中二病速報

    タグ:はいだしょうこ

    1: 湛然 ★ 2019/08/15(木) 05:15:03.10
    はいだしょうこ、森みゆき、しゅうさえこ、つのだりょうこ、収録後のランチで(画像は『はいだしょうこ 2019年8月12日付Instagram「おかあさんといっしょ いよいよ、今日から一週間「60周年記念 夏の特集」です」』のスクリーンショット)
    no title

    no title

    女優でタレントのはいだしょうこが、NHK『おかあさんといっしょ』に出演していた歴代“うたのおねえさん”らと撮った4ショットをインスタグラムに公開した。メンバーは14代目・しゅうさえこ(1981年~1983年)、15代目・森みゆき(1983年~1987年)、18代目・つのだりょうこ(1999年~2003年)、そして19代目・はいだしょうこ(2003年~2008年)の4名である。

    今年で60周年を迎えた『おかあさんといっしょ』は、8月12日から17日まで夏の特集「60年スペシャル」が放送されている。毎日テーマごとに過去の映像を振り返るのだが、12日は“うたのおねえさん”を特集。同日の『はいだしょうこhaida_shoko Instagram』に投稿された4ショットは、その収録時に撮ったものだという。

    “うたのおねえさん”のオーディション情報は特定の音楽大学や有名劇団だけに流され、その倍率はおよそ600倍と超難関であることが知られている。調べてみるとしゅうさえこは東京芸術大学卒、森みゆきは国立音楽大学音楽学部声楽科卒、つのだりょうこは武蔵野音楽大学音楽学部器楽科卒、そしてはいだしょうこは国立音楽大学附属高等学校声楽科を中退後に宝塚音楽学校に入学し宝塚歌劇団所属と、4人とも納得の学歴である。だが晴れて“うたのおねえさん”になっても、最初の3か月は1000曲もの歌をひたすら覚えなければならないのだ。その後は番組収録が月曜から水曜まで行われ、金曜は歌の収録。土日は地方でコンサートと過酷なスケジュールが待っている。また私生活では“うたのおねえさん”として子どもたちの手本となる行動を常に求められ、「信号無視」「歩き食べ」など多数の禁止事項が存在する。

    今回スペシャル番組で先輩の“うたのおねえさん”らとランチをともにしてお喋りしたり、リハーサルや本番で一緒に歌った時間は「本当に楽しかった」とインスタグラムに綴るはいだ。『おかあさんといっしょ』を卒業してからは芸能活動を含め多くの仕事をしてきたが、“うたのおねえさん”として現役だった頃の気持ちを上回るものにまだ出会っていないという。「それだけ、自分にとって、「歌のお姉さん」というものは、充実して、責任があって、毎日子供達と歌えて、本当に自分の中で大きくて最高の時間だった」(原文ママ)と当時を振り返っている。

    コメント欄には「自分の子供の時代のお姉さんと息子達の時代のお姉さん、そして当時見ることが出来なかったしょうこお姉さんの歌声が聞けて朝から凄く嬉しい気持ちになれました」「夢のような時間でした! 大学生の息子がしょうこお姉さんの時にスタジオ収録行ったんですよ」

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    はいだしょうこ、歴代“うたのおねえさん”4ショット公開 フォロワーも「夢のよう」 
    http://japan.techinsight.jp/2019/08/miyabi08132229.html 


    【はいだしょうこ、歴代“うたのおねえさん”4ショット公開 フォロワーも「夢のよう」 】の続きを読む

    1: ひぃぃ ★ 2018/10/07(日) 20:20:20.14 _USER9
    タレントのはいだしょうこさん(39)が、赤ちゃんのときに母親の膝に乗っている写真をインスタグラムに投稿し、反響を呼んでいる。

    「いつも母の後ろに隠れ、泣き虫で引っ込み思案だった私。。。」。はいださんは2018年10月4日、母親の思い出をインスタで語り、2ショットを2枚投稿した。

    ■母親の誕生日に合わせ、赤ちゃんのときの写真を投稿

    丸々とした顔で元気そうな赤ちゃんが、母親の膝にちょこんと乗っている。母親は、健康な娘に恵まれて、幸せそうな笑顔だ。

    はいださんは、母親の誕生日に合わせて、昔の写真を投稿した。声楽家の母親の影響で、幼いときから童謡のステージに立ち、母親に連れられて全国を飛び回る毎日だったという。

    母親は、そんなはいださんを厳しく指導しながらも、優しくサポートもしてくれた。はいださんは、高校在学中の17歳で宝塚音楽学校に合格し、親元を離れた生活を始める。しかし、苦しくて、悲しくて、納得いかないことがたくさんあったそうだ。

    そんなはいださんにとって、母親の励ましが大きな支えになった。寮にたくさんの手紙を送ってくれて、「どんなに周りに言われても、人を恨んだり、憎んだりしてはだめですよ。まずは、自分を磨きなさい。きっと、どこかで誰かがみてくれています」などと折に触れてアドバイスされた。

    さらに、母親は、思いやりの大切さも説き、「自分がされて嫌だった事は、他人にはしないこと。困っている人がいたら、手を差し伸べてあげるのよ。いつでも笑顔のしょうちゃんでいてください」と呼びかけた。

    ■「母の娘でよかった!いつも、ありがとう!!」

    これに対し、はいだしょうこさんは、今の自分があるのは、母親がいたからと感謝の気持ちを表した。

    母親は、「自分の子供は、いつまでたっても子供よ」とずっとはいださんを支え続けてくれているという。はいださんも、「きっと、母にだって、大変なこと、辛いことがいっぱいあったんだと思う。大人になった今、考える事がよくあり、胸が熱くなります」と思いやりを忘れない。

     「強くて、面白くて、たまに、おとぼけで、好奇心があって、人に優しくて、歌が上手くて 尊敬できる母。。。 これからも、元気で、まだまだ素敵な人生を送ってもらいたいな」

    こう呼びかけ、「母の娘でよかった!いつも、ありがとう!!そして、お誕生日おめでとう!!」とエールを送っている。

    インスタのコメント欄では、「お母さんの御言葉心に染みます」「素敵なお母様がいたから、今のしょうこさんがいるんですね」と偉大な母親に感心する声が次々に寄せられた。

    また、はいださんが母親と瓜二つなところも話題になっており、「そっくりですね!!」「しょうこお姉さんかと思った」「美人さんなのはお母様譲りなのですね」などと書き込まれている。(J-CASTニュース編集部 野口博之)

    J-CASTニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/15411888/

    41948524_2210245745853547_179991952777709286_n

    no title

    no title

    【「お母様にソックリ過ぎ」はいだしょうこ、母とのツーショットに大反響 (画像あり) 】の続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/05/12(金) 05:29:48.98 _USER9
    はいだしょうこ画伯、11年ぶりにNHKで「スプー」描く 画伯「お子さんが泣かなければいいな」

    孤高の絵心から“はいだ画伯”の異名をもつタレント・はいだしょうこさん。
    5月11日にNHKの情報番組「あさイチ」にゲストで生出演したのですが、画伯の名を知らしめるきっかけとなった「スプー」の絵を、11年ぶりに公共の場で披露しました。
    まさかあの伝説を自分たちの手で蘇らせてくれるとは、NHKさんありがとうございます!

    「スプーのえかきうた事件」が起こったのは2006年、はいださんがNHK教育番組「おかあさんといっしょ」で「うたのおねえさん」役を務めていたころ。
    絵描き歌に合わせて人形劇のキャラであるスプーを描いたところ、実物からかけ離れた何かを生み出してしまいます。
    隣にいた「うたのおにいさん」も笑いをこらえきれず「画伯……!」とコメントしてしまう始末。

    ネットは「放送事故レベル」と震撼し、これを機にはいださんの画才が知れ渡ることに。番組卒業後、バラエティ番組、CM、LINEスタンプと各方面で腕をふるっていきます。

    今回「あさイチ」ではスタジオで生出演しながら、世田谷でのロケ映像を放送。
    どら焼きに絵をつける和菓子店を紹介するのですが、そこで画伯もお絵かきに挑戦します。
    鉄板に生地をしぼって絵を描き、上から生地を重ね、焼き色の差を利用して絵をつけるもの。

    画伯はまずNHKのキャラ「どーもくん」を描き、「オシャレだから」と本来はない水玉模様を体中につけ加えてスタジオに衝撃を与えます。
    その後、司会の有働由美子アナウンサーとイノッチ(井ノ原快彦)さんをモチーフという名の犠牲に。
    「これは冠ですか?」「髪の毛です」という会話が成立する迷作を生み出しました。どら焼きでのお絵かきなので、ペンと違って絵柄が変わりすぎやしないか心配されましたが、画伯のセンスは筆を選ばず。

    そして最後、まさかのスプーを公開。ロケに同行した佐藤俊吉アナウンサーが現場でリクエストしたそうです。佐藤アナ、いい仕事しすぎです。

    フリップをめくって絵が披露されると、スタジオから笑いと戸惑いが。
    前回は焦点が定まっていなかった両目が今回は定まっていたりと、11年前の作品にあった凶暴さがどこか和らいでいます……が、また種類の違う狂気が横たわっています。
    両耳は相変わらず触手のようだったりと、画伯ならではの筆致もところどころに健在。画伯のスプーだ。おかえり、スプー!

    「前回の事件もありましたけれども、今回はどうでしたか?」と佐藤アナに聞かれると、「そうですね。これを見てお子さんが泣かなければいいなと思いますが」と苦笑したはいだ画伯。
    (以下略、全文はソースをご覧ください。)

    画像 11年前
    no title

    今回
    no title

    スプー
    no title

    番組ラスト数秒であんまんちゃんのイラストを描いてくれました! [nhk_asaichi]
    no title

    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1705/11/news122.html#l_kuro_170511sphoo06.jpg

    【はいだしょうこ画伯、11年ぶりにNHKで「スプー」描く (画像あり)】の続きを読む

    1: シャイニングウィザード(庭)@\(^o^)/ [NZ] 2016/11/17(木) 14:47:36.55 ●.net BE:887141976-PLT(16001) ポイント特典
    【衝撃】はいだしょうこが描いたくまモンがヤバイと話題に まさにクリーチャー
     
    【簡単に説明すると】
    ・スタジオパークにはいだしょうこが出演
    ・くまモンのイラストを描くも全く別のキャラに
    ・過去にはスプーでも話題に

    11月17日に放送された『スタジオパーク(NHK総合)』にてはいだしょうこさんがゲスト出演した。元うたのお姉さんとして有名な、はいだしょうこさんはこの日くまモンに普段から接していることから番組序盤でくまモンのイラストを描くことになった。

    くまモンの絵描き歌に会わせて絵を描くはいだしょうこさん。しかし歌には全くリンクしていない絵の描き方に騒然。
    出来上がったくまモンは全く別の新たなキャラクターとなった。

    はいだしょうこさんと言えば過去にスプーの絵描き歌で話題になった。その際も隣で描いていたお兄さんが
    吹き出す程ヘンテコなスプーが完成。スプーというよりクリーチャーが完成してしまったのである。

    記事に動画あり
    http://gogotsu.com/archives/23535

    画像
    no title

    no title

    動画
    http://fast-uploader.com/file/7034917020309/

    【はいだしょうこが描いたくまモンがヤバイと話題に まさにクリーチャー】の続きを読む

    1: アトミックドロップ(庭)@\(^o^)/ 2015/03/10(火) 01:06:51.52 ID:1EZb2KHf0●.net BE:576142242-PLT(16000) ポイント特典
    2015年3月9日放送された『月曜から夜ふかし』に、はいだしょうこさんが出演し例の画力を発揮し話題となった。
    はいだしょうこさんと言えば過去にスプーのお絵かきで一躍話題に。それ以来絵の下手なお姉さんとして定着してしまった。

    本日の仮題はコックさんとハクション大魔王の2つの絵描き歌。歌を聴きながらイメージして絵を描くというもので、村上信五さんとマツコデラックスさんも参加。

    コックさんは皆さんも過去に一度は見たことがある、「棒が一本ありました」という例の絵描き歌である。しかし、はいだしょうこの手に掛かればまったく別の絵になってしまうのだ。

    そして出来上がった絵が上記のもの。とにかく小さい、キャンバスいっぱいではなく中心にこじんまりと描いているのだ。
    そのくせに一丁前に自分のイニシャルである「S」はきちんと描いている。

    意外とマツコデラックスさんが上手で驚きである。はいだしょうこさんは今回の出来に「95点」だと採点。これもまた驚き。

    http://gogotsu.com/archives/5236
    画像
    no title

    1425914788-0377-005

    【「月曜から夜ふかし」はいだしょうこ画伯がまたも凄いお絵かきを披露!(画像あり)】の続きを読む

    1: 禿の月φ ★ 2013/12/11(水) 05:58:51.98 ID:???P
     9日放送のテレビ朝日系クイズ番組「クイズプレゼンバラエティーQさま!!」で、歌手・タレントのはいだしょうこが涙を流す場面があった。

     宝塚音楽学校の声楽部門を主席で卒業し、教育・音楽番組「おかあさんといっしょ」(NHK)の第19代うたのおねえさんとして人気を博したはいだだが、最近はバラエティ番組で、おっとりした口調や振る舞いを「天然キャラ」としてイジられることが多い。

     「Qさま!!」放送でも、やはり同様の扱いを受けることに。はいだは、2つのチームに別れて制限時間内のクイズ正解数を競うコーナー「プレッシャーSTUDY」に「ママ・奥様軍団」として登場。冒頭から
    「小さい頃から歌しか歌ってきてないので…ほんとになんかこう…
    できないですね」と語り、自信がなさそうなはいだに、チームメイトも心配な様子。案の定、マイペースでクイズを答える姿には、司会の優香が「もうちょっと急ごうかな」と優しく諭す場面も。(>>2以降に続きます)

    画像
    9628111_324x486

    ソース:livedoor ニュース/トピックニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/8334405/


    【はいだしょうこ テレ朝「クイズプレゼンバラエティーQさま!!」 で木下優樹菜の厳しい言葉に涙】の続きを読む

    このページのトップヘ