中二病速報

    清史郎くん 身長伸びて子役卒業

    人気子役の加藤清史郎(12)が16日、都内で行われた「第39回 菊田一夫演劇賞」の授賞式に出席し、ミュージカル「レ・ミゼラブル」から卒業することを明かした。

     加藤は2011年から同作で子役であるガブローシュ役を演じていたが、「この1年で身長が6センチくらい伸びました。これまでもガブローシュの身長制限ギリギリだったんで、もう無理かなと思います」とさみしそうに告白した。

     加藤は現在中学1年生。関係者によると、身長は140センチを超えているという。

    「レ・ミゼ‐」はスタッフ、出演者一同で同賞の大賞を受賞するなど、評価の高い作品。同作が初めての舞台だっただけに「せりふを音に乗せるのは難しかったけど、ミュージカルは楽しいっていうのも分かりました。また、大人になって別の役で出演したいです」と思い入れたっぷりだった。

    http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/04/16/0006868137.shtml

    画像
    無題
     

    【加藤清史郎 くん 身長伸びて「レ・ミゼラブル」子役から卒業】の続きを読む

    小保方氏、笹井氏会見「言葉にならない」

    理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダー(30)は16日、STAP細胞論文共著者の笹井芳樹氏の記者会見について「尊敬する笹井先生が私の過ちのため、厳しい質問に答えている姿を見て、本当に申し訳ない。申し訳なさ過ぎて、言葉にならない」と泣きながら話した。

     笹井氏の会見後、代理人の三木秀夫弁護士が小保方氏と電話した様子を報道陣に明かした。三木弁護士によると、小保方氏は笹井氏の発言内容に言及することはなかったが、気持ちが沈んでいるようだったという。

     また、三木弁護士は笹井氏の会見に関し「理研の調査委員会が、論文について再調査するかの審査には影響しないだろう」との見通しを示した。

     笹井氏が論文は撤回するのが適切との考えを示したことについては、「弁護団として論文の撤回は検討していない」とあらためて主張した。

    http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20140416-1286225.html

    画像
    ref_l

    【小保方氏 笹井氏 会見「申し訳なさ過ぎて、言葉にならない」】の続きを読む

    笹井氏 記者会見 なす とかいう女性記者しつこすぎワロタ www 

    画像
    無題


    【笹井氏 記者会見 なす とかいう女性記者しつこすぎワロタ www】の続きを読む

    「STAP現象は最も有力な仮説」 理研・笹井氏

     STAP論文問題をめぐり、共著者の一人で理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹副センター長は16日の会見前に配布した資料の中で、「STAP現象があるということが現在最も有力な仮説だ」と説明した。

    http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1601F_W4A410C1000000/

    画像
     png3

    説明資料
    png0

    無題

    png2


    【「STAP現象は最も有力な仮説」 理研・笹井氏会見で】の続きを読む

    荒川静香さん妊娠3カ月「新しい命を」

     フィギュアスケートの06年トリノ五輪金メダリストの荒川静香さん(32)が16日、妊娠3カ月であることを自身の公式ホームページ(HP)で発表した。

     直筆の書面をアップし、「新しい命を授かることができました」などとつづっている。

     荒川さんは32歳の誕生日だった昨年12月29日に結婚したと同HP発表した。相手の男性は年齢も含めて非公表としたが、関係者によれば、医者だという。知人の紹介で知り合ってから、交際2年あまりでのゴールインとなった。当時は妊娠はしておらず、式の日取りなども未定としていた。

    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20140416-1286109.html

    画像
    649743f9ea1dfec4dce1bb5cd66282a0

    直筆メッセージ
    BlUFrc1CIAEya-l
     

    【荒川静香 さん 妊娠3カ月 直筆メッセージ】の続きを読む

    都立高、靖国参拝批判記事から出題 「論調に誘導、極めて不適切」

    東京都八王子市の都立松が谷(や)高校で今年1月に行われた3年生の「政治・経済」の学期末試験で、安倍晋三首相が昨年12月に靖国神社に参拝したことを批判的に報じた毎日新聞の紙面を添付し、意見や説明などを求める問題を出題していたことが15日、分かった。識者から「参拝への批判を誘導するような問題で極めて不適切」との指摘が出ている。

     添付された紙面は「靖国参拝 首相が強行」「政権1年周到準備」「米政府『失望した』」「失われた国益大きい」との見出しで、首相の靖国参拝を批判的に報じたもの。

     設問は「安倍首相の靖国参拝に対し、中国・韓国は厳しく批判した」と説明。その上で(1)「自分の思うことを自由に書きなさい」(2)「中国・韓国はなぜ批判しているのか。中国・台湾・韓国と日本との関係は『戦略的互恵関係』にあるが、それを無視してまで、なぜ安倍首相は参拝したのか。アメリカはなぜ『失望した』のか。説明しなさい」-と尋ねた。

     出題したのは50代の男性教諭で、授業中に「君が代を歌う社会科教師は少ない」と発言したこともあるという。平野篤士(あつし)校長は「学校で購読していた新聞の記事を使ったところ、たまたま批判的な報道だった。参拝の是非を問うものではないので、問題ないと思う」と話している。

     東京学芸大教職大学院の今井文男特命教授は「一面的な評価だけを提供しており、予備知識のない高校生だと、参拝批判に誘導される」と指摘している。

    http://sankei.jp.msn.com/life/news/140416/edc14041609480004-n1.htm

    画像
    121274__R
     

    【都立松が谷高校 靖国参拝批判記事から試験問題 「論調に誘導、極めて不適切」】の続きを読む

    セパ交流戦 セ主催試合もDH制 今季から

    画像
    BlS-E8oCUAAIwZX

    【セパ交流戦 セ主催試合もDH制 今季から】の続きを読む

    このページのトップヘ