中二病速報

    2018年02月

    1: Egg ★ 2018/02/28(水) 21:25:00.48 _USER9
    「彼女、女優さんなんだよ」
    バレンタインデーの前夜、2月13日。都内のある駅前には、知人に女性を紹介する、俳優・大沢樹生(48)の姿があった。

    紙袋を持って微笑む女性は、数多くの芸能人と浮き名を流してきた「炎上女優」濱松恵(35)。3人は、寿司屋に入り2時間ほど会食。

    店を出てお開きかと思いきや、大沢と濱松は2人きりに。寄り添うようにタクシーに乗り込み、そのまま都内のマンションへ向かい、裏口から入っていった。さてこの2人、どんな関係にあるのか。

    「2人が会うマンションは、大沢さんの事務所です。いつもそこで会っていると濱松さんは言っていました。初めて2人で食事に行ったのは2018年の正月明け。
    それから、何回もデートに行く仲になっていました。バレンタインデーの前には、『プレゼントを用意したの』とはしゃいでいましたね」(濱松の友人)

    日付が変わろうとする時間に、マンションの裏口から出てきた2人。濱松の手には、紙袋はなかった。

    大沢は既婚者だ。1994年に光GENJIを脱退後、女優・喜多嶋舞と結婚するが、2005年に離婚。間に生まれた長男との父子関係をめぐり、喜多嶋と繰り広げた裁判は話題を呼んだ。

    その後2008年に一般人の女性と再婚し、2014年に娘を授かっている。最近は、家族で仲よく遊ぶ様子をブログに投稿している。

    本誌は2月5日にも2人の逢瀬を目撃している。小一時間ほどバーで一緒に飲み、別々にマンションへ向かっていった。
    先にバーから出た大沢は、何度も後ろを振り返る警戒ぶりである。部屋の明かりは、ついたり消えたりを繰り返していた。

     大沢の事務所に問い合わせると、「(5日と13日は)事務所で弊社社員などを含め4人で打ち合わせをしておりました」「男女の関係など断じてございません」と回答を寄せた。
    濱松の事務所は、「プライベートは本人にまかせておりますが、大沢さんの事務所と同様の見解です」と答えた。

    『ガラスの十代』を歌った大沢も、あと1年もすれば50代。火遊びは、ほどほどに。

    (週刊FLASH 2018年3月13日号)

     Smart FLASH
    http://news.livedoor.com/article/detail/14358597/

    no title

    【【FLASH】大沢樹生に濱松恵との不倫疑惑が浮上 会食後都内のマンションへ】の続きを読む

    1: 金魚 ★ 2018/02/28(水) 19:44:08.17 _USER9
    北海道・北見市出身のタレント、菊地亜美(27)が27日、自身のツイッターを更新。
    平昌五輪カーリング女子で銅メダルを獲得した「LS北見」を“無視”しているとの一部報道に対して「どうかしてるよ!」とつづった。

     「カーリング女子が北海道北見で完全に同郷なのに菊地亜美は無視?みたいな記事出てるけど」と切り出した菊地は「触れたら触れたでにわかとか便乗だとかいうし、触れなかったら触れなかったで完全無視とか言われるし、視聴者の方に色々と言われるならまだしも記事書いてる人がそうって、どうかしてるよ!笑」と異を唱えた。

     同チームが銅メダル獲得した英国との3位決定戦もリアルタイムで観戦していたといい、「北見がカーリングのお陰で広まって嬉しいし、オリンピック前に皆さんが練習してる北見の練習場でカーリングさせてもらえて嬉しい!」と声を大にし、「とにかく遅くなりましたがおめでとうございます!!!!!!」とカー娘の快挙を祝福した。

     また、“もぐもぐタイム”とともに大きな話題を呼んでいる北海道なまりの「そだねー(そうだね)」の相づちについて
    「北見出身のわたしからしたら、そだねーっていうのはカーリング女子がそもそも皆声も見た目も可愛いからそだねーが可愛いのであって、わたしも北海道弁って知らなかったから日常で使うけど可愛いなんて一度も言われたことない!」と主張。
    「おじさんだってそだねーは使う!!!!笑」と私見をつづった

    20180227_asajo_kikuchi

    http://www.sanspo.com/geino/news/20180228/geo18022814050026-n1.html

    北見市出身の有名人といえば沢田亜矢子だったが、その沢田は24日の深夜にさっそく
    「そうだね~北見、カーリングで銅メダル 凄いっしょ!」とブログを更新している。

    https://asajo.jp/excerpt/47175

    < 【北見出身・菊地亜美、カー娘“無視”報道に「どうかしてるよ!」】の続きを読む

    1: あちゃこ ★ 2018/02/28(水) 16:36:12.56 _USER9
     元フジテレビアナウンサーの有賀さつきさん(享年52)と同期入社のメンバーたちが、極秘でお別れ会を開いていた。

     2月下旬の平日の夜、都内の創作和食レストランの店内に、女性たちの笑い声が響いていた。テーブルを囲んでいたのは50才前後の女性10人ほど。
    一見すると、女子校の同窓会か、大学のサークルの同期会かというほど賑やかな集まり──少なくとも、つい最近この世を去った人との「お別れ会」には
    思えないほど、和やかな雰囲気に包まれていた。

     その夜集まったのは、1月31日に亡くなった元フジテレビアナウンサーの有賀さつきさんと同期入局の女性たち。輪の中には、有賀さんと女子アナブームの 火つけ役になった「花の3人娘」の八木亜希子(52才)と花田景子さん(旧姓・河野、53才)や、政治家に転身した元衆議院議員の三宅雪子さん(52才) の姿もあった。

    「八木さんの呼びかけで、急きょ集まることが決まりました。貴乃花部屋のおかみさんとして多忙な景子さんも、“どんなに遅れても必ず行く”って都合をつけて、実際に1時間以上、遅れて駆けつけたそうです」(フジテレビ関係者)

    「3人娘」はそれぞれがフジテレビを退局した後も、公私ともに親しい仲だった。お互いに仕事や家庭が忙しくても、たまに時間が合えば女子会をし、頻繁に電話やメールをしていたという。

     八木が有賀さんに最後に会ったのは、1年半前の有賀さんの誕生日。景子さんは訃報に接し、「またいつでも会えると思っていた」ことを悔やんだという。

    「お葬式も家族だけであげたので、友人たちは見送ることができませんでした。せめて同期同士で思い出話をして彼女を偲ぼうとなったようです。
    みんな、有賀さんと一緒に撮った昔の懐かしい写真を持ち寄って、有賀さんとの思い出を語り合ったそうです。天性の明るさでいつも笑顔だった有賀さんなら、涙だらけの湿っぽい会にしてほしくないだろうという参加者の思いから、笑顔の絶えない時間だったと聞いています」
    (前出・フジテレビ関係者)

     有賀さんは周囲はおろか、実父・洋さんにさえ病気を隠していたという。

    「他人に迷惑や心配をかけたくない」。そんな思いから独立独行の人生を歩んだ有賀さんは、命の始末までも、自らのやり方を貫いた。

    「最期まで自分のしたいようにして、そんなちょっと頑固なところも“有賀さんらしいね”って。でも、どうしても一人娘のA子さんのことだけは心残りだったんじゃないかと思うんです。八木さんも景子さんも、1人遺された娘さんの“行き場”をすごく心配していたそうです」
    (前出・フジテレビ関係者)

     有賀さんがフジテレビに入局したのはバブル全盛期の1988年。バラエティー番組で共演者に勝る華やかさと存在感を見せつけ、それまでお堅いイメージだった「女子アナ」という職業を一変させた。

     1992年のフリー転身後、2002年にフジテレビ時代の元上司で解説委員だった和田圭さん(65才)と結婚、女の子が生まれた。
    だが2006年、娘が3才のときに離婚。A子さんは現在15才、この春から高校生になる。

    ※女性セブン2018年3月15日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180228-00000014-pseven-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180228-00000014-pseven-ent&p=2
    有賀さんのお別れ会に参加した八木亜希子
    no title

    【【女性セブン】八木亜希子、花田景子、三宅雪子出席 有賀さつきさんお別れ会 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/02/28(水) 19:03:29.36 _USER9
    世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級タイトルマッチ(3月1日、東京・両国国技館)の前日計量でルイス・ネリ(メキシコ)が体重超過で王座を剥奪された事態について、挑戦者の山中慎介(帝拳)は28日、「今回の試合に懸ける思いはすごく強かった。両者万全のコンディションでやりたかった」と無念の思いを明かした。

     ネリが1回目の計量で2キロ以上も上限体重を超過すると、山中は「ふざけるな」と憤りの声を上げ、会場を後にした。ネリの王座剥奪が決まった後、報道陣に対して電話で「信じられない思いで口から声が出てしまった」と心境を伝えた。

     王座は空位となり、山中は勝てばタイトルを手にし、ネリは結果にかかわらず「前王者」の扱い。王座奪還のみを目指してきた山中には精神面の影響も懸念されるが、「それでも試合はあるので、気持ちを整えて頑張りたい」と話した。 

    時事通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000103-jij-spo 

    c_AS20180228004428_comm

    画像
    https://www.asahi.com/articles/photo/AS20180228004428.html


     


    【怒りの山中「ふざけるな」ネリの体重超過で WBCバンタム級 】の続きを読む

    1: ベラドンナ ★ 2018/02/28(水) 17:17:31.75 _USER9
    2016年のリオ五輪で4連覇を達成し、国民栄誉賞に輝いた女子レスリングの伊調馨(33)。
    週刊文春の直撃取材に応じ、栄和人強化本部長(57)に対する複雑な心境を語った。

    伊調、栄氏の双方と親交の深いレスリング関係者が事情を明かす。

    「栄さんは五輪3連覇で国民栄誉賞を受賞した吉田沙保里をはじめ、計6人の金メダリストを輩出しています。紛れもなく女子レスリング隆盛の立役者です。その圧倒的な実績を背景に強化本部長に君臨し、レスリング協会で絶大な影響力を持つようになった。伊調への嫌がらせは2010年頃に始まり、エスカレートするばかりです。このままでは東京五輪はとてもじゃないけど目指せない。本人もそう話しています」

    1月18日、内閣府の公益認定等委員会に提出された1通の告発状。
    そこに記されていたのは、協会の強化本部長である栄氏による伊調に対する“パワハラ”だった。
    告発状が指摘する“パワハラ”は大きく分けて次の3点だ。
    1つは伊調が師事する田南部力コーチ(42)に対する不当な圧力、2つ目は伊調の男子合宿への参加禁止、そして最後は、彼女がリオ五輪まで練習拠点とした警視庁レスリングクラブへの“出禁”処分である。

    この告発状を元に本誌は取材を進め、伊調を直撃すると、30分にわたり取材に応じた。

    東京五輪が2年後に迫っているなか、5連覇に向け練習もままならない状況だという。

    「練習……そうですね、自分が求めていけば、練習させてくれるところはたくさんあると思うんですけど、私が(練習に)行ったことで、栄監督による圧力が周りの方にかかるというのはちょっと懸念している部分ではあるので。うーん、『来て欲しい』って言って下さる方はたくさんいるんですけど、『私が行ったらどうなるのかな』って……」

    ――練習したくても練習場に行けない状況なのか。

    「現役を続けるとなると、栄体制の元でやるしかないので、また色んなことを我慢しながらやっていくとなると……。朝練とか午後練も練習環境がしっかり整わないと、なかなか腹をくくれない部分があります」

    栄氏は週刊文春の取材に対し、“パワハラ”の事実を否定し、「(東京五輪に)出たければ出ればいいだけの話」などと語った。

    3月1日(木)発売の「週刊文春」では、伊調へのインタビューに加え、栄氏への直撃取材、告発状の中身など、6ページにわたって詳報している。
    また、本記事に関連する動画が、同日朝5時より「 週刊文春デジタル 」にて公開される予定。

    「週刊文春」編集部

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180228-00006376-bunshun-spo 

    告発状
    no title

    伊調馨
    no title

    栄和人強化本部長
    no title

    北京五輪までは関係良好だった
    no title

    【【週刊文春】女子レスリング伊調馨が独占告白 栄和人強化本部長からの「陰湿パワハラ」 】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2018/02/28(水) 15:35:48.70 _USER9
    がんの再々発を公表した女優の古村比呂が28日、自身のブログを更新。
    直近の治療で、白血球数が減少していることにより抗がん剤治療が延期になったことを明かした。

    約6時間から7時間をかけて、採血から診察、治療を受けるという古村。
    手軽に食べられる2食分を用意して病院に向かうというが、その日の診察では「今日は白血球数が少なくて抗がん剤治療ができず延期となります」と伝えられたという。

    治療を受けられない状況に、「抱えてきた気合いがヒューとしぼんだ風船のようにちっちゃくなっちゃった」と心境を吐露。
    思わぬ形で時間ができてしまい、「診察室を出てラウンジで予定外の朝食」を取ったという。

    そして「~抗がん剤治療の重たさ~ ~免疫力ダウン~」と続け、「細胞たちがどんな状況でいるのか、一口一口食べながら思いを馳せた」と、当日の状況をつづった。

    古村は11年に子宮頸(けい)がんを発症し、12年3月に手術を受けた。
    17年3月にがんが再発。
    1カ月の治療で再び治癒したとされていた。
    しかし、去年の11月にがんが再々発。
    肺とリンパ節にがんが見つかったことを今年2月になって公表した。
    1月から抗がん剤治療を開始したことも明かした。

    現在の状況として「限りなくレッドカードに近い イエローカードの細胞たちのサイン」と、体の回復が遅れていることにショックの大きさを表現。
    それでも最後は「気がつくのが疎い私 『ごめんね 今まで以上に労わるからね』と、白血球数アップに向けて改めて気合い注入となりました」と、前を向いた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000048-dal-ent

    古村比呂
    no title

    【がん再々発の古村比呂、抗がん剤治療が受けられず「限りなくレッドカードに近い…」 】の続きを読む

    1: 的井 圭一 ★ 【特別重大報道】 2018/02/28(水) 14:59:34.80 _USER9 BE:511393199-PLT(15100)
    カー娘CDデビューへ

     閉幕後2日くらいじゃ熱気はとても冷めやらない平昌五輪。活躍目覚ましかった日本代表チームから次々とスターが生まれたが、中でも銅メダルを獲得したカーリング女子のロコ・ソラーレ(LS)北見のメンバーは、連日テレビに生出演し注目度はさらに高まっている。芸能界やテレビ界もいまだ大興奮のままで、今後も、テレビの出演オファーが殺到するのは確実。そんななか“CDデビュー”という夢プランが動きだした。タイトルは、すでに流行語となっている「SO.DA.NE」だという――。

    no title


    ソース
    東スポ
    2018年02月28日 (水) 本日の紙面
    https://www.tokyo-sports.co.jp/newspaper/%EF%BC%E6%9C%EF%BC%EF%BC%E6%A5%EF%BC%E6%B0%B4%EF%BC%E7%BA%E8%A1%8C/

    【【東スポ】カーリング女子CDデビューへ 】の続きを読む

    このページのトップヘ