中二病速報

    カテゴリ:マネー

    1: 海江田三郎 ★@\(^o^)/ 2015/01/17(土) 01:29:38.34 ID:???0.net
    【ロンドン=黄田和宏】スイスフラン相場の急変を受け欧州を中心に金融機関への影響が広がってきた。
    打撃が最も大きいとみられるのが通貨取引を扱う外国為替証拠金(FX)取引業者で、欧州を主な地盤とするアルパリが破綻した。
    金融庁は16日、FX取引業者の日本法人アルパリジャパンに対し資産が流出しないよう国内保有命令を出した。
    日本法人の稼働口座数は2014年6月末時点で約3千ある。

    ギリシャではスイスフランの急変を受け大手金融機関が資金繰りに行き詰まり、欧州中央銀行(ECB)に緊急融資を要請。スイスフラン建ての資産を多く保有する中欧や東欧の一部金融機関の経営を不安視する声も出ている。

    画像
    2014_mt4fx_001

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM16H8F_W5A110C1EA2000/ 
     
    【(スイスフラン高騰) FX取引業者アルパリが破綻】の続きを読む

    1: Trader@Live! 2015/01/15(木) 21:22:18.15 ID:0uRTll8s.net
    【ロンドン市場】スイス中銀梯子外して市場混乱 ユーロ急落

    15日のロンドン市場はスイス中銀の突然の政策変更を受けてリスク回避色が強まった。
    ユーロは売られ円買いが入り、米金利は低下、金価格は上昇した。ドル円は116.29近辺まで下落、ユーロドルは一時1.5%急落して1.1580近辺と2003年11月以来の安値を付け、ユーロ円は135.77近辺と10月23日以来の安値を付けた。
    大阪取引所夜間に入った日経平均先物は一時日中比400円超安となり。欧州株は上下動と不安定な値動きとなった。
    スイス株は10%超の下落となっている。早朝は米金利やアジア・日本株の上昇を受けてドル円は117.94近辺を付ける場面もあった。ユーロドルはスイス中銀の発表前は1.1750前後で推移していたが一気に急落、その後同レベルに一時戻すなど乱高下した。


    画像
    無題

    http://www.gci-klug.jp/fxreview/2015/01/15/023092.php

    ▼スイス連邦
    http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/switzerland/index.html
    ▼スイス国立銀行
    http://www.snb.ch/d/homepage.html
    ▼スイス統計局
    http://www.bfs.admin.ch/bfs/portal/de/index.html
    ▼KOF
    http://www.kof.ethz.ch/deutsch/

    参考
    ▼為替リアルタイム&チャート
    http://www.sikyou.com/main/kawase.html
    参考
    ▼為替リアルタイム&チャート
    http://www.sikyou.com/main/kawase.html
    ▼経済指標カレンダー、ニュース
    経済指標発表予定 http://www.foreland.co.jp/marketreport/webapp.php/calendar/detail/
    週間カレンダー http://sec.himawari-group.co.jp/report/weeklycalendar/
    マーケットニュース http://sec.himawari-group.co.jp/report/marketnews/
    ロイターNEWS http://today.reuters.co.jp/news/default.aspx
    Klug 為替ニュース(無料遅延版)http://www.gci-klug.jp/fxnews/
    世界の金利 News http://news.fresheye.com/clip/6016909/ 

    【スイスフラン暴騰でFX参加者は天国と地獄へ】の続きを読む

    1: 32文ロケット砲(大阪府)@\(^o^)/ 2015/01/15(木) 19:09:03.06 ID:32YcMkSE0.net BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典
    スイス中銀、無制限介入を中止、政策金利を-0.75%に:ついさきほど、スイス中銀がこれまで行ってきた対ユーロでのスイス・フランの上限設定を廃止し、 
    無制限のユーロ買い介入を中止するとともに政策金利を-0.75%に引き下げました。 
    市場は大混乱でスイス絡みの相場は流動性のない状況

    http://info.finance.yahoo.co.jp/fx/detail/?code=CHFJPY=FX

    no title

    スイス株 5%安
    http://www.gci-klug.jp/fxnews/detail.php?id=241063

    【スイスフランがヤバイ スイス株は5%安】の続きを読む

    1: ニールキック(神奈川県)@\(^o^)/ 2015/01/08(木) 23:12:20.12 ID:n74O+wuA0.net BE:586999347-PLT(15001) ポイント特典
     【ニューヨーク=稲井創一】米メディアによると、テキサス州でシェール開発を手掛けるWBHエナジーが7日までに米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請し、経営破綻した。昨夏以降の原油の急落局面で米シェール企業の破綻が明らかになるのは初めてとみられる。

     4日付でテキサス州の連邦破産裁判所に申請したという。
    最大で5000万ドル(約60億円)の負債があり、原油安で想定通りの売上高が計上できず、資金繰りが悪化したとみられる。

     米シェール開発会社は中小業者が多く、資金力も限られることから、開発費を借入金や社債に頼っている。
    中小会社は先物取引などを用いた価格ヘッジも十分でないケースがあり、原油安が業績に直撃しやすい財務構造になっている。
    加えて、米地方の金融機関が中小シェールに対する融資回収を急ぐとの見方も出ていることなどから、今後も同様の破綻が相次ぐ可能性がある。

     ただ、中小シェール企業は足元では、資金流出を最小限に食い止めるため投資抑制も急いでいる。
    中堅シェールの一角であるオアシス・ペトロリアムは、2015年の投資金額を前年に比べ半減させる方針を先月に公表した。

     体力のある大手シェール企業は引き続き15年も高水準の投資を実施し、原油生産については14年に比べ拡大計画を維持している企業もある。
    このため、仮に中小シェール企業の破綻が相次いだとしても、
    世界の原油需給の悪化要因になっている米原油生産の拡大傾向が、すぐに歯止めがかかるかどうかは不透明だ。
    画像
    no title

    http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASGM08H6O_Y5A100C1FF1000/

    【米シェール開発 WBHエナジーが経営破綻 原油安が経営を直撃】の続きを読む

    1: まとめないでね@鰹節山車 ★@\(^o^)/ 2015/01/06(火) 01:58:22.21 ID:???0.net
    NY原油、一時50ドル割れ=5年8カ月ぶり
    時事通信 1月6日(火)1時42分配信

     【ニューヨーク時事】週明け5日午前のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、世界的な需給緩和懸念を背景とした売りに拍車が掛かり、一時5年8カ月ぶりに1バレル=50ドルの節目を割り込んだ。
    午前11時35分現在、米国産標準油種WTIの取引の中心となる2月物は、前週末終値比2.52ドル安の50.17ドル。
    画像
    Oil-Trading-and-Speculation

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150106-00000008-jij-n_ame 

    【NY原油 50ドル割れ 5年8カ月ぶり】の続きを読む

    1: シャチ ★@\(^o^)/ 2014/11/20(木) 12:10:07.75 ID:???0.net
    ダスキン <4665> は続落し、午前9時29分に83円安(4.57%安)の1732円を付けた。
    東証1部では値下がり率上位となっている。

     セブン&アイ・ホールディングス <3382> 子会社のセブン―イレブン・ジャパンが「セブン―イレブン」の全1万7000店でドーナツの販売を開始すると20日付日本経済新聞は報道。
    ダスキンが運営する「ミスタードーナツ」の売上に影響するとの懸念が広がったようだ。
    なお、国内におけるミスタードーナツの店舗数は14年3月末時点で1350店舗。(編集担当:宮川子平)

    画像 先行販売のセブンのドーナツ
    no title

    no title

    no title

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141120-00000068-scn-biz 

    【ダスキンの株価が下落 セブンイレブンがドーナツ販売に参入との報道受けて】の続きを読む

    1: Anubis ★@\(^o^)/ 2014/11/17(月) 11:20:13.54 ID:???0.net
    GDPはショッキング、もはや消費増税議論すべきでない=本田参与
    2014年 11月 17日 10:07

    [東京 17日 ロイター] - 安倍晋三首相の経済ブレーンで内閣官房参与を務める本田悦朗・静岡県立大学教授は17日、内閣府が発表した7─9月期の国内総生産(GDP)速報値について「ショッキングだ。もはや、消費税増税を議論している場合ではない。
    日本経済を支えるため、経済対策に議論を集中すべき」とロイターに語った。
    7─9月期のGDP速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.4%減、年率換算では1.6%減で、年率で7.3%減と大幅に落ち込んだ4─6月期から2四半期連続のマイナス成長となった。
    市場予想の年率2.1%を大幅に下回った。

    画像 事前予想
    1416181679-0645-009

    結果
    1416180559-0340-002

    http://sp.m.reuters.co.jp/news/newsBodyPI.php?url=http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKCN0J101U20141117

    ※リセッションとは
    景気後退。アメリカにおいては,四半期ごとの GNPが2四半期連続して前期を下回ればリセッションになるという原則があるが,日本には明確な定義はない。アメリカの原則を用いると,日本では,第1次石油危機直後を除いて,2四半期連続して GNPが前期比割れとなったことはなく,半永久的に景気拡大が続いていることになる。

    https://kotobank.jp/word/%E3%83%AA%E3%82%BB%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-159771

    【(リセッション)本田悦朗参与 GDP(7-9月期)はショッキング もはや消費増税議論すべきでない】の続きを読む

    このページのトップヘ