1: 湛然 ★ 2018/09/01(土) 05:06:58.67 _USER9
角川春樹氏がバラエティー初出演 NG出され続けた“因縁”の俳優「妄想の中で何回か殺しました」

 角川書店の社長、角川映画の製作などで“メディアの風雲児”と呼ばれた角川春樹氏(76)が8月31日放送のTBS「爆報!THEフライデー」(金曜後7・00)でバラエティー番組に初出演。“因縁”のある俳優・榎木孝明(62)と対面した。

 製作費50億円を投じ、春樹氏がメガホンを執った映画「天と地と」(1990年公開)に、当時33歳の榎木が上杉謙信役で主演(急性骨髄性白血病のため降板した渡辺謙の代役)。「芝居を始めてから15年ぐらい経っていましたので、結構、生意気盛りの頃」。
自信満々に演技をしたが、具体的な理由は指摘されず、監督の春樹氏から「おまえの演技は素人の学芸会レベルだ」「もう俳優やめちまえ」などとNGを出され続け、同じシーンを数十回やり直した。
榎木が「煮えくり返って、オレを何だと思っているんだ、みたいなね。妄想の中では何回か殺しましたかね」と振り返ったほど。

 撮影が終わった後、NGの理由を問いただしたが、春樹氏は「自分で考えろ。馬鹿もん」と言い残し、帰った。28年経っても、くすぶり続ける思いをぶつけようと、春樹氏に出演オファー。
ダメ元だったが、まさかのバラエティー初登場となった。

 2人は7月30日、角川春樹事務所で対面。榎木が「私はまだまだ生意気盛りで、30そこそこの若造でしたので、とても自分なりのプライド、誇りがありましたので、ホント自分の思うものをぶつけていったんですけど、もうすべて否定されましたね」と切り出すと、春樹氏は榎木にNGを出し続けた理由について「役者というのは途中で突然、変わる時があるんですよ。例えば、引き出しが一体コイツにいくつあるんだろう、と。少なくとも3つぐらいは用意していなきゃいけないんだよね。
(榎木に)引き出しがいくつあったか知らないけど、演出家がOKを出す演技というのは、どれだけ本(脚本)を読み込んでいるか、と。そういう点で言うと、榎木は読み込んでなかったんだね。もう1つは自分が空っぽになった時、本当に素のものが出てくる。
『無になる』ということは、入ってくる余地があるじゃない。謙信なら謙信が」と榎木を空っぽにして成長を促すためだったと真意を明かした。

 撮影から約3カ月が経ち、榎木が変貌を遂げた瞬間があった。真っ白な状態で本番に臨んだ鉄砲の試射シーンで「オレが待っていたのはそれだ」と初めてOKが出た。

 NGを出され続け、精神的に参っていた榎木は引退まで考えたが、その後、春樹氏が映画「天河伝説殺人事件」(91年)の主演、探偵・浅見光彦役に榎木を推薦。
春樹氏は「浅見光彦というのは、金田一耕助とは違った形で、身近な探偵を撮りたかった。飄々とする人物を演じることができるんじゃないか」。自身の代表作となり、榎木は「ある種『天と地と』をやり仰せたことのご褒美だと私は思ったんですけども、また新たな次の人生までちゃんと敷いてくださった。人生で数少ない本当の意味の恩人の1人だと思っています。この思いは一生続きます」と春樹氏と固い握手を交わした。

角川春樹氏
Photo By スポニチ
no title

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/31/kiji/20180831s00041000331000c.html

3: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:12:36.36
>>映画「天と地と」
これは駄作だったわ。

5: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:14:15.55
>>3
ああ、そうだ

98: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 06:01:34.15
>>3
それな。春樹にまともな作品は作れない。ただの勘違い野郎だった。

4: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:13:25.44
結果的に駄作だったね

15: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:22:55.89
>>4
角川春樹監督に名作があるのかと

23: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:31:18.10
>>15
汚れた英雄、時をかける少女

7: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:15:25.79
何故か故人だと思ってたわ。俺の中で

8: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:16:10.28
角川春樹と堀江貴文って同じ感じがする

10: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:18:25.82
>>8
わかるわw何か浮世離れしてんよな。

原田知世に謝ったのかコイツは💩w

9: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:16:17.08
テレビCMで「赤と黒のエクスタシー」が連呼されてた

11: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:18:38.67
あれだろ大島渚的な
1人ターゲット見つけてイビリ続けて周りの俳優に緊張感持たす作戦

12: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:20:32.18
天と地とか
チケット無理やり買わされたわ

13: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:22:01.37
大島渚も誰かをいじめ倒すんだよな。
「御法度」では田口トモロヲをいじめ倒したとか。

14: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:22:40.48
素人の学芸会レベルって完全にブーメランだな

16: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:25:08.01
監督としては無能だが、プロデューサーとしては名前を残している。
80年代の角川映画は輝いてた。

17: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:25:17.35
「天と地と」は、
それまで戦国の合戦シーンと言えば、
ワーっと叫んでバラバラに突撃するバカみたいな描き方ばかりだったのを
大軍を集団運用する時はどうなるかを見せた
画期的作品

27: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:33:15.60
>>17
大河ドラマの合戦シーンみると
評判悪いけど天と地とみたいな壮大な画のほうがやっぱりいい
毘沙門天真言唱えながら霧の中から現れる上杉かっこいいし

18: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:26:48.72
角川春樹ってのは優秀な監督なの?

24: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:31:26.92
>>18
今はアマプラその他の配信サービスで気軽に見れる
トラウマになるぐらい酷い

19: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:28:59.49
薬師丸ひろ子と原田知世を発掘したのは角川映画の功績だな
女優の才能に関しては鼻が効いた

作品自体は酷かった
今見ても本当に酷い

33: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:36:21.19
>>19
あー、こういう奴ってまた何年後かに「あの頃のアレは酷かった」って言うんだろうな

21: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:30:22.31
エキストラがカナダの学生で背格好が明らかに日本人と違うしみんな屁っ放り腰
このバイトはものすごく条件よくて車買う奴なんかも出るくらい
カナダにバブルマネーを落としにいったもんだな
それと風景が山は高く空気はキラキラ澄んで森は針葉樹ばっかでもの凄い違和感

22: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:30:38.03
こういう非論理的というか定常的なものを言葉に尽くして説明せんのもなあ
江戸時代なら討ち入られ物

25: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:31:28.08
今の賞とかとってる貧乏糞映画より
おれは角川映画みたいなのすきだけどな

26: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:33:14.04
80年代の日本映画って本当に酷いぞ
思春期に見るとトラウマになる

28: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:33:57.83
すんげー厨二臭いアホな拘り

30: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:35:27.28
薬丸ひろ子と原田ともえぐらいしか知らん

32: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:36:11.00
角川春樹は色々と人物として難があるけど
80年代の邦画不毛の時代に角川映画だけは頑張ってたと思うよ

角川映画が終わりに差しかかった天と地ととかREXはつまらないけど

47: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:42:41.95
>>32
角川映画だけは、ってのはおかしいだろ。
ATGも頑張ってたし、伊丹十三も頑張ってたぞ。
ふるおやまさと
大林宣彦、大森一樹、相米慎二、金子修介、滝田洋二郎、
藤田敏八とか若い?才能がどんどん出てきた時代だろ

34: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:36:42.21
渡辺謙の上杉謙信を見たいと今でも思ってる
もうやらないのかなぁ・・・
映画でもドラマでもいいから

38: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:38:42.96
あれ?この人死んでなかったっけ
誰かと勘違いしてたか

39: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:39:04.11
天と地と 90年公開か
88年が大河で武田信玄だったけど柴田恭兵は使えなかったのかな?
俺の中で上杉謙信といえば柴田恭兵だ

50: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:45:19.78
>>39
「武田信玄」の中井貴一も
脚本の田向に人格否定されて悩んだった話をしてたな

41: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:39:56.22
アニメ監督のヤマカンも役者の演技を引き出す為には泣くまで追い込むってブログで書いてたな

44: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:40:07.59
同じつまらないなら
まだ黒澤明「乱」のほうがましというレベル

45: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:41:04.54
この人の刑事役は全然駄目だった

55: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:46:58.32
この当時の角川映画って確かに駄作かもしれないけど
今では考えられない程予算かけたり何か華やかさと夢があって結構好きだな

56: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:47:52.16
安達祐実とレックスについて語れよ

59: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:48:23.50
>榎木が「煮えくり返って、オレを何だと思っているんだ、みたいなね。妄想の中では何回か殺しましたかね」と振り返ったほど。

蛭子能収「最低ですね」

61: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:49:24.76
80年代から南極物語や子猫物語などテレビ局主導の映画が大ヒットする今でも続いてるパターンが始まったんやな

62: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:49:40.12
天と地とは邦画史上最低レベルのつまらなさだった
しかしラストシーンは世界史上最低レベルのつまらなさだった

63: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:50:18.82
角川に合う直前の榎木の緊張ぶりがすごかった。
俳優として地味に終わってしまった理由を見た気がする。

64: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:50:35.59
「天と地と」
宣伝すごくて劇場に観に行ったわ
終わった瞬間観客全員「ええっ?」ってポカンとしてたな

65: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:50:50.11
いろいろな版権の提供を受けやすい
出版社の社長ならではの道楽って気がするけど
会社を傾けるほど失敗しなかった点は
それなりに才能があったってことなのだろうか?

66: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:51:24.58
映画「ぼくらの七日間戦争」の音楽を聴いて
当時無名の小室哲哉の才能を買った感性は
40代にしては若い

68: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:52:35.36
>>66
いやいや
あの頃小室は無名じゃないだろ

71: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:53:06.98
>>66
小室に歌わせちゃいかんだろう。台無しだわ
宇都宮が歌えばまだマシだったものを。

74: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:54:29.23
>>71
シティハンター3のOPは癖になるけど
基本的に小室は歌っちゃダメな人w

70: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:52:56.37
これも今ならパワハラなんだろうな
愛の鞭という言葉も無くなったね

73: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:54:00.22
>>70
さすがに映画撮影現場でのパワハラは今後も続くだろう
セクハラはダメにしても

75: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:54:40.93
横溝正史を掘り起こしたんでしょ?
それは功績
犬神家の一族は名作だよ
角川春樹の出番だけが変だけど

77: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:55:11.10
バブル期の駄作の代表「天と地と」
黒澤の白黒の隠し砦の三悪人のほうがおもしろい。
あんな大金があるなら,まともな監督に撮影してもらえば良かった。
外国人監督に時代劇を撮らせたほうがまし。

84: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:58:16.05
>>77
>隠し砦の三悪人のほうがおもしろい。
それは当たり前の話で
ありゃ歴代日本映画でTOP5にゃ必ず入るでしょ

81: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:56:31.32
道楽で映画撮ってただけでしょ?

83: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:58:08.82
>>81
一時はこんな駄作撮って
膨れ上がった業績をごまかすための税金対策映画って言われたからな

86: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:58:37.68
角川春樹の右腕は、幻冬舎の見城徹なんだよな~
当時つねに角川のそばに見城がいて、角川が映画製作に
乗り出した時も見城がかなり動いたそうだ
角川映画がちゃんと成立したのは、見城がいたから
でも見城は今でも角川に頭が上がらないんだってね

87: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:58:41.98
いい大人の顔ではないな

89: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:59:13.83
キューブリックとか今で言うとフィンチャーとかもこの撮り方でしょ
何度もテイクを重ねて役者の引き出しをみるという
キューブリックやフィンチャーは映画の出来がいいから
本心では殺したいと思っていたであろう役者も最終的には報われるとは思うけど

才能ない演出家がこの手法をとっても地獄にしかならないよね

91: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 05:59:56.31
普通にパワハラだよね
しかも全く理路整然としてないし
理由求めても答えない理不尽さ

96: 名無しさん@恐縮です 2018/09/01(土) 06:00:46.74
角川の場合はそこらの監督と違って金も出してるから偉そうでも仕方無い

転載元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1535746018/