中二病速報

    1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2014/05/07(水) 16:08:30.61 ID:???0.net
    地上波放送とは思えないほどのマニアックな放送内容で、一部視聴者から熱烈な支持を得ている『5時に夢中!』(TOKYO MX)が、番組史上最大の危機を迎えている。

    「言論の自由」をテーマに据える同番組は、マツコ・デラックスや岡本夏生、中村うさぎといったコメンテーター陣の過激発言がウリとなっているものの、その采配をめぐって、ある芸能界の実力者が大激怒してしまったという。

    「確かにTOKYO MXは、キー局に比べて影響力もないし、芸能プロダクション関係者から軽く見られていることでしょう。なのに、まさかこんな仕打ちをしてくるなんて、やっぱり解せません。
    現場としては、断固戦っていきたいというのが本心です」

    そう語るTOKYO MXの関係者は、ため息まじりにコトの発端を明かした。

    「3月に『フライデー』(講談社)が報じた、香里奈の“大股開き写真”ですよ。
    香里奈所属の芸能プロ『テンカラット』は、同誌発売前から蜜月関係の『バーニングプロダクション』に火消しを依頼し、各メディアは『後追いするな』という通達をもらっていたようです。
    しかし、TOKYO MXにはそんな周知は一切なかった。
    そこで『5時に夢中!』では、『香里奈の衝撃写真をフライデーが掲載!』という形で報道したんです」(同)

    サイゾーウーマンでも、『5時に夢中!』がこのニュースを取り上げた際に、岡本夏生が批判を繰り広げ、
    業界筋から警告を受けたことを伝えていた(既報)。ところが香里奈サイドの怒りの矛先は、岡本から『5時に夢中!』に移っていったようだ。

    「もう1カ月近く、毎日のようにテンカラットから怒りの電話が続いているんですよ。
    現場だけでなく、上層部も謝罪に赴いたものの、まるで効果なし。最近では、広告代理店も『さすがにヤバイんじゃ……』と仲裁を買って出ようとしています。番組は、このままお咎めなしで済まされそうもない。プロデューサーの左遷から、ヘタすれば番組終了の流れまで出てきつつあります」(同)

    番組ファンからすれば、たまったものではないが、すでに単なる笑い話では済まされそうにない状態となっているようだ。

    「テンカラットの言い分を聞くと、どうもあの写真のせいで、香里奈はCMの仕事が飛んでしまったようなんです。
    でも、それなら原因は『フライデー』にあるし、さらに言うなら、ワキが甘い香里奈自身の責任じゃないですか。
    なぜTOKYO MXだけに怒りの矛先を向けるのか、正直理解に苦しみます」(同)

    放送開始から9年を数えて、ついに本格的な「芸能界の力学」に巻き込まれてしまった『5時に夢中!』。
    番組ファンならずとも、今後の展開と成り行きが気になってしまうところだ。

    画像
    images

    http://news.livedoor.com/article/detail/8807163/

    【「5時に夢中!」 香里奈“大股開き写真”報道 所属事務所から「毎日怒りの電話が」】の続きを読む

    1: ショルダーアームブリーカー(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/05/07(水) 13:16:42.02 ID:rgHwDTUS0.net BE:166938718-PLT(13025) ポイント特典
    フジテレビバイキング」で川栄李奈パンチラの放送事故
    画像
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    140507-1242130187

    140507-1242040484

    【フジ「バイキング」で川栄李奈パンチラの放送事故 www(画像あり)】の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★@\(^o^)/ 2014/05/07(水) 11:50:49.92 ID:???0.net
    小保方氏の代理人弁護士、フジテレビに抗議文…めちゃイケ「阿呆方さん」予告に
    デイリースポーツ 5月7日(水)11時18分配信

    3日放送のフジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」(土曜、後7・57)が、放送前に公式サイトで 理化学研究所・小保方晴子研究ユニットリーダーをネタにしたコントを予告していた問題で、 小保方氏の代理人弁護士が放送前日にフジテレビに抗議文を送付していたことが7日、分かった。

    この日、代理人の三木秀夫弁護士が経緯を明らかにした。

    同番組は放送前に、小保方氏をパロディー化したとみられる「阿呆方さん」に扮した重盛さと美が、 スリッパようのもので頭をはたかれる予告が公式サイトで流していた。

    同弁護士によると、予告の存在を知り、大阪府内の病院に入院中の小保方氏本人も、 友人から知らされていたという。

    このため放送前日の2日に同弁護士がフジテレビに問い合わせ。番組責任者が不在との回答だったため、 同局広報に抗議文を送り、同様の内容書面を内容証明で送付したという。

    同弁護士は「小保方さんをネタにしているのは明らかで『阿呆方さん』という名前や、 頭をはたくというのは人権侵害にあたる」として、番組の内容次第では、 BPO(放送倫理・番組向上機構)へ訴えることや、法的手段の可能性も通告したという。

    これに対しフジテレビ側からは、2日夕方に番組責任者から連絡がありトーンを弱める、 といった旨の説明があったという。これに同弁護士は「番組を見させてもらう」と告げたという。

    結局、番組では当該コントの放送は見送ったが、同弁護士は「ネット上に動画が残り、『阿呆方さん』 という名前が残っていることをみれば、予告だけで問題があるのではないか」と指摘した。

    画像
    13980548450001

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140507-00000033-dal-ent

    【小保方氏の代理人弁護士 めちゃイケ「阿呆方さん」放送前日にフジテレビに抗議文を送付】の続きを読む

    1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2014/05/07(水) 11:08:13.12 ID:???0.net
    オアシズ大久保佳代子(42)が理化学研究所、小保方晴子氏(30)のものまねを披露した、6日放送のテレビ朝日系「ロンドンハーツ3時間SP」が14・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の高視聴率をマークしたことが7日、発表された。

    「見た目ビューティーカップ」と題した女性芸人、オネエタレント、女装した男性芸人がそれぞれ
    かわいさを競うという企画。
    大久保は、小保方氏の記者会見時の服装を思わせる衣装で登場し、ロンドンブーツ1号2号の田村淳(40)らからも「久保方さん」といじられ、「STAP細胞はありません」などとものまねした。

    小保方氏のものまねをめぐっては、フジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」が今月3日に、番組公式サイトで予告していた小保方氏の記者会見を思わせるコントの放送を取りやめていた。

    放送を見ていたという淳は自身のツイッターで「収録は結構前だったから、久保方さんのとことが放送されるかなぁと心配してたら、普通に放送に♪ さすがロンハースタッフ!」とつづっていた。

    3日に放送された小保方コント抜きの「めちゃ×2イケてるッ!」の視聴率は6・4%だった。

    画像
    1399377158-0426-001

    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20140507-1297144.html

    【小保方ネタで明暗 「めちゃイケ」視聴率6.4% 「ロンドンハーツ」視聴率14.5%】の続きを読む

    1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2014/05/07(水) 10:56:04.68 ID:???0.net
    重度の肝硬変を患っている元女流棋士のタレント林葉直子(46)が7日、自身のブログで入院したことを明らかにした。

    心配な病状だが、林葉は「ま、きっかけはこむら返りで、これがあまりにも痛いもので。トホホ」と説明。
    「夜テレビを見てると、突然、右足の親指がビッと立ってふくらはぎの筋肉がハコフグのようにカクカク!
    これだけでも『痛テテテテ~~』と悶絶するのですが、肝硬変のこむら返りは、さらに太ももの裏から股関節まで一気に攣ってしまうので、これが結構壮絶な痛みなのですね~」と詳しい症状を明かした。

    これまでは薬を飲んで治していたが「最近は右足が治っても、その10分後に左足が痛テテテになる」
    と症状が悪化したことから、入院となったという。

    ゴールデンウィークに思わぬ災難。それでも「私のこむら返り、どうやらひとつの法則があるようなのですよ、皆さん。例えば『MOZU』の西島さんを見た時や、ハンサムな耳鼻科の先生のところに 行った夜などに起きやすいのです。そうです。私のふくらはぎ、イケメンに弱いのです」と大好きな俳優・西島秀俊(43)の話題を絡めて“林葉流”にユーモアを交えてつづっている。

    画像
    image_2_9230404

    http://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20140507_0069

    【林葉直子 「こむら返り」 で入院】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/ 2014/05/07(水) 08:23:05.90 ID:???0.net
    中韓両国は、世界中で「日本の右傾化」を非難している。だが実際、世界の人たちはこの3国にどんなイメージを持っているのか。
    25ヵ国100人以上の声を拾ってわかった「驚くべき結果」とは……。

    最近の韓国政府による「反日工作」は目に余るものがある。

    米国の州議会で日本海と東海を併記させようとしたり、慰安婦像を建立して 日本の軍国主義的イメージを植え付けようとしたり、常軌を逸した反日外交戦略を繰り広げてきた。

    一方、中国による日本叩きも負けず劣らずだ。3月末、ドイツを訪問した習近平は 「第二次世界大戦中に日本軍が南京で30万人以上中国人を虐殺した」という説を持ち出して、 暗に日本軍とナチスを重ね合わせるなど、積極的な反日工作を行った。

    こうした中国・韓国の反日キャンペーンに対し、日本でも嫌中・嫌韓の声が喧しいが、 はたして世界に目を向けたとき、中国と韓国と日本はそれぞれどんな国に映っているのだろうか。

    そこで本誌は、この3国を除く世界25ヵ国の103人に、中国・韓国・日本に対するイメージ調査を行った。
    調査の公平性を期すために、日中韓からの移民はもとより、3国と特別な関係を持つ人(妻が日本人など)は除外し、できるだけ世界各国の普通の人が、どのようなイメージを持っているかが明らかになるように配慮した。

    アンケートの結果は、驚くべきものだった。

    右の図にあるように、「日中韓3ヵ国のなかで、最もイメージの良い国は?」という質問に対して、日本と答えた人の数が9割を超えたのだ。一方で、「悪いイメージの国」という設問では、中国を挙げた人が圧倒的多数だった。

    この結果を見れば、中国人や韓国人を除く世界の大半の人々は、日本という国や日本人に対して好意的なイメージを抱いていることは明らかだろう。

    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39050
    画像
    no title

    >>2

    【「日本、中国、韓国イメージ調査」 25ヵ国 公平性担保の緊急アンケート 現代ビジネス】の続きを読む

    1: 北村ゆきひろ ★@\(^o^)/ 2014/05/07(水) 07:41:22.13 ID:???0.net
    4日の天皇賞・春に出走し4着に敗れたキズナ(牡4=佐々木)が骨折していることが6日、分かった。
    レース中に発症したとみられる。骨折の箇所、全治などは不明だが、次走に予定していた宝塚記念(6月29日、阪神)や 4着に敗れた昨年に続き秋に参戦を表明していた凱旋門賞(10月5日、仏ロンシャン競馬場)への出走も厳しい状況となった。

     キズナは天皇賞・春に単勝1・7倍の圧倒的な1番人気で出走。
    4角で外に出し直線で脚を伸ばしたものの、勝ったフェノーメノに0秒1差及ばず4着に終わっていた。
    鞍上の武豊はレース後「思ったように伸びなかった。もう一段(ギアが)あると思うんですが…。よく分からない」とコメント。
    敗因の一つには骨折の影響があったものと思われる。

     順調なら宝塚記念に出走予定で「巻き返したい」(武豊)、「また盛り返しましょう」(佐々木師)と陣営は雪辱を期していたが無念の戦線離脱を余儀なくされた。なお詳細は7日にも、厩舎サイドから発表される見込み。

    ≪ダービー馬の主な骨折≫

     ▼トウカイテイオー 91年ダービーを6戦無敗で制覇。
    しかし、レース後に歩様が乱れたため、当日夕方から夜にかけてエックス線検査を2度行ったところ左寛ハ行と診断された。
    念のため東京競馬場に滞在し、3日後にあらためてエックス線検査を行ったところ左後肢第3足根骨折で全治6カ月と判明。
    3冠が夢と消えた。

     ▼サニーブライアン 97年ダービーを逃げ切って2冠達成。
    しかし、2日後に左前脚の異常を発見。診察の結果、左トウ骨遠位端骨折と判明した。
    全治6カ月の重傷。放牧に出されて復帰を目指したが、結局ダービーがラストランとなった。

    画像
    20140504220739aa0

    http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2014/05/07/kiji/K20140507008112520.html

    【キズナに骨折が判明 天皇賞レース中発症か 凱旋門賞も白紙】の続きを読む

    このページのトップヘ