中二病速報

    第74回 桜花賞(G1) 着順

    1 8 18 ハープスター    .牝3 川田将雅  1.33.3 478(+2) 松田 博資
    2 6 12 レッドリヴェール . 牝3 戸崎圭太   クビ  418( 0) 須貝 尚介
    3 5 10 ヌーヴォレコルト 牝3 岩田康誠 3/4馬身 438( 0) 斎藤 誠
    4 7 15 ホウライアキコ  牝3 和田竜二 1 1/2馬身 442(-4) 南井 克巳
    5 3 06 レーヴデトワール 牝3 福永祐一  アタマ   464(+2) 松田 博資

    レース結果 払戻金
    http://keiba.yahoo.co.jp/race/result/1409020611/

    レース動画
    http://web-cache.stream.ne.jp/web/jra/onetag/subwindow.html?movie=rtmp://fms-jra.stream.co.jp/jra-fms/_definst_/mp4:jra_seiseki/2014/0413/201402090611&ua=4&type=2&thum=
     
    画像
    無題

    【桜花賞(G1) ハープスター最後方から直線17頭抜き G1制覇】の続きを読む

    熊本で鳥インフルエンザウイルス検出

    以下抜粋
    熊本県南部の多良木町の養鶏場でニワトリが大量に死に、県が行った遺伝子検査で「H5型」の鳥インフルエンザウイルスが検出されていたことが分かり、熊本県は現場から3キロ以内の養鶏場に対してニワトリの移動を禁止するなど、ウイルスの拡大を防止する措置を取りました。

    熊本県によりますと、県南部の多良木町の養鶏場で11日から12日にかけて飼育されていたニワトリ、およそ5万羽のうちおよそ270羽が死にました。
    熊本県が簡易検査を行ったところ、鳥インフルエンザの陽性反応が出たため、県が詳しい遺伝子検査を行ったところ、10羽中2羽から「H5」型という鳥インフルエンザウイルスが検出されたことが分かりました。

    専門家「警戒態勢を」
    これについて、鳥インフルエンザに詳しい京都産業大学鳥インフルエンザ研究センターの大槻公一センタ-長は「韓国でも鳥インフルエンザが大流行していて、いつ国内で感染が広がってもおかしくない状態が続いていた。ゴールデンウイークが終わる頃までは渡り鳥の移動の時期で、感染がさらに広がる可能性がある。養鶏場や鳥を飼育している施設では、防疫対策の徹底など警戒をしてほしい」と話しています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140413/t10013699941000.html

    画像
    K10036999411_1404131009_1404131014_01

    【熊本 で鳥インフルエンザ ウイルス検出】の続きを読む

    テリー伊藤 サンジャポで「小保方さんは(STAP細胞ではなく)妖精を見たんじゃないの」

    画像
    005

    【テリー伊藤 サンジャポ「小保方さんは(STAP細胞ではなく)妖精でも見たんじゃないの」】の続きを読む

    はるな愛 “韓国通”アピール、紀香との鍋料理の思い出披露

     タレントのはるな愛(41)が12日、大阪市内でトークショーに出演し、“韓国通”をアピールした。

     19歳から100回以上渡韓。「昔、藤原紀香さんと韓国に行ったときに鶏1羽まるごと入った鍋料理を食べた。2人で怖がってたのに、食べるとおいしかった」と、振り返った。

     韓国の芸能人と仕事をする機会が多いMC・古家正亨(39)には、韓流スターの情報を要求。女優チェ・ジウ(38)の顔の大きさが「はるなさんの半分ぐらい」と言われ、「言うよね~」と返し、笑わせていた。

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/04/13/kiji/K20140413007966510.html

    画像
    無題

    【はるな愛 韓国通 アピール 紀香との鍋料理の思い出披露】の続きを読む

    嵐・大野智、桐谷美玲に「カス」と罵倒され「たまらん」

    嵐の大野智が、女優の桐谷美玲との共演シーンを振り返り「たまらん」と感想を語った。

    大野と桐谷は11日、都内で行われたテレビ朝日系ドラマ「死神くん」(4月18日スタート、毎週金曜よる11時15分)の制作発表記者会見に出席。新米の死神・413号を演じる大野は、その上司にあたる“監死官”役の桐谷から「カス」「クソ」と罵倒されるシーンが多く「美玲ちゃんには、カスだクソだとどこに行っても言われ…非常にたまらん気持ちになります」と心境を吐露。会場から笑いが起きる中「なかなかカスだクソだ言われたことなかったんですよ。馬鹿野郎とかはあるけど。ドキッとしますね」と新鮮な体験を振り返ると、隣の桐谷は「すいません…」と恐縮していた。

    ◆桐谷、汚い言葉を「思い切り楽しむ」

    えんどコイチ氏の“幻の名作”と言われる同名コミックを初めてドラマ化した今作は、大野演じる新米の死神が、死を迎える人々を見守り交流をしていく中で、生きることの尊さを訴え、死神として改めて死に向き合っていくブラックファンタジー。映画「リング」(1998)、「L change the WorLd」(2008)、「クロユリ団地」(2013)などで知られる中田秀夫氏が監督をつとめ、毎回1話完結のストーリーが展開される。

    カラスをイメージした役衣装を身にまとった桐谷は、普段の“癒し系”なイメージとはかけ離れたキツい性格の役どころに「かなり汚い言葉で罵倒するシーンがたくさんあります。『カス』とか『クズ』とかなかなか言うことがないので、思い切り楽しんでやろうと思います」とにっこり。劇中では飛行シーンもあり「カラスになりきった気持ちで、翼をファサーと見せられるように演出してくださっています」と見どころを語った。

    http://mdpr.jp/news/detail/1350851

    画像
    無題
     

    【嵐・大野智 桐谷美玲に「カス」と罵倒され「たまらん」 ドラマ「死神くん」制作発表】の続きを読む

    滑落:フェイスブックで男性救助 仙台・大東岳

    12日午前8時20分ごろ、仙台市太白区の大東岳(標高1366メートル)を登山中の男性が滑落し動けずにいるとの通報が宮城県警にあり、市消防ヘリが男性を同10時45分ごろ発見、救助した。男性が携帯電話で交流サイトのフェイスブック(FB)に位置情報などを書き込み、それを読んだ東京都在住の知人男性が通報した。県警仙台南署は「FBがきっかけの救助要請は珍しい。救助につながり良かった」と話している。

     同署によると、救助されたのは同市泉区の会社員、古川立人さん(55)。胸の骨を折った疑いがあるが命に別条はないという。11日午後3時ごろ、1泊2日の予定で1人で入山。12日午前3時ごろ、「大東岳付近で20メートルほど滑落し、緊急ビバーク。腰と足をやられて身動きできない。明日まで回復しないようなら救援依頼する」などの書き込みを、自分の写真や緯度、経度の情報とともに投稿した。

     国内外の知人から「心配です」「無理せず救助要請を」などと数十件のコメントが寄せられ、古川さんも「体中激痛がありまだ動けない。情けなく涙が出る」などと回答。朝になって知人男性が県警に通報し、「ヘリが出動する」などと励ます書き込みを続けた。

     仙台管区気象台によると12日朝の仙台市の最低気温は2.3度。同署によると、現場付近は一面に残雪があった。救助後、古川さんは「電波状況が不安定で電話できず、FBに書いた」と説明したという。

    http://mainichi.jp/select/news/20140413k0000m040032000c.html

    画像
    無題

    【(大東岳) 滑落して動けず フェイスブック位置情報で男性救助】の続きを読む

    トライセラAX公演に桜井和寿登場!共作曲、AKBカバー披露

    以下抜粋
    本日4月12日、東京・SHIBUYA-AXにてTRICERATOPSの自主企画イベント「DINOSAUR ROCK'N ROLL 6」の2日目公演が行われた。

    昨日11日の初日ではGRAPEVINEを迎え、気心の知れた仲間と対バンライブを繰り広げたTRICERATOPS。2日目のゲストは事前に“Special Secret Guest”とだけアナウンスされており、開演前の会場にはシークレットゲストへの期待感が漂っていた。

    「FUTURE FOLDER」を終えて林が一旦退場すると、和田が「DINOSAUR ROCK'N ROLL」の趣旨を説明しだす。そしていよいよシークレットゲストの話題に触れ、「この人とやるのはすごい夢だったんですよ。なんか緊張してきたぞ!」と観客をじらした。期待の高まる客席へ和田が言い放った「チャイよしひろさんです!」という言葉に続いて現れたのは、ハットにサングラスという出で立ちでティーカップを片手に持った林の姿。会場が爆笑に包まれる中、3人は林がボーカルをとる形で甲斐バンド「安奈」を披露した。林は「もう1曲いいかな」と「HERO(ヒーローになる時、それは今)」を歌い始めるも、高音に苦戦して演奏を中断。気を取り直して再開すると、赤いスーツを着こなした桜井和寿(Mr.Children)が同曲を歌いながらステージにやってきた。和田が「紹介します……桜井和寿!」と言った瞬間、場内には割れんばかりの大歓声が起こる。桜井はそのままステージ上を縦横無尽に動きながらパワフルに「Fly Away」を熱唱した。

    和田が「桜井さん、ようこそ!」と歓迎すると、観客も歓喜の声を上げる。桜井は「最高! トライセラってのはこんないいファンを持ってるんだね。気持ちよく一緒にやらせてもらってます、最後までどうかよろしくお願いします!」と挨拶。彼は「FOREVER」を歌い上げたあと、この日の衣装は「甲斐よしひろ」で画像検索して決めたということを明かしてフロアの笑いを誘う。そんな和やかな雰囲気の中で演奏されたのは、和田が愛してやまないというMr.Children「僕らの音」。ここでは和田もボーカルをとり、2人の優しげな歌声で会場にはしっとりとした空気が広がった。ハンドマイクになった桜井が踊りながらオーディエンスを煽った「Dance Dance Dance」に続いては、桜井から「私たち、『クアトロフォルマッジォ』というバンド名になりました」と告げられる。そして4人は和田と桜井の共作で完成したという「Stand By Me」を、“クアトロフォルマッジォのデビュー曲”として披露した。

    アンコールでは「赤いゴーカート」「Groove Walk」が立て続けに届けられる。和田は「ありがとう! 最高だよみんな!」と笑顔を見せると「最後にちょっと……もう1回呼んじゃう?」と語りかけ、再び桜井を呼び込んだ。ラストナンバーを「現代の『雨あがりの夜空に』」「誰でも知ってるあの曲です」と紹介して4人が披露したのはAKB48「ヘビーローテーション」のカバー。思わぬ選曲にオーディエンスは沸き上がり、スペシャルなコラボライブは熱狂の内に幕を下ろした。

    全文
    http://natalie.mu/music/news/114350

    画像
    無題

    【トライセラ AX公演 桜井和寿登場!共作曲、AKBヘビロテ披露】の続きを読む

    このページのトップヘ