送されたTBS系「有田とヤラシイ人々SP」に出演し、30歳まで年齢詐称していたことを告白した。

     眞鍋によると、デビュー当初は、横浜国大出身の経歴を生かすため、昭和56年(1981年)3月31日生まれ、と公表していたが、実際は昭和55年(1980年)5月31日生まれ、だった。

     「デビュー当時は、前の事務所が大学入学すぐの“18歳のグラビアアイドル”、という経歴を生かしたくて、
    (詐称)していました」と明かした。1999年のグラビアデビューから、30歳で所属事務所を移籍するまで年齢詐称は続いた。

     眞鍋はその後、所属事務所を移籍。10カ月遅れの本当の5月31日生まれにプロフィールを修正できた。

     眞鍋は「(プロフィールを)変えるタイミングがなくて…」と所属事務所移籍のタイミングで本当の生年月日を公表できたことに感謝。それまでは「誕生日とか祝ってもらっても、ごめんなさい」と当時の事務所の方針とはいえ、心苦しかった心境を明かし、謝罪した。

    http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/10/01/0006385514.shtml
    http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/10/01/1p_0006385514.shtml
    画像
    no title

    【眞鍋かをり 30歳まで年齢詐称していたことを告白】の続きを読む

    1: ◆EKKKKKKKKA @ウェザーρ ★ 2013/09/29(日) 20:40:00.47 ID:???0
    09月29日09時04分

    9月28日、グラビアアイドル杉原杏璃さんの写真集「こんな杏璃見たことない!」(ワニブックス)の発売を記念し、福家書店新宿サブナード店でイベントが行われた。

    今回の作品はハワイで6月末~7月上旬にかけて撮影が行われ、写真集ならではのスペシャルな演出も盛り込まれ、30代もますますグラビアにまい進してくれそうな勢いを感じる一冊になっている。

    写真集の内容について「今回は“ファースト写真集のようなフレッシュさ”がコンセプトだったので、海辺で走ったり、後半には30代の大人の私がいたり振り幅があります。ホイップクリームで隠すカットがあるのですが、太陽の熱ですぐに溶けて流れてしまうので、撮影は大変でした。私の場合は胸が注目されますが、今回はお尻も頑張って出しています。」と紹介。
    >>2以降に続く)

    ▽ソース:GirlsNews
    http://www.girlsnews.tv/gravure/104954
    ▽画像
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【杉原杏璃 カープが優勝したら水着エプロンで選手におもてなし!写真集「こんな杏璃見たことない!」】の続きを読む

    1: 焙煎特派員φ ★ 2013/09/28(土) 00:44:41.23 ID:???0
     宮藤さんの出身地は宮城県栗原市。
     ロケ地は岩手県久慈市で、ともに東日本大震災の被災地だ。
     「田舎に帰るとあの店潰れたのかとか、悪いところばかり見てしまう。
     アキと同じような新鮮な目線で自分の地元を見たら、いいところに気付くんじゃないか」。
     多くの人に故郷の魅力を再発見してほしいとの願いを込めた。

     終盤、北三陸が震災で津波に襲われる場面をどう描くか悩んだ。
     「東北の人は見たくないだろうが、なかったことにはできない」として、模型を使って表現した。

     「実際に三陸鉄道が震災後すぐに運行を再開して復活していくさまがすごく感動的だった。
     駅長のエピソードを交えてどうしても描きたかった」という。

     震災直後、地元に帰ると、友人らが口にしたのは「大丈夫です」という意味の「おがまいねぐ」だった。
     「どんよりとした東京の人間に対する被災地の一番愛のある返事」に聞こえ、随所にこの言葉を盛り込んだ。
     ドラマの津波でウニが取れなくなったというエピソードは、実際に取材して聞いたことで、「震災後は自分1人で書いた気がしない」という。

     一方、物語の出発点には宮藤さんのアイドルへの思い入れがある。
     「10代の頃は生活の中心に好きなアイドルがいて、曲を繰り返し聴いて元気になった。
     生きていく上で絶対必要だと思う」。しかし年齢を重ねるにつれ、アイドル事情に疎くなっていくことに寂しさを覚えた。
     「過剰に夢見る人が少なくなった現代ではアイドルも人間の職業」と感じた。
     東京でご当地アイドルがステージ下の「奈落」に閉じ込められ、はい上がる姿を描き「心が痛かった」という。

     パロディー満載で辛辣(しんらつ)な宮藤さんの作風は、朝ドラに向かないとも言われたが、 「自分を押し殺せるほど器用じゃない。僕の朝ドラのイメージの中で勝負しようと思った。
     壊そうとも、守ろうとも思わなかった」と振り返る。

     全156話を書き終え、「ポカーンとした感じです」。続編への期待感が高まるが「役者もスタッフも全員そろわないとできない。現実的に難しい。
     自分にとっても大事な作品だから、やるなら100%の形でないと」と、苦笑いした。

    画像
    20130927-00000021-mai-000-1-view

     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130927-00000021-mai-sociより抜粋

    【あまちゃん 28日最終回 脚本の宮藤官九郎 さん、ドラマに込めた思い】の続きを読む

    このページのトップヘ