カテゴリ:テレビ・芸能

    1: 禿の月φ ★ 2013/07/17(水) 17:07:00.71 ID:???P
    ダンサーの内山麿我(29)が「今朝のあまちゃんインド人になりきる 日本人の役で出ました」と7月16日(2013年)にツイッターで明かした。

    この日の放送のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」劇中ドラマで、主人公・アキのセリフを遮るように流れた「CM」に出演したのだ。

    内山は浜崎あゆみ(34)との破局後、仕事が激減して「ホームレス生活」をしていたと話していた。久々の大きな仕事に「まー、ふざけた役だったけど、とても楽しめました」といい、ファンから「次はどんな役やりたいの?」と聞かれ、「夢は大河ドラマ。殿中でござるぞ!!って言いたい」と欲を見せた。

    同CMについては、音楽を手掛けた大友良英(53)も「アキの台詞をカットして突然流れた『いらないバイク買い取る象~』の憎きCM、メロディは私が音楽をやったNHKドラマ『白洲次郎』風に」した「本気音源」だとツイッターで語っている。
    no title











    ソース:J-CASTニュース
    http://www.j-cast.com/tv/2013/07/17179567.html
    画像:https://pbs.twimg.com/media/BPQPbFOCIAAifxu.jpg
    ma_ro_ka (ma_ro_ka) on Twitter
    https://twitter.com/ma_ro_ka/status/357113766913114114
    https://twitter.com/ma_ro_ka/status/357114056433340416

    【ダンサーの 内山麿我 「あまちゃん」に「インド人になりきる日本人役」で出演!】の続きを読む

    1: ◆YKPE/zzQbM @ゆきぺφ ★ 2013/07/17(水) 15:56:43.08 ID:???0
    ■ ダウンタウンが面白くなくなった? 

     なぜ突然こういう展開になったかというと、最近、ふとグーグルで“ダウンタウン 面白くなくなった”と無意識のうちに検索してしまうことが多くなったからだ。実際に、検索するといかにダウンタウンが面白くなくなったか、松本さんが面白くないかの書き込みで検索エンジンはもはやパンク寸前である。

     私が高校のとき、ダウンタウンは関西の男子高校生の神であり、笑いをとれることがかっこいいとみなされる間違った関西の文化圏では、どのような不良でも尊敬するくらい、ダウンタウンは人気があった。あの独特のしゃべり口はダウンタウンだからこそ面白いのに、勘違いした大量の関西のお兄さんが、そのしゃべり方をまねては滑りまくるといった惨劇を繰り返していたものである(ちなみに私は別に大ファンというわけではなく、爆笑ブーイングという2流、3流の若手芸人の深夜のネタ見せ番組のファンであった)。

     さて、これほど面白かった、確かに私もよく爆笑した記憶のあるダウンタウンが、なぜ“つまらなくなった”のかについて分析していきたいと思う。

    ■ 面白くなくなった芸人たち――視聴者側の需要変化

     語弊を恐れずに言えば、昔はタモリも面白く、さんまも面白く(さんまは今でも面白いが)、ビートたけしさんも面白かった。
    ちなみにドリフターズの志村さんとかは、私は幼少期、祖母と一緒によく笑っていたが、物心つくと全然、面白くなくなり、繰り返される「ダッフンダ」には怒りすら感じるようになった。

    (中略)

     この世代ごとの笑いのツボや感覚の変遷に加え、視聴者も同じ笑いに飽きてしまう。いくら面白くても同じネタを見て10回以上笑える人はいないわけで、人気芸人になればなるほど、毎日、朝から晩まで笑わせなければならないため、笑いのアウトプットにインプットが追いつかない。しかも今ではYoutubeで面白いネタが何度も再生されるだけに、同じネタやジョークの賞味期限が短くなっている。準備して、笑いを作り込んでいくタイプの芸人には難しい時代と言えよう。
    main










    ○全文はこちらで(>>2に続く)
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130717-00015582-toyo-bus_all

    【ダウンタウン はなぜ面白くなくなったのか?(東洋経済)】の続きを読む

    1: 禿の月φ ★ 2013/07/17(水) 05:19:58.54 ID:???P
    シンガー・ソングライター、松任谷由実(59)の名曲「ひこうき雲」(1973年発表)のミュージックビデオ(MV)が初めて制作されたことが16日、分かった。

    同曲がスタジオジブリの最新作「風立ちぬ」(20日公開、宮崎駿監督)の主題歌に起用されたことから実現。東京・三鷹市の「三鷹の森ジブリ美術館」で撮影された。

    「ひこうき雲」は旧姓・荒井由実名義のデビューアルバムの表題曲として収録され、ユーミンが高校時代に若くして他界した旧友を思って書いたという名曲だ。
    1970年代はMV制作の普及前で、MV自体が存在しなかった。

    そこで、宮崎駿監督(72)が「主題歌にぴったり」とほれ込んだ同曲を「風立ちぬ」の主題歌に起用した縁から、映像化が実現。ユーミンとスタジオジブリという日本を代表する“クリエーター”同士による
    注目のMVは、三鷹の森ジブリ美術館で、6月中旬の休館日に1日かけて撮影された。(>>2以降に続きます)

    ソース:SANSPO.COM(サンスポ・コム)
    http://www.sanspo.com/geino/news/20130717/oth13071705110016-n1.html
    http://www.sanspo.com/geino/news/20130717/oth13071705110016-n2.html
    画像:no title

    no title

    no title

    no title

    【ユーミン って何が凄いの?】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況は禁止です 2013/07/17(水) 11:50:13.74 ID:2LOSULbj0
    NMB山田菜々
    一般公開で共有しました - 11:36

    ローリングストーンズって有名なのっ?

    やとしたら私すごいよ?
    中学生のときからこれ着てるもん?笑

    そんな私の今日のあだなはペロちゃん!はは
    画像
    no title

    【山田菜々「ローリングストーンズって有名なのっ?」「あだなはペロちゃん」】の続きを読む

    1: ジョフロイネコ(神奈川県) 2013/07/17(水) 05:30:08.22 ID:WJGws2u10 BE:2033798257-PLT(12022) ポイント特典
    NY、映画「変態仮面」で盛り上がる-パンツをかぶった来場者も

    ニューヨークのジャパン・ソサエティー(333 E. 47th St.)は、7月11日から21日まで日本映画祭「ジャパンカッツ」を開催している。7回目となる同イベントは「テルマエ・ロマエ」「ヘルタースケルター」「のぼうの城」など、話題作を上映。(ニューヨーク経済新聞)

    12日に上映した「HK 変態仮面」はニューヨーカーから大好評を受けた。チケットは完売し、当日はキャンセル待ちの列ができるほどの人気ぶり。上映前にはDVDの抽選会が行われたり、司会者がパンツをかぶり変態仮面に変身するなど、会場を沸かせた。

    映画の冒頭で「Ryohei Suzuki」とテロップが流れると会場からは既に笑いが起き、物語の始まりとともに会場は爆笑の嵐に。変態仮面変身のシーンや戦闘シーンでは笑いとともに拍手まで起こり、終始笑いの耐えない上映会となった。

    会場に訪れていた日本人は「今まで最初から最後までこんなに笑った映画は初めて。
    海外で見たからこそ、こんなに笑えたのかもしれない。外国人の方の笑い声が激しくて、音声が聞こえなかったくらい。すごく楽しかった」と話し、マンハッタン在住のポールさんは「日本人が内に秘めている変態要素を、コメディータッチに描いたこの世界観がたまらない。主人公の肉体美も最高だった。すぐに引き込まれてしまったけど、この『変態』が日本人の普通だとアメリカで勘違いされなければいい」と話した。

    no title

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130716-00000070-minkei-n_ame

    【NY 「変態仮面」で盛り上がる パンツをかぶった来場者も(画像)】の続きを読む

    1: クロアシネコ(チベット自治区) 2013/07/17(水) 10:49:29.20 ID:YV8kJicq0 BE:601302825-PLT(12001) ポイント特典
    矢口真里(30)の自宅不倫&離婚騒動から、はや57日――。

    5月22日のネット放送収録を最後に、雲隠れを続けているが、この間、「体調不良」を理由に次々と番組降板に追い込まれ、「“間男”梅田賢三とホテルを転々としている」「実家で引きこもり生活をしている」
    と情報は錯綜。芸能界引退も囁かれる中、浮上したのが8月3日から放送される「27時間テレビ」(フジテレビ)での電撃復帰だ。

    「毎年、27時間テレビの深夜帯に放送する『さんま・中居の今夜も眠れない』のコーナーに出演するのでは、という話が浮上しています。
    今回の騒動をさんまにイジってもらえば不倫騒動も笑いに変えることができる。このコーナーの中には、『ラブメイト』という、さんまが会いたい素人や芸能人の名前をランキング形式で紹介し、芸能人は本人がナマで出演したり、出演できない場合は電話で話すというのがある。そこに矢口の名前を入れて、『自宅に行ってクロゼットに隠れたいわ~』とでも言えばネタとして成立するし、声だけの出演なら矢口もハードルが低い。アドバルーン的に視聴者の反応を見ることもできます」(テレビ局関係者)

    矢口は「8月上旬に記者会見を開く」(芸能関係者)との話もあり、その“前哨戦”として「27時間テレビ」はうってつけだが。
    o0640048012101972917



    http://news.livedoor.com/article/detail/7864765/

    【矢口真里 フジ「27時間テレビ さんま・中居の今夜も眠れない」で復帰か?】の続きを読む

    1: 禿の月φ ★ 2013/07/17(水) 05:43:23.66 ID:???P
    88年3月。爆笑問題は初めて舞台に立った。芸歴25周年を迎えた彼らは最初の頃こそ紆余曲折がありながらも、ここ20年近くはテレビで見ない日はないほどの活躍を見せている。

    バラエティ界のスター街道を歩み続けている彼らだが、かつて仕事がなかった時期のことを尋ねると、太田光さんは「なんか、何もできないのはもう……
    つらかったね」と振り返る。

    バラエティ以外の仕事でも、小説、連載などの原稿の執筆を抱える太田をずっと側で見ている田中裕二さんも「太田はここ10年ぐらいは『締め切りが、締め切りが……』って言っている感じはありますね」と証言する。

    「原稿つっても俺のはホント、ネタなんで。例えば『爆笑問題の日本史原論』なんかは毎月どっさり資料を読んでから、咀嚼して、整理して、流れを把握して、それからネタを考えるってなるから」(太田)
    >>2以降に続きます)

    ソース:日刊SPA!
    http://nikkan-spa.jp/475241
    画像:no title

    【爆笑問題 「売れなくなる恐怖は、今もある」】の続きを読む

    このページのトップヘ