中二病速報

    カテゴリ:テレビ・芸能

    1: Egg ★ 2019/02/23(土) 12:06:18.53
    「72時間ホンネテレビ」で元SMAP3人が登場したり、テレ朝の小川彩佳アナが「報道ステーション」から“移籍”したりなど、配信するコンテンツが注目されていないワケではない。
    にもかかわらず、AbemaTVは開局以来“先行投資”のターンが続き、3年連続の赤字を計上している。

    「テレビが見たければテレビを観るし、ネットならSNSやYouTubeなど“暇つぶし”のライバルが多い。
    結局、ネットでAbemaTVを見るという習慣がなかなか根付いてくれないんでしょう。コストの面でも指摘がありますね」(芸能記者)

    2年ほど前に藤田社長が明かしたところでは、サーバー代だけで月数千万円。
    これで“全体コストに対する比率は3%程度”とのことだったから、いかに金喰い虫かがうかがえるといえる。

    とはいえ、「東洋経済」(19年2月9日号)のインタビューに登場した藤田社長は、「1千億円くらい赤字を出すことを想定しています」「(平均視聴者数)700万人も見ているなら、高収益の事業にすることはできる」
    とあくまで強気だった。その一方、サイバーエージェントの18年9~12月期の通年利益予想を300億円から200億円に下方修正した際には、ブログを更新し、

    〈先行投資中のAbemaTVだけでなく、広告事業もゲーム事業も、さらなる成長の好機とみて、新規事業を立ち上げ、どんどん人を採用し、広告費を増やしと先行投資を膨らませていました〉(1月30日付投稿)
    と真っ先に「AbemaTV」の名を挙げているのだ。

    だが、社長の熱意とは裏腹に、現場からはこんな嘆息が聞こえてくる。
    「16年4月の開局翌日から放送している『The NIGHT』という番組があります。これは月曜から土曜の深夜帯に配信される帯番組なのですが、近々、帯じゃなくなるんです。当
    初局内で流れたのは“土曜日の放送が消滅する”という噂でした」(AbemaTV関係者)

    降板になるのは

    「The NIGHT」は、曜日替わりでMCが代わる生番組で、月曜はスピードワゴン、火曜は矢口真理、水曜はライムスターの宇多丸、木曜はプロレス団体のDDT、金曜日はどぶろっく、そして土曜日はカンニングの竹山だ。
    土曜の放送がなくなるということは、竹山が番組消滅の憂き目にあうのかと思いきや、さにあらず。

    「土曜日を金曜日に移す、つまりどぶろっくさんが降板し、竹山さんが金曜回を担当するという計画です。どぶろっくさん、今年1月に、元SKE48の柴田阿弥とMC交代したばかりだったんですけれどね……。
    もっとも、そのあと事情が変わったのか、土曜日はそのまま竹山さん、金曜日が『The NIGHT』じゃない番組になるみたいです。どちらにせよどぶろっくさんはMC降板のようですが」

    つまり“月火水木土”の形になるというのだ。さらには、現在23あるチャンネルの“異変”についても触れる。
    「3月いっぱいで、ゲームチャンネルの『ウルトラゲームス』がなくなります。これはゲーム実況などを配信する番組なのですが、ストリートファイターの世界大会のため海外に赴くなど、制作コストがネックとされてきました。
    これまでも“鉄道”チャンネルや“ペット”チャンネルなど、スタートしては消えたチャンネルは珍しくありません。
    とはいいつつ、『ウルトラゲームス』は、昨年1月に始まったばかり。昨今はe-sportsがブームのはずなのですが、それにも乗れなかったワケで、迷走していますよ」

    この関係者曰く「視聴者が多いのは麻雀チャンネルと恋愛リアリティーの番組ばかり」なんだとか。AbemaTVに聞いてみると、まず『TheNIGHT』については、
    「『どぶろっくの金曜TheNIGHT』につきましては、どぶろっくさんが出演した『シモネタGP2018』にて、優勝し獲得したAbemaTVの番組MC権をもって期間限定で担当されていたため、開始時期から予定していた通り、3月末で終了予定です」

    という答え。金曜日はどうなるのか、『ウルトラゲームス』については、
    「4月以降の編成については、4月クールから始まる新番組や、3周年の特別番組を含めて現在検討中となります。新編成に関する情報は3月より順次発表させていただく予定です」

    AbemaTVの手探りはしばらくつづくか――。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190223-00557089-shincho-ent&p=1

    20190223-00557089-shincho-000-view


    【3年連続赤字「AbemaTV」3帯番組が“消滅”?ネットテレビはいまだ暗中模索 】の続きを読む

    1: muffin ★ 2019/02/23(土) 11:47:28.70
    公益社団法人「受動喫煙撲滅機構」は、NHKに2月18日付で抗議した申し入れ書の内容を、公式サイトで公開した。

    『いだてん』は、明治時代から昭和30年代が舞台。日本で初めてオリンピックに参加し金栗四三が、後半は日本に初めてオリンピックを招致した田畑政治を通して、日本のスポーツ史をダイナミックに描く。

    しかし、時代考証の結果として、ドラマ中に喫煙シーンが多くみられることに撲滅機構は抗議した。「受動喫煙シーンがしばしば見受けられ、みな観るたびに閉口し、悲しんでいます」とした上で、「受動喫煙のシーンは、今後絶対に出さないでください」とNHKに訴えた。

    近年のテレビ・映画では、過去の時代の再現でも職業・身体・民族等への差別的な言葉を使用していないことを例に挙げ、喫煙シーンがなくてもドラマは成立すると主張。「時代に逆行し受動喫煙被害の容認を助長する」と断じた。

    ネット上では今回の申し入れに対して「そろそろ映画、ドラマ、アニメなどから不適切な喫煙シーンを排除してもいい頃だ」と賛同する声もある一方で「歴史をねじまげることになる」「時代背景の描写に必要な描写を、時代劇から削ってはならない」と反発する声も挙がっている。

    撲滅機構がNHKあてに送った申し入れ書の全文は以下の通り。

    当機構は、「 公益社団法人 受動喫煙撲滅機構 」と申します。団体名称にあらわした活動を行っている組織です。貴局の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』は、当機構職員や会員の多くが楽しみに視聴しております。

    しかし、同作品には、受動喫煙シーンがしばしば見受けられ、みな観るたびに閉口し、悲しんでいます。
    近年のテレビ・映画などにおいては、過去の時代の再現においても、当時では日常的であったが、現代では、職業・身体・民族等への差別などと受けとられる語句・表現は、使用されなくなり、別の表現に置き換えられるようになっています(例:「目が不自由」「ホームレス」など、当時はなかった表現にまで)。これは過去作品の再放送においてもその場面の音声を削除するなど、かなり徹底された自主規制がなされております。

    さて、受動喫煙は過年にはどこででも行なわれていたところですが(例:民放『徹子の部屋』等では’80年頃までは灰皿が置かれ、出演者が対談中に喫煙していました)、今は国会で受動喫煙防止法が成立したように、喫煙はしても、人にタバコの煙を吸わせてはいけないということが、世界中の常識です。

    そんな中、わざわざ受動喫煙のシーンを、公共の放送、未成年者も視聴する番組において、放映するのはなぜでしょうか。こうしたことは、受動喫煙を世間に容認させることにもなります。未成年者や禁煙治療中の人たちへ悪影響を与え、何よりも出演者・スタッフの受動喫煙被害が紛れもなく行なわれているのです。

    もし、“時代を表すため”という理由でしたら、前述の差別表現や、当時は多くあった街のゴミ・犬の糞・立小便、はてはハラスメントまで表現しなくては、釣り合いが取れません。しかし、それらの表現がなくても、ドラマは成立するはずです。

    貴局のドラマ『バカボンのパパよりバカなパパ』においては、ヘビースモーカーであった主人公の漫画家や、編集部、バーの場面においても、喫煙シーンは全くありませんでした。(参考:別紙「一般社団法人 日本禁煙学会」による同作品の表彰)。

    全国の受動喫煙被害を撲滅する活動を行う当機構におきましては、時代に逆行し受動喫煙被害の容認を助長する恐れのある貴局同作品の表現は看過するわけにはいきませんので、以下に要望を提示させていただきます。

    要望
    一、『いだてん』において、受動喫煙のシーンは、今後絶対に出さないでください。
    二、『いだてん』で、受動喫煙場面が放映されたことについて、番組テロップなどで謝罪をしてください。
    (続きはソースをご覧下さい)

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/idaten_jp_5c6f7d1ae4b06cf6bb242097 

    idaten2-300x229


    【大河『いだてん』喫煙シーンに受動喫煙撲滅機構が抗議「今後絶対に出さないで」】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/02/23(土) 10:43:45.46
     歌手の浜崎あゆみが22日、自身のインスタグラムに谷間くっきりのセクシーショットを披露。いつもとは違う雰囲気を見せた。

     「What u looking at」というコメントとともに投稿されたのは、黒いホルターネックドレスを着用した浜崎のショット。髪をバックに結び、大ぶりの
    イヤリングをつけるというシンプルだがゴージャスな雰囲気。そして胸の谷間がくっきり写っていることから色気たっぷりの1枚となった。

     浜崎は2月21日にライブツアー「ayumi hamasaki LIVE TOUR ーTROUBLEー 2018ー2019」の沖縄公演を終えたばかり。4ヵ月にわたって
    全国を回った公演が、無事フィナーレを迎えている。

    クランクイン!
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-00062826-crankinn-ent

    no title

    【浜崎あゆみ、谷間くっきりのセクシーショットを披露! 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/02/23(土) 09:50:40.17
    女優・広瀬すず似のルックスと弱冠16歳にして誇る巨乳で、「Fカップの広瀬すず」と呼ばれている『AKB48』の矢作萌夏が、自身の握手会でのテクニックを公開して話題になった。

    矢作は2月19日放送のグループ冠番組『AKBINGO!』(日本テレビ系)に出演し、メンバー同士で裏の顔や秘密を暴露し合う『ぶっちゃけベースボール』に参加。

    最初のお題「メンバーのあざといと思う行動」内で、先輩の加藤玲奈から握手会での振る舞いを指摘された。

    加藤は「矢作萌香ちゃんは握手会のときに、握った手を自分の胸元に寄せながらあざとい握手をしています」「お姉さん尊敬するわー」と嫌味を交えつつ暴露。

    続けて、矢作がどのような握手をしているかを再現することになり、握ったファンの手を引き付ける動作を見せた。

    相手の手を握ることでガードしているものの、手と胸はもう少しで当たりそうな距離。

    握手会どころか、さながら〝パイタッチ会〟に近いこの光景に、視聴者からは、

    《まじか握手会行ってくる》
    《変なオタクが暴走したらすぐ胸触れそうで危ないぞw》

    《武器を最大限使ってるな》
    《おっパブやん》

    《条例違反スレスレだろwww》
    《こんなので興奮しまくってお前らマジでちょろ過ぎだろ》

    《ちょっと前のめりになっただけで当たりそうだけど、事故なら仕方ないよな?》

    などといった興奮の声が続出することになった。

    番組内の矢作は、この握手法を生み出したきっかけに『SKE48』の須田亜香里が関わっていると説明。
    かつて「SKE48」に所属していた姉・矢作有紀奈が、須田から「握手会は人と違うことをしないとダメ」とのアドバイスを受けたと聞き、
    〝須田へのリスペクト〟でこの握手を始めたのだという。

    今後、下心丸出しの新規ファンが、矢作の握手レーンに長蛇の列を作ることだろう。

    https://myjitsu.jp/archives/76213

    1550586932-0274-005

    1550586932-0274-006

    1550586932-0274-007


    【パイタッチ寸前!「Fカップの広瀬すず」 AKB48・矢作萌夏の握手会がヤバ過ぎ 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/23(土) 07:38:06.98
    囲碁の「ワールド碁女流最強戦2019」のトーナメント1回戦が22日、東京・市谷の日本棋院で行われた。
    20日に仲邑菫(なかむら・すみれ)さん(9)と対局した台湾の女性トップ囲碁棋士黒嘉嘉(こく・かか)七段(24)が登場、日本の上野愛咲美女流棋聖(17)に勝利した。

    台湾でトップモデルとしても活躍する黒七段は“美しすぎる囲碁棋士”と注目が集まっている。
    「碁に集中していて(注目を)あまり感じていない」と語ったが、日本でのタレント活動の可能性について「機会があればぜひ」と意欲を示した。

    no title

    スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/02/23/kiji/20190222s00041000317000c.html

    【【囲碁】 “美しすぎる囲碁棋士”黒七段、日本でのタレント活動意欲「機会があればぜひ」】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/22(金) 18:37:44.24
    お昼の情報バラエティ番組「バイキング」(フジテレビ系)でMCを務める坂上忍が自身の不謹慎発言により猛バッシングを受けている。

    2月20日放送の同番組では、堀ちえみの舌がんを特集。堀のブログとともに専門医からの病気に対する見解や予想される闘病の困難さなどが紹介された。
    坂上は堀と同い年であることを明かしつつ「これ、克服して戻ってきたらすごいよ」とコメント。
    たちまちネットユーザーから吊るし上げられたのだ。

    「堀自身が前向きにがんと闘うことを表明しているにもかかわらず、
    番組では堀のプロフィールおよび、がん告白のブログ内容を紹介した直後に口腔・咽頭がんの死亡者数を紹介。
    これに視聴者が疑問を感じていたところに、坂上の発言があったため、ネット上では『堀ちえみが“絶対負けない”って言ってるのに、
    坂上のコメントは失礼にもほどがある』『坂上もフジテレビもデリカシーがなさすぎ!』
    『MCなら適切な言葉で励ますべき』『どうしてこんなことを平気で言う人が司会者なの?』などと大炎上。
    坂上はこれまでにも番組で進行を務めている榎並大二郎アナに対する目に余るパワハラ発言や、自分と意見が合わなかったお笑いコンビ・サンドウィッチマン伊達みきおに対する明らかな圧をかけた発言など、司会者としての品格を疑われるような場面が何度かありました。
    4月で放送開始から丸5年となる『バイキング』ですが、“坂上MC”を今一度考えるべき時かもしれません」(女性誌記者)

    歯に衣着せぬ物言いで人気の坂上だが、人の心情を慮るコメントは不得手のようだ。

    アサジョ
    http://dailynewsonline.jp/article/1703121/

    1


    【坂上忍、堀ちえみに対する発言で改めて問われる「司会者としての品格」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2019/02/22(金) 15:06:25.01 ● BE:887141976-PLT(16001)
    元NTTドコモの執行役員である夏野剛氏。そんな同氏の76歳になる母親がドコモショップで契約時に過剰なオプションを付けられていたことが判明した。このことを明細と共にTwitterに投稿し激怒。

    夏野氏は「最近スマホの名義替えしたので請求書を紙で届くようにしたら、こんなの発見。
    76歳の母になんてひどい押し売りしてるんだろう。いくら本人同意とはいえ総務省はこういうのをやめさせるべきじゃないのか。もちろん母は契約時のショップ店員トークを覚えてない。
    OBとして情けない」とドコモのやり方を情けないと嘆いている。

    明細には老人には必要ないと思われる、dTV、dアニメストア、dヒッツ、dキッズ、dマガジン、クラウド容量などがてんこ盛りに付いていた。

    上記6項目だけでも月に2572円の負担となり、年間だと3万864円。しかし76歳のお年寄りは使うことは無いと思われるオプションばかり。

    この投稿に関して「大手3社は、老人を養分にしている点で振り込め詐欺と大差ないと認識してます」、「初月無料、使わなかったら解約してくださいねって言われるやつかな」、「やっぱり格安SIMだな」、「OBと言っても、iモードはあなたが開発したわけでないのにな」、「最近のニコニコみたいですね 要らん機能ばっかつけて」というリプライが飛び交っている。

    しかしこのような過剰オプションは今に始まったことではなく、数年前どころか10年前くらいからあったもの。

    http://gogotsu.com/archives/48462

    no title

    【元NTTドコモ夏野剛 母親がドコモショップで過剰オプションを付けられ激怒 】の続きを読む

    このページのトップヘ