中二病速報

    カテゴリ:テレビ・芸能

    1: かばほ~るφ ★ 2019/08/24(土) 14:12:54.38
    ヴァニラ「ブスが生きづらい日本」で感じてきた違和感、“全身2億円整形” を語る
    週刊女性2019年9月3日号 2019/8/24

    かつてはいじめられっ子だったというその人は、六本木にある自分の名が冠せられた『Bar Vanilla』に、艶やかなベルサーチのマイクロミニのワンピース姿でやってきた。

    ■全身合計、2億円以上のカラダ
     
    常人の数倍はあろうかという大きな目はカラコンでさらに強調され、ヒアルロン酸でふっくらとさせた涙袋には、くっきりとシャドーが引かれる。7年前には全身麻酔で後頭部から頭皮を切開、額に人工骨を入れる6時間の大手術を受けている。
    2週間を寝たきりの状態で過ごしたその手術の目的は、西洋人のような額を手に入れ、目や鼻とのバランスをとるためだ。
     
    もちろん、胸にも豊胸のシリコンバッグが入っている。片方625㏄、両胸で6キロを超えるMカップのバストに「重たいですよお」と屈託なく笑うと、1000万円かかったという真っ白な歯が輝いた。
     
    整形タレント・ヴァニラさんが美容整形にかけた金額は、これまでになんと2億円以上! 
    女性なら、みな興味津々でありながら、どこか後ろめたさを感じずにはいられない美容整形を、服や靴などを自分好みに作り上げるカスタムメードからとって“カスタム”と呼び、
    積極的に公表しては、「美容整形への偏見はやめて!」と訴える。
     
    彼女にとって整形は「本当の自分に戻ること」だという。
    「“こんな顔に生まれてきたかったわけじゃなかったのに!”と、ずっと思い続けてきたの。
    性同一性障害の人が“間違えた身体で生まれてきちゃった”と思い続けるように。
     
    この障害を手術で本当の性に戻るように、自分の顔に戻す手段、それこそがカスタムなの─」
     
    ヴァニラさんの“本当の顔を取り戻す半生”。その原点は小学生時代にさかのぼる。
    両親が家を建てたのをきっかけに転校、そこでひどいいじめが始まったのだ。

    「小学校4年のときでした。友達に誘われて公園に行くと木の机があったの。
    そこに修正ペンで私の名前が書いてあって、全面に“死ね!”と……。ショックで唖然となりましたね」
     
    母親の恵美子さんも、娘へのいじめに気がついていた。
    「小学校のとき、体操服を汚して帰ってきたのを見て“ひょっとしてこれは……?”と思ったことはありましたね。
    登下校のときに、陸橋で男の子から空き缶を投げつけられたのを見たこともあります」
     
    それでもヴァニラさんは、先生に相談したりしなかった。
    「いじめられていると思いたくなかったからかな……。いじめられていると言ったら、よけい、いじめられそうだったから。
    つらかったけど、つらいと思わないようにしていた。負けたくなかったの。
    そんなことで凹んでいたら、悪口を書いた人たちの思いどおりになるだけ。人の思いどおりになるのって、好きじゃないから」

    (後略、全文はソースで)
    週刊女性PRIME 
    https://www.jprime.jp/articles/-/15873
    タレントヴァニラさん
    no title

    no title

    母、弟と自宅にて。メイク道具やファッションを買い集め、おしゃれに夢中になり始めた高校生のころ
    no title

    キャバクラ時代のプロフィール写真。ロリータファッションをすることも
    no title

    2013年のヴァニラさん
    no title

    【ヴァニラ「ブスが生きづらい日本」で感じてきた違和感 “全身2億円整形” を語る 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/08/24(土) 08:32:36.56
    お城を背にした橋本環奈が高貴すぎる……!
    8月23日、女優・橋本環奈のマネージャーが本人公認のInstagramを更新。
    ドイツの古城を背景に凛とたたずむ橋本の写真を公開したところ、「完全にお姫様じゃん!」「草原に降り立つ女神様」と絶賛の声が集まっている。

    橋本環奈マネージャー Instagram

    <耳マンのそのほかの記事>

    同エントリーでは、23日に大阪で開催されるオフィシャルファンクラブ『橋本純情内科』の発足記念イベントの説明に併せて、同日夜に橋本が出演するバラエティ番組『アナザースカイII』を告知。
    橋本は同番組でドイツ・ハノーファーを訪れたようで、世界遺産のマリーエンブルク城で撮影した壮麗な写真が公開された。
    緑色のレースの衣装を着用した橋本は、脚をクロスさせて優雅にポーズを決めている。絶好のロケーションも手伝って、とんでもなく高貴な雰囲気がただよう1枚に仕上がっていますね……!

    「いいねを100個くらいつけたい」と絶賛止まず
    そんな橋本の姿に、コメント欄には「完全にお姫様じゃん!」「草原に降り立つ女神様」「仙女」と最上級の褒め言葉が殺到。
    ほかにも「すごく可愛いです」「綺麗」「緑めちゃくちゃ似合ってる」「天使」「景色に相応しい美しい姫」「いいねを100個くらいつけたい」と絶賛するファンが続出した。
    また、「アナザースカイ絶対見ます」「ファンミ行きたかった…」といったコメントも無数に寄せられていた。

    9月6日に封切られる映画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』でヒロインの四宮かぐや役を演じるほか、12月6日公開の『午前0時、キスしに来てよ』、
    さらに2020年1月24日に公開される『シグナル100』と、主演映画が目白押しの橋本。20歳を迎えてますます売れっ子として活躍する彼女は、
    古都・ハノーファーでどんな表情を見せてくれるのだろうか。23日放送の『アナザースカイII』に注目したいところだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16970787/

    no title

    no title

    【橋本環奈がプリンセスに!?ドイツの古城で撮影した壮麗ショットに「完全にお姫様じゃん!」の声 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/08/24(土) 06:40:09.17
    映画「正しいバスの見分け方」の舞台あいさつに登壇した中条あやみ(右)  女優、中条あやみ(22)が23日、東京・シネマート新宿で主演映画「正しいバスの見分けかた」の初日舞台あいさつを行った。

     当時高校3年生で、シナリオ大賞グランプリを獲得した高橋名月監督の初作品。宇宙人を見たという女子高生の主人公を演じた中条は「(観客の)みなさんは宇宙人を見たことがあります? 私は小学生のときに見たので、役に共感できる部分があって楽しかった」と発言し、驚かせた。

     同作は2015年に2日間で撮影。中条は「(当時の撮影秘話を)全然覚えてないけど、青春が詰まった映画が上映されてうれしい」とはにかんだ。

    https://www.sanspo.com/smp/geino/news/20190824/geo19082405000010-s.html

    no title

    【中条あやみ、舞台あいさつで衝撃発言「宇宙人を見た」 】の続きを読む

    このページのトップヘ