中二病速報

    カテゴリ:テレビ・芸能

    1: ストラト ★ 2020/02/19(水) 16:04:56.24
    「以前から番組打ち切りが検討されていましたが、昨年末、石橋さんがフジテレビ上層部に“まだまだ面白いことができるから『たいむとんねる』は続けさせてほしい”と直談判したようです。とんねるず、そして妻の鈴木保奈美さん(53)も所属する芸能事務所の社長でもある石橋さんはテレビのレギュラー番組が消滅することを危惧していたようです。しかし、6月末で終了する方向で話が進んでいます」(テレビ局関係者)

    石橋貴明(58)の現在の唯一のレギュラー番組『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)が今夏で打ち切られるという。
    妻・鈴木保奈美が4月からドラマ『SUITS/スーツ2』(フジテレビ系)の続編にも出演予定など、精力的な女優業とは対照的だ。
    『石橋貴明のたいむとんねる』は'18年4月に始まった。

    「もともと30年続いた人気番組『みなさんのおかげでした』終了で功労者の石橋さんへ“後番組”として用意された枠でした当初は“大人のノスタルジー”をコンセプトにバブル期の流行などを取り上げてきましたが、視聴率は2%台にまで低下したことも。番組開始当時からのレギュラーだったミッツ・マングローブ(44)が昨年4月から登場しなくなったのは、制作費削減の一環ともいわれています」(別のテレビ局関係者)

    やはり石橋の高額なギャラが、大きなネックになっていたという。

    「フジテレビの黄金期を支えた石橋さんの最盛期の出演料は最低1本500万円でした。今回こそ1本100万円でしたが、それでも23時台では突出して高い。バナナマンさん、千鳥さんなど人気のMCですら30万円前後ですから。昨年6月にフジテレビの社長が交代したことも大きかったですね」(制作関係者)

    フジテレビ関係者もこう語る。

    「遠藤龍之介社長は『フジが不調になった原因は保守性、おごり』と公言。抜本的な見直しに着手していて、その一つが『たいむとんねる』なんです。制作費がかかり、内容的にDVD化もできない番組なら続けるべきではない、という考え方なんです」

    同局広報宣伝室に番組打ち切りについて聞くも「お答えすることはありません」という返答だった。
    今も石橋は、テレビに強いこだわりを持っているという。

    「石橋さんは'80年の『お笑いスター誕生!!』(日本テレビ系)でデビュー以後、40年間、ほとんどレギュラー番組を欠かさなかった“テレビの申し子”のような存在です。テレビ離れが加速しても、『スマホやネットには負けない。まだまだ面白いことができる!』と各局へ新企画を売り込んでいるといいます。高齢化する視聴者層に合う企画を“初心に帰って”練っているそうです」(前出・制作関係者)

    「レギュラーゼロ」の屈辱を“新番組”で晴らしたい石橋。
    その思いは届くのか――。

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200219-00010010-jisin-ent 

    20200219-00010010-jisin-000-view

    【【女性自身】石橋貴明『たいむとんねる』終了へ 40年ぶり「レギュラーゼロ」】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2020/02/19(水) 14:50:08.51
    渡邉哲也 @daitojimari 8:47 - 2020年2月18日
    日本のテレビ 9月から崩壊が本格化します。
    サイマル放送で地方局がダメになり、キー局も中継料が入らなくなる。
    地方局は4K投資も厳しく、破綻し始める。
    結果、オーナーの地方紙の業績も同時に悪化する。
    代理店も赤字が深刻化してゆく。
    https://twitter.com/daitojimari/status/1229552885941161984

    渡邉哲也 @daitojimari 9:10 - 2020年2月18日
    テレビの中でも、報道とバラエティは厳しい。
    特に情報番組はアニメやドラマの様に再販できない。
    生が多い為、スタッフも必要で金の掛かる中継もあるが垂れ流し商材であり、クレームになりやすく、スポンサーがつかない。
    https://twitter.com/daitojimari/status/1229558683677294592

    渡邉哲也 @daitojimari 8:50 - 2020年2月18日
    テレビ局 優秀なプロデューサーやディレクター、Netflixやamazon.huluなどに、多額の報酬で引き抜かれはじめている。
    テレビ局の年収が低下する中、海外相場の3000万、5000万を提示されれば移るのは当たり前
    https://twitter.com/daitojimari/status/1229553847447638016

    渡邉哲也 @daitojimari 10:06 - 2020年2月18日
    広告には、時間枠を売るタイムと空いている時間に流すスポットがある。
    テレビ局の主な収入源はタイム 電通はゴールデン、プライムを帯びで抑え、それを広告主に売ってきた。
    これが電通の強みだった。しかし、ゴールデンでもタイムが売れず、スポットや穴埋めcmだらけ
    https://twitter.com/daitojimari/status/1229572988401381376

    ■ プロフィール
    渡邉哲也 @daitojimari
    作家、経済評論家。本業は企業経営。

    【渡邉哲也氏「日本のテレビ、9月から崩壊が本格化します」「優秀な制作スタッフがNetflixなどに引き抜かれている」】の続きを読む

    1: muffin ★ 2020/02/19(水) 11:16:56.34
    女優石田ひかり(47)が、新型コロナウイルスの感染拡大で、子どもたちが通う幼稚園や学校を「一斉にお休みにしてみたらどうでしょう?」と提案した。

    石田は19日、インスタグラムを更新。新型コロナウイルスに関して「医学的専門知識も経済的専門知識も持ち合わせていないのでかなりの無責任を承知での提案ですが」と前置きした上で、「とりあえず明日から週明けくらいまで(もっと長くする必要があるかもしれません)子供たちの幼稚園や学校を、一斉にお休みにしてみたらどうでしょう? 共働きのご家庭や、お子さんひとりなってしまう場合は学校で過ごすとか…『不要不急の外出』を避けられるのは子供たちが当てはまるのではないでしょうか」とした。

    続けて「不安を煽るつもりは毛頭ございませんが 世の中を冷静にみたらもう蔓延は始まっていますよね これだけ人間やモノが動く日常 このまま動き続ければ感染は止められないですよね」と懸念。「わたし自身を含めてもうかなりの人が保菌者になっていてなんの不思議もないとわたしは思っています」と私見を述べた。

    自身の提案について、幼稚園や学校を休みにして子どもたちが家にこもることで「感染は家族だけに留められるかもしれませんし 電車や乗り物、いろんなところがすいて、隙間が出来て、拡大がほんの少しはマシになるのでは…」と説明。「怖がりすぎる必要はないと思いますが お薬もワクチンも無い現状では人間側が先手先手で思いきって大胆な行動に出る時期だと思うのですが…」とし、「みんなで力を合わせてこの非常事態を乗り越えましょう!!!!」と呼びかけた。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202002190000236.html 
     
    202002190000236-w500_0


    【【新型コロナ】石田ひかり「幼稚園や学校を一斉にお休みにしてはどうでしょう?」】の続きを読む

    1: Egg ★ 2020/02/19(水) 07:19:43.98
    歌舞伎俳優の市川海老蔵(42)が18日、自身のブログを更新。感染が拡大している新型コロナウィルスについて私見をつづった。

     海老蔵は「新型コロナウイルスのニュース見ています。本当に大変ですね」とコメント。「風邪の症状のある方は外出を控えてるようにと言う方もあります。しかしね まだ日本って風邪ぐらいで休めないのが現実ですよね」とし、「難しい、、どうすればよいのでしょうね」と問いかけた。

     さらに海老蔵は、加藤勝信厚生労働相が17日の会見で「発熱等の風邪の症状が見られる時は、学校や会社を休んでください」と呼びかけたニュースをブログに貼り付けた上で、「うーん。なかなか休めないものですよね、うーん そう思います」と率直な思いをつづっていた。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200218-02180063-sph-ent

    no title

    【市川海老蔵 厚労相の呼びかけに「日本って風邪ぐらいで休めないのが現実」「難しい」と吐露...】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/19(水) 07:08:32.52
    元フィギュアスケート選手の安藤美姫(32)が、「2回目のキックボクシング K1」と題して16日にSNSを更新した。
    安藤は先月22日に「First try K-1 キックボクシングレッスンへ」と題し、初めてのキックボクシングにトライしている様子もアップしていた。

    安藤は名古屋出身ということから、昨年12月のK-1名古屋大会のアンバサダーを務めたことでも繋がりがある。

    2回目のレッスンとなる今回は「フックの強化とガードのレッスン」(SNSより)を行った。安藤はトレーナーの持つミットに、相変わらず崩れの少ないフォームで、フックやミドルキックを連打。
    ある格闘技トレーナーに動画を見てもらうと「1回目より力みが減っており、その結果連打が出来ている。蹴り足もまわってきており、もっとインパクトが掴めると、滅茶苦茶強く蹴れるんだろうな」とポテンシャルを評価した。

    動画では途中、トレーナーが安藤にミットで軽く触るようにディフェンスを促すと、安藤のガードをすり抜けて触ってしまう。安藤は「クソッ」と笑いながら叫び打ち返すなど、楽しげにレッスンしている様子が微笑ましい。

    フォロワーの反応も「2回目とは思えないカッコよさ」「後ろ拳の使い方めちゃくちゃ上手くなってますね」(※右拳のことと思われる)「蹴りがめっちゃ、キレがありますね」と驚きの声が並んだ。

    安藤は「こんなに自分からトレーニング行きたいと思うのはスポーツではスケート以来」とモチベーションは高い。さらに「まだまだフォームは綺麗じゃないけど強くなる」と、上手さだけでなく強さも目指してゆくようだ。

    「お仕事忙しくてなかなか時間がないけど行ける時は行きたいです」と書いていた安藤だが、練習を重ねてゆくことが出来れば、どれほど強いキックボクサーが誕生するのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200218-00000018-gbr-fight

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【安藤美姫、2回目のキックボクシングレッスン「こんなに行きたいのはスケート以来」(画像あり)】の続きを読む

    このページのトップヘ