中二病速報

    カテゴリ:テレビ・芸能

    1: Egg ★ 2018/10/18(木) 22:36:05.48 _USER9
    城田優のハーフ国籍言及が話題 大坂なおみ例に日本の風潮指摘 10月18日、AERA dot.上に掲載された城田優(32)のインタビューが話題を呼んでいる。

    日本とスペインのハーフであり、スペインの国籍を取得している城田。インタビュアーが「女子テニスの大坂なおみ選手が全米オープンを制覇したときも、国籍のことが話題になりましたね」と話を振った。すると城田は、インタビュアーにこう語った。

    「ああいうのを見ていると、どこに言ってもここだという居場所がない我々からするとズルいなと思う。良いときだけ『日本人初』って持ち上げるくせに、都合が悪くなったら『やっぱり外人だから』って言うんですよ」

    大坂なおみ選手(21)は日本とアメリカの二重国籍。アメリカで生活しているが、全米オープンで優勝した際にネットでは『日本すごい!』『特例で二重国籍を認めよう!』といった言葉が並んでいた。そのことを受けての発言だった。

    カズオ・イシグロ(63)が昨年にノーベル文学賞を受賞した際も、大坂選手と同様の現象が起こっていた。

    「イシグロさんは幼年期に渡英し、成人後にイギリス国籍を取得しています。限られた日本語しか話せませんが、やはり受賞時には『日本の誇り』といった声が上がっていました。城田さんはそういった“手柄を立てた”ときだけ日本と結びつける風潮を指摘したようです」(スポーツ紙記者)

    そうした率直な意見を明かした城田に、Twitterでは賛同の声が上がっている。

    《仰る通り。都合の良いときだけ日本人扱いってのは卑怯だよね》

    《純血だとか、ハーフ、クォーターだとか移民だとか。議論が狭すぎる。国と言う単位はあっても良いけど、あくまでも枠であって国籍の縛りや重責は必要ないとないよ》

    32374_1212_5b556ff1_9d5fdf47

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15464772/

    【城田優 ハーフ国籍言及 大坂なおみ例に「良いときだけ『日本人初』って持ち上げるくせに」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2018/10/18(木) 21:38:33.28 ● BE:115523166-2BP(2000)
    バストは86cm・Fカップ。隠れ巨乳と言われて話題の伊東みつきさんが、3rd Blue-ray&DVD「Brand new MITSUKI」(発売元:@mitsy、収録時間:70分、価格:BD 5184円、DVD 4104円)の発売記念イベントを10月13日、ソフマップAKIBA 1号店 サブカル・モバイル館で開催した。

     よく笑って元気な印象の伊東さん。2年ほど前からグラビア活動を本格化させ、7月に2nd DVDが出たばかり。9月末の舞台「ニャンダフルデー ~追憶~」にも出演し、演技でも実力を見せている。今作は8月に千葉県の館山で撮られた映像だ。

    http://ascii.jp/elem/000/001/758/1758607/

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【伊東みつき Fカップ隠れ巨乳のグラビアアイドル (画像あり) 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2018/10/17(水) 22:04:47.15 ● BE:115523166-2BP(2000)
    コスプレイヤーとしても注目を集めている夜乃さゆなさんが、1st DVD「悦楽の鼓動」(発売元:ブレイン、販売元:イーネット・フロンティア、収録時間:90分、価格:4104円)の発売記念イベントを10月14日、ソフマップAKIBA 1号店 サブカル・モバイル館で開催した。

     見た目はちょっとエッチなロリータ系。アニメが好きで、以前からコスプレ活動をしていたそうだが、コスプレイヤーとしては今夏のコミケが初参加だそう。「脱ぐことも好きなので脱いでいたら、それが仕事になりました」と、1st DVDリリースへ至る経緯を話してくれた。

    http://ascii.jp/elem/000/001/757/1757983/

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【夜乃さゆな ちょっとエッチなロリータ系コスプレイヤーがグラドルデビュー (画像あり)】の続きを読む

    1: 47の素敵な 2018/10/18(木) 20:31:00.97
    本田依里佳 ミス立教No.2 @rikkyo18miss2
    こんばんは

    妹にアドバイスをしてもらって、ツインテールをしてみました????髪の毛がすごく伸びた気がします

    今日も良かったら投票よろしくお願い致します

    https://misscolle.com/rikkyo2018/vote

    no title

    no title

    https://twitter.com/rikkyo18miss2/status/1052544337932767232

    本田依里佳 ミス立教No.2
    @rikkyo18miss2
    ミス立教コンテスト / コミュニティ福祉学部 福祉学科2年 / 本田依里佳(ほんだえりか)/Entry no. 2 / DM対応は致しかねます
    半年間、自分らしく一生懸命頑張ります??どうぞ応援よろしくお願い致します?? 下のURLから1日1票投票できるので、よろしくお願いします???♀?

    no title

    【ミス立教候補の本田依里佳さんがツインテールを披露 可愛すぎだろ!(画像) 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/10/18(木) 20:32:23.08 _USER9
    覚醒剤取締法違反(所持・使用)の罪に問われたタレント・麻生希被告(33=本名・島崎彩)の第2回公判が17日、横浜地裁(吉田勝栄裁判官)であり、アウトロー的な作品が多いことで知られるVシネマ(ビデオ映画)も顔負けの事実が明らかになった。暴力団組員に脅されて覚醒剤を注射され、保釈中にも覚醒剤をすすめられたなどと次々と衝撃の告白。「二度とやらない」と誓う麻生被告には、覚醒剤関与が“銃殺刑”となるフィリピン行きも母親から提案された。

     麻生被告は元交際相手の高畑愛平受刑者(27)と都内自宅で覚醒剤を約57グラムも所持し、使用したとされる。2月に逮捕されていた。「10頭身の美貌」を売りに活動していただけあり、タイトなパンツの黒スーツに白シャツ姿はさまになる。

    「ガラスパイプに覚醒剤を入れて火であぶって使った」と使用を認めたが、所持については「50グラム以上もあると知らなかった。6~10グラムと思っていた」と主張する。

     昨年10月21日から同棲を始めた部屋の覚醒剤は主に高畑被告が入手し、麻生被告は「パイプに入れて」とお願いして使っていた。売人との受け渡し現場には麻生被告が出向くこともあった。

     供述調書からは、0・05~0・1グラムの量を1日に2~3回も使用していた薬物依存が明らかに。最大で0・1グラムを4回使ったこともあった。

     覚醒剤に手を染めた理由は驚くべきものだった。同棲を始める数日前の昨年10月中旬のこと。「暴力団員に裸を盗撮されて、覚醒剤を使ってることも裸も週刊誌にバラまくと脅された」と告白したのだ。

     SNSを通じて面識のない人物から依頼された名古屋でのイベントの仕事を終えて「イベントの仲間と一緒にホテルラウンジで打ち上げをしました。みんなで飲んで、私はけっこう酔ってて裸でジャグジーに入った。そのとき暴力団員に盗撮された」と明かした。その後「暴力団員の人に『裏カジノの客の相手をしろ』と言われて、脅されて注射を打たれたりした」ことで覚醒剤を覚えてしまったというのだ。

     暴力団員は裸動画や覚醒剤使用の情報をリークしない代わり、麻生被告自身の購入か、購入者の紹介を求めた。「高畑さんに相談したら『それを買って良い付き合いができるなら、とりあえず買ってなだめたほうがいい』と言って買うことになりました。条件交渉は高畑さんと暴力団員。ブツの受け渡しは『知らない人間じゃなく、島崎さんに来てほしい』というので私が」と話す。

     だが、高畑被告の裁判で明らかになった事実とはニュアンスが異なる。自宅にあった覚醒剤の質に満足できない麻生被告から「これよりいいの知ってるよ」と紹介されたのが「名古屋の先生」という密売人だった。

     薬物依存者の再犯率の高さは知られているが、麻生被告は「やめる」と言い切った。「私は勾留中に妊娠が発覚して、勾留中に死産して、とても大変なことをしてしまった。申し訳ない、後悔の気持ちでいっぱいになった。二度としないと誓います」と涙声で誓った。

     検察官は2016年のコカイン所持での裁判(執行猶予判決)を振り返って「コカインの裁判でも『二度としない』と言っている」と追及する。

     それに対する返答は驚くべきものだった。保釈中の9月下旬から今月上旬、すでに覚醒剤の誘惑に遭遇していたのだ。「知人の飲食店で覚醒剤をすすめる男性がいたけど、地元の太田警察に通報しました。通報したことからも、断ち切ると心の底から誓ってます」と述べ、「群馬県警太田署の刑事2課。担当は○○さんです」と相談した刑事の名前まで持ち出した。

     情状証人で保釈中に同居している母親の弁も強烈だった。「どこにも行かないように見張っている」という母親は日本の永住権を持つフィリピン人だ。実刑の可能性も理解していて「出所後は日本でも、私の国でも一緒に住みます。彩ちゃんは娘だから守りたいですよ。私の国、彩ちゃんも勝手に出かけられない。向こうは覚醒剤が厳しい。なかなか手に入らない」と訴えた。

     フィリピンではドゥテルテ政権下で麻薬撲滅作戦が強行され、売人や使用者が数千人も銃殺されている。母親の提案は実効性があるかもしれない。次回公判で結審の予定だ。

    bandicam202016-07-122016-25-58-449

    東スポWeb
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1160011/

    【覚醒剤逮捕のセクシー女優 麻生希被告 裁判で衝撃告白「組員に脅され注射された」 】の続きを読む

    このページのトップヘ