中二病速報

    タグ:アイドル

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2018/11/15(木) 09:29:37.28 _USER9
    世界的に“痩せ過ぎ”女性に警鐘を鳴らす動きが進んでいるが、日本ではまだまだのようだ。

    ここ最近、ネット上で『AKB48』向井地美音に“激太り”疑惑が向けられている。
    ライブ公演の中継を見たファンが「太ってしまった」と感じたようで、ほんの少し肉付きが良い程度に思える体型だが、ファンたちは、

    《水着グラビアやった方がいいんじゃないか? そうすれば嫌でも痩せるだろ》

    《プロレスに備えて増量してるんだな》

    《冬眠前の熊かよ》

    《デブのくせに前髪スカスカにしてると、脂でそうなってるみたいになるからやめろ》

    《なんや、この豚は》

    《この醜いデブスを選抜から落とせよ》

    などといった、聞くに堪えない罵声をぶつけている。

    しかし、向井地のSNSに上がっている写真の数々を見ても、周りのメンバーと比べて特別太っているようには全く見えない。
    これ以上痩せると、痩せ過ぎで体調を崩す可能性さえありそうだ。

    「今年6月に開催された『AKB48世界選抜総選挙』の前、『HKT48』の宮脇咲良が、
    選挙に向けて“朝ご飯だけを食べるダイエット”をしていると明かして物議を醸していました。

    ネット上で話題になると、宮脇はすぐさま『みんな心配掛けてごめんね ちゃんと食べて、
    運動するダイエットにシフトチェンジしてるよ! 健康第一』と訂正。
    ファンたちの間に過剰な“痩せ信仰”があるからこそ、このような問題が起きたのだと思います」(芸能記者)

    モデルのローラや菜々緒、ダレノガレ明美などは、適度に筋肉を付け、痩せ過ぎていない体型を維持しているとSNSで明言。
    ファッション大国であるフランスでは、“痩せ過ぎモデル”の活動を禁止する法律まで施行された。

    それなのに、日本のアイドルはガリガリに痩せようとする。
    適度に“肉”が付いている方がどれほど気持ちイイかを、暴言を吐くファンは“経験がない”から知らないのだろうか。

    07fd8342-s

    870c6215-s

    https://news.nifty.com/article/entame/myjitsu/12156-67194/

    【【AKB48】 向井地美音を 「痩せろ!」 「ブタ!」と追い詰める暴走ファン 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/11/14(水) 20:47:06.55 0
    『AKB48選抜総選挙』で史上初の3連覇を果たし、名実ともにグループの顔となったHKT48の指原莉乃(25)。
    今やAKBの枠を超え、テレビで見ない日はないが、まさかの「出入り禁止」を食らっていたという。

    「実は彼女、ライブの聖地・日本武道館に“出禁”になったと言われているんです。
    指原は、昨年の総選挙の公約である、指原プロデュースのアイドルイベント『第二回ゆび祭り』の開催を計画していました。
    実際、今年の下半期の開催に向けて日本武道館を予約していたのですが、何度もスケジュール変更を繰り返し、今年の開催は断念したようなんです。
    指原側は、それでも来年の開催を、と諦めずに動いていたようなんですが、武道館側から“指原さんの予約は受けられません”と、
    トップアイドルでありながら異例の“武道館出禁”を食らってしまったようなんです」(芸能プロ関係者)

    『ゆび祭り』とは、アイドル好きを公言する指原プロデュースの伝説的ライブイベント。
    2012年6月に日本武道館で行われた『指原莉乃プロデュース 第一回ゆび祭り~アイドル臨時総会~』は、指原の呼びかけで、
    乃木坂46やももいろクローバーZ、私立恵比寿中学などの人気アイドルグループ10組が日本武道館に集結した。
    チケット代が、自身の愛称である「さしこ」にちなんで345円ということも大きな話題を呼んだ。

    「指原は、『今夜くらべてみました』や『有吉反省会』(ともに日本テレビ系)をはじめ、バラエティ番組に引っ張りだこ。
    さらにCMや女性アイドルグループ『=LOVE』のプロデューサーを務めるなど多忙を極めています。
    出演オファーが入るたびに武道館に対しリスケを繰り返していたようで、格とメンツを重んじる武道館としては断るしかなかったとか。
    来年どこで『ゆび祭り』を開催するのか、大慌てで会場を検討していると思われます」(前出の芸能プロ関係者)

    ファンが待ちのぞむ『第二回ゆび祭り』。無事開催されることを祈るばかりだ。

    img_3071b73ccef030087286d05c427a6ff7257305

    https://taishu.jp/articles/-/61985?page=1

    【指原莉乃が日本武道館を出入り禁止に!「ゆび祭り」開催に向けての予約とキャンセルを繰り返す 】の続きを読む

    1: 47の素敵な 2018/10/31(水) 23:15:12.35
    元SKEメンバーのおっぱいが清楚だけどエロい美乳だと俺の中で話題


    【元SKEメンバーのおっぱいが清楚だけどエロい美乳だと俺の中で話題 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/14(水) 19:25:31.50 _USER9
    『乃木坂46』の人気メンバー、西野七瀬と秋元真夏の間に発覚した“因縁エピソード”が、ファンの間で物議を醸している。

    このエピソードが明かされたのは、11月11日深夜放送のグループ冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京)でのこと。
    この日の放送では最新シングルのヒット祈願ロケを行い、本作をもってグループを卒業する西野が思い出の地を巡礼していった。

    企画で西野と秋元は『横浜アリーナ』に立ち寄り、2人で一緒に写った「忘れられない」という写真を公開。
    ここで2人のエピソードトークが展開されることになり、秋元が学業優先のため、1期生ながらシングル4枚目からの活動となった過去を振り返り始めた。

    他のメンバーより出遅れたにもかかわらず、同曲ではいきなり選抜の主要ポジションに抜擢された秋元。
    しかし、もともと同ポジションにいた西野は“玉突き人事的”にはじき出される格好となり、これをよく思わなかった西野は、秋元と口を利かなくなったという。

    美談扱いの演出にファンが発狂
    2人の険悪ムードは1年以上にも及んだが、ここ『横浜アリーナ』での結成2周年記念ライブを機に、
    わだかまりが解消。西野が「真夏おかえり、一緒にがんばろう」と発したことで、2人は現在まで続く友好関係を築き上げたのだ。

    この騒動を、涙ながらの“感動エピソード”として西野は語ったが、ファンからはすぐに「ただのイジメだろ」との批判が噴出。
    また、これを美談として扱っている番組の姿勢も疑問視されることになり、ネット上には、

    《美談にしているけど、ほんとのイジメだよ》
    《嫉妬で無視して、その仲直りを美談扱いって…》
    《西野やファンは美談にしてるが、真夏が大人の対応だっただけ。1年も無視されるなんて許せないよ》
    《真夏の性格が仏レベルだから許された話。普通なら耐えきれずに辞めてるかブチギレてる》
    《そもそも怒りを真夏にぶつけた西野が元凶。運営が悪いだけで、真夏には一切非がない》

    などの意見が上がっている。

    当人同士にとっては成長と絆のエピソードでも、秋元のオタクにとっては“永遠に許せない”恨みごとになってしまったようだ。

    YeWVCoiY3sa1d7NR0VHuTDuC2OxmLmbps6LqfezEqZU

     まいじつ
    http://dailynewsonline.jp/article/1570485/


    【“イジメ”が『乃木坂46』内で横行!1年以上“無視”を「美談にするな」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2018/11/12(月) 22:43:37.55 ● BE:115523166-2BP(2000)
     競泳水着が似合いすぎ。高身長グラドルの稲森美優さんが、7th Blue-ray&DVD「Mermaid」(発売元:no brand、収録時間:70分、価格:BD5184円、DVD4104円)の発売記念イベントを11月10日、ソフマップAKIBA 4号店 アミューズメント館で開催した。

     グラビアレジェンドの浜田翔子さんらも在籍するユニット「gra-DOLL」で、リーダーも務める稲森さん。ライブ活動はもちろん、「完全競泳グラドル」として撮影会などでも人気だ。11月7日が誕生日なのだが……これで30歳には見えねぇ!

    http://ascii.jp/elem/000/001/770/1770931/

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【稲森美優 競泳水着が似合う高身長のグラビアアイドル (画像あり) 】の続きを読む

    このページのトップヘ