中二病速報

    カテゴリ:テレビ・芸能

    1: アイアンクロー(埼玉県)@\(^o^)/ 2015/02/27(金) 01:21:50.38 ID:R6UBV8BQ0.net BE:829826275-PLT(12001) ポイント特典
    ぱるること島崎遥香のショートカットがおかしいと話題にwww

    画像
    no title

    no title

    【ぱるること島崎遥香のショートカットがおかしいと話題に www(画像)】の続きを読む

    1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2015/02/26(木) 21:20:43.40 ID:???*.net
    グラビアアイドルの篠崎愛が23歳の誕生日を迎えた26日、都内で「篠崎愛 生誕祭~平成二・二六事件」を開催し、ソロ歌手デビューすることを発表した。

    アイドルグループ「AeLL.」のメンバーとしても活動していたが、現在は無期限活動休止中。
    芸能デビュー10年目の今年、ファーストシングル「A-G-A-I-N」(4月15日デジタル配信、4月29日CDリリースをそれぞれ予定)で念願のソロデビューを果たす。

    「アゲアゲな明るい曲」というデビュー曲について、「今までグラビアとかをやってきて、ここから“再び”新しい私でやっていくぞという気持ちが込められています」と思いを打ち明けた。

    歌手の倖田來未(32)が憧れの存在。
    「(倖田のように)自分を持ったちゃんと主張のある女性になりたい」と笑顔で、「今年は歌に力を入れて頑張っていきたい」と意気込む。
    歌唱力について質問が及ぶと、「(歌は)下手ではないと思うんですけど…」と謙遜しつつ、「踊りはうまくないので、歌重視でいい歌を歌いたいと思っています」と姿勢を明かした。

    グラビアからの卒業は「考えていない」ときっぱり。
    「今までグラビアをやってきたので続けたいですけど、今年は歌メーン」と優先順位はこれまでと変わるが、「みんなを癒す、“癒しのシンボ”になりたい」と、自分の存在の最終形をはっきり示した。
    画像
    aolcelebrity_20130619_7400dee2f55cd4d9d4e1_0

    http://news24.jp/entertainment/news/1637824.html


    https://www.youtube.com/watch?v=tYG0AE_OD0U


    https://www.youtube.com/watch?v=KBXWDjQ1_z0


    https://www.youtube.com/watch?v=HOb8OXk9JOY


    https://www.youtube.com/watch?v=n6RZck0evRE


    https://www.youtube.com/watch?v=_rxYTxGsqGk


    【篠崎愛 念願のソロ歌手デビュー!4月にファーストシングル リリース】の続きを読む

    1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2015/02/26(木) 19:28:08.38 ID:???*.net
    元フジテレビアナウンサーで、フリーキャスターの宮崎総子(ふさこ)さんが、 病気のため24日に大阪・吹田市内の病院で死去していたことが26日、わかった。71歳だった。

    宮崎さんの実子で、俳優・仲代達也(82)の養女である女優の仲代奈緒(41)が同日、報道各社にファクスで発表した。病名は公表されていない。

    関係者によると、宮崎さんは病気療養のために吹田市内の病院に入院していたが、治癒することなく帰らぬ人になった。

    宮崎さんは1966年にアナウンサーとしてフジテレビに入社。
    退社後もキャスターとして幅広く活躍した。
    85年には落語家の桂文枝(当時は三枝)とのコンビで、関西テレビのワイドショー「モーニングアップル」の司会を担当。
    93年4月からは、TBS系のワイドショー「スーパーワイド」の2代目キャスターとして人気を博した。

    私生活では、フジテレビ在籍時に同僚のアナウンサーだった山川建夫氏と結婚するが、後に離婚。長女は宮崎さんの義兄である仲代達矢の養女となり、現在は女優として活動している。

    通夜は27日午後6時から、告別式は28日午前11時から、ともに大阪府箕面市の箕面聖苑で行われる。
    喪主は実子の仲代奈緒。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150226-00000062-dal-ent

    画像 宮崎総子さん
    no title

    no title

    【宮崎総子さん死去 71歳 元フジアナのフリーキャスター】の続きを読む

    1: coffeemilk ★@\(^o^)/ 2015/02/26(木)
    作家の中村うさぎ氏が水曜レギュラーを務めるTOKYO MXの人気情報番組『5時に夢中!』を降板した。

    今月11日、番組に自らビデオ出演して発表した。うさぎ氏は1月30日付のブログで「二度とあの番組には出ない」と降板を表明。
    発端については、うさぎ氏が昨年4月、同じ水曜レギュラーの女優・美保純に対し「ポルノ女優のくせに」と芸歴に触れる“差別的な発言”をしたと報じられた。

    これに、うさぎ氏は6日付のブログで「絶対にしてない。なぜなら、そんなこと思ったこともないからよ。思ったこともないことを、人は言葉として発しないはずなの。
    言葉は概念よ。そこに概念がなければ、それを表現する言葉は生まれない」と完全否定したが……。

    リミッターの外れたうさぎ氏は発売中の「新潮45」(新潮社)で、事の顛末を7ページにわたって説明。
    それによると、ブログでも示した通り、風俗嬢経験もあるうさぎ氏に、ポルノ女優に対する職業差別意識はなく、どんなに頭が混乱していたとしても問題の発言は絶対に出てこないと力説している。
    一方で「美保さんは高校時代にヤンキーだったから、やっぱりヤリマンだったんでしょ」と発言した可能性はあるそうで、この“ヤリマン発言”が美保の中で“ポルノ女優発言”にすり替わったと推察している。

    その上でうさぎ氏は「私が思うに、美保さん自身が己の出自にコンプレックスを持っているのではないか。彼女がにっかつロマンポルノ出身であることは有名だし、今さら隠すわけにもいかないから開き直ったふりをしているが、じつのところは、『元ポルノ女優』と言われることを非常に恐れ、かつ嫌っていて、 ちょっとした他人の発言や所作にも『あたしがポルノ女優だからこんなこと言われるんだ!』という解釈をしてしまうのではないか」と結論付けている。

    とはいえ、うさぎ氏本人が否定しても、先の“ポルノ女優発言”は大々的に報じられ、半ば既成事実化していることも事実。こうした状況をうさぎ氏は「言葉の死」と表現した上で、同誌でこう結んでいる。

    「私の言葉は完全に完全に殺された。言葉で食ってきた人間が言葉を殺されたら、どうなるのだろうか。生きている意味すらなくなるのではないか?」

    “自死”をほのめかす言葉に、業界は騒然となっている――。
    画像
    x240-Wcm

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9827421/

    【中村うさぎ氏が自殺を示唆? 「言葉を殺されたら生きてる意味すらない」】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/02/26(木) 12:05:33.78 0.net
    ご報告。

    テーマ:ブログ

    3月3日以降のこと、、
    ご報告させていただきます。
    私はこの春で大学4年生になります。
    今後は大学にも通いつつ、
    ちゃんと4年で卒業したいと思っています。
    お仕事もお話があれば
    是非やらせていただきたいですし、
    夢でもあるモデルへの活動にも積極的に
    チャレンジしたいと思っています。
    この先、
    いろんな私を見つけて
    たくさんの夢を
    叶えられるように頑張ります!
    一旦ブログを停止すると思いますが、
    また落ち着いたら
    ブログのほうも再開したいと思っています?
    今後とも 熊井友理奈 を
    どうぞ宜しくお願い致します。

    ブログ 
    http://ameblo.jp/kumai-yurina-blog/entry-11993999916.html

    Berryz工房・熊井友理奈、グループ停止後の活動に言及

    ハロー!プロジェクトのアイドルグループ・Berryz工房熊井友理奈が今後の活動に言及した。

    3月3日に東京・日本武道館で行う単独コンサートをもって活動を無期限停止することを発表しているBerryz工房。熊井は26日付で「ご報告。」と題したブログを更新し「3月3日以降のこと、、ご報告させていただきます」と切り出し、仕事を続ける意向を示した。

    現在、大学3年生で、仕事と学業を両立させているが「今後は大学にも通いつつ、ちゃんと4年で卒業したいと思っています」と言及。仕事に関しても「お話があれば是非やらせていただきたいです」と意欲的だ。
    また、モデル並みの長身を活かし「夢でもあるモデルへの活動にも積極的にチャレンジしたいと思っています」と宣言した。

    ブログに関しては一旦停止すると告知しているが「落ち着いたらブログのほうも再開したいと思っています」と伝え、「今後とも 熊井友理奈 をどうぞ宜しくお願い致します」と呼びかけた。

    画像
    w600c-e_1010478

    http://mdpr.jp/news/detail/1470433

    【熊井友理奈 ブログは一旦停止 モデル活動にチャレンジしたい】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/02/26(木) 12:20:34.73 ID:???*.net
    交際中のレスリング元日本代表・山本聖子(34才)の妊娠を発表した、テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手(28才)。
    幸せいっぱいのダルだが、その一方で、元カノたちから“ネタばらし”をされている。

    まずは元プロゴルファー・古閑美保(32才)。ダルはあんなに交際を否定し、全報道陣に「裏取りして」と苦言まで呈していたのに、古閑は、明らかにダルとわかる元カレとの交際エピソードを、バラエティー番組で赤裸々に振り返っている。

    そして、2013年に女性セブンが、古閑との梯子デートをスクープしたMALIA(32才)は、最近発売した著書『TRUE LOVE』(講談社刊)の中で、あの夜の内幕を綴っている。もちろん登場人物のフルネームは誰も出てこないが、ダルの「Facebookナンパ」から始まり、女性セブン報道で古閑と別れていないことがわかって会うのをやめるまでの一部始終が、実にリアルに書かれているのだ。

    そんななか、聖子はダルとの熱愛宣言以降、一切コメントを発表していない。やっぱりこういうとき、母は強しなのか。
    画像
    IMG_20131031_0003-コピー

    http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20150226/enn1502261135008-n1.htm
    2015.02.26

    【山本聖子妊娠発表のダルビッシュ 元カノたちから「ネタばらし」続々】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/02/26(木) 12:11:26.96 ID:???*.net
    女優の江角マキコが「話題賞」に選ばれながらも、欠席した今月22日に開催された「東京スポーツ映画大賞」の舞台裏を、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じている。

    審査委員長のビートたけしが毎回、独断と偏見で選ぶ毎年恒例の同大賞。たけしが北野武監督としての厳しい目線で選ぶ映画賞とは別に、 イベントのもうひとつの目玉は、事件やスキャンダルで世間の関心を集めた人に、 「いつまでもくよくよせず、騒動を笑いにしちゃおう」という趣旨で贈られる「話題賞」。 
    昨年は脱税騒動で謝罪会見したタレントの板東英二と、次男の不祥事で謹慎したみのもんたが受賞した。

    今年、同賞を受賞したのは、昨年同誌のスクープで“落書き騒動”が発覚し一躍時の人となった「江角(マキコ)&(長嶋)一茂」。
    同誌によると、たけしは「いっそのこと悪口キャラになるとか、路線変更して、したたかに生きるべき」と今後の江角の方向性を示唆し、あわよくば会場で一茂と握手でもしてもらって、世間に騒動が落着したことをアピールしてほしい、という狙いから選んだというが、授賞式への出席を固辞。主催者側はギリギリまで交渉を続けたが、ビデオメッセージでの出演にも応じることはなかったというのだ。

    「もし、江角が授賞式に出席していれば、イメージがガラリと変わったはず。
    いわば、たけしが江角の現状を見かねて“助け舟”を出した形になったが、江角はそれに乗らなかった。
    たけしとのパイプができれば北野武作品の次回作のオファーの可能性もあったのに、そのチャンスをみすみす逃してしまった」(芸能記者)

    すでに、江角が担当マネージャーに指示したことにより、自宅に落書きされた“被害者”の一茂はテレビでネタにし重苦しい事件の余韻を払拭。
    一方、江角は事件発覚後、新しい仕事のオファーがまったくないだけに、たけしの“助け舟”に乗らなかったことを後々後悔することになりそうだ。
    画像
    w600c-e_1638232

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150226-00000007-reallive-ent
    リアルライブ 2月26日(木)11時56分配信

    【「東京スポーツ映画大賞」ビートたけしの助け舟に乗らなかった江角マキコ】の続きを読む

    このページのトップヘ