中二病速報

    タグ:とんねるず

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/26(火) 15:34:36.36
    とんねるずの石橋貴明(58)が25日放送のフジテレビ「石橋貴明のたいむとんねる」(月曜後11・00)に出演。とんねるずの代表曲「ガラガラヘビがやってくる」のカバーをしたタレントの辻希美(32)にクレームを入れた。

    1992年の楽曲ガラガラヘビは、秋元康氏(61)が作詞を担当。発売5日間で出荷枚数100万枚を突破するなど、大ヒットを収めた。
    辻は、2010年発売のアルバム「みんなハッピー!ママのうた」の中で、カバー曲として収録している。

    辻がカバーしていたことが紹介されると、石橋は「全く知らない」と寝耳に水。「なんであいさつがないんだろうなあ」と不満を吐露した。
    この楽曲には、お笑いコンビ「ますだおかだ」の岡田圭右(51)も参加しており、おなじみのギャグ「閉店ガラガラ」からのつながりだと紹介されると「なるほど、すばらしいセンスだ」と棒読みでコメントし、笑いを誘った。

    スポニチアネックス 
    https://news.livedoor.com/article/detail/17436446/

    0f856_929_spnldpc-20191126-0101-001-p-0


    【石橋貴明、寝耳に水「ガラガラヘビ」カバーの辻希美にクレーム「なんで…」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@涙目です。 2019/10/14(月) 22:28:32.01 BE:292723191-PLT(19081)
    懐かし映像にモザイクが掛かるのはどうしてなのか。
    10月7日、『歌のゴールデンヒット』(TBS系)が放送された。約4時間にわたって、男性歌手の歴代シングル総売上枚数ベスト100が発表され、100位から順にヒット曲の歌唱映像がオンエアされた。
    その中で、51位のとんねるずは2人のイラスト写真とともに『ガラガラヘビがやってくる』が数秒流れただけだった。
    テレビ局関係者が話す。

    「とんねるずの事務所は肖像権に厳しいですからね。
    過去の番組をまとめたDVDも、『とんねるずのみなさんのおかげでした』の関連作品がいくつか発売されているくらい。
    過去の映像もほとんどテレビで流れません」(以下同)

    『歌のゴールデンヒット』では、昭和の大人気歌番組『ザ・ベストテン』の貴重映像も多数放送された。
    しかし、アルフィーがファンの家の前で歌う際、ワイプで初代男性司会者の久米宏、黒柳徹子らしき2人の姿が映ったものの、モザイクが掛かっていた。どうしてなのか。

    「過去の例からして、徹子さんが『ザ・ベストテン』の映像にNGを出すことは考えづらいのですが、久米さんの事務所が肖像権に厳しいんです。他の番組では、基本的に昔の映像にOKを出すことはほぼない。
    『ザ・ベストテン』出演映像をまとめたチェッカーズのDVDが発売されていますが、久米さんは声が入っているのに顔は一切出てきません。
    同じ『ザ・ベストテン』の山口百恵や中森明菜のDVDには久米さんが映っています。
    こちらの方が例外なんでしょうけど、これだとチェッカーズのファンは納得しないでしょう。黒柳さんの姿はちゃんと出てきます」

    https://www.news-postseven.com/archives/20191014_1469148.html 

    goldenhit_tbs_hp


    【とんねるず、久米宏 懐かし映像がモザイク処理される謎】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★ 2019/09/19(木) 22:53:00.70
    9月16日放送の『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(ニッポン放送)で、放送作家・高須光聖が、ダウンタウンととんねるずの不仲説の真相について語った。

     高須はダウンタウンの小学校からの親友で、「3人目のダウンタウン」とも呼ばれている。『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)、『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)など、数多くの番組の作家を務めてきた。

     放送作家の先輩である高田文夫から「とんねるずとダウンタウンって、仲が悪いの?」とストレートに聞かれ、高須は「多分、昔は仲悪かったんじゃないですかね」と笑った。

     高田は「ああ、昔はね。若い頃は、芸人同士ツッパるからな」と若さゆえの切磋琢磨の心境があったことに納得する。

     高須は当時のフジテレビ事情を振り返り、「第1制作と第2制作で分かれてましたもんね」と、バラエティ制作の現場が2つの班に分かれ、互いに対抗していた点が大きいと話す。

     高田は「班ごとにね。石田(弘エグゼクティブプロデューサー)さんのところはとんねるずだけとか、決まってんだよね」とコメント。その話に高須は、「ダウンタウンのところは、ダウンタウンとウッチャンナンチャンで」と明かし、当時のスタッフがそうしたルールを勝手に作ってしまったと明かす。

     しかも、その独自ルールが各テレビ局に流れ、各局とも、とんねるずとダウンタウンの収録日が合わないよう、勝手に気を使うようになったという。

    「そこ(相手の番組)に(レギュラーで)出てる芸人は絶対に使わない、みたいな。お互いに意識はしてたんじゃないですか」

     高須はとんねるずについて、2018年2月25日放送の『空想メディア』(TOKYO FM)で、「とんねるずの “華” は芸人を超えてるよね」とコメントしている。

     自身について「僕はダウンタウンに近くてとんねるずさんとは付き合いがないように思われてるかもしれんけど……。たまたまここ何年かで、(とんねるずの)おふたりと仕事したり話をする機会があったのよ。でもいまだに『とんねるずや!』と思うもんね」と語っていた。

     かつて、とんねるずとダウンタウンにはアンタッチャブルなイメージがあったが、7月25日放送の『ダウンタウンDX』では、浜田雅功がとんねるず2人に偶然、飛行機の座席で挟まれ、3人でゴルフ談義をした話をしている。

     ダウンタウンととんねるず。2014年3月31日放送の『笑っていいとも!』以来の共演が実現することはあるのだろうか。

    フラッシュ
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190919-00010008-flash-ent

    no title

    【【FLASH】ダウンタウンととんねるずは不仲なのか?担当作家が真相を語る 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無し募集中。。。 2019/08/15(木) 16:13:44.43 0
    1986年のとんねるずのこれから成り上がっていくぜ感が凄い!

    タイトルなし


    【1986年のとんねるずのこれから成り上がっていくぜ感が凄い! 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無し募集中。。。 2019/07/20(土) 08:36:19.89 0
    とんねるずの石橋貴明さんが競馬場で営業

    お前らええんか…

    no title

    no title

    【【悲報】とんねるずの石橋貴明さんが競馬場で営業(画像)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/29(火) 22:05:22.76
    とんねるずの木梨憲武(56歳)が1月29日、Instagramを更新し、相方・石橋貴明(57歳)とのツーショット写真を公開。ファンの反響を呼んでいる。

    この日、木梨は自身のInstagramに、木梨の妻で女優の安田成美が撮影した、石橋とのツーショット写真を投稿。

    「偶然、西麻布とんねるず方面!ライブ方向?2019後半ぐらーい?」と投稿し、ライブの開催を匂わせ、「お問い合わせは、井上信悟様・港浩一様 どちらかーで。」とテレビ関係者の名前を綴った。

    ネットでは「ツーショット嬉しい!」「タカさんが連絡つかないって言ってたから心配してた」「ナルーミさんの撮影なんですね」「ライブやるなら見たいなあ!」「とんねるず最高です」といった声が上がっている。

     ナリナリドットコム
    http://news.livedoor.com/article/detail/15945446/

    no title

    【とんねるずのツーショットに反響、安田成美が撮影 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 豆次郎 ★ 2019/01/08(火) 23:01:49.79
     とんねるず・石橋貴明(57)が7日放送の「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)に出演。1990年代にブームとなった「飲尿健康法」を実践していたことを明かし、共演者を驚かす場面があった。

     この日の番組のテーマは「反省 日本がどうかしていたあのブーム」。その中で飲尿健康法について触れた。石橋は「(飲む尿は)人のはダメ。自分のじゃないと」と切り出し、「ボク、これやってましたもん」と明かして共演者のミッツ・マングローブ(43)とゲストのみうらじゅん(60)を驚かせた。

     石橋は、親交のあるフリーアナウンサーの古舘伊知郎(64)から飲尿健康法をすすめられたとし、「古舘さんは普通のグラスでは飲まない。一番お気に入りのバカラのグラスで(飲尿していた)」と強調。そして「朝一番のやつじゃないとダメなんですよ。俺も古舘さんに聞いて、お気に入りのバカラのグラスで朝イチで『グアーッ!!』って言いながら飲みましたよ。(尿が)温かいんです」と説明し、スタジオを沸かせた。

     その話を聞いたみうらは「そのときに『一気!』とか出たんですか?」と、とんねるずの3枚目のシングルにかけたボケで応戦。さらに「一気じゃないと無理ですよ。チビチビ(飲尿を)やるなんて無理」(みうら)と述べ、石橋らを爆笑させた。(zakzak編集部)

    ent1901089827-p1

    http://www-origin.zakzak.co.jp/smp/ent/news/190108/ent1901089827-s1.html

    【石橋貴明「飲尿健康法」を実践していた バカラのグラスで飲尿!?】の続きを読む

    このページのトップヘ